なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

キャラメルクラッチ

男性 - 新潟県 (1977年生まれ)

【モットー】 今日の自分が、10年後の自分をつくる 案ずるより生むが易し 乾いた人生には初体験が潤いを与える【趣味】 戦国時代 ラーメン食べ歩き お城巡り【趣味一歩手前】 日本の滝百選巡り(現在2カ所) お寺巡り 【写真】  1代目 越後の徳昌寺という、直江山城守の菩提寺です  2代目 越後妻有大地の芸術祭 十日町エリアの福武ハウスです  3代目 農事組合法人出雲

平均点 69.082点
最終レビュー日 2014年2月2日
49 49 4 5
レビュー 店舗 スキ いいね

この店の値段は東京並みだが、味がともなわない。
だから東池袋の大勝軒だからといって、ありがたがる代物ではない。

まず、麺の水切りが不十分。
麺をもったドンブリの底に水が貯まっている。

あと、つけ汁。
確かに、見た目も粘度も濃厚だが味が弱い。

いずれレビューしようと思い、何度となく通ったお店であるが
ここら辺で打ち切りにして、再訪を絶つことにする。

大勝軒ファンとしては、メニューを増やすのではなく、
本当に旨いつけ麺を追求してもらいたいものである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

新潟の行列店に行く。

12時少し過ぎに到着。既に待ちリストには8組ほど名前があったが、
ほとんどのお客が独りで、お店には独り用のカウンターが設置されているので、
回転率が高く待ちがそれほど苦にならない。

待っている間、メニューを渡されてオーダーを検討する。
ラーメンは大盛り100円増しだが、つけ麺は大盛り無料。
つけ麺の麺は、通常ラーメンの麺より多いものだが、
なおかつ無料でさらなる増量を呼びかけるとは強者である。

暫くして席に着く。
机と座敷の席があるが、大人数用に座敷が用意されているあたりが新潟らしい。

運ばれてきたどんぶりはゴツゴツしていて武骨な感じがするが、
盛り付けは綺麗である。デフォルトの状態で、大きなチャーシューと太いメンマ。
それと煮卵(半分)が乗っていてお得感が満載である。

蕎麦ツユのようにカツオ風味が強い魚介系と、
とろみが出るまで煮込んだ動物系の粘度の高いWスープ。
ガツンとくるような濃厚スープではない。
若干のえぐみが感じられるあたりはお向かいの我聞と同じである。

麺は、加水率の低い中太麺。
加水率が低いので、噛むとプツップツッという感触があり、
お世辞にもコシが強いとは言えないが、この麺が粘度の高いスープとよく絡む。

しかし、麺と具とスープ全体のまとまりが悪く、
かつ、カツオ風味が強すぎて蕎麦を食べているかのようである。
蕎麦なら胃もたれは起きないが、こちらは動物系コッテリしている分
胃もたれ感が残る。若い男が好みそうなお店である。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

散髪してから麺を食す。

埼玉県では知名度のあるお店で、この店舗が県内3店目。雑誌などによる露出度が高く、広告宣伝先行の店というイメージが強すぎて(大宮のガ○○タみたいに)、訪店をためらっていたのだが、この店はつけ麺を看板メニューとしており、他の2店と一線を画しているようなので訪店してみた。今回が2度目。

1時半過ぎに行ったら、店内に3名、店外に3名、計6名の待ち。それでも12分後にはカウンターに着く事ができた。パラパラと小雨が降っていたが、建物の庇がちょうど雨を避ける役割を果たしてくれていたので濡れることなく店内へ。

ラーメン不毛地帯の武蔵浦和で、かつ人目につきにくい立地ではあるが、なかなかの繁盛ぶりである。商圏はどのくらいなのであろう。家族連れ、カップルが多い事から、そんなに広い商圏ではないと思われるが。または、武蔵浦和で豚骨魚介のつけ麺を提供する店がないから、すこーんと抜けていた、武蔵浦和近辺にお住まいの、豚骨魚介つけ麺客層のニーズが満たされた結果だからか?

