なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ピップ

男性 - 茨城県 (1941年生まれ)

最近、ラーメンに目覚めました。昔、SNSで面白日記を書いていた影響が最近、色濃く出てきました。少し、クスッと笑えるレビュー...そんなレビューがあってもいいのではないでしょうか?ちなみに髪の毛はフッサフサです。宜しくお願い致します。

平均点 82.933点
最終レビュー日 2019年8月25日
2,325 1,150 0 31,384
レビュー 店舗 スキ いいね

「サービスラーメン 350円+ネギ増し(ダブル)200円」@ラーメンショップ 椿 玉造店の写真金曜日はラーメンが350円なので、お得感の強い一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12511556997.html

8月下旬の夜に訪問。先客14名、後客5名。

何となく、ラーショが食べたくなりました。
そう言えば、金曜日は350円だ!
サービスラーメンですが、
トッピングはどれも可能とか。
サービスラーメンとネギ増し
(ダブル)200円をポチリ。
セルフのお冷やを持ち、
空いてるカウンター席へ。
350円効果なのか、閉店間際ですが
先客は多数に後客もチラホラ。

店内は男性店主さん、
男女店員さん3名の体制。
かなり忙しそうです。

思ったより早く、3杯が着ラー。
それではスープから。
背脂のコクに穏やかな塩気、
ライトな豚に嫌みなく補足されてそうな
旨味も感じられます。
トレーニング後もありますが、
もうちょっと塩気は強めでも良いかな。
カラメとか出来るのかな?
でも、やや物足りなさも感じつつ、
なかなか後を引くスープです。

次に麺を。
麺は低加水の中細ストレート麺。
スープを適度に持ち上げ、
柔らかめな食感。
着ラー時は許容範囲内ですが、
終盤は柔らか過ぎか。
硬めコールとか出来るのかな?
そう言えば、スープと麺については
前回も同様に感じた次第。
麺量は体感150g程度。

具はネギチャーシューダブル、
チャーシュー、ホーレン草、板海苔です。
ネギチャーシューは、
植物性油が絡めて有り、
程よい塩気とナイスなクタシャキ食感。
麺に絡めて美味しいです。
やはり個人的にラーショはネギ増しが必須。
絡めてあるチャーシューで
更に満足度が、アップします。
チャーシューは柔らかで肉の旨味は十分。
ホーレン草は冷凍ぽいクタベシャ感が有り。
海苔は麺に巻いてパクリ。
卓上のオロシニンニク&豆板醤を
インして、中毒性がアップ。

あっという間に完食。
スープからめの麺硬めが好みでしたが、
ラーショが食べたかったので満足しました。
ネギ増しタブルをトッピングしたのに、550円は安い!
採点はコスパ+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 7件

「チャーシューメン 750円」@よいみの写真ノスタルジックな一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12511037838.html

8月下旬のお昼に訪問。先客2名、後客0名。

郵便局に立ち寄った後、
ラーメンの幟旗が目に入りました。
甘味処みたいですが..
入るとお客さんが「どうぞどうぞ、上がって」とご案内。
勝手に堀こたつ式の小上がり席へ。
 
ラーメン3種類に冷やし中華も。
暑いので冷やし中華も気になったが、
高めなのでこちらを口頭でお願い。
店内は年輩の女性と中年の女性お二人で切り盛り。
人工透析の話で盛り上がっています。
健康第一...
 
やや時間が掛かって着ラー。
それではスープから。
ほぼ油気は感じず、適度な醤油の塩気に
軽い乾物魚介にガラっぽさも。
ノスタルジックなスープですが、
ちゃんと出汁をとっている旨味があります。
結構、美味しい。
 
次に麺を。
麺は多加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾い、やや柔らかめな食感。
麺の味わいは普通。
麺もノスタルジックです。
麺量は体感150g程度。
最後は少し飽きましたが..
 
