なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

としくん

男性 - 千葉県

千葉県のオジサンです。素人の勝手な感想文なのでご了承を。自分も他人の感想にはケチも文句もつけません。ラーメンは思い思いに楽しく食べたいですからね。書くからには、ラーメン屋さんのご苦労へのリスペクトも忘れません。よろしくお願いします(*^^*)

平均点 84.435点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,966 1,108 1 27,403
レビュー 店舗 スキ いいね

「鍋焼きラーメン(普)」@橋本食堂の写真[訪問時期] 2016年11月中旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後会計
[メニュー] 鍋焼きラーメン(普通)
[価格] 550円
[出汁] 鶏/清湯
[味] 醤油
[麺] 細麺(130g位)
[具] 鶏肉、ちくわ、生卵、刻み青葱



★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12221941716.html

-------------------------------------------------------------------

高知にワープし、前々から一度は食べてみたかった須崎ラーメンの老舗へ。
平日の12時20分、店前の駐車場が満車で暫く出庫を待ったが、100ⅿ近く離れた所に第2駐車場もあると後から知る。
店先の受付簿を見ると前に3組5名がウェイティング。。。元は自転車屋だったと思われる隣室で待つこと10分、コールがかかりテーブル席に通される。
麺類は鍋焼きラーメンのみで、普通550円、大660円、特大770円。
普通を注文するとすぐにタクワンのような漬物が出されるが、地元では古漬けと呼ぶらしい。
やがてかなり使い込まれて黒光りする土鍋が運ばれ、テーブル上の鍋敷きに置かれる。

[駐車場の案内]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12221941716-13804243064.html
[熱々の土鍋登場]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12221941716-13804243290.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12221941716-13804243422.html

■ スープ
鍋蓋を上げたとたんに湯気が立ち込める。
沸騰直後の熱々が後半までキープされる火傷注意報レベルだ。

スープは思いの外淡くあっさりめの清湯醤油で、鶏の旨味がじんわりと感じられ美味しい。
鶏ガラメインで取った出汁に鶏肉を煮こんでコクを出しているのか、シンプルそうで奥深い味わい。
鶏油も多めだが全く気にならない。
後半具の生卵を溶き混ぜるとコクが増し、気付いたら完飲していた。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12221941716-13804243554.html

■ 麺
黄色味を帯びた細ストレート。
鍋焼きなのでかなりトロトロに煮込まれた軟麺をイメージしていたが、これが大間違い。
硬茹でされた上に熱々スープにも伸びにくい麺で、最後までコシを感じながら美味しくいただける。
鶏が香るスープとの相性も上々。
麺量は120g~130g程度と少なめで、大半がごはんを別注文される前提のようだ。

[麺をリフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12221941716-13804243934.html

■ 具
当初確認出来るのはちくわ、生卵、刻み青葱。
食べ進めるうちに、鍋底に雑煮用サイズの鶏肉がかなりの量沈んでいるのに気付く。

この鶏が親鶏らしく、コリコリ食感と肉の旨みが堪らない。
恐らく蕎麦屋の鶏南蛮のようにスープで煮込み、「追い鶏」効果も果たしているのだろう。
ちくわのナチュラルな甘味もざく切りの青葱も、このスープとの相性を考えての伝統なのか。
生卵は前述の通り後半スープに溶き混ぜて趣向の変化を楽しんだが、白飯にスープと掻き混ぜてTKGでいただけば良かったとプチ後悔もした。

[ちくわ、生卵、刻み青葱]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12221941716-13804244451.html
[親鶏がゴロゴロ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12221941716-13804244196.html

■ 感想など
今や高知県のご当地名物のひとつとして、観光情報誌にも乗るラーメン。
ハッキリ言ってさほど期待していなかったのだが、どこか垢抜けないB級感漂う旨さに引きずり込まれた。
一杯一杯土鍋で煮込んで550円だ。
さすが長年の須崎市のソウルフードであり、続々と途切れない客足も頷ける。
また須崎を訪れることがあったら、他店でも試してみたいと思う。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:親鶏
・減点ポイント:


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけ麺+ごはん割り (140803)」@製麺処 蔵木の写真[訪問日時] 2014.8.3(日)13:00
[店内状況] 先客12名、後客多数
[注文方法] 口頭注文、後精算
[メニュー] 特製つけ麺+ごはん割り
[価格] 1000円+100円
[味] 濃厚豚骨魚介/醤油
[麺] 中太微縮れ麺(220g)
[具] (麺)チャーシュー2、味玉、刻み海苔、レモン、(汁)チャーシュー、メンマ、キャベツ、葱、青葱


