なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

としくん

男性 - 千葉県

千葉県のオジサンです。素人の勝手な感想文なのでご了承を。自分も他人の感想にはケチも文句もつけません。ラーメンは思い思いに楽しく食べたいですからね。書くからには、ラーメン屋さんのご苦労へのリスペクトも忘れません。よろしくお願いします(*^^*)

平均点 84.432点
最終レビュー日 2019年10月16日
1,968 1,109 1 27,431
レビュー 店舗 スキ いいね

「ミニらーめん豚一切れ」@ちばから 経堂店の写真[訪問時期] 2019年10月上旬(平日) 夜
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] ミニらーめん豚一切れ
[価格] 870円
[スープ] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[麺] 平打ち太麺(200g)
[コール] 野菜チョイ増し、にんにく、アブラ、ねぎ
[トッピング] 豚、茹で野菜、ねぎ、刻みニンニク


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12532239136.html

------------------------------------------------

麺活停滞から解放された勢いで、ちばから新店へ。
多忙につき昼飯抜きだったので、遅めのランチから帰宅パターン😅
夕方開店10分前でまさかのPP、その後バラバラと後続が現れるが、開店時のシャッターズは7名。
食券を買い、セルフお冷やを持って、カウンター最奥に座る。
先のお好みはデフォルトで、後のお好みは「野菜チョイ増し、にんにく、アブラ、ねぎ」とコール。
10分近く待ってご対麺となった。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532239136-14605888552.html
[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532239136-14605888593.html

■ スープ
「ちばから」らしく、豚主体の旨味とコクに満ちたド乳化スープ。
この動物出汁と尖りないカエシが作り出す円やかジャストな味わい、そこにピリッと一石を投じるニンニクの刺激。
最近行ったJ系店は、カエシのパンチでぐいぐい引っ張る非乳化スープが多かったが、自分的にはやはりこういうマイルドタイプが落ち着く。
本店と違うみたいな声も聞くが、素人にはそんなことも分からず、序盤から魅了された。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532239136-14605888633.html

■ 麺
うねるような平打ち幅広の太麺。
加水率やや高め、茹で加減は若干軟らかめで、ニュルシコモッチリな食感。
ちばから麺箱から取り出しているが、自家製なのか委託なのかは分からない。
ただ、前回渋谷道玄坂店で食べたこと麺より、二郎に似たワイルドなオーション風味が増した気がする。
超濃厚スープとのバランスは上々。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532239136-14605888667.html

■ トッピング
豚、チョイ増し茹で野菜、コールしたねぎと刻みニンニク。
肉厚な豚は、フワトロな外巻き部分と肉感溢れる赤身のバランスが抜群。
今は神豚クラスの豚を出す店も増えたので、本店初めて出会った時の感動には及ばないが、それでも絶品であることに変わりない。
茹で野菜は、従来のイメージとは若干違ってキャベ率低め。
浅茹でのシャキシャキタイプは、普通ならスープと馴染みにくいものだが、この濃厚スープとは相性が良い。
ねぎの苦味もポイント高い。

[トッピング全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532239136-14605888680.html
[豚]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12532239136-14605888701.html

■ 感想など
渋谷道玄坂店のオープン日以来の「ちばから」を堪能。
J系のスープは控えるようにしているのだが、今日は中々止まらず、グビグビと大半を飲んでしまった。
日頃から、次回は「油そば」と思っていながら、このスープが飲みたくて、どうしてもらーめんを頼んでしまう。
玄人に言わせれば、本店とは差も有るのだろうが、満足満足。

㊗️オープン㊗️
ご馳走様でした。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:㊗️オープン
・減点ポイント:

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(少なめ)+生玉子+生姜ダレ」@自家製麺 No11の写真[訪問時期] 2019年9月上旬(平日) 夜
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] ラーメン+生卵+生姜ダレ
[価格] 850円+60円+50円
[スープ] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[麺] 平打ち太縮れ麺(通常350g⇒220g位)
[コール] 麺少なめ、ニンニク、ちょい脂
[トッピング] 豚、野菜、ウズラ、ナルト、アブラ、ニンニク(別)生玉子、生姜ダレ


