なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

パットの星☆彡

男性

一都六県がメインエリア。嗜好ゾーンゎアマく広めです。あくまで「日記」としてレビューしているので、感想に+思い込みが強く含まれますwよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ※PC版、ほぼ見ません。※ブログ、やってません。※ガラケー時代の他レビューぉ、一本化する為に移管中です。あくまで「個人日記」目的なので、悪しからず。

平均点 77.319点
最終レビュー日 2019年5月22日
1,726 1,393 21 842
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油¥700」@麺屋 suguhaの写真本年123杯目。

初訪にて、「醤油¥700」ぉ。

茶濁したスープ、鶏豚骨の乳化ベースに醤油返し、新店にしてゎ珍しいオールド濃厚なタイプ。
同地区内「にしかわ」ぉ、優しくした様な印象…に尽きます^^;

細い麺=20番あたりの角ストレート麺、ムギュっと密度のモグモグな食感。
とりま、切り出しが長いので、久々に啜り切れない長さ…意図があると思えないスープなので、5cm短くした方が合いそう。

ガス炙りの三枚肉チャーシュー2枚…ペラヤワなので厚切り1枚で。
メンマ、葱、海苔。
価格満足度ゎ低めかな。

オシャンなCafe風の店内、ニーズに応えるなら、コピペ清湯の方がウケそうだが…
飽き飽きの鶏白湯から、ズラした狙いなのかな!?
惹きが弱く感じました☆彡

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン¥550」@麺屋てんこちょの写真本年3杯目。

初訪にて、ディスカバリーパーク焼津に来る、家族KILLERな食事処が、リニューアルした様な店ですね。
メニュー先頭が「豚骨」だったので…おそらく濃縮豚骨タレだと思い「醤油ラーメン¥550」ぉ。

「20時間、丁寧に炊き上げた豚骨と鶏ガラ」とあります…程よい動物系の土台に、醤油返しの昆布と節の旨味と言った構成。
海の家よりも遥かに専門店してますね。

中庸な中華麺、角ストレートの20番あたり、鹹水たっぷりプリプリ♪

都度切り出しのミシッとしたロース2枚、真っ黒メンマ、ワカメ、万能ねぎ、フライドオニオン、十分な布陣に卓上も充実して、サービス◎。

観光地な価格ゎ適用せず、真面目に商売されてる好印象の店主さん。
幼少期のトラウマ的な原体験w、「惹き」となる商品が生み出されて欲しい☆彡

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯¥750」@鶏白湯専門店 五星村の写真本年2杯目。

初訪にて、「鶏白湯¥750」ぉ。

メニューより盛り付けの劣る着丼、大陸系っぽいので、こんなもんでしょう。
どっしりとコラーゲン感じるスープ、炊いてるか固形か…半々な印象の鶏スメル。
塩味の効いた返しで、魚介の旨味も+しているとの事。

浅草開化楼の平ちぢれ麺、「ちぃ麺」かな?とも思ったが、切り出しが細いので印象が違いますね。
素性の良い麺です。

塩っぱ〜なロースチャーシュー、パサ鶏胸、白髪葱、カイワレ、アーリーレッド、ナルト。
如何にも売れ線の鶏白湯!と言った布陣だが、盛り付けの差異で減退感が感じれる例題のようw
サービスライスゎ炒飯用のパサ炊き、業務用の古米ですね。

外観からの期待値よりゎ高く、物量と脂摂取の満腹度が高い☆彡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつらーめん¥680」@麺屋 すぎ多 瀬名川店の写真本年367杯目。

初訪グループにて、デフォが味噌なのが気になり「とんこつらーめん¥680」ぉ。

たっぷりキクラゲが嬉しい着丼。
主体の豚骨…素材感じない濃縮還元な印象、味噌ゎ極わずかに漂う構成、パンチが効き過ぎず、幅広い客受けのチューニングです。

極細の手前、26番あたりの角ストレート麺。
ランチゎ常に大盛り無料です。

濃い味のバラ1/4ロール、キクラゲ、葱頭、海苔。
卓上の辛ニラで味変しながら、魚粉や酢でも遊べます。

多角経営の見本と言えるラインアップ、幅広い訴求力がありますね☆彡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「リピ塩ラーメン¥700」@麺屋ARIGAの写真本年366杯目。

初訪にて、「リピ塩ラーメン¥700」ぉ。

飽き飽きの淡麗かと思いきや…灰汁っぽい粒子が漂う着丼w、オリジナル感ありますね〜♪
熱々の油脂膜に、かなり強めの甘味が漂います、メンマ由来だけじゃなく、アゴ出汁とアトムかな?
動物系の土台に魚介の旨味と香り、塩返しにアトム補完が効いて、作り手の思考が感じます。

