なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

某ラーメン店長

『某ラーメン店 現役店長によるリアルレビュー』  ウマいマズいは個人の好みだと思います。好き嫌いは個人の自由だと思います。では、採点数値は・・・ウマイから100点? マズいから0点?本業が同業者をレビューするという御法度に対して、閲覧される皆さんが楽しんでいただけたら。信じて食べに行くもよし、食べに行かないもよし。それが真実か否か、自ら確認されるもよし。

平均点 49.419点
最終レビュー日 2014年6月2日
43 42 0 3
レビュー 店舗 スキ いいね

「とんこつラーメン」@風やの写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計62点 (スープ45点 麺11点 焼豚6点)

【加点内容】
ブラックペッパーの風味と油の舌触りと量、トンコツの嫌味の無さは高いレベルでバランス感覚を得ている。無駄な主張が無く、上品に味付けが施され九州人にも好める作りである。

【減点内容】
やや獣臭さの良さや、コクの深みが弱い。スープ単体が塩辛い。

【その他】
店舗がやや洒落ているが、味作りにもそれが現れており ファッション的なラーメン作りではけして無いところが伝わる。

【詳細レポート】
宮崎県延岡市にある「風や」をご紹介。

とんこつラーメンには 多めのねぎ、もやしと チャーシュー2枚、メンマが添えてある。

スープに浮かぶ油はべっとりとせず、程よい量加減。
口に含むと、ブラックペッパーの風味と油による柔らかい舌触り、トンコツの優しい風味が重なり非常にバランスが良い。獣臭は少なく、あまりガツンとした主張は無いが、これは意図的にそう作られていると感じる。
粘度に関してはほとんど無く、口当たりとしてはサラッとしたクリーミーな印象。
嫌気が無く上品な味付けには作り手を考えが伝わってくる。

麺は1.5mm程度の中太ちぢれ麺。たまご麺であるため、ツルシコの食感は良く、スープもそう弾いてはいないところは見事。

チャーシューは4mm程度の厚さで、食感はしっかりした肉の旨みも残るタイプ。醤油の味付けが強めに香るが、スープを邪魔せず好印象。

店内はテーブルやカウンターが綺麗に配置され、家族連れなども安心して対応できるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@再来軒の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計74点 (スープ57点 麺10点 焼豚7点)

【加点内容】
トンコツとしての良い獣臭、甘み(旨み)、塩加減、コク、油の量どれも完成度とバランスが高く、基本要素をしっかりと抑えてある。強烈な個性は無いものの食べていて飽きない。また麺を食べ終わり後のスープを飲み干すまで塩辛さが無いところは非常の好評価。チャーシューは肉の旨み、食感ととても良く、スープの味を邪魔しない。

【減点内容】
やや麺がスープを弾いている気がした。もう少し麺自体の香りや弾力ともっちりとした食感が欲しかった。

【その他】
麺がパリっとして、ややツルっと独特の舌触り。

【詳細レポート】
宮崎県延岡市にある「再来軒」をご紹介。

スタンダードのラーメンには ねぎとチャーシュー、のり、メンマ、キクラゲが添えてある。

げん骨 頭骨で取られたというスープには 意外と油の量が少ない。
食べる前やや獣臭がするものの、スープは良い獣臭、旨みと甘み、コクと非常に均整が取れた形で、それぞれの要素はとても充実したハイレベル感がある。
中でも注目したのは塩加減で、塩辛くないのみコクや口当たりがしっかりしていて、無駄な主張成分ではごまかさない味のセンスを感じる。
スープの色合いはやや褐色、粘度はそう強く無いものの口当たりとしてはクリーミーな印象でサラッとしている。
油の量がそれなりに抑えられていることから、べたつく感じはあまりない。

麺は1~1.5mm程度の角ストレート。
舌触りはパリッとツルッとした印象で独特。

チャーシューは3mm程度の厚さで、食感はしっかりと 肉の旨みもしっかり残るタイプ。チャーシュー自体は素材と調理そのものの良さを十分に表現されおり、スープを害さない。

ラーメンのスープ単体での塩加減に関しては、麺を食べ終わった後は大半が塩辛いと感じることが多い。仮に麺を食べ終わり後のスープの塩加減を優先すると、逆に麺を食べている最中の麺の味わいが薄くなってしまうこと可能性は高いため、やはり麺の食べることを基準に塩加減を得る必要があるのは事実。しかし 再来軒はそのどちらも 塩加減に違和感が無く、巧みであると認めざるを得ない。
今回スープに高い採点を得ている理由はそこにある。

店内はカウンター席とテーブル席があるが、家族連れにはやや手狭。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「海老豚骨ラーメン」@まるげんの写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20満点)
焼豚(10満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として合格の基準点として設定。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計62点 (スープ48点 麺9点 焼豚5点)