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12521135664.html

-----------------------------------------------


半休を取った日、所要を終えてシャッター。
17時半で6番目、因みに開店時13~14名だったので、一時の大混雑は解消した感じだろうか。
定刻ちょうどにシャッターが上がり、支度中の札が「笑顔中」にひっくり返されて開店。
表題の食券をスタッフにお渡しし、「麺少なめ」をお願いする。
お冷やはセルフで、店内に自販機も設置。
実物は更に黒く見える店主さん、良い男だし優しそうだね~
目の前でワンロット6杯作成中だが、思った以上になだらかな丘状なのにかなり安心。
でも、「ニンニク、ちょい脂」とコールすると、アブラが液体油ごとドロッとかけられて、それにはちょっとビビッた。
そのままご対麺。
あーあ、玉子割るの失敗しちゃったよ。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12521135664-14576826324.html
[登場]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12521135664-14576826357.html

■ スープ
スープは日によって時間によって乳化度合いが異なるようだが、この時は微微乳化ぐらい。
カエシのパンチが豚感を凌ぐぐらいのバランスだが、後入れの「ちょい脂」の液体油が表層に5mm以上溜まっていて、これが混ざっていくと、ジャストな円やかさになっていくから不思議。
アブラを気にしながらも、グビグビいけちゃうね。
追加した「生姜ダレ」はおろし生姜とタレを混ぜたもので、これを投下してからがハイライト。
パンチは強まるが、生姜の爽やかさがそれを上回り、レンゲを持つ手が加速していく。
旨ジョッパの極みだな。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12521135664-14576826496.html

■ 麺
麺は自家製の平打ち太縮れ。
やや硬茹でで、密度高そうなゴワ感からムチーッとなる食感もインパクトあるし、滲むような甘味も印象的。
富士丸ってデロ麺のイメージがあったけど、先日の「特龍」然りで、そうでもないらしい。
デフォ麺量350gのところを少なめにしてもらったが、おそらく220g~230g程度だろう。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12521135664-14576826530.html

■ トッピング
麺上に豚、野菜、ウズラ、ナルト、アブラ、ニンニク。
追加の生玉子と生姜ダレは別椀にて。
豚は厚み2cmほどの塊で、赤身の肉感とトロットロの脂身がベストバランスな逸品。
但し、他に端肉とかが載っていないので、これでも周りの丼と比べるとちょっと迫力に欠ける(^^;
タレ味がほど良く染みて、生玉子を絡めて食べると超美味しかった。
クタもやし99%の野菜は、麺に絡めて早々に食べ切ってしまったので、この麺量なら、ちょい増しにしても良かったぐらい。
ニンニクはこのスープともちろん相性良いのだが、生姜ダレを投下した後のジャンクシナジーが更に半端ない。
生玉子は中盤から大活躍。
麺からクタもやし、豚に至るまで、「そのまま」と「玉子に浸けて」を交互に繰り返すぐらいが丁度良い。
ラストは浮かんだアブラを全て掬って、スープ割りにしてゴクッと飲み干した。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12521135664-14576826643.html
[豚]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12521135664-14576826595.html

■ 感想など
先週の「特龍」と比べるとアブラ感が半端なかったが、この背徳感と高揚感は何なんだろう。
とにかく、満足度倍増につながっているようだ。
富士丸も未訪の素人の、チキン丸出しのガッツリ麺活、さてこの後どうなるか。

㊗️オープン㊗️
ご馳走様でした。

【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:㊗️オープン
・減点ポイント:

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「豚そば(アブラ, ニンニクちょい増し)+生卵」@茨城豚そば 特龍本店の写真[訪問時期] 2019年8月下旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] 豚そば+生卵
[価格] 750円+50円
[スープ] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[麺] 平打ち太縮れ麺(通常300g⇒200g位)
[コール] 麺少なめ、アブラ・ニンニクちょい増し
[トッピング] 豚、野菜、1/2茹で玉子、アブラ、生姜、(別)生卵、ニンニク


