なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

某ラーメン店長

『某ラーメン店 現役店長によるリアルレビュー』  ウマいマズいは個人の好みだと思います。好き嫌いは個人の自由だと思います。では、採点数値は・・・ウマイから100点? マズいから0点?本業が同業者をレビューするという御法度に対して、閲覧される皆さんが楽しんでいただけたら。信じて食べに行くもよし、食べに行かないもよし。それが真実か否か、自ら確認されるもよし。

平均点 49.419点
最終レビュー日 2014年6月2日
43 42 0 3
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「海老豚骨ラーメン」@まるげんの写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20満点)
焼豚(10満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として合格の基準点として設定。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計62点 (スープ48点 麺9点 焼豚5点)


【加点内容】
海老の香りと塩味のバランスが絶妙でクセになる。珍しい味を提供しているという点でもポイントアップとした。

【減点内容】
肝心の豚骨のほうはやや間が抜けている気がした。海老のダシでそれを補ってはいたため、比較的高得点となっている。
塩ラーメンに比べ、麺がスープを弾いている感じが強い気がした。豚骨にツルっとした麺が、やや違和感。チャーシューも、濃いスープと競合している気がした。

【その他】


【詳細レポート】
以前もご紹介した 熊本県益城町にある「麺屋 まるげん」を再度訪問。

珍しい「海老豚骨ラーメン」には ねぎ、チャーシュー1枚、メンマ、煮卵半分が添えられている。

スープは豚骨と海老の頭のみを煮込み、海老味噌が溶け込んだクリーミーなスープという。
見た目はポタージュ的な色合いでクリーミー。
口に含むと、海老の香りとコク、塩気と旨みがしっかりとしていて、クセになるようなインパクト。
クリーミーで豚骨スープもわりとサラッとしているためか、無駄なベタつきは無い。

海老のコクが強いため、豚骨はややさっぱりとした風味であったが、海老味噌の溶け込み方も相まってこの雰囲気と予想した。

麺は塩ラーメン同様、直径3mmほどの中太麺で、やや透明感があり弾力性はほどよく ツルシコ。

チャーシューも塩同様に厚み3mmほどで、硬すぎず肉感がしっかりしており 旨みの凝縮率も高い。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「豚骨ラーメン」@虎之助の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計68点 (スープ46点 麺14点 焼豚8点)


【加点内容】
チャーシュー、スープ、煮卵、麺 どれも個性がしっかりしていながら、ラーメンとして一つの形に仕上がっている質の高さがある。塩分の辛さを抑えて、コクや甘みでの味の重厚感を演じている点は、他に無いセンスの良さを感じた。バランスも非常に良い。
チャーシューもしっかりと「肉」としての作り込み、スープとの相性を考えている点、塩ラーメンとは別の わざわざ麺を変えている点、焦がし油の隠し味、どれも作り手のセンスを感じた。

【減点内容】
スープに関して、食べ始めはベースのスープと油、ニンニクチップ、背油、焦がし との相性が抜群で、そのコクや塩分度合い、甘み、油の質や重み、風味といった重なる味のハーモニーに感動したが、一方で麺を食べ終わった後のスープは甘ったるく、すするのに嫌気がさしてしまった。そのためラーメンとしての硬派さや、
麺に、もう少しツルっとした食感が欲しい。少々 食べ続けるにあたり口の中でごわつく。

【その他】


【詳細レポート】
熊本県熊本市にある「虎之助」をご紹介。


「豚骨ラーメン」には キクラゲ、のり、煮卵、チャーシューが添えてある。

スープには透明無色の油がやや少なめに乗っており、色合いはやや濃いめの肌色で白濁した豚骨スープ。

やや とろみがあるスープを口に含むと、抜群の甘みと油、焦がし油の風味が広がり、後追いでクリーミーや優しい柔らかさが口の中を包み込む。味としての主体は、甘さが主軸で、無駄な塩辛さを感じず独特の良さがある。
ラーメンは塩気が強いものが多い中で、こちらは独特の個性がある。

背油やニンニクチップ、焦がし油など多くのフレーバーが含まれているもののしっかりと そのバランス感覚が整っている点も見事。

麺は2mmほどの中太ストレート。
小麦麺特有の少々ザラッとした舌触りに 濃厚な豚骨スープに愛称良く絡んでいて、小麦の香りも出ている。小麦の風味と、スープの味わいが、口の中でやや時間差となって感じる点もまた良い。

チャーシューは1cm弱の肉厚で、チャーシュー単体としての余計な味付けは無く、純粋な肉の味わいと食感がしっかりしている。
トロッとはせず、歯ごたえある肉感だがスープとの絡みでとてもバランスが良く、食べ応えの面でも満たされるものがある。