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ワカメです。
チャーシューは煮豚タイプで、
そこそこに大きいのが3枚。
脂身は無く、パサツキがち。
なかなか飲み込めず、食べ応えがあります。
メンマはシナコリな食感。
白ネギは少し多めなのが嬉しいです。
ワカメもこのラーメンには有りかなと。
 
あっという間に完食。
汗が止まらず、またハンカチーフがぐっしょり..
年輩の常連客も結構、居るみたいです。
郷愁が漂う一杯でした。
採点は初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(醤油)780円」@中華そばのあい川の写真麺は好みとは違ったが、上品な滋味ある無化調スープはかなりのものだった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12510457110.html

8月下旬の夜に訪問。先客2名、後客3名。

新店なので先アゲ。
場所は笠間稲荷神社前の門前通り商店街。
中華食堂のえん」が
リューアルオープンとか。
お店に駐車場はないけど、
周囲には有料駐車場が多数。
4分離れた場所には、
年末年始以外は無料の笠間市営荒町駐車場が広がります。
ガラガラ~と店内へ。
勝手に空いているカウンター席へ。

以前とそんなに変わってなさそうな、
こんじまりとした店内。
メニュー表はないようで、
壁にメニューの表示が有り。

中華そば(醤油)780円
中華そば(塩)830円
担々麺(ピリ辛)850円
汁なし担々麺 700円の構成。

その他、餃子、炒飯、丼物に
ラーメン素材を利用したツマミ類なども。
隣客はお酒とツマミをたしなんでいます。
因みに厨房に接続した、外立ち席も有り。
タレに拘ってそうな塩そばや、
辛い汁なし担々麺も気になりましたが、
基本のこちらを口頭でお願い。

あの...お冷やを頂けないでしょうか...
離れた所にあったお冷やのポットが
「申し訳有りませんでした」と到着。
SNSで見掛けた女性店員さんなので、
勝手に親近感が有りますw。
厨房は男性店員さん1名の体制。

少して、カウンター越しに着ラー。
それではスープから。
上質な鶏油のコクに穏やかで適度な醤油の塩気と旨味、
淡麗ながらも滋味ある鶏の旨味に魚介乾物などの
多様な旨味がジンワリと伸びていきます。
たっぷりの地鶏をメインに魚介・豚・乾物などの
食材からとった出汁の無化調スープとか。
色々と使ってそうだけど、
明確に各素材の関知は不明系か...
それ系の淡麗系スープですが、
総合的な旨味の厚みは十分かなと。
少なくとも、地鶏の滋味は感じとれますよ。
上品な洗練度のある、なかなか美味しいスープです。

次に麺を。
麺は加水中~多の中細ストレート麺。
スープを穏やかに拾い、ツルッとすすりあげ、
やや柔らかな張りとコシ。
スープが淡麗なのもありますが、
麺へのスープの載りがイマイチか。
菅野製麺の麺箱が有りましたが、
小麦の旨味にはやや乏しいかも...
麺量は体感160g程度...

具はチャーシュー2種、メンマ、
三つ葉、海苔、ナルト、ネギです。
豚チャーシューは薄味ですが、
食べ応えや肉の旨味は十分。
これが二枚は嬉しいです。
鶏ムネチャーシューは、
フワッとして肉の繊維も感じたりして、旨し。
メンマは仄かに甘味もある味付けで、コリコリ。
なかなか存在感が有ります。
三つ葉は麺に絡めると芳香が強く、オッ。
海苔も麺に絡めてパクリ。
ネギはもっと欲しいでしょうか。

あっという間に完飲完食~。
スープは美味しく、具材も良かったけど、
麺は好みとは違ったでしょうか。
麺が最適化すると、個人的なお薦め度が
飛躍しそうなのですが...
採点は新店+1、初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「純鯛蕎麦 850円」@七福軒の写真久し振りに食べたのだが、No.1の人気メニューは納得の美味しさだった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12510032021.html

8月中旬の夜に訪問。先客7名、後客7名。
 
久し振りにこちらへ。
冷し純鯛つけそば、冷しホワイトつけ(福来風味)が
有ればと思ったのですが、本日の推し麺は、純鯛蕎麦とか。
確かに雨で肌寒いし、暖かい汁有りの気分。
一番人気というこちらをポチッとな。
セルフのお冷やを持ち、カウンター席へ。
 