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12517946334.html

-----------------------------------------------

先日オープンした「特龍本店」にシャッター。
11時過ぎからポツポツと人が集まりだし、開店時には20名弱ほど。
その20分前位から食券購入が始まり、標題の食券をスタッフに渡す際にお好みを聞かれる。
デフォで何がどれ位入っているのか、今イチ分からないので、取り敢えず「麺少なめ、アブラとニンニクちょい増しで」とお願いした。
11時45分の定刻を数分前倒しで開店。
給水機脇で割り箸をピックアップし、浅野総帥の目の前の席に案内される。
厨房内の浅野総帥は、いつも通り余裕の表情に見えたのだが、実際にはスタッフ連携など、まだ慣れない所があるのかな。
程なく、かなりなだらかなラーメン、そして別添えの生卵と玉ネギが届けられた。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568697462.html
[登場]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568697497.html
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568697507.html

■ トッピング
登場時点でのトッピングは、豚、野菜、1/2茹で玉子、アブラ、生姜、そして別椀に生卵と玉ネギ。
パッと見、ニンニクが少ないなと思い、ちょい増しでしたと申し出て、別皿で貰い上から盛り付け。
後から風味で気付いたのだが、最初からアブラの上に載っていたのは、おろし生姜だったようだ😅
と言うことは、ニンニクはコールをしないと入らないのかな?
また、この時点では玉ネギもセットなのかと思い、普通に丼に移して食べ始めたが、これは別の方が追加注文したものだったのだろう。
だとしたら、申し訳ないことをした。

[登場時]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568697516.html
[ニンニクと玉ネギ盛り付け]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568697533.html

厚み1.5cmほどの豚は、赤身の肉感とトロットロの脂身がベストバランスで、とにかく旨いし食べ応えある。
クタ野菜、半カットの茹で玉子、醤油味が濃いめに染みたアブラは、正に「富士丸」のインスパらしい。
でも、ノーコールだった野菜はほんの一握り位の量。
生卵を用意して待ち受けていたので、ちょっと増してみれば良かったかも。
逆にちょい増ししたアブラはそこそこ多めで、これは卵をくぐらせると絶品だった。
野菜、アブラは、コールと有料増しがあるので、その違いがどれほどなのか、通ってみないと分からないね。

[豚、アブラ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568697541.html

■ スープと麺
さて、スープは微乳化程度で、豚の旨味がビンビン来る。
カエシもそこそこパンチがあるようなのだが、混ざり込んだ多めの液体油が円やかに中和している感じ。
時折り混ざる生姜風味がスッキリさせてくれて、序盤はそのままスイスイ飲めてしまう。

麺は自家製の平打ち太縮れ。
デフォ麺量は300gのところ、200g程度に減らしてもらった。
表層ややソフト、芯には強めの食感を残したジャストな茹で加減。
デロ麺という感じではなかったが、むしろゴワ感も適度にある食感のバランスが好みだった。
良く絡むスープに適度なオーション風味が馴染み、私のような素人には、直系二郎よりも断然食べやすい。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568697566.html
[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568709953.html

濃い味のアブラの存在や、クタ野菜から水気が出て来ない等の影響か、中盤から旨ジョッパなパンチが強めになってくる。
このあたりから生卵が大活躍で、麺や野菜、アブラを適度に潜らせてマイルドに調整。
ラストは残った固形物をレンゲ5杯位のスープと一緒に卵椀に投下し、ゴクッと飲み干してフィニッシュ。
プチライスでも放り込んだら最高だっただろう。

[生卵に潜らせる]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12517946334-14568709966.html

■ 感想など
J系素人にも想像以上に食べやすく、勿論美味しかった。
当店ならではのアレンジの部分かも知れないが、これは「富士丸」や「No.11」にも行ってみたくなる。
量的にもスルッと余裕で入り、これならもう一軒行けるかもと思ったほど。

開店前、出て来られた浅野さんと少しお話ししたが、オープン直前にアクシデントがあって、急きょ自ら厨房に立つ状況になったらしい。
9月第一週からはつけそば、10月頃からは汁なしもリリース予定とのことで、各メニューが固まるまでは暫く新店にかかりッきりなのだろう。
メニューが出揃った頃に、再訪してみようかな。

