なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

としくん

男性 - 千葉県

千葉県のオジサンです。素人の勝手な感想文なのでご了承を。自分も他人の感想にはケチも文句もつけません。ラーメンは思い思いに楽しく食べたいですからね。書くからには、ラーメン屋さんのご苦労へのリスペクトも忘れません。よろしくお願いします(*^^*)

平均点 84.433点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,967 1,109 1 27,410
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば 他」@中華そば 丸田屋 岩出店の写真[訪問時期] 2017年8月中旬(平日) 昼
[注文方法] 口頭注文
[メニュー] 中華そば
[価格] 700円
[出汁] 豚骨/白湯
[味] 醤油
[麺] 中細麺(130g位)
[具] チャーシュー、メンマ、カマボコ、葱
[別注文] たまごめし(250円)


★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12304617488.html

-------------------------------------------------------------------

和歌山も赤く染めてしまおうとワープ。
今回は同伴者がいる上にタイトなスケジュール。
新しく清潔そうなお店でそこそこ大箱、もちろん評判は良さげな当店を選択した。
あの「井出商店」ご出身とのこと。
平日11時半の到着でテーブル席が半分ほど埋まっている状況だったのが、滞在中に中外合わせて10名以上のウェイティングが出来る、紛れもない人気店だった。

和歌山ラーメンと言えばご飯のお供が欠かせないらしいが、生憎と鯖が苦手で卓上の和歌山名物「はや寿司」はNGなので、たまごめしを頼んでみた。
ほどなくご対麺。

[メニュー]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012890286.html
[卓上には定番のはや寿司と茹で玉子]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012890304.html
[ご対麺]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012890312.html

■ スープ
シャバめなスープは醤油カエシも案外穏やかで、イメージしていた濃厚な和歌山ラーメンとはやや異なる。
ところが、豚主体の旨味は濃厚でコクも申し分なく、若干の旨味補強など気にならず、否応なしに引きずり込まれる魔力がある。
丁寧に下処理した豚骨と鶏ガラを強火で8時間以上炊き込み、チャーシューを煮込んで作った秘伝の醤油ダレを合わせてあるとのこと。
豚骨臭もごく穏やかで飲み口も意外とスッキリ、これは広い客層に受け入れられそうだ。

[スープ]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012890345.html

■ 麺
自家製の中細ストレート。
ややボソッとした麺肌にスープが確りと絡み、軟らかめな食感が妙にスープとマッチしている。
風味、喉越しは上々。
麺量は130g位とやや少なめで、サイドにご飯ものを食べる前提だろう。

[麺リフト]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012890353.html

■ 具
チャーシュー、メンマ、カマボコ、葱
3枚(実質2枚?)載ったチャーシューは、若干濃い味に煮込まれたバラ肉を薄くスライスしたもの。
三元豚を使っているとかで、旨味はそこそこ残っている。
いかにも和歌山らしいピンクの可愛らしいカマボコや、葱の強い風味も印象的だった。

[全景]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012890322.html
[チャーシュー、カマボコ]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012890398.html

■ 感想など
サイドで頼んだたまごめしは、オレンジ色が鮮やかな卵黄の濃密な味わいと、風味豊かな鰹節が超美味しいTKG。
予め醤油味がついているので、スープをかけてサラサラと言うわ訳にはいかなかったが、十分に満足。

[たまごめし]
https://ameblo.jp/toshikun0316/image-12304617488-14012895559.html

昔、突如訪れた和歌山ラーメンブームは、もうどれ位前になるのだろうか。
自分も一時嵌まったものだが、当時の愉しみはカップ麺オンリーで、本格的な和歌山ラーメンを食べるのは実は今回が初めて。
濃厚豚骨に自信がなくなりつつある自分でもスッキリと堪能でき、美味しさを再認識する結果となった。
素朴な中にもどこか垢抜けたものを感じる、当店のラーメンを選んで良かった。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:濃厚ながらスッキリした飲み口
・減点ポイント:


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件