なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

某ラーメン店長

『某ラーメン店 現役店長によるリアルレビュー』  ウマいマズいは個人の好みだと思います。好き嫌いは個人の自由だと思います。では、採点数値は・・・ウマイから100点? マズいから0点?本業が同業者をレビューするという御法度に対して、閲覧される皆さんが楽しんでいただけたら。信じて食べに行くもよし、食べに行かないもよし。それが真実か否か、自ら確認されるもよし。

平均点 49.419点
最終レビュー日 2014年6月2日
43 42 0 3
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩ラーメン」@老麺魂の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計68点 (スープ49点 麺15点 焼豚4点)

【加点内容】
ゆずの隠し風味が非常に新鮮で良い。

【減点内容】
若干辛いと感じる人がいるかも知れない。個性の強いラーメンを好む人には物足りないと感じる可能性あり。

【その他】


【詳細レポート】
横浜市都筑区にある「老麺魂」をご紹介。

スタンダードのラーメンには ねぎ、三つ葉、チャーシュー1枚、煮たまご、メンマが添えてある。
(ラーメンは注文時に「塩」と「醤油」どちらかを選択できるが、今回はより騙しの効かないであろう「塩」をチョイス)

スープを口に含むとすぐに魚介系の柔らかな風味があり、瞬時に深いコクが重なる。
その優しくも濃厚な味わいは、無駄な味の潰しあいが無く上品。
油もそれなりに乗っているのだが、隠し味と思われる柚子の効果もあって 無駄なベタつきが抑えられている。

見た目以上に 口当たりが強く、はっきりしたスープだが口残り感はほぼゼロ。
強烈な個性を持つラーメンとは異なり、上品な味わいであるその類は 逆に“あっさり”(=味気ない、どこか物足りない)となりがちだが 老麺魂のその塩ラーメンの結論としては“さっぱり“(=十分に堪能でき、余計な雑味がない)と表現したい。

麺は直径2mmほどの丸細ストレート麺。
弾力性が強く ツルツルシコシコした食感は、麺単体の存在感も失っていない。

チャーシューは3~4mm厚で、スープとの相性を考慮してか 強い味付けは無く 食感はややパサパサ。

その他に つけ麺も味わってみたが、麺自体のツルシコ食感がよりつけ麺を引き立たせていてオススメ。
また次の機会にでも つけ麺レビューにてご紹介したいと思う。

入店後に干し節系の匂いが印象的な店内は、間接照明的な光で落ち着いた雰囲気がある。
座席はカウンター席とテーブル席があり その距離はやや近いが、しっかりとテーブル席が確保されているため家族連れの方などにも落ち着いて食事が楽しめるだろう。
接客慣れした店員の方の対応は、ピークタイムでも客にストレスを感じさせず非常に好感が持てる。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「三崎まぐろらーめん」@港楽亭の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計15点 (スープ10点 麺5点 焼豚0点)

【加点内容】

【減点内容】
スープが生臭すぎる。味で二郎に劣るものは無いと思っていたが、非常に残念な結果になった。スープの量が少ないせいか、麺がべったり団子上に近くなって非常に食べ辛かった。

【その他】
B1グランプリ厚木の5位というのが信じられない。味のブレがあるのかタイミングも悪かったのかもしれない。ポスターの写真と餡の色が全然違って、かなり今回は茶色だった。

【詳細レポート】
神奈川県三浦市の三崎港にある「港楽亭」をご紹介。

B-1グランプリin厚木にて第5位に入賞したという「三崎まぐろらーめん」をオーダー。
スープ表面には茶色がかったマグロの餡が乗っており、水菜が添えてある 餡かけスタイル。

餡の下にある 塩ベースのスープの方は極めて澄んでいてサラサラだが、口に含むと意外にもマグロ主体の香りが強い。
餡の方は甘みのある醤油系の味に仕上がっているが、逆にこちらは魚介の匂いが少なく 見た目以上にあっさりとマイルドのマグロ肉である。
餡には香ばしさもあるため、強火での火入れで焼きをつけているような印象。
スープ単体でも、餡単体でも味は独立しているが、混ざり合っても極端に味が濃くなることもなく麺に良く絡んでいる。

麺は直径1~2mmほどの細 小麦麺で、食感はもっちりとしており しっかりと小麦の風味がある。

座席はテーブル席とカウンター席で家族連れでも安心だろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「塩ラーメン」@まるげんの写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計76点 (スープ56点 麺13点 焼豚7点)


【加点内容】
透明なスープから一瞬 心配させられた「あっさり=ただ間が抜けているだけ」を払拭させるコクの深さ。逆に意表を突かれる。
隠し味と思われるブラックペッパーの香りが非常に印象強く、とても新鮮。香り高さから感動すら覚える。塩ラーメンにおいていつも「もうひとつ何かアクセントが欲しい」と思っていたわだかまりから解き放れた気分。ツルっとした麺の食感とスープへの絡み、弾力性とバランスも取れている。

【減点内容】
若干塩辛さが気になったが、その減点を受けてもスープは高い点数を得る。もう少しだけ塩気を抑えることでより高得点を得られるのではないだろうか。

【その他】


【詳細レポート】
熊本県益城町にある「麺屋 まるげん」をご紹介。

スタンダードの「塩ラーメン」には ねぎ、チャーシュー1枚、メンマ、煮卵半分が添えられている。

スープは鶏がらと魚介でダシが取られており、ほぼ透明の美しい印象。
口に含むと、香りとコク、塩気と旨みが舌にしっかり伝わってくる、意外なパンチ力。
油も少なめであるため 無駄なベタつきが無い上に味わいしっかりといった印象で、ラーメンを食べているという満足感も高い。
このスープのビジュアルから、もう少し俗に言う 「あっさり=間が抜けているだけ」を想像していただけに、意表をつかれてしまってまた感動。

偶然かどうかは分からないが、メンマに付いている?ブラックペッパー??風と思われる香りが隠し味となり、またなんとも絶品。正直 感動してしまった。

麺は直径3mmほどの中太麺で、やや透明感があり弾力性はほどよく それなりにツルツルした
スープの味もしっかり乗っている。

チャーシューは厚み3mmほどで、硬すぎず肉感がしっかりしており 旨みの凝縮率も高い。。
スープも邪魔しておらず、しっかりなじんだ仕上がりで完成度は高い。

食後にはそのメンマのブラックペッパー?風の香りが残り、しばらく尾を引く良さ。
作り手のオリジナリティと、こだわりを感じる点には職人の魂を感じた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件