なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

としくん

男性 - 千葉県

千葉県のオジサンです。素人の勝手な感想文なのでご了承を。自分も他人の感想にはケチも文句もつけません。ラーメンは思い思いに楽しく食べたいですからね。書くからには、ラーメン屋さんのご苦労へのリスペクトも忘れません。よろしくお願いします(*^^*)

平均点 84.433点
最終レビュー日 2019年10月19日
1,970 1,110 1 27,457
レビュー 店舗 スキ いいね

「玉子入りラーメン」@麺家 ぶらっく ぴっぐの写真[訪問時期] 2017年10月上旬(休日) 昼
[注文方法] 券売機にて
[メニュー] 玉子入りラーメン
[価格] 620円(玉子50円含む)
[出汁] 豚骨/白湯
[味] 醤油(元ダレ)
[麺] 細麺(120g位)
[具] チャーシュー、海苔、卵黄、刻み葱



★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12320815061.html

-------------------------------------------------------------------

佐賀県染めは月曜祝日で、微妙に定休のお店が多い。
月曜営業店から念入りに選んだ町外れのお店に、何と臨休で振られ、慌てて選び直したのが当店。
ウッディー貴重でお洒落な内外装と、外にまで漏れる強烈な豚骨臭のアンバランスな感じがいい。
12時半の到着時は先客5名ほどだったが、後客は15名ほどと、かなり人気のお店。
券売機では佐賀ラーメンの定番という、生卵トッピングの一杯を選択してみた。

[券売機]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12320815061-14051766241.html
[ご対麺]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12320815061-14051766250.html

■ スープ
結構ワイルドな豚骨の旨味が充満。
この日の朝に久留米で飲んだスープと似た方向性だが、油量が少ないので、此方の方が飲み口はあっさりスッキリ。
そのせいか、ザラツキすら感じる素朴さや骨太さと同時に、何となく洗練された側面を併せ持つ。
塩梅ジャストの元ダレとのバランスも良い。
濃厚豚骨のパンチと円みを感じられる、素晴らしいスープだと思う。

[スープ]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12320815061-14051766258.html

■ 麺
自家製の細ストレート。
佐賀の麺の特徴が分からないので、コールは「硬め」に留めておいたが、結構硬めに仕上げてくれた。
低加水麺ならではの粉感も残りながら、時折りモチモチ感も入り混じる、博多系とはちょっと異なる食感が面白い。

[麺リフト]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12320815061-14051766265.html

■ 具
チャーシュー、海苔、卵黄、刻み葱。

チャーシューはモモ肉っぽい薄切り煮豚が大小3枚も入っている。
評判の豚のようだが、脂身回り以外はややパサつき感があり、若干下ブレだったのかも知れない。
玉子は卵黄のみで、結構濃密なタイプ。
麺に絡めたり、スープと併せ飲んだり、豚骨スープとの相性は想像以上だった。
因みに、卓上に紅生姜はない。

[全景]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12320815061-14051766269.html
[卵黄とスープが相性抜群]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12320815061-14051766280.html

■ 感想など
第一候補店に振られた時には一瞬蒼ざめたが、結果的に確りとリカバリーが出来た。
朝ラーした久留米にやや近い醸し出しながら、良い意味での穏やかさもある。
濃厚豚骨パンチを求める方から、関東あたりの一般ファンまで、幅広い層に受け入れられそうなラーメンではなかろうか。

さて、あと3県。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:
・減点ポイント:


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件