なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やし担々麺」@チャイニーズダイニングえんの写真お昼に強烈なゴマスッパ担々麺を食べた日の夜。
カミサンが、「小籠包食べたい!」と、叫ぶのでコチラに。

仕事でも何度か出入りしている縁もあり、時々お邪魔していますが夜の食事は久しぶりです。

適当な前菜、小籠包、当然ビール、その他の料理をお腹一杯食べた後に、表題をコール、カミサンと半分こです。

配膳された器を視てビックリ!
野菜ばっかり?
リュウイーソーな江面、これは只のグリーンサラダでは?
イヤイヤ、ちゃんとスープ、麺が野菜の下に隠れていますね!

既に野菜のサラダは食べたので、上の野菜はチョット避けてスープをヒトクチ。
薄~~~い茶色のスープは、スッゴくさっぱりしています。
ウーロン茶をベースにゴマだれ、自家製ラー油、干しエビの出汁を合わせたと書いてあります。
動物系の出汁は余り感じませんでした。干しエビも余り分かりませんでした(笑)

麺は所謂まちの中華やさんのもの。

辛味挽き肉やナッツ等は多くはありませんが、程ほどに主張してきますね。

コッテリとした中華のご馳走をタラフク食べた後に、サッパリと食べられる事に主眼を置いた味の構成。
特に、ウーロン茶の油を洗い流す効果には心底驚きました。
ジーマージャンの油っぽさも、冷やした事による油のザラツキもマッタクありません!
あの系のラーメン店に黒ウーロン茶の販売機が置いてある訳がはっきりと分かりました。

中華の〆の食事として良く出来ていますが、これ一品を980円で食べるか?と、問われるとクエスチョン。
その辺りを考慮して採点はこれくらい。

また小籠包を食べに来ますね。
ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「夏期限定?冷やし担々麺」@中華料理 たけまさの写真蒸し暑くてドウニモ堪らないお昼、仕事仲間と訪問。
台風の余波か、妙な天気で仕事もはかどらず、アツアツのラーメンを食べるガッツは、、、、
あります!

最近お昼に駐車場がいつも満車なコチラ、この日はチョットだけ空きがあったのでウインカーもソコソコにピットイン!
大きな建物の割には狭い店内、奥の方に空いてる席もありそうてすが待ち席にて待って下さいとの事。
厨房は男性2名、ホールにシレッとした和風美人の女性が1人、カナリ忙しそうです。

10分程待って変わった形のテーブル席に案内され、表題をコールします。
デフォを頼むつもりが、余りの蒸し暑さに急遽冷やしにしちゃいました。
ミニチャーハンと杏仁豆腐も付いたランチセット、900円での提供。ナカナカ良心的かと。

更に10分近く待って配膳されたそれは硝子の器に胡麻のペーストとラー油の赤が美しい江面の一杯。
レンゲでスープをヒトクチ。
強烈な胡麻の香り!どれ程のジーマージャン?
更にビックリしたのはその酸味!相当な量のお酢を投入しているもよう。
辛みは然程ではなく、(辛いのが大好きで辛味に麻痺している可能性があります)
ゴマ、ゴマ、スッパ、、ゴマ、ゴマ、スッバ!!
冷やされたスープで口の中に油のザラリをチョット感じます。

キツくて厳しいかと思ったスープが、不思議と後を引きます。
麺は細めのヤヤ縮れ麺。店員さんの使ってたタオルにカンノセイメンと書いてありますが、定かではありません。きっちりと冷水で締められて心地好い歯応え!
蒸し暑い時にはスープの酸味と相まって、ナカナカ良いもんです!

具材は担々麺なので辛味挽き肉、青菜は小松菜ですかね?
濃厚なゴマペーストのスープに良く合います。
ミニチャーハンに穴開きレンゲで挽き肉を掬って乗せて食べれば、そりゃあ旨いに決まってますぜ!

カッタルクなった舌を杏仁豆腐で洗ってご馳走さま。

個人的にはナカナカ好みの一杯でしたが、余りにも濃厚でスッパなスープは一般受けは?
熱いのはここまでスッパでは無かったような?

記憶が曖昧なので、また近々お邪魔します。ごめんなさい。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「海老混ぜ」@喜元門 つくばサイエンス通り店の写真水曜の夜に訪問。
カミサンの丸長切れが続いており、この日も夕方丸長丸長丸長!と、ず~~~~と連呼してますが、水曜定休。
じゃあ、通り沿いでいつもスルーしているコチラに行ってみっか!
サイエンス通りを右折で入店するのは良くないデスネ。

煮干しの評価が高いようなので其のつもりで入店しましたが、券売機のメニューの豊富なことといったら!
解らなくなっていると表題の文字を発見。
はり〇んさんで頂いたアノ一杯が脳裏をよぎります。
カミサンは普通の中華そば、ファミレスのようなテーブルで待つこと15分程で配膳されます。

ブオっと香るエビ臭。
良い香りでもあり、やや臭みとも思えるような?
麺は太麺のモチモチブツンとしたタイプで混ぜそばには合ってます。
って、混ぜてみたら凄いスープの量。
器に半分位、シャバな醤油エビスープが張られており、こいつを汁なしとは言えんだろうと。

まあ、旨ければ何でも良い無節操なワタシですが、エビの香りが、、、

芳ばしいのですが、殻を細かく砕いてまぶしているのかな?
甲殻類特有のアノ臭いも鼻に抜けてきます。
食べ進めていくうちに然程気にならなくなりますが、積極的に旨いとは?

チャーシューは恥ずかしながら何を選んだのか忘れました。
シカシ、これは美味しかったです。ボリュームもたっぷり!
チャーシューの印象ばっかり残ったカモ。
カミサンがチョイスしたのは低温チャーシューでしたが、コチラはパッサパサのペッラペラ。
チャーシューにこんな差がついて良いのか?位の違い。
偶々火が入りすぎたのかな?

アノ海老混ぜが頭にあり、ハードル上げすぎましたね。ヤッパシ。
煮干しを狙って見ます。
ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件