なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

モヤン

男性 - 山梨県

環境が変わり、なかなかラーメン食べに行けてません。できる限り思い出(レビュー)を残して行きたいですお付き合いよろしくお願い致します

平均点 76.142点
最終レビュー日 2018年4月30日
239 128 2 255
レビュー 店舗 スキ いいね

「石焼き担々麺」@石焼らーめん 火山 小山店の写真栃木シリーズ。

久々に栃木に訪れた自分は、所用を済ませラーメンを食いに行こうと目論んでたが、なんだかんだで13時前になってしまい、せっかくそうたさんが教えてくれた数店のどれかにしようと思ってたのに時間が無いのでサンジに行くことに。

月曜の13時過ぎ、サンジさん、外待ち10名以上。

できるだけ早く甲府に戻らなきゃならなかったので、断念。
もうこのまま帰ろうかと思ったけど、せっかく栃木に来たのに、栃木RDBに爪痕を残さずして帰れるかと思い、近くにあったこちらへ。

入った瞬間アレ、違うな。
とは思ったものの退店するわけにはいかないよね。

メニューはほぼ石焼き系。
普通のラーメンは五種類位だったか?

迷ったけどハズレなさそうな担々麺に。
ライスと杏仁豆腐がつくそうな。
10分で着丼。

石焼き鍋に麺と具が盛り付けられたものが登場。
配膳後に店員さんが、石焼きのそれにスープをジュワ~っと注ぎ込むっていうパフォーマンスありな一品。

もうね、和田アキ子のラーメンですよ。
ニコミラーメンてね。

そんな感じ。

ラーメンの詳細は割愛でいいですよね?
とにかく最後まで熱いってのはスゴいや。

まぁ、なんだろ、ニコミラーメンだね、
でもこういう別ジャンルのラーメンを食うって、斬新でいい経験になったのは間違いない。
面白かった。
でも、なんか違った。
ごちそうさまでした、また栃木来ます。

サンジさん食いたかったな~

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
72

一週間前です。
宿泊先のチサンインから歩ける距離にある店が限られてたので、小樽食堂は行っていまいちだったし、他にそそる店が無かったのでコチラに。
正面に家系のラーメン屋(店名忘れた)があったけど、ゆっくりシッポリ飲みたかったのもあった。

それより、店の外観に惹かれたのかな。

厨房を担うのはチャイ系のおばさん、フロアは純栃木っ子のオッサンの2名体制。


瓶ビール数本と餃子で疲れを癒し、380円だか390円だか忘れたけどCPのいいラーメンを注文後常連さんと思わしきおっさんと40代位のご夫婦に山梨から来たことを報告し、話が盛り上がった所で10分で着丼。

まあ、普通のラーメン。
濁りのあるスープ、豚ベース。
意外に深い味。
麺も多加水で中細縮れ。

飲みに来るのはいいかもしんないけど、ここいらで外食をするなら、他にもうチョイいいとこ教えてください、地元の方。
栃木には定期的に来るので

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

栃木は第二の故郷。

ホントはサンジとか吉田商店、そうたさんオススメの一品香に行く予定でどうしようかムラムラしてたのに、所用が済んだのが13時過ぎ。

本来は11時にはフリーになるはずだったのに…

もう目の前のここでいいやって事でW
実はもう5回は来てるんですね~。

こう言っちゃ失礼ですが、妥協策で利用してます。

にんにくみそ。

山梨の方に分かりやすく言うと、専科の味噌っスネ。
あれと結構近い感じ。

まあ、CPが悪いので評価は上がらないけど、ラーメンに拘りがなければいいんじゃな~いW

近くに「ほのか」とかあるけど、何故かそっちには足が向かない。

いずれまた行くような気がするので、店舗登録したし写真でも付けてレビューシマっす。

あ、ちなみにどんぶりは縁者と同じ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らーめん」@佐野らーめん 利休の写真佐野のチサンインに泊まったら窓から見えたので行ってみた。
50号線沿い、アウトレットのすぐ近く。

19時頃訪問。
7割くらいの客入り。
入店すると左にガラス張りの製麺室が見える。
一通りメニューに目を通すと、塩が醤油よりも前に書かれている。
店員さんにオススメを聞くと特製シリーズとの事だが、塩が前に書かれているのが気になり醤油とどっちがオススメなのか聞いたところ、「それは好みですので」と言われた。


確かに!!