㊗️オープン㊗️
ご馳走様でした。

【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:㊗️オープン
・減点ポイント:

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ネギラーメン」@ラーメン山岡家 千葉鎌ヶ谷店の写真[訪問時期] 2019年8月下旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] 醤油ネギラーメン
[価格] 740円(ネギ90円含む)
[スープ] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[麺] 中太麺(130g位)
[具] 和えネギ、チャーシュー、ホウレン草、海苔


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12513336706.html

----------------------------------------------

本場さながらの佐野ラーメンを食べてから、くぬぎ山の某店に入ったものの、いろいろあって即脱出。
さてどうしようと思案の末、「山岡家」初訪問の絶好のチャンスだと気付き、新鎌ヶ谷に戻る。
あーあ、小一時間もロスだよ。
山岡家は地元にはないし、遠征してまで入るのはちょっとだし、とにかく待望の初体験。
豚骨臭を感じながら店内に入り、タッチパネルでピッピと表題の食券を買って、バイトのお姉さんにお渡し。
何となく麺は硬めでお願いした。
たどたどしいけど笑顔での接客、サービス業はこうでなくっちゃ。
10分ほど待ってご対麺。

[メニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12513336706-14555566252.html
[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12513336706-14555566270.html

■ スープ
ひと口目だけ化調がジンと来るが、あとは豚骨感と醤油パンチが上々の競い合い。
家系のようで、ちょっとラーショが入っている。
鶏の円みを感じない家系、もしくは醤油を立たせたラーショ。
何れにしても引きが強いスープ。
卓上のおろしニンニクでピリッとさせたら、もう止まらない。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12513336706-14555566291.html

■ 麺
やや黄色い中太ストレート。
ホクッとしたソフトな口当たりから一転、そこそこ強めなコシ。
確り硬茹でされてるのが嬉しい。
家系の麺に近そうでちょっと違う。
スープとのバランスは取れている。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12513336706-14555566301.html

■ トッピング
和えネギ、チャーシュー、ホウレン草、海苔。
トッピングも家系家系とラーショのフュージョンぽい。
胡麻油で微辛に和えられた白髪ネギは、正にラーショ風。
個人的には、胡麻をもうチョイ香らせて欲しいのだが、おそらくお店によって、微妙に味が変わって来るのだろう。
チャーシューは、角切り状の小さなヤツが3つと寂しめ。
ネギメニューだとこうなるのかな。
甘い味付けもちょっと嗜好外。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12513336706-14555566340.html

■ 感想など
ラーショ寄りな家系ラーメン。
そもそも、家系自体がラーショからの分派なので、フュージョンと言うよりは、少しだけ先祖帰りしたイメージだろうか。
大台とはいかないけれど、手軽でジャンク性もあり、嵌まるファンが多いのも頷ける。
またチャンスが来たら、今度は味噌かな。

ご馳走様でした。

【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:連食の影響
・減点ポイント:

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+のり」@家系ラーメン 王道の写真​[訪問時期] 2019年8月中旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] ラーメン+のり
[価格] 650円+100円
[スープ] 豚+鶏/白湯
[味] 醤油
[麺] 平打ち中太麺(150g位)
[トッピング] チャーシュー、ホウレン草、海苔、葱


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12510160265.html

----------------------------------------------------

家系気分だったので、比較的近場の未訪店へ。
「王道家」の支店で、ファミリー向けがコンセプトのライト版家系とのこと。
開店5分前から人が集まり出し、11時開店時には10名、やがて店内待ちが発生する。
表題の食券を置き、「どうしますか?」との問いには「普通で」。
5番手の私は2ロット目、着席から8分ほどでご対麺となる。
何でも崩れ味玉が出来たとのことで、全員に半分ずつお裾分けがあった。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12510160265-14546745704.html
[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12510160265-14546745726.html

■ スープ
本家「王道家」のライト版とのスープ。
個人的印象では、乳化度、粘度が比較的低めだろうか。
重みが緩和された反面、円やかさが減じ、カエシのパンチはやや尖って感じるので、鶏油を多めに混ぜて飲むと、ジャストな加減に響く。
何れも言われてみれば的な感想で、飲み比べてみないと分からないほど、本家と似通ったスープ。
それでも、行者ニンニクを投下しながら、案外すっきり飲めたのは事実。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12510160265-14546745736.html

