なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

味覚過敏

男性 - 東京都
平均点 75.008点
最終レビュー日 2019年7月26日
125 97 7 16
レビュー 店舗 スキ いいね

「清湯つけそば830+ご飯100」@神田 勝本の写真2種類の麺を食べ比べたくて行列へ。ランチタイムど真ん中なので25分ほど待って店内へ。年配率高し。

張りのある細麺喉越しを楽しみ、モチモチの中太麺は味わいを楽しめる。どちらも開花楼。

つけ汁はアッサリながら深い味で麺の風味を邪魔しない。焼豚はトロトロの炙りが1枚。ネギは専門の八百屋(ネギ屋?)から仕入れているそうで良い加減のアクセント。

スープ割でカボスが一欠片。絞ると爽やかで上品な味に。

ご飯は水道橋と同じく、料亭並みにうまい。おかわり自由でお新香と自家製ふりかけが付いてくる。

優雅なひと時でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「醤油ラーメン」@めん蔵の写真神谷町の天雷軒に行ってみたら閉店していたので気になっていたこちらへ初訪問。
醤油も味噌も塩もみんな¥700だったがビジュアル的に気になっていた漆黒の醤油を選択。
見た目ほど塩辛くないものの、昔ながらの札幌ラーメンに似た独特の風味。
麺は中太で西山製麺らしい。デフォは柔らかめ。
焼豚の味がしっかりしていて好み。
ただし、店内が暑い。涼しい日にしか行けないかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうがラーメン」@めん処 羽鳥の写真しょうがは苦手意識があったものの、あまりの高評価に訪問。
店内に絶対旨いと思わせる匂いが立ち込める。
まずはスープを一口。思わず「旨い!」と声が出てしまった。だしの香りとほんのり甘みがあって丁度良い塩加減。しょうが無しのままでも十分いける。
このスープに少しずつしょうがを混ぜてみると、辛味もクセもなくて柔らかい生姜の香りがプラスされる。
大満足!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
75

「醤油らーめん」@光麟堂の写真丁寧な盛り付けのセンス。
とても上品な出来栄え。
スープはあっさりで出汁感は弱め。和風。
鶏チャーシューが薬のような変な香味あり。
あとは満足。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@中華ソバ 櫻坂の写真魚介豚骨の醤油ラーメン。
魚介寄りにバランスの取れたスープはマタオマ系とは違って個性的で旨い。レンゲが止まらない。
大きなホロホロ焼豚も良く合っていて満足。
穂先メンマ3本、半分の味玉と具材も豪華。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

イオンの山岸一雄製麺所でつけ麺。
このつけ汁はレシピを間違えたのか?
ただただ塩っぱい!
口の周りがヒリヒリするほど。
スープ割りしてみたらこのスープがまた生臭くて食えなくなった!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「琥珀醤油チャーシュー」@天雷軒 神谷町の写真上品ながらしっかりと主張するスープ
焦がしネギが良いアクセント
縮れた麺がなければ和食かと思うような仕上がり
ただし、チャーシューは通常の琥珀醤油ラーメンと同じレアルチャーシュー1枚に追加されたチャーシュー4枚は別モノ。作り方失敗した?というほどの中途半端なレアチャーシューがレアでなくなった感じで、独特の香りは我慢できても、ショッパイ。
せっかくの上品なスープが台無し。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「醤油ラーメン」@醤油ラーメン柴の写真いつもの中山堂に来てみたら休みだったので、向かいのわ蔵へ向かおうと振り返ったら視界に見慣れない看板。新しいお店発見!前を通るといいにおいが…。
よし、チャレンジって事で食べてみました。
正統派醤油ラーメンに少し煮干しか何かで味を出しているのか、ややクセがあるけど好きな方のクセ。イケます。ネギがたっぷりなのもうれしい。
焼豚3枚はしっかりした食感。味付けは薄め。
麺もいい味と食感でラーメン食べてるって気にさせます。
良い店を見つけました。
次は大盛りにします。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「和風醤油らぅめん(¥600)+そぼろご飯(¥100)」@らぅめん とくやの写真台風一過。久しぶりの御茶ノ水なので美味しいラーメンを探してこちらへ。
ランチ終わりの時間でしたが先客数名ですぐに着席。
落ち着いた灯りで洒落たバーのような雰囲気。
年配のおじさんとおばさんが切り盛りしている。
スープは節系が効いてるが鶏ガラなどの動物系がコクを支えている。単なる和風でなくシッカリとラーメンのスープ。
麺もパッツン系で食べ応えがある。
2枚のチャーシューはそれぞれの味があってどちらも満足。
溢れんばかりに盛られたそぼろご飯は甘辛い味付けでラーメンとはまた違った味付けでススむ。
「こんな風の中、食べに来ていただいて、ありがとうございました。」というおばさんのひと言が気持ち良かった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「竹の子つけめん」@手打ちつけ麺 欣家の写真他とは違うマタオマ系ではないつけ麺。
以前はメヒカリという独特のダシだったが、震災以降は、利尻昆布や煮干などでこれも絶妙なダシが取れている。
麺はもっちりとした全卵と小麦の香り。
竹の子と呼んでいるメンマが絶品で、デフォでも入っているがさらに増量。
最後は丁寧なスープ割りで味変して二度楽しめる。
最近、巷でメヒカリが復活しつつあると聞いていたので、オヤジさんにメヒカリやらないのか聞いたところ、節の加工業者が拘っていて、小名浜のじゃないとダメらしい。復活を願う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件