なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】  Curryつけ麺」@良温(Ra-on)の写真久し振りのコチラ、
気になっていたカレーを目当てに!

金曜日の昼時、2席空いていたカウンターにカミサンと着席。
表記メニューと煮干し手揉みの生海苔トッピングを注文。
ロースに変わったチャーシューも追加!

麺は太麺のストレート、ツルツルモッチリとした何度か頂いている?美味い麺です。
其処にプラペと粉チーズがかけまわされてますね!
此れだけでモウ美味しいですよ!そりゃ (笑)

つけ汁のカレーにはコチラらしくナルトの細切り、刻んだネギがたっぷり。
とりあえずパイタンベースのカレーなんですかね?
そこそこ粘度があって麺と絡むのですが、アサリの風味が強い!
シーフードカレーが好きな方ならば、コレは間違いなくツボでしょう。
底の方にはアサリの剥き身がゴロゴロ入ってますからこの出汁感は納得〜〜

更に先輩方のコメにある通り麺上のブラペと粉チーズがカレーと絡まるとその風味とコクが一段とアップしますね!
カレーにチーズは偶にCoCo壱で食べても欲しくなるアイテムですが、麺に絡んだ粉チーズがこんなに合うとは驚き。
コレは追加のトッピングが欲しくなりました。

増したロースのチャーシューはローストしたタイプでサクッと噛む感触がカイカン!
グニっとしたレアチャーシューも美味いですが肉肉しいのも良いですね。

カミサンに相当献上して完食、そのぶんカミサンの煮干しも結構食べましたが。
コチラらしくチョット酸味の効いた煮干しスープに生海苔の磯香りがドンピシャリ‼︎
ドチラのメニューもまたタベタヒ!ですが、、、
今提供中?のワンタン麺を狙いたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 14件

「【限定】 煮干し冷し盛りそば」@麺屋壱心の写真気になっていた限定を求めて提供最終日に滑り込み!
てな訳で既に終了しているメニューです。スイマセン。

つけ汁はタブン動物系不使用かな?
煮干しの旨味がストレートに感じられるシャバチンタン。
通常メニューの煮干しそばは若干の鶏出汁も併せている筈ですが、コレは煮干しの苦味が後からジンワリと舌に蓄積してくる様な感じでいかにも夏向きですねぇ!

ピロピロの多加水麺は其れだけだとシャバなつけ汁よりも勝っちゃいそうですが、つけ汁中の大量の刻みネギが良い塩梅で麺に絡まってナルホド、良い塩梅です。

ただ麺もつけ汁も良く冷やされているので、ネギの味わいは生そのもの。
熱いスープに浸されてるネギとはカナリ違います。

低温のチャーシューも穂先メンマもいつもの通り美味いです。
チャーシューはまた柔らかくなったかな?
シカシ冷たいつけ汁につけてもチャーシューのとろける様な味わいにはなりませんねぇ。
ヤッパシ(笑)

ミョウガ、大葉、梅干しなどの薬味は麺の上にチョコンと載せてつけ汁にチョコンとつけて啜ります。

最後は割りスープがないとの事で、別に頼んでいた半ライス(相当ボリューミー)をつけ汁にドボン!
冷やし煮干し茶漬けでフィニッシュですがコレが抜群に美味かったです〜〜


美味しかったんですが、冷たいつけ汁ってチャーシューなどの合わせ方が難しそうですねぇ〜〜
蛤も暫く食べてないし、マタお邪魔します。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「【限定】 薬涼潮つけそば  最終提供日特別版」@麺や 虎徹の写真未レビューだらけですが興奮と感動が薄れないうちに先に!

すっかりコチラの夏の風物詩となった限定メニューも最終日。
モチロン一度頂いてますが何とかもう一度!
最終日とあって間違いなく食べられる様に1時間前に到着、先客1名に並びました。

おっ ⁉︎
ボードの文字が、、、
最終日特別版、蛤versionとありますよ!
テンションアゲアゲで待っていると、フォロワーさん方が続々と、、
1時間なんてあっという間に過ぎました。

カウンターに腰掛けると事前に注文を取って頂いている分のチャーシューやら薬味やらが既に付け台に並んでますね。
窯焼きチャーシュー、窯焼きチャーシュー、豚チャーシュー、、、
なんて方も (笑)