店内は、男性店員さん2名の体制。
食べている時に入れ替えで男性店主さんが登場した次第。
つくばマラソンに向けて、ひとっ走りしてきたのかしら..
少しして、カウンター越しに着ラー。
 
それではスープから。
スープと一体感のある油脂のコクに適度な塩気、
鮮魚っぽい鯛の滋味ある旨味が深く伸びていきます。
鯛100%ですが、やや白濁するほどに鯛の旨味はタ~ップリ。
久し振りに食べましたが、美味しいですね~。
 
次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
パツパツッと小気味良さも感じる食感。
細いけど食べ応えがあり美味しいです。
麺量は体感150g程度。
 
具はチャーシュー2種、メンマ、
黒バラ海苔、刻み玉ネギです。
豚チャーシューは風味もよく、
味付けと熟成された旨味が入り交じる味わい。
鶏ムネチャーシューは分厚く、
コリコリッと繊維質を感じるレアな食感。
特に鶏チャーシューは他店のより好きです。
メンマはコリコリで味付けも良好。
黒バラ海苔は麺に絡めて、風味が合います。
玉ネギは刻みが細かく、ショリシャキ。
 
あっという間に完食。
久し振りに食べましたが、美味しかったです。
流石は看板メニュー♪
つくばマラソンは無事に完走ができるといいですね。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 8件

「【夏季限定】冷やし肉そば 780円+自家製ゆで餃子 290円」@龍のひげの写真暑い日にはまた食べたくなりそうな一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12509453222.html

8月中旬の週末、夜に訪問。
先客19名、帰りの待ち客4名。

暑いので、本メニューが久しぶりに食べたくなりました。
山形県河北町の郷土料理をインスパイアだったかと。
券売機でこちらと茹で餃子もポチリ。
少し待ってテーブル席へご案内。
店内は家族連れで多数。

隣テーブルのパパさんは
「ここはラーメンも餃子も美味しい!
これは久し振りのヒットだ!」と興奮気味。
至って冷静なお子様達との対比がなんか面白かったりして。

少してして、餃子と遅れてラーメンが到着。
それではスープから。
サラッとした油のコクに旨味のある醤油の塩気、
確りと冷たいながらも、乾物魚介と妄想する旨味に
鶏が適度に感じられながら伸びていきます。
千波湖を3周してサウナに入った後なので、体に染み入ります。
あ~、美味しい。
ラーメンは美味しく食べれる体調管理が大事だねw。

次に麺を。
麺は加水高げな中細ストレート麺。
スープを適度に持ち上げ、
適度な麺肌の張りに歯切れも良く。
冷やしだと、麺が細くても
コシが強すぎる嫌いがあったりしますが、
そんなことも無く。
スルスルッと食べやすいです。
でも、麺量は体感180g程度で十分。
餃子もボリュームがあるので、お腹一杯です。

具は鶏肉、半割味玉、水菜、ネギです。
鶏肉は老鶏と妄想する歯応えの強さと
濃い鶏の旨味があります。
皮と軟骨なのか、コリコリな食感が多く、美味しいです。
半割味玉は黄身は薄目の味付けで、
味覚をフラットにしてくれるかのよう。
水菜も爽やかです。

因みにゆで餃子は想像以上に大きいです。
皮がモチモチで、餡材がタップリと
入っていてジューシー。
掛けられたポン酢が食欲をそそり、
白髪ネギとの相性も良く。
カラシもナイスなアクセントに。
持ち帰り用の冷凍ゆで餃子もあるみたいです。

一緒に届いた七味や胡椒を賭けて、
あっという間に完食。
今週は涼しそうですが、
暑い日にはまた食べたくなりそうな一杯でした。
ご馳走様です。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 18件

「冷・鱧とイクラの浅利そば 900円+和え玉(蟹味噌)400円」@中華そば ひしお -醤-の写真素材を生かした創作センスが半端ないお店だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12508231319.html