■ 麺
自社製、家系らしく短めな平打ち緩ウェーブ。
本家と同じ麺なんだろうか。
本家もそうだったが、デフォ茹ではやや軟らかめで、その分味わいはスープに馴染んでいる。
低加水麺らしい確りした食感をお望みなら、硬めコールをされた方が良いだろう。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12510160265-14546745777.html

■ トッピング
チャーシュー、ホウレン草、海苔、葱、そしてご厚意のB品味玉。
豚モモ肉あたりのチャーシューからは、僅かながら炭の香りがこぼれるが、本家同様直火焼きだろうか。
ホウレン草や海苔は結構ハズレも多い中、当店では安心していただける。
海苔増しして正解。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12510160265-14546745789.html

■ 感想など
私的にはさほどライトとは思えない、パンチと引きの強いザ・王道家的な一杯。
コンセプト通り、周囲にはファミリー客も多いので、食べやすいことは事実なんだろう。
10月には、本家が2年ぶりに柏に帰るらしい。
閉店した「夢館」の跡と聞くので、今度は国道6号からも行列が見られそうだ。

ご馳走様でした。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「千夏っちゃんラーメン」@Good Day Ramen 千夏8の写真[訪問時期] 2019年8月中旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後会計
[メニュー] 千夏っちゃんラーメン
[価格] 700円(外税)
[スープ] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[麺] 中細麺(150g位)
[トッピング] チャーシュー、穂先メンマ、茹でもやし、玉ねぎ


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12509109016.html

-------------------------------------------------------------------

勝タンの後、火照りを冷ましながら1時間半ほどドライブし、横芝光町の長らくのBM店へ。
長らくと言っても、その間にお店は移転し、店名もガラッと変わった。
千葉の夏が由来らしいが、エイトとか何なんだろう?
それでもメニューには「二升屋らーめん」が残っていて、実はこれが食べたかったので一瞬盛り上がったが、夕方17時からの提供だった😅
ラーメンは「生搾り醤油」、「帆立と蟹の汐」もあり、いつもなら間違いなくその後者を選択するのだろうが、何故か今日は「ジャンク」という見出しに「店主オススメ」と書かれた表題が気になり、注文してみた。
待つ間に予習してみると、君津の「大ちゃんラーメン」のインスパみたいな感じらしく、RDBユーザーは大半の方がこのメニューを食べているようだ。
カウンター席の眼前、打ちっぱなしの仕切り壁に子供たちが書いたらしい無邪気な絵を見ているうちに、ご対麺となった。

[麺メニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12509109016-14543708677.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12509109016-14543708727.html

■ スープ
「豚骨醤油味のスープにニンニク、胡椒、蜂蜜を合わせて作る、ジャンクでヤミツキ間違いなしの一杯」と紹介されている。
初動はやけに甘い濃厚スープに、多少の違和感もある。
ところが慣れるにつれて、この甘味にぶつけられたブラぺの刺激、両者を包み込む円やかで濃いめの豚骨醤油が、確かにヤミツキになってくる。
卓上のおろしニンニクで更にピリッと刺激を高め、シャリシャリの玉ねぎをお供に、甘ジョッパなスープをグビグビ。
かなり個性的な味わいで、仰る通りジャンクなカオスを感じるのだが、不思議と二郎系スープほどの重さはない。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12509109016-14543708781.html

■ 麺
細めなストレート麺に、このスープにこのサイズ?と意表を突かれる。
ところがこれが、持ち上げた箸先から硬質感や密度の高さが伝わるような、かなりインパクトのある麺。
加水低めな麺を硬めに茹でてあり、その強め食感も味わいも、濃厚ジャンクスープに負けていない。
これも個性的だが面白い組み合わせだ。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12509109016-14543708821.html