終日、大盛り無料の細麺、自家製…じゃないよね!?
なのに、サービス凄いです。
中庸な24番あたりの細ちぢれ麺、大盛りだと飽きそうw

野趣味が残る厚切りバラロールが2枚、コリコリの甘口メンマ、万能ねぎ、糸唐辛子、たっぷり胡麻。
価格満足度が高いですね!
※安い、物量が多い=じゃありません。

並び方が確立されてないので、これからの課題として…
席案内の間隔、お客への声掛け、従業員への指示出し…かなりの練度ぉ感じますね〜、個人店じゃなく大箱ロードサイド店の経験がありそう。
ヲタ向けじゃない視野の独自性が高く、サービスが充実しているので今後、伸びそうですね☆彡

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「おくに/らーめん(塩)¥850」@おくに / らーめんの写真本年365杯目。

静岡淡麗系No1の出身、初訪にて「おくに/らーめん(塩)¥850」ぉ。
※デフォがNEO清湯、店名入りが魚介+…分かりにくい^^;

ん〜…とりあえず、箱と接客ゎ素晴らしいです!
特にサプライズのない着丼、淡麗のニュートラルと言った感じ。
丸鶏の鶏油膜が全面、無化調に素材が重なったスープ…、特に面白くないです。

24番あたりの角ストレート麺、ジャストボイルのしなやか麺。
歯切れや風味に特長ゎなく、スープが一体化する構成。

醤油と豚の風味が残るバラロール◎
しっとりパストラミ風の鶏胸◎
穂先メンマが4本程、味玉ハーフ、海苔、水菜、三つ葉、糸唐辛子。
ハイスペックで十分な布陣ですが、価格満足度ゎ低め。

遂に静岡にまで淡麗の本流が…、もう飽き飽きですw
「らーめん」らしい賑やかさが無いので、現存の老舗にどこまで迫れるか!?
箱と接客が良いので、流行ると思いますが…半世紀残るかな?☆彡

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「GTP¥720」@ラーメンとか ぶらいあんの写真本年216杯目。

初訪にて、看板メニュー!?の「GTP¥720」ぉ。

G=ガーリック
T=とんこつ
P=ペッパー…
GとPゎ基本、卓上ですよね〜w
確りと素材の香りがします、最近だと固形スープと生ガラの併用も増えてるので、判別が難しい^^;
ややラード膜が多く、手鍋ヒートなので熱々♪

26番あたりの細角ストレート麺、雰囲気ある低加水です。

母体が肉の仕入れに自信があるのかな?三枚肉のトロトロチャーシュー。
ガーリックチップ、粗挽き黒胡椒、木耳、万能ねぎ。
卓上の紅生姜、ミル挽き花椒が珍しいけど…合わないw

接客〇、ハラミ推しなのも面白いです!
「でびっと」の業態転換じゃなく、地場の飲食店のNEXTだと思います!?
何か当たりがあるかも☆彡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん¥750」@自家製中華そば 麺 まる井の写真本年210杯目。

初訪にて、「らーめん¥750」ぉ。

最近、過度の予習嫌いなので…まさかの豚骨魚介の着丼w
豚足のコラーゲン強調に、節粉メインな魚介のWスープ。
煮干スパンコールも伺え、鰹メインじゃなく◎

自家製太ストレート麺、14番あたり多加水の朝打ち麺かな?
大勝軒のDNAぉ感じます。

分厚い塩っぱーロース、食感の良いメンマ、ザク切り葱、海苔、ナルト。

とりま、沼津もそうだが…全体的に塩っぱい^^;
千葉の房総半島も然り、海の男仕様なのかな?
地元常連の集う、人気店でした☆彡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥600」@ラーメンショップ 矢部店の写真本年209杯目。

静岡地区のラーショ初訪にて、「ラーメン¥600」ぉ。

豚骨野菜の清湯醤油、かなり羽田の本家に近いかも…
背脂よりも液状脂がメイン、アトム補完の醤油スープ。

〇あ製麺のお馴染み麺。

分厚いロースゎ塩っぱーホロホロ、珍しい万能ねぎ、水っぽいメンマ、ワカメ、海苔。
ここなら、チャーシューメンもありかも。

張り詰めて愛想の無い営業、几帳面な職人スタイルですね☆彡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん¥700」@週一 らーめんの写真本年208杯目。

初訪にて、「らーめん¥700」オススメのあっさりぉ。

素晴らしくシンクロされたオペからの着丼、正統派なガラ醤油といったスープ。
鶏と乾物に背脂ラードな構成、醤油の風味と合致した素材感、ナチュラル旨い☆彡

22番あたりの細角ストレート麺、スープ浸透の後半が好み。

厚切りバラロール、胡椒味のメンマ、葱頭、ワカメ、海苔。
充実の布陣で満足度ぉ補完してます。

追加の「ねぎライス¥250→麺セット¥200」
綺麗に辛味の抜けた白髪葱、しなっとした食感なので、旨塩なタレに漬けてるのかな?

とにかく視野の広い接客、「すいません」が多過ぎwだけど、一発でファンになること受け合いです♪
他メニューも気になる良店でした☆彡

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件