スープの色も麺の様子も然程見た目は変わりませんが、つけ汁の中にゴロリと大きめな蛤が3個!
食べ易さを考慮して早めに殻から外しちゃいます。

シジミのバージョンを食べた時にもビックリしましたが、蛤ならではの力強い旨味が凄い!
複数の地鶏と合わさって舌に沁みてくるその旨味はチョット此れ迄に経験した事のないレベルでした。

麺がニボ汁につけられているのは同じ、ケド少し麺が固め?
然程薄くピロピロになっておらず、加水もやや低めの様な、、
蛤の強い旨味に合わせてチョット変えたのかな?なんて妄想しましたが、マッタクの的外れかもしれません。ゴメンナサイ。

コチラ窯焼きのチャーシューが絶品なのは皆さまご承知の通り!
ですが、、
マタ柔らかくなってる〜〜〜〜
下処理の仕方と隠し包丁?
歯の弱いお年寄りや幼い子供でも間違いなく苦労せずに食べられる肉!ですよ。

対して増した鶏チャーシューは胸肉のシコッとした食感が確りと残され、噛むと旨味とスモーキーな風味がジワジワくるタイプ。
コレまた大好きです。

薬味はネギ、大葉、ミョウガ、生海苔、梅のみぞれ和え、、、
薬味をつけ汁に入れて(特に生海苔)スープを濁らせるのが勿体なく、麺を直接啜り、後から薬味とつけ汁を口に運ぶ、、
そんな食べ方をしてました。つけそばじゃないですね(笑)

モチロン水で洗われたご飯とソボロ納豆も頼んで、最後は至高の蛤納豆雑炊で〆

タイヘン幸せな時間を有難うございました。
と同時に、シジミの薬涼もモット食べておくのだったと激しく後悔、、、
まあ、レギュラーメニュー全て美味しいんですけどね。

ヤッパシこちらの味、大好きです。
早くもマタ来年も楽しみ〜〜

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 24件

「【限定】  奥久慈しゃものざるつけそば」@中華蕎麦 はざまの写真連休後半の土曜日、仕事だったんですがコチラの限定が残り僅かと聞き、、、
「なくなったら暴れる!」
と電話の向こうでマタしても物騒な事を言う女性を仕事車に乗せてエスケイプです (笑)

開店10分後に到着してセーフ、直ぐに売り切れてました。
アブナカッタ、、、、

さて、見た目まんま蕎麦!な麺をヒトクチ。
蕎麦ではなかった (笑)
「なんだコレ! 俺が頼んだのは蕎麦じゃねえぞ ‼︎ 」
とお怒りになるお客様もいらっしゃったとか?

アソコ特注のモルト麺って事になるのでしょうか。
小麦のどの部分まで併せて製粉するのか解りませんが、プツっ!マソッ!とした独特の食感ですねぇ。
その歯応え、舌触りはタシカニ蕎麦っぽくもあります。

一無庵さんで食べたモルト麺よりも弱冠太めなのかな?
冷水で締めてあるので食感はカナリ変わりますよ。
面白いですね〜〜

合わせるつけ汁は真っ黒ケなカエシの効いた、でもブワッ!と鶏の香る蕎麦つゆ、、、
じゃなかった!
つけ汁です。

相当にショッパです!
ソリャア蕎麦つゆの様なスタイルなので当然ですが、麺をドボンしちゃうとチンタンなのにショッパめになりますよ。
江戸前の蕎麦を食べる様に、麺にチョットつゆをつけてズルル〜〜〜〜って食べます。
美味い〜〜〜〜

チャーシューの出来は間違いなく、鶏も豚も好みにドンピシャなレアー感。
奥久慈しゃものブワッと香るつけ汁にチョンとつけて食べると、、、
増してヨカッタ!
(写真はデフォのチャーシューですが)

最後にスープ割りですが、、、

割ってもショッパですねぇ(笑)
コレは設定上致し方なしでしょうが、この塩分濃度と軍鶏の旨味が出ていればつけ汁の量はもっと少なくしてもOKかと思いました。
カミサンと分けて丁度良かったので、カミサンの方のつけ汁はそのまま残って勿体無かったな、、

蕎麦うちの技術も確かな腕前?らしい店主さん、今回も楽しいイッパイ有難うございました。

マタお邪魔します。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 16件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】 蓮の華  大勝軒イベント  特製つけそば」@煮干し中華そば 蓮の華の写真4月の末のお昼に。
この日は故、山岸氏の誕生日とか?
通常メニューの提供はなく、限定メニューのみの営業です。

つけそばの特製をポチ!

