なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】 トラフグあら出汁そば」@中華そば 飯村製作所の写真ご無沙汰しております。
レビューをサボっている間にも食べて食べて、、
折角落とした体重が見事に戻ったので、今年はラーメンを何とか減らす覚悟です。
ので、本当に偶のレビューに、、、なるかな〜〜(笑)

元日に表題目当てで!
麺友さんと合流し、12時過ぎに入店ですが元日から凄い行列!
残っててヨカッタ。

軽く濁った塩チンタンスープからは鮮魚のアノ臭いが全く感じられませんね!
濃密なトラフグの出汁が舌に染み込みます。
それだけでも悶絶ものの美味しさなんですが、動物系は不使用?
昆布とか煮干し??

前からチャランポランなレビューですが我ながら駄目舌(涙)
とにかくセットで頼んだトラフグほぐし身茶漬け飯、の為にスープを残しておくのが大変な美味しさでした。

麺もマタ美味しくなってる様な、、
香りも旨味も申し分なしなんですが、何よりも滑らかで官能的な舌触りにウットリです。

手違いで後から小皿で頂いた鴨(写真なし)も200円とは冗談でしょ?という本格的な美味さ。
美味しい鴨はアノ爽やかな血の香りも溜まりません!

表題850円、鴨ロース200円、トラフグほぐし身茶漬け飯150円、しめて1,200円也はお年玉ですね。
原価率、どうなってんでしょ(^◇^;)

簡単に90点台を出さない様に、との思いを軽く吹っ飛ばすスペシャルな一杯に感動しました。
去年の暮れから気まぐれで提供していた『ニゴチュー』もレギュラーメニューに格上げされており、益々何を食べるか迷いそうです!

ご馳走さまでした。


あ、お正月なので麺友さんとウチのカミサンはビールで乾杯〜〜
運転手のワタシは爬虫類の様なネットリとした目つきで眺めてましたとさ(笑)

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 29件

「【限定】  Curryつけ麺」@良温(Ra-on)の写真久し振りのコチラ、
気になっていたカレーを目当てに!

金曜日の昼時、2席空いていたカウンターにカミサンと着席。
表記メニューと煮干し手揉みの生海苔トッピングを注文。
ロースに変わったチャーシューも追加!

麺は太麺のストレート、ツルツルモッチリとした何度か頂いている?美味い麺です。
其処にプラペと粉チーズがかけまわされてますね!
此れだけでモウ美味しいですよ!そりゃ (笑)

つけ汁のカレーにはコチラらしくナルトの細切り、刻んだネギがたっぷり。
とりあえずパイタンベースのカレーなんですかね?
そこそこ粘度があって麺と絡むのですが、アサリの風味が強い!
シーフードカレーが好きな方ならば、コレは間違いなくツボでしょう。
底の方にはアサリの剥き身がゴロゴロ入ってますからこの出汁感は納得〜〜

更に先輩方のコメにある通り麺上のブラペと粉チーズがカレーと絡まるとその風味とコクが一段とアップしますね!
カレーにチーズは偶にCoCo壱で食べても欲しくなるアイテムですが、麺に絡んだ粉チーズがこんなに合うとは驚き。
コレは追加のトッピングが欲しくなりました。

増したロースのチャーシューはローストしたタイプでサクッと噛む感触がカイカン!
グニっとしたレアチャーシューも美味いですが肉肉しいのも良いですね。

カミサンに相当献上して完食、そのぶんカミサンの煮干しも結構食べましたが。
コチラらしくチョット酸味の効いた煮干しスープに生海苔の磯香りがドンピシャリ‼︎
ドチラのメニューもまたタベタヒ!ですが、、、
今提供中?のワンタン麺を狙いたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 14件
86

「純煮干し」@麺屋 弥栄の写真今更ながら初訪問。
様々な煮干しのメニューがありますがストレートな表題をポチ!
チャーシュー増しもポチチ!
平日お昼時を過ぎて貸し切りです。

さてスープを、、
アレ?スープが見えない(汗)
もとより少なめのスープに欲張ってチャーシュー増したら汁なしの様な絵面にナッチマッタ!

其れでもレンゲで掬ってヒトクチ。
煮干しの味がヨク出てますね〜〜
旨味は強いですが苦味や酸味は控えめ、サッパリとした美味しさです。

〔煮干しと昆布と干し椎茸を水で煮出した動物オフのチンタン醤油〕
との説明書き。
干し椎茸をジンワリ感じますが、乾物のネガな匂いは皆無。
素材の良い所を上手に引き出して物足りなさを感じないのは見事ですね!