■ トッピング
チャーシュー4枚、穂先メンマ、茹でもやし、玉ねぎ。
肩ロースっぽいチャーシューは、ローストしてあるような肉肉しさが特徴的なのだが、もう少しトロッとしたバラ肉の方が似合いそうかな。
やや小ぶりながら肉厚で、700円にしてはちょっとお得な感じがする。
茹でもやしの存在が二郎系をも連想させるが、インパクト的には圧倒的に玉ねぎが上回る。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12509109016-14543708904.html
[玉ねぎ、もやし、穂先メンマ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12509109016-14543708971.html
[チャーシュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12509109016-14543708953.html

■ 感想など
「大ちゃんらーめん」は未訪なので何とも言えないが、かなり振り切ったジャンク性があると聞く。
「千夏っちゃん」も確かにジャンク。
但し、スープの仕上げや玉ねぎの存在、胡椒の量などを取ってみても、当店ならではの食べやすい工夫がされているように感じた。
これはご本家にも行ってみないとなるまい。
いつか機会を作って、夜のみの「二升屋らーめん」をいただきに再訪したい。

ご馳走様でした。

【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:連食の影響
・減点ポイント:

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(並)+豚1枚」@びんびん豚の写真[訪問時期] 2019年8月上旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] ラーメン(並)+豚1枚
[価格] 700円+100円
[スープ] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[コール] ニンニク、アブラ
[麺] 極太縮れ麺(200g位)
[トッピング] 豚、茹で野菜、刻みニンニク、アブラ


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12506827023.html

-------------------------------------------------------------------

最近目にすることが多い二郎系の冷やしレポに触発されて、未訪店を選んで来てみた。
隣りの指定スペースに車を駐めて店前に来ると、ちょうど開店し、シャッターズ6名が店内に吸い込まれていくところ。
あれ?券売機の「限定」ボタンが×になっているので、今日は冷やしはないのかと確認すると、店主さんらしき方が「そこにも書いてあるんだけど、平日だけですよ」。
それは予習不足、ならば以前から目を付けていた「汁なし」をと思ったら、アララこちらも×印で、要はラーメンとつけ麺のみらしい。アチャ-
意気消沈でラーメンを選択し、カウンターに食券を置くや否や、「どうしますか?」。
事前コールらしく、当てずっぽうで「ニンニク、アブラ」と言ったら、何も言われなかった(笑)
その後掲示を見ると、ニンニクはコールしないと入らないらしく、助かった。
店主さん、言葉遣いは基本丁寧だが太く大きな声で、そこそこ圧がありますかね。
2ロット目で登場。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12506827023-14537111972.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12506827023-14537112026.html
[サイドから]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12506827023-14537112051.html

■ スープ
僅かに乳化したぐらいのシャバ寄りスープ。
カエシにそこそこパンチがあると思ったら、隣の方はいきなりカラメボタルを使っていた。
豚感そこそこで円やか、ちょっと甘めなのでビンビンという感じではない。
初動はこの甘さが気になったが、かなり効くタイプのニンニクが緩和してくれる。
慣れてくるに連れてグイッと引き込まれるのは、この甘味の魔力か、ニンニクの刺激との相性か。
嵌まる人は多いだろう。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12506827023-14537112111.html

■ 麺
自家製の極太縮れ麺。
平打ちとまではいかないが、やや扁平な手もみ風に切り出しでいる。
そこそこ硬茹でで、噛み始めにちょっとゴワ感があるものの、すぐに強いコシと弾力の虜になっていく。
モッチリ変わるあたりの小麦感もナイス。
麺量は並で200gぐらいだと思う。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12506827023-14537112147.html

■ トッピング
豚2枚、茹で野菜、刻みニンニク、アブラ。
1枚追加した豚バラロールのチャーシューは、厚み1.5cm&2cmの極厚な塊。
1枚目、バランス良いホロヤワ感と旨さは流石定評通りと、美味しくいただいたのだが、2枚目の端っこっぽい方は、かなりショッパかった。
ほぼモヤシな茹で野菜は、最近では珍しいぐらいのシャキシャキ浅茹で。
アブラは半固体タイプで、野菜や麺に絡んで、いつしか無くなっている(笑)

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12506827023-14537112198.html
[逆サイドから]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12506827023-14537112227.html