【加点内容】
海老の香りと塩味のバランスが絶妙でクセになる。珍しい味を提供しているという点でもポイントアップとした。

【減点内容】
肝心の豚骨のほうはやや間が抜けている気がした。海老のダシでそれを補ってはいたため、比較的高得点となっている。
塩ラーメンに比べ、麺がスープを弾いている感じが強い気がした。豚骨にツルっとした麺が、やや違和感。チャーシューも、濃いスープと競合している気がした。

【その他】


【詳細レポート】
以前もご紹介した 熊本県益城町にある「麺屋 まるげん」を再度訪問。

珍しい「海老豚骨ラーメン」には ねぎ、チャーシュー1枚、メンマ、煮卵半分が添えられている。

スープは豚骨と海老の頭のみを煮込み、海老味噌が溶け込んだクリーミーなスープという。
見た目はポタージュ的な色合いでクリーミー。
口に含むと、海老の香りとコク、塩気と旨みがしっかりとしていて、クセになるようなインパクト。
クリーミーで豚骨スープもわりとサラッとしているためか、無駄なベタつきは無い。

海老のコクが強いため、豚骨はややさっぱりとした風味であったが、海老味噌の溶け込み方も相まってこの雰囲気と予想した。

麺は塩ラーメン同様、直径3mmほどの中太麺で、やや透明感があり弾力性はほどよく ツルシコ。

チャーシューも塩同様に厚み3mmほどで、硬すぎず肉感がしっかりしており 旨みの凝縮率も高い。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン」@栄養軒の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計43点 (スープ30点 麺9点 焼豚4点)


【加点内容】

【減点内容】
塩辛さがキツく、コクや旨みなど今ひとつ不足して、間が抜けている。麺もスープとの相性が良いとは言えずまとまりが無い。臭いと渋さを感じた点がより減点を強めた。

【その他】

【詳細レポート】
宮崎県宮崎市にある「栄養軒」をご紹介。

スタンダードのラーメンには ねぎ、もやし、チャーシュー、シナチクが添えてある。

スープには褐色の油が覆っており、やや茶色がかった白濁豚骨スープ。
やや獣臭が感じられ、スープの粘度としてはとろみが無くサラッとしている。
口当たりはあっさりしていてマイルドといった印象で、強めの塩気が舌に伝わってくる。変な主張はなく、油の量も適量。

麺は2mmほどの中太ストレート。
あまり弾力は無いが中心はコシが残っていて、舌触りはややツルっとしている。

チャーシューは3mm程の厚さで肉としての食感が残るタイプ。

食後は あまり口に残らず、豚骨としてはさっぱりしている。

店内はカウンター席とテーブル席があるが、家族連れにも安心して対応できるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@大晃ラーメン 八女店の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計52点 (スープ40点 麺7点 焼豚5点)

【加点内容】
九州豚骨特有の獣臭の臭さは強めであるものの、塩気と油の加減でコクが上手く引き立てられいる。一本しっかりとした芯のある味付けながらも、口当たりがクリーミーである点は好印象。味付けのバランスも良いため、臭さは嫌気が無いよう抑えられている。旨みの濃くでた甘みのあるスープは食べ応えもあり印象的。

【減点内容】
麺が細麺であったもののブツブツと切れコシの無い そうめんのようで、歯に詰まるような食感であった。スープも上手く絡まず、小麦の風味も弱いため 弾力やツルシコなどの麺単体としての楽しみが無くマイナス。

【その他】

【詳細レポート】
福岡県八女市にある「大晃ラーメン」をご紹介。

スタンダードのラーメンには 多めのねぎとチャーシュー2枚、のり、メンマが添えてある。

スープには油が乗っていて、ダシとの口当たりのバランスを上手く取っているが、その色合いが無色に近いためか油自体の量は少なめに感じる。
香りの面では獣臭が強く、やや鼻に付く。やや褐色がかったスープの色合いは醤油の色合いと合わさっていると思われるが、やや強めの醤油の塩気で臭さが抑えられ、豚骨の主張は引き立っている。粘度はそう強く無いものの口当たりとしてはクリーミーな印象で、舌触りはサラッとしている。
食べている最中、獣臭を感じるが あまり嫌気は無く 口残り感も少ない。

油の量がそれなりに抑えられていることから、べたつく感じはあまりない。

麺は1mm程度の細ストレート。
舌触りはザラッとしたタイプで、噛むとブツブツ切れる食感。

チャーシューは3mm程度の厚さで、食感はしっかりした肉の旨みも残るタイプ。チャーシュー自体にそう主張した味付けはないためスープとは相性が良い。

店内はカウンター席とテーブル席があり、家族でも対応できる設計。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ラーメン本舗 さといも 恒久店の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計32点 (スープ22点 麺7点 焼豚3点)