麺はサクパツの細麺ストレート、マタオマなどと言われますが合うものは合います 。

増したチャーシューは豚の肩ロースのピンクな低温と同じく低温の鶏ムネ。
何方も上出来ですが、スープとの相性は鶏ムネに一票かな。
低温調理した後に丁寧に味を染み込ませてあって、そのまま酒のツマミに頂いてもピッタシですね。

バラ海苔、玉葱はテッパン、戻していないお麩は珍しいですね〜〜


身体にも優しそうな煮干しの一杯、唯一物足りなかったのはスープの量です (笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】  牡蠣そば」@麺's キッチン RIRIの写真チョット前ですが行方で絶品なつけ蕎麦を食べた後に念願の初訪問です!

良い塩梅にお昼をチョット過ぎ然程待たずに入店です。
いきなりの限定ですが、カミサンがデフォの醤油そばを食べるので問題なし!

壁に掛けられたタクサンの鬼瓦など眺めているうちに間も無く配膳。
牡蠣がゴロゴロゴロゴロと、900円でこんなに載せてくれるんですか〜〜

まずスープなんですが、コレがかなり個性的!
塩分高め、というかカナリ高めです。
醤油のカエシにはナンプラーでも併せているのか?
何処かエスニックな風味に牡蠣煮干しも?
複雑で香り豊かな美味しいスープなんですが、この日はチトショッパに感じました。

麺は有名店の細ストレート、全粒粉なのかな?
サラリとシナヤカな舌触り、溢れる小麦の風味、美味しい麺ですね〜〜

チャーシューは低温のスライスですがコレまた個性的な風味が、、
独特の燻製臭があってエスニックなスープの香りとの相性もヨシです。

牡蠣は文句なし!
貝ジジイは当然牡蠣も大好きなのです!
今時は高価な岩牡蠣が旬で真牡蠣は殆ど出回ってないのかと思ってましたが、養殖技術の進化なんですかね。
ケド真冬の旬のヤツでもタベタヒ!ですが (笑)


意表をついたエスニックな風味に驚きましたが好きな味でした。
カミサンが食べた醤油そばは更に好みでした!

笠間だとどうしても日本蕎麦ばかり食べていたのですが、こんなお店が出来てマタ笠間巡りが増えそうです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「《2周年コラボ企画》 鴨の潮ラーメン」@はりけんラーメン 南店の写真豪華な周年企画の一杯を。

三連休の最終日、夕方のみの提供となる一杯は
はりけんさん、龍のひげさん、虎徹さんとのスペシャルコラボ!
ロクに知りもせず並びに加わると大先輩なあの方が「コラボだよ」と。

先に千円を渡して食券を貰い、順に案内されます。
はりけんさんは寧ろサポート役、厨房はイケメン店主さんと龍ひげさん、虎徹さんが腕を振るっております。
スゴイ絵面 ‼︎

澄んだ潮スープにボコボコブリブリした麺が印象的な見た目の一杯、モチロン鴨も光ってますねぇ

スープは埼玉県産の鴨生ガラ、手羽元に虎徹さんのシジミ、太刀魚を併せたダブルスープとか。
鴨の脂の旨味やコクにシジミと太刀魚が真っ向張り合って一歩も譲らず、ガッチリとお互いを主張しあう味わいはサスガ!
頭までジンジン痺れる様な旨味が長く余韻として残ります。

麺は龍のひげさん担当。
平打ち気味の太めの手揉み?麺ですが、油そばなどにぴったり合いそうな加水も然程高くなく、
ムギュムギュ!ブツン!とした強い食感と旨味の麺ですね〜〜
スゴく強い麺ですがシャバなチンタンスープがコレまた一歩も引かずに真っ向張り合います。
麺を咀嚼して湧いてくる小麦の旨味で口がシアワセなところにダブルスープを、、、
おお、、、

鴨は低温調理と燻製のが1枚ずつ、あと腿肉?をバジルか何かを巻いて八幡巻きみたいにしたのが1枚。
低温の鴨は余り経験ないカモ。
モチロン美味いのですが、コチラではやはり燻製にして香りをつけたヤツの方が尚好きですね。
鴨肉の柔らかな酸味、後から脂の旨味がジワジワ出てきて、、、
良い鴨肉ってソノ脂がスゴく甘いですね〜
この鴨は間違いなくこれまで頂いた鴨肉の中でもトップクラス!
スゴイの使ってきたんでしょうね。