■ お見舞い
この週末に高知県に出張して来ました。
3日間で月間雨量の数倍という豪雨と重なり、県内で多くの方が影響を受けておられました。
自分は運良く、予定通り無事に帰京出来ましたが、現地ではその後も大雨が続き、更には次の台風への不安も増大しています。
高知の皆さんに心からお見舞い申し上げると共に、今後のご無事をお祈り申し上げます。

■ 豪雨の中
出張先の高知から、同僚と帰京予定の日。
県西部から高知市内経由空港への高速は、ほぼ不通。
下道も各所で冠水、橋を渡る度に溢れそうな川。
何とか高知市内に辿り着きます。
実は既にこの時、高知市全域に避難勧告が出されていたとも知らず…。

市中心部に車を停め、アーケード街に入りホッと一息。
そこでRDB検索で最寄りの店が当店。
RDB高知県内で1位のお店…何という展開でしょうか。
避難勧告って何なんだろうか…今にして思えば、アーケード周辺の商店は普通営業に見えました。

店内はほぼ満席で、運良く空いてたラス卓に座ります。
予備知識ゼロで、「迷ったならコレ!」と掲示された標題を口頭でお願い。

[お店の外観]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208306686
[メニュー]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208306741
[全景]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208306805

■ 麺
お店は極太と称してるようですが、自分的には中太の微縮れ。
茹で加減はしっかりめ、水〆でコシが際立ちます。
ツルプリシコモチ~
小麦感が伝わる美味しい麺です。
自家製で、麺量は220gとのこと。

[麺の丼]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208307233
[麺をアップで]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208307282

■ つけ汁
典型的な濃厚豚骨魚介。
豚骨主体に鶏ガラ、モミジの動物系と、数種の節、煮干を合わせたもの。
粘度はそこそこなドロンジョ。
甘辛酸のバランス良く、中々レベルの高い味わいです。

関東中心に「またおま系」と言われますが、四国ではまだまだ稀少なカテゴリーで、評判も良さそう。
個人的には慣れた味ながら、高知でこんな正統派の濃厚豚魚をいただけるとは、有り難いことです。

[つけ汁]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208307338

■ 具
まずは麺上の具から。
チャーシューは肩ロース使用の煮豚タイプが2枚。
そこそこジューシーで、適度な歯応えと肉の旨味を感じられます。
半熟具合ジャストな味玉、刻み海苔。
爽やかな味変効果をもたらすレモン。

つけ汁中には、短冊切りにされたバラチャーシューが数片と、メンマと、茹でキャベツ。

諸兄のレポを拝見すると、デフォはつけ汁中の具とレモンで、麺上のものはほぼ特製による追加と思われます。
特製分が250円なのはともかく、デフォつけ750円の設定にしては具が寂しいです。

[麺上のチャーシュー]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208307299
[味玉、刻み海苔、レモン]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208307319
[つけ汁の中にこんな具たち]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208307359

■ ごはん割り
前半はそのまま、後半からは麺上にレモンスクィーズ。
つけ汁に浸しても、明らかに清涼感が高まるのが分かります。

麺を完食後は2通りの楽しみ方。
通常のスープ割りはもちろん無料サービス。
100円追加でごはん割りが有るというので、女性スタッフにお願い。
温め直したつけ汁にごはん、その上に水菜、刻み海苔等をあしらって、雑炊風にいただきます。
これにレモン汁を数滴絞って、爽やかに完食です。

[スープ割り、ごはん割りの案内]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208306781
[ごはん割り]
http://photozou.jp/photo/show/2965916/208307382


お店を後に、降りしきる雨の中を一路空港へ。
レンタカーを返却する際に、高知市全域の避難勧告の事実を知りました。
ラジオつけっぱだったのになあ。
一便前は欠航だったようですが、幸い自分の予約便は運行され、帰京することが出来ました。ホッ

因みに後から分かったことですが、当店の系列店大一製麺処 つけ麺屋ちっちょ極が東京進出されてるようですね。
しかもそこそこの評価。
機会があれば、東京のお店にも立ち寄ってみたいです。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:コスパ


またお邪魔しますね。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件