自家製麺と銘打っているだけあり、外から麺作りの作業が見られるようになっている。出てきた麺は麦の皮(ふすま)の入った少し茶色がかった麺で、何も付けずに食べると塩味がはっきりと感じられる太麺。コシが強い訳でもなく、小麦の風味が強い訳でもなく特徴のある麺ではない。豚骨魚介のつけ麺店が珍しくない昨今では、こちらのつけ汁も特徴があるわけでもない。それだけ、各店舗の豚骨魚介つけ麺レベルが上がったのか、はたまた、スープ作りが別段、難しい訳ではないのか、ただ、普通に美味い。

このお店の強みは、自家製麺でも知名度でもなく、客の声に価値を置くという社内体制であろう。クレームに耳を閉ざすのではく、開示し改善していく姿勢である。その姿勢があるからこそ、客を大切に思えるのだろうし、その延長線として、あのうすら恥ずかしい接客があるのだ。うすら恥ずかしくとも、二度と行かないという気にはならないであろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

車飛ばして戸田公園へ。

わざわざ遠くのラーメン屋に行く場合、電車賃や駐車場代というのがトータルのラーメンコストになる。こちらのお店は駐車場を準備してくれているのでありがたいが、2ヶ所しかないので常に満杯の状態である。そのために逃してしまっているお客もいるだろう。ちなみにA1とA2がこちらの借りている駐車場である。

以前来た時は、駐車に手間取ってしまい時間切れであったが、今回は駐車場で車の出待ちをして時間内にお店に入ることが出来た。

このお店、駅から近くもなく、繁華街ではないためあまり良い立地とは言えないが、評判に誘われてか続々とお客が入って来る。少し店内が暗いかなと思うが、暖簾や、でかでかと“つけ麺”と書かれた垂れ幕の効果で、心理的には入りづらいお店ではないのかもしれない。

午後1時近く。お店に入るとカウンターには随分と空きがある。パチンコ屋方式だろうか、お店入り口の直線上に座るように薦められる。食券を渡して席へ。後で気付いたが、食券機の横に雑誌が置かれている。麺茹での時間を考慮しての事なのだろうか?カウンターの上には酢、黒胡椒、醤油、一味唐辛子がある。

注文からサーブまで10分以上かかったが、早速いただく。
白い平皿の片隅に10cm四方の海苔が、大盛りの麺400gがその上に乗っており、国産小麦と厳選した塩で作った麺はいかがなものかと一口啜ってみたが、水分が完全に切れておらず表面に水っ気が多い麺だった。それにしてもコシがない。他の人のレビューでは売りは麺だとか、コシがあるだとか書かれていたので、運悪く茹で過ぎだったのかもしれない。

ツケダレの中の具は、ネギ、角に切ったチャーシュー、メンマ、ナルト。ツケダレは動物系より魚介系の香りが強い。あまり熱くないツケダレだったので、グツグツと煮立たせてはおらず風味が損なわれていないからであろう。一見するとツケダレが白っぽく濁っており、赤羽の名店を思い起こされ少しテンションが上がったのだが、ストレートな味付けだったので似て非なるものであった。残念だったのが、ツケダレに粘度がなく、麺もストレートなので麺の持ち上げが悪いという点。ツケダレの香りがほのかに感じる小麦を食べているといった感じであった。

CPで見れば魅力的なお店ではあるが、この類のつけ麺を出すお店としては特徴が無さ過ぎる。麺にもう少し工夫がほしいところである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

健康診断の帰りに訪店。

朝食抜きで、一気に血糖値が上がることも構わず、昼ご飯は北浦和でラー食と心に決めていました。北浦和駅周辺は意外とラーメン激戦区なので、色々と目移りしましたが、未訪門店だったこちらにしました。

12時少し過ぎくらいに入店したのですがお客さんは0人。店主が黙々とかき回すスープやお湯の蒸気による湿度と、サルサの陽気なBGMに迎えられました。なるほど、だから“はばな”なのね。店主は陽気なラティーノという感じの方ではなく、日本人的な黙々と仕事をされる方のようにお見受けし、またラーメン屋ということもありBGMがとてもミスマッチに思えました。

食券機の隣に、堂々と開化楼の立て札が。
極太のシコシコ麺が食べられるぞと期待が膨らむ。

注文の品を待っている間にお客さんがゾロゾロと入ってきて、あれよあれよと言う間に満席になりました。12時少し過ぎくらいに行ってすぐに座れた私はラッキーだったのでしょう。そうこうしている間に注文の品がやってきました。

む、麺が細い。中太麺ぐらいでしょうか。開花楼の極太麺を期待していた私は少しがっかり。しかも麺を食べてみて二度がっかり。麺が柔らかい。調理工程を見ていなかったので麺を上げた後、冷水で〆ているか否かは分からないがコシのない茹ですぎの麺という食感で一挙にテンションが下がってしまいました。