ご飯と漬物、更にモツ煮込みはお店からの感謝の気持ちの様にも思えました。
モツ煮をご飯にぶっかけてペロリ。

食後、車を運転していてもマダ暫く口の中が美味しくウットリ。

偶々ですがノンビリペースで400レビュー、
大好きなお店、店主さん方々、大先輩、、、
良い思い出になりました!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 8件

「秋刀魚中華そば  塩」@つけ麺 弥七の写真館林でチョット仕事。
朝家を出る時からお昼はコチラと狙いを定めていましたよ。

つけ麺から行くべきなんでしょうが暑い日だったのと気分で表題をお願い。
女将さんも店主さんもハキハキと気持ちよく声を出してますね〜〜

器からカナリ強めの節の香りがたちますね!
秋刀魚の節って見た事ないですが、旨味がスゴく強いです。
動物類はタブン未使用でもマッタク不足感なくグイグイいけちゃいます。
昆布などの出汁も効いてるみたいですが圧倒的に秋刀魚の勝ち!

麺は細麺のストレート、サクサクパツンで咀嚼する度に小麦の旨味が出てくる様な麺です。
秋刀魚のスープとピッタシですね!

穂先メンマは薄めの味付けでスープの邪魔をしない味付け。
煮豚のバラチャーシューはご飯に合いますね。
味玉の黄身の香りも上等、コチラの味玉、美味しい!

秋刀魚節の旨味全開のスッキリ美味しい一杯でした。
味わいが秋刀魚一辺倒でシンプルなので立体的で複雑な美味しさではないですがコンナ直球な美味しさもイイですね〜〜

今度はつけ麺を。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 煮干し冷し盛りそば」@麺屋壱心の写真気になっていた限定を求めて提供最終日に滑り込み!
てな訳で既に終了しているメニューです。スイマセン。

つけ汁はタブン動物系不使用かな?
煮干しの旨味がストレートに感じられるシャバチンタン。
通常メニューの煮干しそばは若干の鶏出汁も併せている筈ですが、コレは煮干しの苦味が後からジンワリと舌に蓄積してくる様な感じでいかにも夏向きですねぇ!

ピロピロの多加水麺は其れだけだとシャバなつけ汁よりも勝っちゃいそうですが、つけ汁中の大量の刻みネギが良い塩梅で麺に絡まってナルホド、良い塩梅です。

ただ麺もつけ汁も良く冷やされているので、ネギの味わいは生そのもの。
熱いスープに浸されてるネギとはカナリ違います。

低温のチャーシューも穂先メンマもいつもの通り美味いです。
チャーシューはまた柔らかくなったかな?
シカシ冷たいつけ汁につけてもチャーシューのとろける様な味わいにはなりませんねぇ。
ヤッパシ(笑)

ミョウガ、大葉、梅干しなどの薬味は麺の上にチョコンと載せてつけ汁にチョコンとつけて啜ります。

最後は割りスープがないとの事で、別に頼んでいた半ライス(相当ボリューミー)をつけ汁にドボン!
冷やし煮干し茶漬けでフィニッシュですがコレが抜群に美味かったです〜〜


美味しかったんですが、冷たいつけ汁ってチャーシューなどの合わせ方が難しそうですねぇ〜〜
蛤も暫く食べてないし、マタお邪魔します。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「【限定】 しじみと煮干しと鶏の塩そば」@中華蕎麦 はざまの写真魅力的な限定に惹かれて仕事の合間に。
まぁ限定なくてもお邪魔してるんですが、、、

貝ジジイには見ただけでタマランメニュー名の看板にワクワクしつつボタンをプッシュ!
コチラのチャーシューが大好きなので当然肉増しもプッシュ!

綺麗に澄んだ薄黄色のスープからシジミの薫りが、、、
煮干しもチョット、、、、
鶏は、感じるか感じないかでしたか、、

味の印象も薫りに準じてシジミ>煮干し>鶏、といった印象ですが、飲み込んで鼻から抜けてくる香りには確りと鶏も!
鶏って下支えでもコンナに力を発揮するんですねぇ

麺はいつもの細ストレート、フワリとした舌触り、パツンと切れる食感、大好きな麺です。

豚と鶏の低温チャーシューは(増した鶏は写真にありません)
何度もレビューしているので割愛しますが、美味いです!ヤッパシ!

