なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

としくん

男性 - 千葉県

千葉県のオジサンです。素人の勝手な感想文なのでご了承を。自分も他人の感想にはケチも文句もつけません。ラーメンは思い思いに楽しく食べたいですからね。書くからには、ラーメン屋さんのご苦労へのリスペクトも忘れません。よろしくお願いします(*^^*)

平均点 84.433点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,970 1,110 1 27,468
レビュー 店舗 スキ いいね

「サイカラーメン青ネギ入り(小)」@彩華ラーメン 本店の写真[訪問時期] 2016年12月上旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後払い
[メニュー] サイカラーメン青ネギ入り(小)
[価格] 750円(青ネギ51円含む)
[出汁] 鶏豚/清湯
[味] 醤油+辣醤(ラージャン)
[麺] 微縮れ細麺(130g位)
[具] 炒め肉野菜、刻み青ネギ



★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12227382782.html

-------------------------------------------------------------------

奈良にワープして天理ラーメン。
天理ご当地ラーメンの二大系統「天理スタミナラーメン」と「彩華ラーメン」の内、地元民オススメの此方へ。
昭和43年に屋台で創業したとのことだが、現在は真新しい此方が本店となっている。
平日13時過ぎ、独特のニンニク香が漂う店内は満席で、受付簿には4組8名の先待ち。
それでも10分ほどで着席し、辛味対策の青ネギ入りを注文。
更に10分ほど待ってご対麺となった。

[お店外観]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12227382782-13818064620.html
[メニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12227382782-13818064732.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12227382782-13818064889.html

■ スープと具
大鍋で刻みニンニクと肉野菜を清湯スープで炒め煮し、醤油と辣醤(ラージャン)で調味する。
それを麺上から具ごと丼に注ぎ入れる仕上げ方は、札幌系の味噌ラーメンと同じ要領。
鶏ベースと思しき清湯の出汁感はほぼ皆無だが、そんなことはお構いなし。
ニンニクがプーンと香るピリ辛醤油に白菜の甘味が溶け出した、何ともジャンクな味わいにグイッと引き寄せられる。
油多めの熱々で、辛味はさほどでもないがじんわりと効いて来る。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12227382782-13818065054.html

炒め煮された具は、大量の白菜を中心に豚小間、ニラ、ニンジンあたり。
ややクタ気味の炒め加減で、白菜にピリ辛醤油が良く染みている。
肉っ気はほとんど感じないので、必要ならチャーシュー入りを頼んだほうが良いだろう。
青ネギは徐々にショッパさと辛味が気になりだすスープを上手く中和し、これはヘタレには格好のアイテムだ。

[炒め煮の具]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12227382782-13818065282.html
[青ネギを載せる]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12227382782-13818065399.html

■ 麺
僅かに縮れの入る細麺で、ショッパ辛いスープを適度に拾い上げる。
コシはそれほど強くなく、高加水らしいツルモチ食感が特徴。
麺量はせいぜい130g~140g程度に感じた。

[麺を引っ張り出して]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12227382782-13818065527.html

■ 感想など
コッテリのようであっさり。
ショッパ辛いパンチを浴びながら、案外スッキリと飲めるスープ。
この一杯の辛味を控えめにして甘味を若干増すと、関東でもお目にかかれる「神座」に近くなるだろうか。
天理のソウルフードでもあるスタミナ系ラーメンは、中毒性の高い不思議な味わいだった。
機会があれば、もう一方の雄「天理スタミナラーメン」にもお邪魔してみたい。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件