■ 感想など
不得手かと思ったやや甘スープは、逆にニンニクとの相乗効果を楽しめたが、それでも割と早めに飽きが来た。
極太麺と豚のインパクトは絶大で、それだけに片方の豚のショッパさは勿体なかった。
加点ポイントと限定ポイントが裏腹っぽいので、敢えて書かないことにする。
まあ、予期せずラーメンを食べることになった気落ちが、感じ方に影響しているかも知れないので、大台には乗せておく。

ご馳走様でした。

【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(醤油)」@横浜家系ラーメン 壱角家 松戸店の写真[訪問時期] 2019年7月中旬(平日) 夜
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] ラーメン(醤油)
[価格] 690円
[スープ] 豚+鶏/白湯
[味] 醤油
[麺] 中太麺(130g位)
[トッピング] チャーシュー、ホウレン草、海苔、うずら玉子


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12496649443.html

-------------------------------------------------------------------

飲んだ帰り、無性にラーメンが食べたくなってしまった。
こういう時のために取っておいた、駅前の「壱角家」を初訪問。
22時半過ぎ、駅前家系のご多分に漏れず、ここも繁盛してるねえ。
デジタル券売機で表題を選択し、全部普通で~とお願い。
隣に塩味もあったのに後から気付いたが、まあ酔っ払いだから( ̄▽ ̄;)
着席から5分強で、奥まった厨房から黒い丼が登場。

[立て看メニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12496649443-14509360099.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12496649443-14509360117.html

■ ラーメン(醤油)
壱系らしい白濁スープ。
閉店した「じゃん家」もそうだったが、クリーミーな壱系スープも好きだ。
で、ひと口飲んでみると、強烈な化調が舌喉に刺さり、速攻でニンニクを大量投下して凌ぐ。
壱系は鶏の比率が高いらしいが、もう豚感とか鶏感とか言うレベルではない。

麺は平打ちっぽい中太ストレート。
家系らしい短めの低加水麺で、ややゴワな強め食感。
これは悪くない。

トッピングは、チャーシュー、ホウレン草、海苔3枚、うずら玉子。
半ロールのバラチャーは、軟らかいじゃんと思ったのは束の間、旨味がほぼ抜けている。
ホウレン草が意外と状態良いものだったのが救いだった。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12496649443-14509360156.html
[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12496649443-14509360129.html
[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12496649443-14509360142.html

■ 感想など
この店が出来てからほぼ5年。
遂にやって来たハツホーの日、てか壱角家自体初めてだった。
勉強になりました。

ご馳走様でした。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:チャーシュー

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なしラーメン+生たまご」@ラーメン二郎 環七一之江店の写真[訪問時期] 2019年6月上旬(平日) 夜
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] 汁なしラーメン+生たまご
[価格] 650円+50円
[タレ] 豚骨醤油ダレ
[麺] 平打ち太麺(200g位)
[コール] 野菜、ニンニク多め、魚粉
[トッピング] 豚、野菜、ニンニク、魚粉、(別)生たまご


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12477112913.html

-------------------------------------------------------------------

業務終了と共にガッツリモードに入ったので、近場の二郎に立ち寄ってみた。
18時過ぎ、店内ちょうど満席だったが、食券購入中に一席空いてラッキー😆
一之江と言えば汁なしみたいなイメージ先行で、表題をチョイス。
汁なし650円って安くないすか?
勝手に座ったり、カウンターにプラチケ置いたりしても良いのかな?と、初訪問はいつも通りビビる。
そんな圧を感じない良さげなお店でホッ。
コールは「野菜、ニンニク多め、魚粉」でお願いした。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722044.html
[トッピングの案内]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722051.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722063.html

■ 汁なしラーメン+生たまご
増してもなだらかな小山に、予習通りとひと安心。
麺は自家製の平打ち太うねり。
久々に味わうオーション麺は、ワイルドな風味の中に甘みが感じられる。
若干軟らかめながらデロッとしている訳ではなく、適度な歯応えで、スープには良く馴染む。
麺量は200g程度で、野菜増しでも、もうチョイあっても良いかなと思ったほど。