ツケダレはクリーミーで具とのマッチングも良くほどよく纏まっていました。ただ良くも悪くも個性がないかなと言った印象です。豚骨魚介のつけ麺を出す店はほとんどこのタイプのツケダレですね。ただ特筆すべき点はチャーシュー。スチームを使い柔らかく仕上げたのか、中まで柔らかくそして美味しかった。味が濃いという訳ではなく、豚骨魚介のツケダレと相性抜群のチャーシューでした。

このツケダレなら極太麺でも十分絡むと思うのですが、そこは店主のこだわりなのでしょう。または、つけ麺には極太麺という右へならえの風潮を嫌ったのかもしれませんが、柔らかい麺を出すくらいなら右にならってもらいたかったです。

食事後、商店街をフラフラと歩いていたら、塩ラーメン専門店など面白そうなお店もあったので、次回はそちらに訪店してみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

つけ麺の名店があるらしい。
そんな理由で、今まで通過するだけだった北浦和へ。

最近は豚骨魚介のつけ麺ばかり食べていて、味の画一さにいささか呆れてはおりましたが、ここのつけ麺を食したら暫く豚骨魚介は止めておこうと心に決めてやって来ました。

訪店は13時近くでしたが先客は1名しかおらず、行列覚悟で来たので少し肩すかしを食らいつつ、初訪店ですので少し不安感が。乾ききった人生には初体験が潤いを与える、という言葉を噛みしめつつ、若干、初訪の緊張感を味わいながら、食券機の前に進むのであったが、食券機の上につけ麺と中華の写真が貼ってあり、その写真が私の好きなつけ麺イメージと似ていたので、安心してメニューを選択することが出来た。初めて来る客には、口コミについで視覚効果が有効である。

食券を渡してから、サーブされるまでおよそ8,9分と言ったところか。その間、お客が1人来店。BGMには日本の懐メロが。B型の私は水を飲むスピードが早く、続けて水を注ぐ。やたらと待ち時間が長く感じた。客が少ないとこんなに時間がゆっくり流れる。

ようやくオーダーの品がサーブ。大振りの器には麺、水菜、海苔、厚さ1.5?はあろうタレつきチャーシューが入っており、そのタレが麺に付いていて視覚から美味さを感じる。小振りの器にはツケダレが。具は大きめなメンマと小さめなメンマ、サイコロカットのチャーシュー、少なめのネギ。

まずは麺を一口啜るとこれはまた美味しい麺です。やはり極太麺で、豚骨魚介のつけ麺を出すお店では定番と言っても過言ではないが、いつも麺を啜るたびに美味しく思う。ツケダレはあっさりした魚介ベース。粘度も低くサラサラと麺が進みます。ツケダレの中のチャーシューとメンマは抜群に味が染みており、麺と絡めて食べるとより一層のコクがプラスされて頭1つ抜きんでた存在感を示します。麺とツケダレ、両輪のバランスがよくとれていて、最後まで飽きずに食す事が出来ました。ツケダレのバランスの良さを示すエピソードを1つ。

スープ割りはツケダレを作る際に用いた動物系の白濁したスープを入れてくれます。魚介のスープを入れるお店が多い中で珍しいです。コッテリしすぎたら残そうと思っていたのですが、あっさりしていて飲みやすく完飲するほどでした。というのも、元々魚介の風味が強く、動物系のスープを加えることでクリーミーにはなるが、しつこくならない。

私個人の希望としては、麺の中のチャーシューは薄切りにして3枚程度の量にしてほしい。その方がもっとサラッと食べられる。ただ、全体的に満足のいく、他の方の評価が高いのもうなずける一杯でした。つけ麺の名店という枠に収まらないお店なのでしょう、次は中華そば食ってみます。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

カリスマシェフの作るラーメンに期待を込めて訪店。

ここら辺に評価の高いラーメン店があるとは知っていたのですが、なかなか場所が特定出来ず、かつ、そこまで熱心ではなかったので放置しておいたところ、たまたま裏の通りを歩いていたとき幟を発見することができ、訪店となったわけです。通行量の多さを考えると、表通りでの店舗訴求が望ましいが、共同店舗形態での出店だから何がしかの規制があるのでしょうか?ただ、お店自体は狭いのですが割にお客さんは入ってますね。

1回目の訪店時には様子を見るため中華そばをオーダーしたのですが、本命はつけそば。中華そばが美味しかったので、今回、何度目かにしてようやくつけそばをオーダーです。こちらはご飯のサービスがありますので迷わずご飯もオーダー。カロリー的にはアウトですが、こういったサービスはとてもありがたいです。