という訳で醤油に。

値段は忘れたけどトッピングは少し寂しい感じ。
デフォなのでそこは納得なのか。

スープは佐野ラーメンには珍しいのか、節が強めに効いたアッサリタイプ。
カエシは控えめ出汁も控えめ。

自家製の麺は定番の平打ち縮れだけど、これまた珍しく加水高めでクニュクニュした食感。
福吉の麺を固ゆでしたみたいな。

コアな佐野ラーメンファンは敬遠するタイプかもしれないけど、県外から来た人には受け入れやすい様にチューニングしてあるのか。

万里にもいってつにもフラれたので、妥協策で来た店の割りには満足した。

次は塩を食べたい

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ蕎麦 中盛」@中華蕎麦 サンジの写真9月7日食。

日帰り栃木ツアー決行日。

AM6時 甲府出発。下道有料道コースで4時間弱で下野に着。

11時30分。下野にて用事終了
(てか、要人を迎えに来ただけだけど。)

サンジに行きたい、サンジに行きたい、連れに媚びる。

「混んでたら、やだよ。」

「まあ、そうですよね。とりあえず様子だけ見に行って、混んでたらやめましょう」

12時ジャスト。
期待と不安を胸に再度訪れた。
道はばっちり覚えてる。

外待ち5名。
お連れ様のお顔が曇る。

その瞬間!4名が店内に吸い込まれた。

「1人待ちならすぐですよ?」

なんとか承諾を得て接続。

食券は先に買っとく感じ。
どうせなので特製中盛りに。

外で待ってるとおばちゃんが食券をちぎりに来た。
「中盛り、かなり多いですよ?大丈夫ですか?」
なんて気配りも親切。

「400でも食えるんでダイジョーすW」

12時15分店内に。

思ったよりこじんまりしている。

右手に厨房、それに沿うようにカウンター4席。

奥に小上がりはテーブル2つ配置できそうなスペースがあるけど、一つ。
しかもお子様連れ専用としてある。

真ん中に長テーブルで12席位?対面式みたいな感じ。
でも広いテーブルだから相席感はない。

入口側左手にもカウンター5席位あったけど、これも使われてない。
中華そばサンジの名前の入ったダルマが大小たくさんある。
売り物だったら買ってるなW

ワンピースのサンジのグッズも沢山ある。カワイイ。

12時35分着丼。

この綺麗に並んだ麺の盛り方。
コレ、結構憧れだったんです~♪

とりあえず麺だけを。
全粒粉、芯が残って粉粉しててウマい。コシが残ってて香りがスゴイ。

スープを

イヤだうそ何コレ、ウマい。

あの麺にしてこそこのつけ汁。
ここまでドロな粘度は初めて。
粘度を例えるならそうだ、山梨県民しか伝わらないからやめようかとも思うけど、
あえて言いたい。


「二日目のほうとうだ!」ってね。

魚介もスゴイ。凌駕IDEAの強烈煮干しとまでイカナイものの、カナリの魚粉。
豚骨感もスゴイ。物足りなさを探しても見つからない。
味玉は普通だった。

濃厚魚介豚骨。なるほど、こういう事を言うんだね。

ええ山梨県民ですから山梨びいきしたいですよ。
縁者の方が全然うまいって言いたいですよ。


でも食ってしまった。サンジのつけ蕎麦。
でも縁者のエビ辛味ってトッピングは日本一なのは間違いない。
あれがために、自分は月3回縁者に通っているわけだし。

色々気になる店あるんだけど、もう栃木来たら、吉田商店とサンジでいいや。

でも、栃木来たらここは行っとけな店あったら、是非教えてください。栃木レビュアー様。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「濃厚鶏つけそば」@吉田商店の写真小山って、ラーメン屋多いですね~。

その代わりコンビニが少ない気がする。

甲府市はウザい位コンビニあるからね。
200メートル間隔で5件あったりとか普通だし。

RDB見てたら、拠点近くに大つけめん博に出店するお店があることを知りこりゃ行くしかねえと、開店5分前に到着。

明日山梨帰省予定なので、今回が栃木ファイナルか。(いずれまた来るけど)

先日の日向屋同様、今日も一番乗り。


定刻にオープン。

カウンターが5席なんだけど、隣との間隔が広々してて、大袈裟じゃなくて普通なら10席はあってもいいような広さ。
ゆったりできるね~。
客目線の配慮だろうか。こういうところは流石ですね。

つけ博に出店されるとのことで、コチラでつけめんったらこのメニューのみになってます。
縁者でしかつけめんは食べない自分だけど、次にいつこれるか分からんので迷わずつけめんに。