その麺を腰あたりまで浸す、多めの醤油ダレ。
タレと言うより、醤油パンチをガツンと高めた非乳化スープ的な感じで、豚の旨味もなかなか。
醤油の味自体は好きなのだが、直球勝負で攻めてくる感じで、これなら円やかに包んでくれる乳化タイプのほうが嬉しいかな。
但し、今回はある程度それを予測して、緩和用に生たまごを別注していたので問題なし。
すき焼き風を多用して楽しんだ。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722070.html
[豚骨醤油ダレ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722074.html
[すき焼き風]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722082.html

豚はウデ肉あたりの赤身100%で、やや小ぶりな塊が2個。
赤身の割りには軟らかく、悪くはないのだが、私はやはりバラのトロ豚のほうが好き。
キャベ率そこそこ高めな野菜は、シャキ気味な茹で具合で、これは濃い味の醤油ダレにはピッタリだった。
多めでお願いしたニンニクは、それでも予想より少なめ。
汁なし用トッピの魚粉もチョビッとなので、味変効果も限定的。
この値段なので大きなことも言えないが、有料でも良いので、ふんだんに盛る選択肢があればなあと思う。

[トッピング]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722108.html
[豚]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12477112913-14455722094.html

■ 感想など
この分野は素人なので、直系二郎で汁なしを食べるのは、実は今回が初めて。
基本的には美味しいと思うのだが、インスパ系のトッピングの種類や量と比較すると、楽しみ方に広がりがないのがちょっと物足りない。
まあ、それが直系だろうし、インスパ系と比較すること自体が無礼だと言われてしまうのかな。
やはり、直系ではラーメン一本で行こう。

ご馳走様でした。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:コスパ
・減点ポイント:トッピングの一部

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「東京豚骨ラーメン」@屯ちん 池袋本店の写真[訪問時期] 2019年5月上旬(平日) 夜
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] 東京豚骨ラーメン
[価格] 730円
[スープ] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[麺] 中太縮れ麺(130g位)
[トッピング] チャーシュー、メンマ、半味玉、海苔、葱


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12460878547.html

-------------------------------------------------------------------

池袋で業務終了、ラーメンでも食べて帰りますか。
溜まる一方のBM店を差し置いて、向かった先は「屯ちん」本店。
20年以上前にお世話になった懐かしい店で、当時はラーメン本の常連だった。
18時45分、店内は5割ほどの客入り。
相変わらず威勢の良い挨拶に迎えられ、券売機でデフォラーメンを選択する。
因みに隣に同額の大盛ボタンが用意されているし、ライスも無料で付けて貰えるが、夜なので自重。
5分ほどでご対麺。

[券売機]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12460878547-14408703101.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12460878547-14408703137.html

■ スープ
円やかクリーミーな豚骨醤油。
背脂の甘味も手伝って、口当たりは良好。
カエシは濃口醤油をお使いらしいが、パンチは効かせずに、豚の旨味を引き立てる。
ただ、豚感は記憶ほどには伸びず、サポート系の旨味がじんわり。
早々に卓上のニンニクを投下すると、ピシッと締まって、まあ悪くない。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12460878547-14408703154.html

■ 麺
自家製、手揉みを入れた中太縮れ麺。
一度に何杯も捌いている割には、茹で加減はジャスト。
縮れ麺ならではの啜り心地、シコシコモッチリな食感。
麺量は少なめだが、大盛・ライス無料対応している。

[麺リフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12460878547-14408703183.html

■ トッピング
チャーシュー、メンマ、半味玉、海苔、葱。
豚バラ肉を煮たチャーシューは、脂身が多くて今ひとつ。
和風味でピリ辛に煮込まれた太メンマは、好みの部類。
やや熟れの半味玉、このスープに良く合う海苔。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12460878547-14408703227.html
[チャーシュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12460878547-14408703207.html

■ 感想など
本店は数回目、かつて日常使いでは歌舞伎町の店が多かった。
その新宿店も健在な模様。
20年前の印象とはやや異なったものの、口当たりの良いマイルド豚骨と多加水縮れ麺が懐かしく、スコア以上に満足した。

ご馳走様でした。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件