なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

某ラーメン店長

『某ラーメン店 現役店長によるリアルレビュー』  ウマいマズいは個人の好みだと思います。好き嫌いは個人の自由だと思います。では、採点数値は・・・ウマイから100点? マズいから0点?本業が同業者をレビューするという御法度に対して、閲覧される皆さんが楽しんでいただけたら。信じて食べに行くもよし、食べに行かないもよし。それが真実か否か、自ら確認されるもよし。

平均点 49.419点
最終レビュー日 2014年6月2日
43 42 0 3
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン(豚そば)」@ラーメン 麺や亮の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計25点 (スープ17点 麺3点 焼豚5点)

【加点内容】

【減点内容】
スープが辛すぎて、コクが無い。ボリュームが邪魔して味わえない。

【その他】
スープはチャーシューの味付け用に煮込む醤油汁をそのままスープに使ったような深みの無いもの。

【詳細レポート】
茨城県日立市にある「麺や亮」をご紹介。

スタイルのジャンルを先にご紹介するならば、それはまさに 二郎系である。

スタンダードのラーメン(豚そば)には 分厚いチャーシュー多数、大量の煮モヤシ、煮キャベツが添えてあり非常にボリュームがある。
ボリュームたっぷりなオーダーが苦手な方には小盛りも準備されているため安心。
*また、オーダー完成間際に店員の方から 無料トッピングの希望を確認される。なお、今回はヤサイ増しを選択。

スープは とんこつ系のような白濁した豚骨スープとは異なり、茶色がかっていて 若干透明度がある。

はじめの口当たりとしては 醤油系の濃い味が印象的。獣臭は二郎をさらに抑えたような仕上がりで、やや穏やか。
非常に濃い味のため 口当たりは強く、その濃さは野菜や麺と絡まってはじめてバランスを得る感じである。

また、油の量は多いため 食べている間はずっしりと重い。
濃い味わいにさらに重めの油が重なるため重厚感がある。

麺は5~6mmの平太麺で、ややコシがある。
二郎同様、非常に濃いスープには これ以下の細い麺では辛く感じてしまうだろう。

ちなみに麺の上には 大量の煮野菜が乗っているため、野菜を かき分けないと麺に行き着かない。

チャーシューはゴロゴロとサイコロブロック状で、味も濃く 食感がある。

店内はカウンターとテーブル席があり、比較的ゆったり座れるため家族連れの方にも安心。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん」@中華そば ことぶきやの写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計60点 (スープ40点 麺13点 焼豚7点)

【加点内容】
チャーシューは分厚く、肉感を持ち凝縮された仕上がり。粘土は少ないが、色合いがポタージュのようなスープもコク、塩分、風味と非常に完成度が高い。麺も独特のコシと張りがあり他には無い新鮮さがある。

【減点内容】
麺がややパリっとしてかなり固めの印象で、口の中で少しゴワつく。そのためか多少スープとの絡みが弱い気がした。スープがややインスタントのような味にも感じた。チャーシューが若干硬く食べ辛い。

【その他】
まだわりと若い夫婦で経営しているようだが、仕事は非常に丁寧で速い。職人としてのポリシーを感じる。

【詳細レポート】
茨城県水戸市にある「中華そば ことぶきや」をご紹介。

塩らーめん には 炙りチャーシュー1枚、味玉、梅、メンマ、ネギ、万能ネギが入っている。

スープは殆ど粘度の無い鶏白湯魚介のダシで、鶏と魚 双方に過剰な主張は無い。
構成として、鶏による丸みがありながら 魚介のキレも合わさったバランス良い仕上がり。
魚介系が前面に出てこない点では、味の奥行きを失わない良さがある。
スープ全体としては その濁った見た目に反し あっさり系といえるのだが、じわりと深みをもつコク、塩分、風味と 非常に完成度が高く 品がある。

麺は直径3mmほどの丸太のストレート麺。
食感はボソッと口に入り、パツンと切れてシコシコとした歯ごたえで 例えるならパスタのよう。
その麺における独特のコシと張りは他に無い新鮮さがあるが、スープとの相性は良くまったく違和感が無い。

厚さ1cm程のチャーシューは、炙ったことで風味が高まり印象強い。
肉感はしっかりしていて 旨みも非常に凝縮されているが、けしてチャーシュー単体が孤立しないようスープとの相性も良く計算されている。

座席はカウンター席とテーブル席が用意されていて、家族連れでも対応可能だろう。
アットホームでレトロな店内に、若いながらも丁寧で職人気質をしっかり持った店主が印象的。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「熟成ラーメン」@麺や 虎ノ道の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

結果は合計54点 (スープ33点 麺14点 焼豚7点)


【加点内容】
麺は太麺でありながら縮れが強く、ツルシコで楽しめスープの絡み具合も良い。チャーシューも炙りを加えてあるような風味の良さがある。限りなく和風のスープをラーメンに持ち込んだようなスタイルは面白い。ニボシカスの密度やスープ濃度をそのまま煮詰めて行ったような、濃縮うどんスープのような感覚。

【減点内容】
熟成ラーメンという名称と見た目から、家系に近い 強めの口当たりを想像してしまったため少し間が抜けた。バランス感覚を重視しすぎた結果、物足りないとも言える。(ただしドロっとしたスープのわりに、ここまで上品で塩分の抑えが利いている点は高く評価できる)

【その他】
チャーシューと麺のポイント底上げがあり総合点数は高いが、命であるスープはあくまでも合格基準点以下。

【詳細レポート】
茨城県ひたちなか市にある「麺や 虎ノ道」をご紹介。

スタンダードのラーメン(熟成ラーメン)には ねぎ、チャーシュー1枚、メンマ、揚げ葱、のりが添えてある。

スープは動物ベースのダシと思われるが、味わった結果からはニボシが強く感じる。
例えるなら うどんスープを限りなく煮詰めて凝縮したような、和風からのラーメンへの転換。

表面に浮いた油や揚げ葱に相まって、スープには絶妙なハーモニーが生まれている。
熟成ラーメンという名称やその見た目・ドロみ から、横浜家系にあるような塩分高めのハッキリとしたパンチの効く舌触りを想像したが意外にもあっさりで 風味を基調にした仕上がり。
そのためスープを口に含むと後追いで風味や上品なコクが追いかけてくる。
そんなスープのためか、麺を食する際には 麺の味とスープの味の伝わり方に時間差が生じ、麺単体の味わいとスープが絡んでいく口内のタイミングが上手く別れている。

麺は直径5~6mmほどの平太麺で、縮れが強いツルシコ食感。
弾力性が強くも非常にもっちりしており、歯ごたえのある食感が堪能できる。
またスープの絡みも良い。

チャーシューは炙りが効いたような渋いコクと旨みがあり、独自性が強い。
なお厚みは約8mm程で食感は比較的柔らかく、口の中でやさしくほどけていく。

座席はカウンター席とテーブル席があるがカウンター席の比率が高くテーブル席は限られている。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件