お客さんの中に女性の姿がチラホラ。女性の入りやすいお店って強いですね。こちらは夜の営業から居酒屋になるらしいので、居酒屋を利用した人は割とすんなりリピーターになりそうな感じ。

待つこと暫し、オーダーの品が運ばれてきました。麺はタピオカ入りのやや固めに茹でられた低加水の中太麺。色は白で、見た目から固そうな印象を受け、低加水なのでプツップツッと口の中で切れる感じ。あまりコシは感じられません。

ツケダレは魚介9:豚骨1で、粘度のない、和風の味にまとめられています。中華そばを食べた時、魚介が強いけれど粘度のある濃い目のスープで、特徴的な麺ともマッチしていて美味しくいただけたのですが、このツケダレはこの麺とは合わないかなというのが感想。見た目以上に麺が多く盛られており、ツケダレが随分と酸っぱいので後半飽きてきます。

具はチャーシュー・メンマ・ノリ・斜め切りした白ネギ。特筆すべきはチャーシュー。味がしっかり染みていて、柔らかく仕上がっていました。私はこれをサービスご飯と一緒に食べたのですが、これがご飯に合うこと。お勧めの食べ方です。

今回、つけそばを採点してこのような評価になっていますが、レビューにも登場しました中華そばは、個人的につけそばより美味しかったです。おそらく今回の採点を5、6点は上回ることと思います。今回は中華そばの感想も登場させた方が、プレゼンしやすかったのでこのような手法をとりました。機会があれば中華そばのレビューもしてみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

暑くても、テクテク歩いて桜到着。

並んでいたら帰ろうと決心して来ましたので、待ちがなく、すぐお店に入れたのは心から嬉しかった。とはいっても、もう14時過ぎですが。

このお店はいつ来ても店主との距離を感じさせない。お店が狭く、物理的に近いというせいもあるだろうが、一人でオペレーションを黙々とこなす店主が面倒臭がらず、客が一人来るたびに、一人帰るたびに、キチンと挨拶をしているからかなとも思う。挨拶は人間として基本ですが、当たり前のことを当たり前のように、その場の忙しさに流されずにすることは意外と難しいのです。あと、距離を感じさせないのは無機質なBGMではなく、文化放送が流れているせいもあるのかもしれない。(たいがい大竹まことにヒット)

あるプロジェクトで大宮に来るようになり、最初に蕾へ行き、その後、桜へ来たのですが、最初桜で食べたときには、蕾の方が美味しいと感じました。私は今も、その味覚を信じているのですが、暫く桜で食べた後、もう一度蕾へ行き、つけ麺を食べてみると、物足りなく感じてしまうんですね。あっさりすぎて。これは舌が、濃いめの味つけに慣れてしまったという事実なのかなと思い、点数は蕾より1点上げています。

ただそうは言っても、ここ最近、桜の方も豚骨:魚介=4:6のテイストになってきているような気がしています。というのも、最初はツケダレの粘度・豚の比率が共に高く、ソースを焼いて酸味が出たような香りと、喉にヒリヒリ感があったのですが、今は比較的サラッとしています。ただ、麺を全てツケダレに浸してしまうと濃い味ですのでソバみたいに半つけにして食べています。麺はとても美味しい。つけ麺とラーメンとでは麺を替えていて、つけ麺だと極太麺。ラーメンでは中太麺です。麺は小麦の味がしっかりしていて、かつ加水率が高いですのでツルッとモチモチ。麺の水切り時に、麺を手で押しつけて水切りするのですが、麺がつぶれない。これがモチモチの弾力を雄弁に物語っています。ただ、大盛りにしてしまうと後半飽きてしまうかな、という感じ。具は、小口ネギ・メンマ・海苔+魚粉・チャーシューです。チャーシューは小振りな奴がゴロッと幾つか入っていますが、そのチャーシューの柔らかいこと!味もしっかり染みています。

ちなみに、ツケダレが先に来て、麺は後から来るのですが、ツケダレは熱いので店主がカウンターに置いてくれますが、麺は熱くないので手渡されます。あと作業を一人で行っていますので、お冷やの出てくるタイミングは遅めです。

スープ割りは中にユズが入っている、最近ポピュラーなタイプです。これだと柑橘系の風味が出て後味をサッパリ出来ます。ただ、ツケダレが多いので必然的にスープも多目に。おいしい、満足の出来る一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