8月中旬の週末、夕方に訪問。
先客1名、後客2名。

今、茨城の新店で一番気になるお店へ。
本来は昼営業だけですが、
納得のいくスープではなかったので、
この日は夜営業にシフトしました。

狙いは、限定つけそば 1300円也
つけだれ二種
温かい 甘海老 出汁 白味噌クリームチーズ
冷たい 鰹出汁 青海苔 梅酢
馬タン 炙り、馬ハツ たたき、
鴨鶏チャーシュー、煮豚、味玉

入るとお好きな席へどうぞとご案内。
限定つけそばをお願いすると、
一瞬の了解後に馬肉切れを思い出したよう。
始まってまだ、40分くらいですが...

よって気になった冷やしを。
冷やしは、淡麗魚醤そばとの二種類。
こちらを口頭でお願いしつつ、会計を済ませます。

ビーカーみたいな器で届いたお茶で喉を潤します。
麦茶かと思ったら、ジャスミンティー?
適度に使い込まれた、シャレオツで居心地の良い空間。

店内は男性店主さん、男女店員さん3名の体制。
男性店主さんは女性店員さんにご指導中。
違う女性店員が目の前で
私のラーメンを仕上げられていきます。
最後の方で煮干しの詰まった容器から
オイル?が掛けれての着ラー。
おっと、テンションがアゲアゲのビジュアル!

それではスープから。
植物性油のコクにジャストな塩気、
淡麗ながらもハモの香りがしつつ、
冷たくも上品で上質な潮スープが伸びていきます。
ベースは浅利だと思うのですが、
直接的に浅利だけという単調な味わいでは無く。
うっとりするような、潮感があります。
レンゲをすくう場所によっては、
イクラも感じられたりして。
これはいきなりレンゲが止まらんです!

次に麺を。
麺は低加水の中細麺。
スープを束になって拾い、
強めな小麦感のある麺肌の張りにコシ。
噛むと全粒粉と思われる香ばしさも感じられます。
麺の味わいも上等。
都内では美味しいラーメン屋さんの多くが
使用していますが、茨城では比較的に珍しい、
三河屋製麺の麺箱が有りました。
麺量は体感150g程度。

具はハモ、イクラ、味玉、刻み大根、
白ネギ、青ネギ、三つ葉です。
ハモは軽く油で揚げられたように、
サクッと柔らかで皮が伸びます。
旨味はスープに供給してそうですが、
それを補うように、やや濃い目の味付けが美味しいです。
これが3キレは嬉しいです。
イクラの量も十分です。
麺と一緒に食べれば、あ~、幸せ♪
やや小振りな味玉は、黄身が濃い目の味付け。
これでまたスープに回帰したくなる設定か。
ハモの下には刻んだ大根が有り。
オロシじゃないので、大根の食感もありつつ、サッパリと。

残ったスープのイクラをすくっていると、
隣客が和え玉をオーダー。
この日の和え玉は、イクラと夏文旦の冷やし、
サーモンライムバター、蟹味噌、烏賊墨 各400円の設定。
蟹味噌を現金と共にお願い。

少しして着ラー。
麺は低加水の細ストレート麺。
パツッと和え玉によく有りそうな強めな食感。
そこに絡むのは正に、蟹味噌!
ここまで確りと蟹味噌が感じられるとは思いませんでした。
麺量は体感120g程度。

具は鴨チャーシュー、スライスオニオン、
カイワレ、縁にワサビです。
鴨肩ロースチャーシューは
熟成された肉の旨味が溢れ出ます。
ワサビはツンした爽やかさが有ります。
ただ、蟹味噌の風味は飛んでしまいますが...
冷たいラーメンのスープに浸したり、
最後は和え玉側に残ったスープをイン。

あっという間に完飲完食。
900円でもお安いと感じさせる一杯でした。
多用な料理に長けていると思われる、
創作センスの素晴らしさを垣間見た一杯でした。
オシャレでおもてなしを感じさせる接客も含め、
これは何度も通いたくなります。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】ブラック 830円」@中華蕎麦 みうらの写真ご結婚おめでとうございます!