鰯油の替え玉まで美味しく頂き腹パンのご馳走様。


大好きなジンワリ系ですが、シジミの旨味のみならず煮干しと鶏が控えめながらも確りと下支えをした立体的で奥行きのあるスープにウットリでした。
唯一の不満はスープの量がもうチョット欲しかった事かなぁ〜〜
この辺りはコスト面で致し方なし、なのでしょうが、、、

「マタタベタヒ!」
と言って本当にマタ作ってくれてるのに最食してないので、次があれば必ずゲットしたいです!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 16件

「【限定】 塩 煮干し冷やしそば」@麺処 清水の写真新潟2日目の帰り道に。
長岡で生姜醤油のウマ〜〜い一杯を食べた後に下道をトコトコ、、、

思いの外近く1時間ソコソコで着いちゃったのでマダお腹が、、、
とか思いつつ限定の表題をポチ!
(メニュー名の記憶が曖昧です。御免なさい。煮干しの塩で冷やしなのは間違いないです)

前日に続き、目の前でカミサンが極上の皿ワンタンをビールで流し込むのを
獲物を狙うカメレオンの様な目つきで眺めている所に配膳されました (涙)(涙)

スープはジンワリ系の好きな奴!
塩とありましたが、チョット白醤油にも似た風味も感じましたが、、、
煮干しの苦味やエグ味は希薄で個人的ににはもうチョットガツンときてもイイかな〜〜

麺は加水率の高いムチッとした中太麺
チョット意外でしたがコレ、冷たい煮干しスープに合いますね!

フワッと薄くスライスされたレアチャーシューは肉の旨味が強いです。
ビールに合う筈だよなあ、、、、

ボリッと太めのメンマは味付けが穏やかでスープの邪魔をしないタイプ
コレもビールに合う筈だよなあ、、、、


皿ワンタンは肉餡の歯応えがギュっ、プリッとしていて包む皮はチュルン!
味だけでなく食感も楽しめますね!

ビールに合う筈だよなあ〜〜〜〜〜

助手席でビールのニホヒをプンプンさせるカミサンを乗せて千葉まで帰って来ましたとさ(涙)

お値段もリーズナブルで美味しい!
カミサンが食べた塩ラーメンは更に好みでした。
新潟に行ったらマタ寄りたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件
83

「チャーシュー麺」@大むら食堂の写真遅い夏休み、8月のどん詰まりに新潟へ。

朝早く出てチョット日本海で涼み、宿に行く前に遅めのお昼で初訪問です。
日曜日だったので1時頃だとまだ外待ち客が大勢!
名前を書いて待つと、、、

アレ?
5分くらいで呼ばれた!
広いお店で2階席もある様です。
物凄く回転がイイですねえ〜〜

ビールを呑むカミサンは普通の中華、運転手のワタシはチャーシュー麺を。
コチラ、普通のラーメンを中華といい、チャーシュー麺はチャーシュー麺なんですね 。

美味そうにビールで喉を潤すカミサンを爬虫類の様な目つきで眺めていると配膳されました。
コチラをオススメして下さったフォロワーさんのレビューを読んで玉ネギマシです!

スープは豚!煮干し!カエシ!セアブラ!
補強もガッチリ。
どれも突き抜けではなく良い塩梅でバランスした美味しいスープ。
新潟の煮干しスープらしくチョット青魚っぽい風味があるんですが、其れが新潟まで来てるんだって感じで好きですよ〜〜

麺はゴワモチの太麺ですが、結構しっかりめに茹でられており顎が疲れる事もなく
スープとの相性的にもこれくらいの茹で加減が吉ですね。
近所の有名店のビロビロデロンの麺とはマッタク違うケド、何方も二郎系っぽいのも面白いです。

チャーシュー麺なのでチャーシューはたっぷり。
脂の甘味が確り残っているけどズコズコしたイヤラシさがなくて大好きなタイプの茹で豚。
量に怯みましたがペロリでした。

更に一緒に頼んだ餃子の美味しさは個人的に過去トップクラス!
必ず一緒に注文したいですね‼︎

隣のカップルが食べていたチャーハンもメチャ美味そうでしたし、、
ビールなんて大瓶に肉じゃがの中鉢がついて550円ですよ ⁉︎

再訪カクジツ、幸先の良い出だしとなりました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件