【加点内容】

【減点内容】
コクや旨みなど感じられるものが乏しく、「あっさり」というよりは間が抜けている。麺もスープを弾き、チャーシューも伝わるものが無い。

【その他】

【詳細レポート】
宮崎県宮崎市にある「ラーメン本舗 さといも」をご紹介。

スタンダードのラーメンには ねぎ、もやし、チャーシューが添えてある。

褐色の油が丼のちょうど半分を覆っているスープは、やや茶色がかった白濁豚骨スープ。
そう臭さが鼻をつくことはなく、とろみの無いサラッとしている。
口当たりは癖も無く、変な主張はないあっさりとした印象。やや甘みもあり優しい仕上がりである。

麺は2mmほどの中太ストレート。
あまり弾力は無いが中心はコシが残っていて、舌触りはややツルっとしている。

チャーシューは3mm程の厚さでホロっと崩れる食感。

食後は あまり口に残らず、豚骨としてはさっぱりしている。

店内はカウンター席とテーブル席があるが、家族連れにも安心して対応できるだろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン」@麺屋 利休の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計55点 (スープ35点 麺13点 焼豚7点)

【加点内容】
麺はシコシコともっちりを上手く表現されており楽しめる。スープも完成度としては高い。塩辛すぎたりしないところも良い。

【減点内容】
茶油を売りにしているが、実際はそこまで存在感を感じない。味を落ち着かせているためか逆にやや間が抜けた。味気なくは無いが、魚介系主体ということもありパンチ力に欠けるといったところか。

【その他】
多くの種類のダシをブレンドするのは良いが、結局複雑に混ざりあって迷走している感があるように思える。もっと硬派にストレートなダシの旨みを追求する店のほうが結果的に味が素直に伝わってくるのではないだろうか。

【詳細レポート】
東京都国分寺市にある「麺屋 利休」をご紹介。

スタンダードの醤油ラーメンには ねぎ、チャーシュー1枚、メンマ、のりが添えてある。

スープはサバ、ニボシ、昆布、鶏ガラといった魚介系と鶏ガラのスープだが、口に含んだ印象としてはニボシ感が印象強い。
また 油には静岡県産の煎茶を、オランダ産の最高品質ラードである「カメリアラード」で煮立てて作っているという 特製香味油の「茶油」を使用されているとのこと。
そのためか、魚介系の特徴である酸味などが落ち着けてあり、全体的に味わいや舌触りを フワっとした柔らかくしているように感じる。

強めに濁るスープは、ドロドロとまではいかないが とろみがあり、最初の口当たりに対して 余分な塩辛さや臭みは抑えられていて上品。
コクも魚介系中心で強められている中、茶油の効果からか 和の強調が重なり、見た目的にもやや味噌ラーメンを食べているような感覚すら抱く。

麺は直径5~6mmほどの平太麺で、やや縮れたツルシコ食感。
弾力性もそれなりに強くもっちりとしているが、ツルっとした表面で程よいスープとの絡み具合がある。

厚み8mmほどのチャーシューは肉の旨みがしっかりと存在し、トロっと柔らかく食べ応えがある。。

座席はカウンター席のみで家族連れの方にはやや対応が困難だろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@くじら軒 横浜本店の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計65点 (スープ43点 麺16点 焼豚6点)

【加点内容】
非常にバランスが良い。トッピングから麺までどれもズレがなくまったく違和感なく食べ終わった。油も少なく、塩辛さも感じさせないのだが、絶妙な甘みと濃さが納得させる旨みを持っていて さらに上品。麺を食べていてもちょうど良い味加減で、スープ単体でもちょうど良い味加減という点は類を見ない。最近の店舗は、どちらか一方が完全にズレている(スープが塩辛すぎる)ラーメンが多いが、くじら軒はそういった偏りが無く完成度が高い。

【減点内容】
欠点は特に見当たらない。強いて言えば 濃厚トンコツのように強烈なインパクトは無い。

【その他】
超有名店としてのネームブランドが強いようだが、十分納得できる。

【詳細レポート】
横浜市都筑区にある「くじら軒」をご紹介。

スタンダードのラーメン(支那そば 濃口醤油)には ほうれんそう、ナルト、メンマ、チャーシュー1枚、のり、揚げ葱 が添えてある。
(ラーメンは「塩」と「醤油 薄口 or 濃口」があり、今回は「濃口醤油」をチョイス)