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12506134033.html

8月上旬の夜に訪問。
先外待ち客2名、後客10名。

令和元年8月8日にご入籍した、
お二人で切り盛りするこちらへ。
汗を掻くので、ブラックでの
塩分補給を体が求めます。

少し待って店内へ。
入って左側に券売機が有り。

おめでとうございます。と声かけをしつつ、
券売機右端のこちらをポチッとな。

替え玉は3種類。
煮干ししょうゆ、花椒 1玉200円,ハーフ150円
トムヤムクン 1玉300円,ハーフ250円也。
トムヤククン狙いで、
替え玉と味玉の食券をポチリ。

少し後ろの待ち席でウェイティング。
店内は新婚ご夫婦での切り盛り。
少し蒸します。

少しして、セルフのお冷や持ちつつ、
カウンター席へ。
そして、着ラー。
それではスープから。
油のコクにたまり醤油の塩気と旨味、
魚介に動物系の下支えも感じられ、
ブラックペッパーもピリリ。
たまり醤油はそんなに
ショッパくはなく、グビグビ。
出汁はカエシにマスクされてますが、
程好い厚みのあるスープです。

次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
パツバツな食感。
麺の味わいは上等で、
スープとの相性も良好です。
麺量は体感150g程度。

具はチャーシュー、味玉、
メンマ、海苔、ネギ、
ブラックペッパーです。
チャーシューは外側が
カリカリでブラペも。
肉の旨味も十分です。
味玉は黄身が薄味で、
口中をリフレッシュしてくれます。
メンマはコリコリで食感良好。
海苔は麺に巻いてパクリ。
ネギもこのラーメンによく合います。

半分を過ぎた所でお願いした替え玉が到着。
お前なんか滅茶苦茶にしてやる~!
りりさんと同じ
トムヤムクンペーストをご使用と思える味わい。
美味しいです。
残ったスープに浸すと、
トムヤムの風味が逃げていく代わりに
塩分でショッパにも。
別々に食べて飲んで、食べて。

あっという間に完食。
ご結婚おめでとうございます。
採点は末広がり+3。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「冷やしアゴ出汁らぁめん 700円他」@麺's キッチン RIRIの写真スモーキーでアッサリしつつも深みのあるアゴスープが、体に染み入る一杯だった~!の巻

写真家沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12505683004.html

8月上旬の昼過ぎに訪問。
先待ち客1名、後客9名。

最近、通常営業の合間に冷やしラーメンを提供しています。
「冷やし専門店リリィ」として店舗登録しようと思ったら、
営業は気まぐれなのでそこまではちょっと...
券売機で限定0ボタンをポチリ。
冷飯も欲しいので、半ライスをポチリ。

直ぐに空いているカウンター席へ。
少し時間が掛かって着ラー。
それてはスープから。
植物性香味油のコクに醤油の適度な塩気、
冷たいけど焼きアゴ節のスモーキーな
フレーバーが鼻腔に充満しつつ、
香ばしくて艶もある旨味が感じられます。
芳醇なアゴの旨味がいいですね~。
サッパリと美味しくて、暑い日にはピッタリです。
熱した体をクールダウンしてくれます。
あ~、美味しい♪

次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
スープを束になって穏やかに拾い、パツパツな食感。
風味の良い麺ですが、
多加水の平打ち麺で食べてみたいかも...
後で聞くと、当初はそうゆう麺を
使用していたようですが、厨房の仕様の関係上、
ボイルに時間が掛かりすぎるため、麺を変えたのだとか。
麺量は体感150g程度。

具は半割味玉、青ネギです。
味玉は黄身が濃い目の味付けで、オッ。
値段的に具材が寂しいのは仕方がないかと。

しかし、冷飯があります。
ご飯は洗ってあるので変な粘りはなく、
スルスルッと美味しく。

あっという間に完飲完食~。
直ぐ様、昼営業が終了だったので、
元イケメンラヲタの丸ちゃん(店主さん)と
店先で立ち話などを。
それが一番楽しかったりしてw。
暑い日にピッタリの一杯でした。
ご馳走様です。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 15件

