なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

としくん

男性 - 千葉県

千葉県のオジサンです。素人の勝手な感想文なのでご了承を。自分も他人の感想にはケチも文句もつけません。ラーメンは思い思いに楽しく食べたいですからね。書くからには、ラーメン屋さんのご苦労へのリスペクトも忘れません。よろしくお願いします(*^^*)

平均点 84.443点
最終レビュー日 2019年10月13日
1,965 1,107 1 27,389
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚チャーシュー麺(塩)」@らぁめん矢 ロックンビリースーパーワンの写真[訪問時期] 2017年12月上旬(平日) 夜
[注文方法] 口頭注文、後会計
[メニュー] 豚チャーシュー麺(塩)
[価格] 1200円(豚チャーシュー300円含む)
[出汁] 鶏/清湯
[味] 塩
[麺] 細麺(150g位)
[具] チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、紫玉ねぎ酢漬け、刻みネギ2種、柚子皮



★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12335703795.html

-------------------------------------------------------------------

と或る方の足跡を辿る旅。
平日19時半、当店らしい看板類に飾られたお店に到着。
螺旋階段を上った店内は満席で、6席の中待ち椅子もちょうど埋まっており、ここから中待ち昇格を経て着席まで20分強。
嶋崎店主のオーラに、ピリッと張った空気。
熟撰の小瓶で、ぷはーしながらも、視線は嶋崎店主の所作に釘付けになる。
鶏油は2種類を前後3回、その他にも液体や粉末を振る細かい作業。
居合い術のようなアクションの麺上げから、柚子皮を摩り下ろす仕上げまで、細かいルーティンが終了し、私の前に丼が置かれた。

[メニュー]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12335703795-14089349495.html
[ご対麺]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12335703795-14089349556.html

■ スープ
比内地鶏100%という醤油と同じスープを使っている。
5種ブレンドの塩ダレには僅かに魚介が潜んでいるようで、中々分厚く美味しい。
終始君臨する鶏感をリードするのは、何と言っても鶏油。
と言うより、このお店ではやはり「命の鶏油」が主役か。
イメージより穏やかで上品なので、オイリーなのは気にならない。
やがて柚子が華やぎ始め、トッピングの酢漬け紫玉ねぎの影響で、梅塩のような味わいも見え隠れ。
アンジュレーションの付いた鶏感は、醤油にはない表情だ。

[スープ]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12335703795-14089349562.html

■ 麺
大成食品製の細ストレート。
滑らかしなやかな啜り心地と喉越しを、MAXに感じさせる茹で加減。
鶏スープに小麦が溶けていくのが分かるような風味。
この麺は、今の自分にはストライクど真ん中。

[麺リフト]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12335703795-14089349573.html

■ 具
チャーシュー2枚、穂先メンマ、三つ葉、紫玉ねぎ酢漬け、刻みネギ2種、柚子皮。
どの具も丁寧に作られていて、其々に存在意義が感じられる。

デフォの「Sロック」900円には小さめの鶏チャーシューが2枚載る筈だが、このメニューでは豚ロース2枚に変わる。
豚ロースは軟らかく旨味もたっぷりで、確かに美味しい。
但し、鶏を豚に変えて300円アップなのは、些か興が削がれる。

[全景]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12335703795-14089349579.html
[アップ]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12335703795-14089349590.html

■ 感想など
以前食べた醤油もそうだが、良くも悪くも鶏油をどう取るかで好みが分かれそう。
自分は上質な鶏油がもたらす鶏の響きは嫌いではないが、スープに詰まっているはずの比内地鶏のふくよかさが、ダイレクトに伝わって来ないのはもどかしい。
そんなことを考えず、素直に食べれば、大変美味しい一杯であることは間違いない。
今回はそれ以上に、トッピングのコスパに引っ掛かりを感じてしまったのが何とも残念。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:麺
・減点ポイント:コスパ


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「塩 +煮干オイル」@らーめん専門 和海の写真[訪問日時] 2015年12月中旬(平日) 11:30
[店内状況] 満待ち18番目、後客約20名
[注文方法] 口頭注文、後会計
[メニュー] 塩 +煮干オイル
[価格] 750円+50円
[味] 鶏+魚介/清湯/塩
[麺] 中太麺(150g位)
[具] チャーシュー3種、くるま麩、水菜、刻み葱



★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12106501989.html

-------------------------------------------------------------------

関西出張の合間に、予てからのBM店を目指します。
阪神電車武庫川駅の数百m手前の線路沿いで、車内から既にシャッターズの行列が見えた時には飛び降りたくなりました。
到着と同時に開店で店内に1巡目9名が吸い込まれ、残った外待ち18番目に接続です。
小雨模様にも関わらず凄い人気ですね~
着席までは約1時間、予てから決めていた標題を口頭で注文します。

[到着]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512364991.html
[メニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365022.html
[登場!]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365034.html

■ スープ
スープは鶏清湯にライトな魚介を合わせたもの・・・と書くとどこにでも有りそうなタイプと思われがちですが、これはオンリーワンじゃないでしょうか。
清湯とは言い切れないような微濁のスープには微妙なトロミがあり、啜ってみると溢れるような鶏がジュワ~ッと迫ってきます。
節系中心の魚介がふわりとライトに鶏の強調と奥行き感をサポートし、追加でお願いした煮干オイルが穏やかなビター感とコクをプラス。
通常の清湯では味わえない濃密さとまったり感、無添加とは思えない圧倒的な旨みとコク。
追加したオイルはくどさなど皆無、塩気も穏やかでスイスイと飲めてしまいます。
感動的なスープとの出会いに、久々にレンゲ止まらず状態ですよ。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365054.html
[煮干オイル、全くくどくありません]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365047.html

■ 麺
中細やや太めなストレートで、どうやら今年自家製麺に切り替えられたようです。
何となくボヨンとしてそうな第一印象でしたが、実はしなやかさとしっかりした歯応え、歯切れを併せ持つ秀逸な麺ですね。
トロンとした極上スープに負けず、さりとて勝ちもしないピンポイントな拮抗関係。
食べてみて相性の良さをひしひしと感じます。
麺量は150gほどでしょうか。

[麺とスープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365067.html
[麺をリフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365077.html

■ 具
3種類のチャーシューに加えて、くるま麩、水菜、刻み葱。

チャーシューはどれも丁寧な作り込みが伝わる優れモノ。
鶏ムネ肉はサクッと歯が入り、しっとりジューシーな低温調理。
鶏モモ肉はタタキ風のレア食感と旨みがストライクど真中で、飲み込まずにいつまでも噛みしめていたかったほどです。
豚バラ肉はローストのような食感と旨みの凝縮が素晴らしい。
この肉軍団を味わったら、肉増しの「塩ミックス」が一番人気メニューというのが分かります。

[3種のチャーシュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365120.html

当店のならではの「くるま麩」が2つ。
ラーメンにこれだけ大ぶりなお麩が入ってるのは初めてですが、良く吸わせたスープがジュバ~ッと還流して来るのは不思議な旨さですね。

[具の全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365106.html
[くるま麩は良くスープに浸して]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12106501989-13512365137.html

■ 感想など
白湯の濃厚さと清湯の爽やかさを併せ持つような、オンリーワンな一杯。
スープ、麺、具と3拍子揃った仕上がり。
終始感動の内に、無我夢中で完食完飲でした。
初訪問から煮干オイルをプラスして貰いましたが、これはデフォの塩スープや「節オイル」も試してみないとなりませんね。
余韻に浸りながら、再訪を誓ってお店を後にしました。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:全体の仕上がり
・減点ポイント:


またお邪魔しますね。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件