食後は意外にもあまり口に残らず、嫌味も無い。ニンニクチップも乗っているが、特に味を邪魔するものではなかった。

店内はカウンター席とテーブル席があるが、子供連れ家族の方には対応困難だろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「塩ラーメン」@まるげんの写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

【採点結果】
結果は合計76点 (スープ56点 麺13点 焼豚7点)


【加点内容】
透明なスープから一瞬 心配させられた「あっさり=ただ間が抜けているだけ」を払拭させるコクの深さ。逆に意表を突かれる。
隠し味と思われるブラックペッパーの香りが非常に印象強く、とても新鮮。香り高さから感動すら覚える。塩ラーメンにおいていつも「もうひとつ何かアクセントが欲しい」と思っていたわだかまりから解き放れた気分。ツルっとした麺の食感とスープへの絡み、弾力性とバランスも取れている。

【減点内容】
若干塩辛さが気になったが、その減点を受けてもスープは高い点数を得る。もう少しだけ塩気を抑えることでより高得点を得られるのではないだろうか。

【その他】


【詳細レポート】
熊本県益城町にある「麺屋 まるげん」をご紹介。

スタンダードの「塩ラーメン」には ねぎ、チャーシュー1枚、メンマ、煮卵半分が添えられている。

スープは鶏がらと魚介でダシが取られており、ほぼ透明の美しい印象。
口に含むと、香りとコク、塩気と旨みが舌にしっかり伝わってくる、意外なパンチ力。
油も少なめであるため 無駄なベタつきが無い上に味わいしっかりといった印象で、ラーメンを食べているという満足感も高い。
このスープのビジュアルから、もう少し俗に言う 「あっさり=間が抜けているだけ」を想像していただけに、意表をつかれてしまってまた感動。

偶然かどうかは分からないが、メンマに付いている?ブラックペッパー??風と思われる香りが隠し味となり、またなんとも絶品。正直 感動してしまった。

麺は直径3mmほどの中太麺で、やや透明感があり弾力性はほどよく それなりにツルツルした
スープの味もしっかり乗っている。

チャーシューは厚み3mmほどで、硬すぎず肉感がしっかりしており 旨みの凝縮率も高い。。
スープも邪魔しておらず、しっかりなじんだ仕上がりで完成度は高い。

食後にはそのメンマのブラックペッパー?風の香りが残り、しばらく尾を引く良さ。
作り手のオリジナリティと、こだわりを感じる点には職人の魂を感じた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「しょうゆらーめん」@らーめん 里屋の写真**********採点基準**********
スープ(70点満点)
麺(20点満点)
焼豚(10点満点)
の点数 配分で合計100点を満点としています。
(各配点は、その半分が合格基準)

合計点数50点以上は「またリピート訪問できる」として、合格の基準点。
合計点数80点は 一般的な100点レベルとし、ほぼ満点と考えてください。
******************************

結果は合計70点 (スープ48点 麺16点 焼豚6点)


【加点内容】
しょうゆラーメンながらも深いコクがあり、あっさりながらも甘みが十分に込められている。また麺も独自性があり、パリッとした口当たりとモチっとした弾力がある絶妙な仕上がり。見た目の仕上がりもとても上品で作り手の丁寧さを感じさせた。

【減点内容】
欠点と言えるものはないが、後半にややしょっぱさが強まってきた点はやや気になった。

【その他】


【詳細レポート】
熊本県熊本市にある「里屋」をご紹介。

スタンダードの しょうゆラーメンには チャーシュー2枚、海苔、メンマ、ネギ、ラー油のかかる肉そぼろが乗っている。

スープはさらっとした茶褐色のダシで、過剰な主張は無いながらも コクと旨みがバランスよく詰まっている。
醤油ダレと、一切の化学調味料を用いないアゴダシベースに4種類の塩と数種の野菜からとられているというスープは、あくまでも あっさり系のジャンルに属しながらも そのジャンルから今にも飛び出しそうなほど 味わいの良さがある。

麺は直径2~3mmほどの四角ストレート。
食感はパリッと張りがありながらも、つるつるとしたシコシコの歯ごたえとモチっとした弾力感がまた良い。

厚さ3cm程のチャーシューは、特別な個性は無いながらも このラーメンとのバランスにはこれ以上の修正は必要ないだろう。ややトロっとした食感で旨みも十分ありながらスープとのよい絡み具合を演じている。

座席はカウンター席とテーブル席が用意されていて、家族連れでも対応可能だろう。
穏やかそうでもプライド職人気質の店主もまた今回のラーメンを物語る。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件