見た目にも油が極端に少ないスープは、口に含むと 醤油やダシによる 絶妙な甘みや塩加減で 心地よい旨みが感じられる。
魚介系が主のベースになるのだが、その見た目同様 臭みはまったく無く、酸味や渋みも無く上品。
油に頼らないだけあって、スープ単体には味としての重みが十分含まれており 食べ進めるにあたっても飽きがこない さすがの味づくりである。

麺は直径1~2mmほどのストレート極細麺だが、非常にモッチリとして弾力があり驚く。
その細さから 醤油スープが相性良く絡み、麺の食感がしっかりを存在感を示す食べ応え。

麺を食べていてもちょうど良い味加減であり、スープ単体でもちょうど良い味加減というそのくじら軒のラーメンの仕上がりは他に類を見ない。

5~7mm厚のチャーシューは意外にも塩気が強めで、肉感がしっかりして硬派な仕上がり。
スープとの相性を心配したが、それはそれでチャーシュー単体の存在を示しており 他へは邪魔をしない。

座席はカウンター席、テーブル席と十分で距離感も広めのため、家族連れの方などにも安心だろう。
店内はレトロで落ち着いた アットホーム感のある作りである。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@寿々㐂家の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計46点 (スープ30点 麺11点 焼豚5点)

【加点内容】
他の家系に比べ薄口であるため、麺を味わえる。

【減点内容】
醤油味が辛すぎる。コクが無い。やや獣臭が強い。

【その他】
「あっさりとした家系」という表現で評価が高いが、特に感動はなかった。家系に「あっさり」を評価のポイントとすることが土俵違いなのではないだろうか。「あっさり」の土俵であれば、もっと上をいくラーメン店は他に多数あるはず。「 家系”なのに”あっさり 」という印象を受けた人が新鮮さを得て高評価しているのかもしれないと考えてしまう。いずれも前評判に期待させられすぎたため、そのギャップで評価は非常に低くなった。ひとつ補足を行うとすれば、今回賞味した日は3.11地震の翌日であったため、ダシも劣化していたのかもしれない。

【詳細レポート】
横浜市保土ヶ谷区にある「ラーメンショップ 寿々喜家」をご紹介。
この寿々喜家は その名のとおり家系ラーメンであるが、多くのラーメンレビュアーからも評価が高く 「食べログ 神奈川ベストラーメン2010」でも2位に選出されている。
http://r.tabelog.com/bestrmn/2010/kanagawa/

スタンダードのラーメンには ほうれんそう、チャーシュー1枚、のりが添えられた 定番の家系ラーメンスタイル。

スープはしょうゆ豚骨となるが、白濁はしておらず やや透明感のある茶色い色合い。
口に含むと醤油の強い口当たりがあるが、粘土やクリーミー感はないため意外にもサラッとしていて無駄なベタつきは抑えられている。

麺は先日ご紹介の近藤家と同じ酒井製麺所のもので、直径3mmほどのやや平たい太麺。弾力性はほどよく それなりにツルツル感があり やや縮れている。

落ち着いたスープによって、麺単体の味わいは上手く引き立たされている。

チャーシューは厚み5~8mmほどで、硬すぎず食感はしっかりしている。
チャーシュー単体の味もしっかりしていて、独立した個性がある。

食後にはやや獣臭が残るが、家系としては無駄なべたつきがない。

座席はカウンター席のみでその距離は近いが、駐車場もしっかり完備されているため家族連れの方にも対応可能だろう。(子供向けに別小皿が用意され、無料のトッピングを提供していただけるようである)

店舗スタッフの方の客さばきも なかなかで、活き活きとした対応は好感が持てる。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@武松家 仲見世通り店の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計46点 (スープ32点 麺10点 焼豚4点)

【加点内容】
家系としての個性は楽しめる。

【減点内容】
濃いわりにコクがなく臭みがある。

【その他】

【詳細レポート】
川崎市川崎区にある「武松家」をご紹介。

スタンダードのラーメンには ほうれんそう、うずら、チャーシュー1枚、のりが添えられた家系ラーメンである。

スープはしょうゆ豚骨となるが、比較的 味は濃く とろみがかった茶色いスープである。
はじめの口当たりは やはり獣臭があるが、すぐに醤油の濃い味でかき消される。
クリーミーであり 濃い味だが、その濃厚な味わいはやや甘みにも近い印象。

油の量は多めであるため、ずっしりした重みを持たせているが 他の家系に比べるとそう多いほうではない。

麺は直径3mmほどの角麺で、やや縮れている。
弾力性は強く、程よいツルツル感があってスープとの相性も良い印象。

チャーシューは厚み約5~7mm程でそれなりに柔らかく、肉の食感も残っている。

座席はカウンター席のみでその距離は近いため、家族連れの方には対応困難だろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件