なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

某ラーメン店長

『某ラーメン店 現役店長によるリアルレビュー』  ウマいマズいは個人の好みだと思います。好き嫌いは個人の自由だと思います。では、採点数値は・・・ウマイから100点? マズいから0点?本業が同業者をレビューするという御法度に対して、閲覧される皆さんが楽しんでいただけたら。信じて食べに行くもよし、食べに行かないもよし。それが真実か否か、自ら確認されるもよし。

平均点 49.419点
最終レビュー日 2014年6月2日
43 42 0 3
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@大晃ラーメン 八女店の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計52点 (スープ40点 麺7点 焼豚5点)

【加点内容】
九州豚骨特有の獣臭の臭さは強めであるものの、塩気と油の加減でコクが上手く引き立てられいる。一本しっかりとした芯のある味付けながらも、口当たりがクリーミーである点は好印象。味付けのバランスも良いため、臭さは嫌気が無いよう抑えられている。旨みの濃くでた甘みのあるスープは食べ応えもあり印象的。

【減点内容】
麺が細麺であったもののブツブツと切れコシの無い そうめんのようで、歯に詰まるような食感であった。スープも上手く絡まず、小麦の風味も弱いため 弾力やツルシコなどの麺単体としての楽しみが無くマイナス。

【その他】

【詳細レポート】
福岡県八女市にある「大晃ラーメン」をご紹介。

スタンダードのラーメンには 多めのねぎとチャーシュー2枚、のり、メンマが添えてある。

スープには油が乗っていて、ダシとの口当たりのバランスを上手く取っているが、その色合いが無色に近いためか油自体の量は少なめに感じる。
香りの面では獣臭が強く、やや鼻に付く。やや褐色がかったスープの色合いは醤油の色合いと合わさっていると思われるが、やや強めの醤油の塩気で臭さが抑えられ、豚骨の主張は引き立っている。粘度はそう強く無いものの口当たりとしてはクリーミーな印象で、舌触りはサラッとしている。
食べている最中、獣臭を感じるが あまり嫌気は無く 口残り感も少ない。

油の量がそれなりに抑えられていることから、べたつく感じはあまりない。

麺は1mm程度の細ストレート。
舌触りはザラッとしたタイプで、噛むとブツブツ切れる食感。

チャーシューは3mm程度の厚さで、食感はしっかりした肉の旨みも残るタイプ。チャーシュー自体にそう主張した味付けはないためスープとは相性が良い。

店内はカウンター席とテーブル席があり、家族でも対応できる設計。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ラーメン一燈の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計34点 (スープ25点 麺5点 焼豚4点)


【加点内容】

【減点内容】
スープに関しては、言葉を選ばないなら インスタントカップ麺の豚骨スープでも同等のものが演じられると感じる。クリーミーさも弱ければ、コクの深さも無い。獣匂の漂う硬派さもなければ主張もない。個性や主張が無ければラーメンとして加点されないわけではけして無いが、何かこれといった良さが主張されてこないところからは、間が抜けていると言わざるを得ない。
ニンニクは入れて賞味したが、ニンニクもスープなどと相まってハーモニーを生み出すわけでも無く 浮足立っている。
麺は細めんではあるが、ツルシコでもなければ 香り立つわけでも モチっとする弾力があるわけでもなく、口の中でボロボロ、ブツブツと切れる感じでバラついており、スープも弾いているともとれた。
チャーシューは炙っているわりには肉の旨みも弱く、炙った香りや風味の効果も出ていない。


【その他】

【詳細レポート】
福岡県京都郡にある「一燈」をご紹介。


スタンダードのラーメンには ねぎ、もやし、チャーシューが添えてある。

スープは透明無色の油が乗っており、色合いは白に近い肌色の白濁豚骨スープ。

九州トンコツというジャンルから想像する、極端な主張はなく、獣臭も少ないため あっさり系といえる。
とろみは無くさっぱりしていて、サラッとした口当たりで癖のない仕上がり。

麺は1mmほどの極細ストレート。
舌触りはややザラッしていて、弾力はほとんど無いタイプ。

チャーシューは4~5mm程度の厚で、炙りが加わっている。
食感は それなりにしっかりしている。

食後は あまり口に残らず、豚骨としてはさっぱりしていた。

店内はカウンター席とテーブル席があるが、家族連れにはやや手狭。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件