「みそラーメン  700円」@らーめん 瀧の写真佐貫駅を降りた、とりあえずラーメンを食べたいお客様には好まれそうな一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12502692102.html

8月上旬の夜に訪問。先客0名、後客2名。

ほぼオーラは感じないのだが、
新店なので来てみた次第。
常磐線佐貫駅のすぐ近く。
佐貫駅って、思っていたより小さいのね。
駐車場は駅周辺の緩い縛りに救われた次第。

居酒屋からの転身でしょうか。
入るとテーブル席に座っていた
女性店員さんがお出迎え。
左手の券売機はまだ機能していないそう。
でも、メニュー表はないのですが、
券売機を凝視していたので、
「みそ」を口頭でお願い。

勝手に席に座るとお冷やが到着。
ビール、ハイボール、酎ハイを
3杯+一品料理で千円の
センベロセットが激しく気になります。
車でなければ...

●●ちゃ~ん!●●ちゃ~ん!と
女性店員さんが店舗奥に向けて
店主さんを呼ぶ声が数度。
やっと出てきた年配の
男性店主さんによる調理が始まります。

お二人の関係は阿吽の呼吸とはいかず、
今後、改善されるかと。

やや待って、背後から着ラー。
それではスープから。
ほぼ油気は無く、
赤味噌系の適度な塩気、
具材のモヤシや挽肉由来と思われる旨味に
さりげなく鶏ガラもサポートか。
業務用チックさはないのですが、軽いスープです。
このまま飲むのには美味しい味噌スープですが...
蓋をする油気がないので、湯気も凄いです。

次に麺を。
麺は低加水の中細微縮れ麺。
スープを穏やかに拾い、
やや硬質な麺肌の張りに粘りを感じられる歯切れ。
麺の味わいはまずまず。
でも、やはり、味噌にしてはスープのボディが弱い。

具はモヤシ、挽肉、メンマです。
モヤシはそんなにクタッてなくて、程好い感じ。
挽肉はスープへの旨味添加で重要かと。
メンマは必要以上に甘いような...
甘いメンマはあまり記憶に無く。

後半、卓上のラー油で味変を。
油気のコクが加わりますが、
ゴマの風味が合うような合わないような...

あっという間に完食。
遠征するほどでもないお店と感じましたが、
駅を利用する方等には重宝するのかも。
採点は新店+1、初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーズー湯麺(辛め) 850円」@皐月の写真暑い日に辛くて熱いラーメンは、乙だと思える一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12502300849.html

7月下旬のお昼に訪問。先客1名、後客2名。

香取市のラーメン店巡りのプチ2順目。
市街地の細い路地を不安になりながら入っていくと有ります。
70年くらい営業されているとか。
斜め向かいに駐車場が有り。
こじんまりとした店内はお酒も楽しめそう。
勝手に席に座ると、麦茶と大きなポットも到着。
メニューを見ると、皐月伝統menu 10種と
三代目特特製menu 11種が並びます。
今回は三代目から選択しようかな。

野菜がたっぷり入った
辛ラーメンで辛さ調節も可能らしい。
口頭で辛めをお願い。
店内は二代目と思われる女性店員と
三代目と思われる男性店主さんの体制。
軽快な鍋降り音が聞こえてきます。

少しして、着ラー。
それではスープから。
軽い油脂のコクに醤油の塩気、
ガラッぽいライトな動物系が感じられます。

次に麺を。
麺は加水やや低げな細ストレート麺。
スープを束になって拾い、パツパツな食感。
小麦感には乏しいけど、スープはよく持ち上げ、食感は良好。

具は白菜、モヤシ、青菜、ニンジン、豚肉...え~とです。
野菜が火の通りが良好でシャキシャキ。
そして、餡がいいね。
トロミは十分で清々しい辛さです。
ニンニクも効いてそう?
初動ではまだまだ大丈夫...後半は結構辛い!
具材量が多く、麺も多く感じました。
エアコンも効いてますが、汗は止まらず...(--;)

時間を掛けて完食。
暑い日に辛くて熱いラーメンは乙でしたw。
ご馳走様です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件