店員さん「かなり時間かかりますけど。」

ナヌ!!
モ「どのくらいッスか!?」

店員さん「20分位かかりますけど。」

アーハン。

モ「お願いします」

20分ならなんの問題もナイネ~。

気が付いたら満席で4人待ち。
やるねえ

担々麺とか、和だし醤油とか、栃木レビュアーさんが頼まれる塩マニアとか、もうね、明日帰る前にもいっかいこようかなとかモンモンしながら待つこと15分で着丼。

この綺麗に並んだ麺の美しいこと。

もうね、味については前の方々の文を見てくださいな。

やっつけられました。

こんなこと絶対言わないツモリだったけど、……山梨にこんな鶏白湯はありません。

鶏白湯は好みじゃないとか思ってた自分の考えは覆った。

写真だと麺は少なく見えるけど、丼の深いこと。
デフォ250グラム以上あるね。

鶏の旨み満載、つけ汁熱々、麺はモッチモチ全粒粉。

あ、柚子を入れるかどうか注文時にご丁寧に聞いてくれた。この辺の配慮もうれしい。
なぜなら自分、柑橘系嫌いだから。

スープ割りしないでスープ完飲笑

接客も素晴らしい。

山梨レビュアーの方、小山に来たら絶対ここに来てください♪
モヤン責任取ります。

あぁ、明日帰らなきゃなのに、サンジに行けなかったのが最大の悔やみだけど、店主さんのブログを見たら事情が分かりました。

まぁ、ここに来れたから大満足。

次に小山来たら吉田商店とサンジに来よっと♪

サラバ栃木!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」@青竹手打ちラーメン 日向屋の写真今日こそはサンジに行ってやろうと思い、気合い入れ10時に訪問。

店頭に貼り紙あり。
「しばらくお休みをいただきます。」

ガーーーーン!!

お店と周りの雰囲気は、旧初志貫徹に似てますね~。

途方にくれRDBにて気になるお店をチェック!

目についたのがコチラ。

とりあえず行っとくべ~と30分かけて移動した。

10:30着。

一番乗りってやつですね。
開店30分前です。
土曜なのに~そんなに人気店でもないんかねと余裕コイテ一服してたら、まぁくるわくるわ15分後には10台ほどある駐車場はソッコー満車。
県外ナンバーの方も多いですね。

気が付いたら30人ほどの行列。

どんだけ!?
満車になってからも並びが増えてく。

車ドコニ??

隣に駐車場広めのドラッグストアがあったから、餌食に!?

店側が何台分か借りてるのかは不明。

11:05にのれんがでて、一番に来たはずが2番手に来た5人家族の次に入店。

いいんです。私は一人飯、カウンターですから2番手でもいいんです。

ニンニクラーメンなるものに揺さぶられつつも、先人の方のレビューにあったうまそうな
チャーシュー麺をオーダー。

壊れてるのか、チューニングがあってないのか、雑音の多いラジヲが結構なボリウムで流れております♪

右手にはガラス越しの製麺室で男性がせっせと麺を打ってます。

15分で着丼。

スープは透明、自分は豚ベースかなと思います。
アッサリだけんどかえしは強め。
塩ラーメンとして出されても違和感はねぇっつこん。

麺は佐野らしい平打ちで、青臭さはあんましない。
不揃いなカット具合で太い所は7ミリ位あるけど細い所は1ミリ位。

湯で加減は思ったよりコワイってね。

このコワイ加減が結構好き。

麺量は120位?チョイと少ないから大盛にしたほうが良かった。

チャーシューはバラロールで厚さはバラバラ。
味付け薄目で柔らか~素材本来の味を楽しめるとてもオイスィーもの。
後半はもたれた。

メンマは味付けやさしめだけど、ザクザクして麺と一緒に食う時の食感がおもしろかった。

ネギも辛めの物が多目に。
優しいスープを引き締める。イイ。

帰り際、並びが外に20人ほど。
凄まじい人気ぶりですね。

取り分けインパクトのあるラーメンじゃないけど、世代や気分を選ばず、いつでも安定しておいしく食べられるラーメンって、こういうものを指すンだろうな~。

機会があれば誰かを連れて、また来たい。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
85

「W1S 大盛」@ラーメン どげん屋の写真実は小山、下野は何気に用事でたまに来るんですね~

佐野ラーメンの有名店に行ったことあるけどレビュアーになる前だったから、店名なんて覚えてません。

RDBでホテルから一番近くて良さげなお店をチェックしたらここがヒット♪

20時頃訪問。
先客0 後客1

メニューが多いし、何を食ったらいいか迷ったけど「豚骨魚介のダブルスープ」の文字にそそられ
「すいません、WS1大盛で~」
「かしこまりました、W1S大盛はいりまーす!」

S1じゃなく1Sナノネン…

だってS1って響きの方がナニかと反応しますよねw

10分くらいで着丼。
ちゃんと丼はあっためてくれてました。

ちなみに麺大盛は無料です。

スープは教科書通りの豚骨魚介、ではなく
鶏白湯魚介ってイメージですね。
結構しょっぱめなんだけど、脂分が控え目だから、全然クドクない。
魚粉も強く感じていいねぇ~。

背脂がほどよく入ってて、これがサッパリすぎないを補助してんのかな。

麺は加水高め中太ストレート四角い断面。
大盛で250グラムはあるかも。
もちもちで麺にも味がある。自家製??
この麺は相当好き。

チャーシューは大きめのロース。
肉臭さがなくて柔らかくてこれもまたウマイ!!

山梨で似てるとしたら「暖」の鶏白湯ですね~。暖の酸味と甘みをほぼ排除して、魚介強めの背脂でコクを+って感じかな。

他のメニューも試したいけど、麺は色々なんだろうか。

サンジとか行けそうなら行きたいけど、時間的に無理かな~…

また明日も行こうかな♪

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件