新店らしいのでお試しで訪問。

以前はこの場所に日高屋がテナントとして入っていて、店舗前に閑地があり歩道から歩いてくると目立たなかったのですが、その割にお客さんが入っていました。今度のお店のロゴは少しテクノっぽいのでラーメン屋とは分かりづらく、かつ閑地のおかげで目立たず、フランチャイズ店と違い、お客さん入りづらいんじゃないかな、と思うのですが、余計なお世話ですね。

14時頃訪問。お客さん0人。お昼の時間帯から微妙にズレての訪問ですのでお客さん居ないのも納得ですが、大宮駅からこのお店よりも更に歩く桜では、この時間帯でも満席なんですよね。

お店の中は、入り口からカウンターが奥に伸びていて、カウンター席の後ろには2人掛けのテーブル席もあります。以前の日高屋よりゆったりとして落ち着きのある店内です。カウンターはステンレス製でお店のロゴといいなかなかオシャレです。ただ店内の雰囲気とBGMがちょっとミスマッチかな、と。

そうこうしているうちに、注文の品がサーブされました。中深のどんぶりに黄色中太麺が入っていますが、あまりこだわりの感じられない、とりあえずつけ麺も始めました、というような普通の麺。

ツケダレの方はというと、豚骨3:魚介7くらいの配分であっさりタイプ。喉がヒリヒリする濃さはなく、脂が胃にもたれて夕食時になってもお腹が空かないといったしつこさもない。一度こちらのつけ麺を食べた後日、スープを確認するためにラーメンを食べたのですが、ラーメン(鶏豚骨らしいのですが)のスープもあっさり、悪く言うと野菜の旨みは出ていましたが、コクがないといった感じでした。おそらくつけ麺のツケダレはラーメンで使用する豚骨スープを入れているのでしょう。魚介スープと併せる事で豚骨の弱い部分を補っていてツケダレは美味しくいただけました。

具はネギ、モヤシ、メンマ、チャーシュー。モヤシはシャキシャキして美味しいのですが、あっさりのツケダレとあわせると淡泊さが倍増してしまう。ネギはさらし方が足りないのか食後に随分とネギ臭に悩まされるハメに。ただ、チャーシューは味が染みていて美味しかったです。ただ、この味とこの値段だったら、近くにある他のお店に行くかな、というのが結論。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

久方ぶりに大宮に降り立ちました。あいにくの曇り空と月曜日の憂鬱さで気分はスカッ、とは行きませんが、兎に角、以前から決めていた、大宮でのお昼のラー食を楽しみに午前中は頑張りました。

先週の金曜日くらいから豚骨魚介のつけ麺が無性に食べたくなり、かといって休日に東十条のあの店に行くのもちょっと気が引けるなと考えていた矢先、月曜は大宮じゃん、と全てを網羅した解決案のごとく大宮出張(出張ってほどの距離じゃないですけど)。桜と蕾の噂を聞いていたので喜び勇んで出かけたのであります。

まずは本家から攻めようと思っていたのですが、桜の方は月曜休み。では蕾から。

本当に駅から近く、袖看板も目立っていて、お店の位置を教えてくれます。お昼のピークを過ぎた時間帯に行ったのですが席は満席で、待ちもチラホラ。私が席に着いた後も続々とお客さんが来ていたのでずいぶんと知れ渡っているみたいですね。客層のほとんどは男性でかつ若い方が多いです。そういえば豚骨魚介のお店って比較的年齢層が低めな感じがします。

他の方がレビューされていた通り、8〜10分ほどでまずはつけだれが、そのあと麺がサーブされました。少し茶色がかった随分と太い麺です。最初はタレをつけずにそのまま啜ってみます。しっかりと茹で上がっておりモチモチしていて美味しい麺です。多加水麺でしょうか。ツルツルのシコシコです。

タレの方は魚介の割合の強い和テイストです。豚骨魚介スープにありがちなドロっとしたタレではないので喉に引っかかる感じがありません。比較的甘めですが気になるほどではなく、魚粉を入れなくても充分満足出来ました。麺を半分まで食べ進め後、魚粉を混ぜたのですが元々魚介の強いタレなので、あまり変化らしい変化を感じることが出来ませんでした。

豚骨魚介のつけ麺を出すお店が増えてきて、比較的ごまかしやすいというか、味が平均化しつつある気がします。しかし美味しいお店というのは麺とタレのバランス、全体的な調和がやはりとれている。久しぶりに美味しいつけ麺をいただきました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件