麺は何時もの凄濃つけと同じでしょうか?
弱冠色が濃く精製低めな様にも見えますね。
如何にも大勝軒って感じの美味しい麺です。

漬け汁はシャバシャバの豚骨魚介ですが、豚骨醤油でも良いかな?って程魚介の主張は控えめ。
というか、大胆に甘いんです!
豚の甘さ、調味された砂糖由来の甘さが突出しており魚介の風味は控えめに感じますね。
で、其れが結構好い感じ (笑)

甘さの強い漬け汁は不得手とする処なのですが、魚粉のザラザラや妙な粘り気がなくシャバだから?
凄く甘いのに食べ易いですねぇ

特製の具は麺の上に味玉と海苔、漬け汁の中に豚バラ、腿の低温、ネギ、メンマ、半分にカットされたゆで卵、等等です。
とにかく大きな豚バラが凄い存在感!
濃いめの甘めに味付けされており、汁の中からゴロゴロゴロゴロと、、、

麺を中盛りにしたので断念しましたが、絶対に白いご飯と合いますね!
タクサンの刻みネギが麺に絡まり、シャバでも甘い漬け汁と麺が何ともマッチします。

後半は甘みが舌に蓄積してチョット難儀しましたが、美味しく完食。
スープ割は鰹出汁を注がれ熱々でリターン。
割っても甘いのですがコレも飲み干してしまいました。

チョット記憶にない程の甘い味付けでしたが、美味しかったです。
甘いのが苦手なのではなく、ベタベタしたのが苦手なのかな?
其れとも最近アルコールの量を減らしている為、身体が甘いのを欲していたりして (笑)

チョット前に食べた限定の塩煮干しは全然甘くなくても凄く美味しかったですし、近いので此れからもお邪魔させて頂きます。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 4件

「鬼つけそば +  チャーシュー」@つくばらーめん 鬼者語 -オニモノガタリ-の写真福島からの帰り道、アチコチ寄り道してから夜7時過ぎに。

先客数名おりましたが流石に待たずに着席、未食の表記メニューとカミサンはブラックを。

綺麗な麺を崩してヒトクチ。
つけ麺にはチョット珍しい?平打ち幅広のストレート麺。
茹ではヤヤ硬めで、締めてあるためカナリ食感は強めですよ!
ヨク噛まないとなりませんが、噛んでると小麦の旨味がフウワリと鼻から抜けます。
コレは小関さんの麺なのかな???

つけ汁は粘度の高い鶏パイタンにネギがドサっと。
つけ麺のつけ汁としては塩分は寧ろ控えめで円やかで重くない鶏の旨味がストレートに味わえる設定ですね〜〜
沢山のネギが絡まると食感強めな麺とのバランスも良く美味しいですね。
反面ネギがなくなり後半になると麺が勝つかも、、、

増したチャーシューはレアな豚、鶏。
一時期カナリしっかりと熱が入れられていた様に記憶していますが、
(偶々かな?)
この日は随分と攻めてレアーなチャーシュー ‼︎
豚もさる事ながら、鶏のチャーシューはこの位サクっとしたレアーが断然好みですね。

お客さんもはけてワタシ供だけになりチョットお話ししてくださいましたが、交流の深い取手のはざまさんからも色々と吸収なさっているとか。

鶏チャーシューもパイタンのつけ汁もヨク似ていますね。
シカモ大きくて!
可能であればお土産持ち帰りしたいですが、、、
今度聞いてみよう。

身体に優しそうな鶏パイタンつけ麺。
久し振りに夜ラーの禁を犯しましたが、罪悪感も控えめ?でしたよ (笑)

一周年にはお邪魔出来ませんでしたが、この場を借りてお祝い申し上げます。

マタお邪魔致します。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件

「つけ麺  あつもり」@つけめんTETSU 御徒町ラーメン横丁店の写真秋葉原で野郎呑みの帰りに流れて御徒町のラーメン横丁へ。
食べた事のない辛いのを食べようと思ったんですが外待ち大勢で断念、隣のコチラに。

寒い夜だったので、あつもりをポチ。

麺は結構タップリの出汁に浸されております。
この出汁が意外と濃くて、そのままでもズバズバいけちゃいそう!
太麺なのは間違いないですが然程ゴッチリワシワシと顎が疲れる様なタイプではなく、ムッチリ柔らかで食べ易いですね〜〜
ワタシの嗜好と歳のせいか?
最近ではこのような麺が好きですよ。

つけ汁は余りペタペタしないサラリとした豚骨魚介汁。
サラリとしているからと言っても旨味は実にタップリで、豚、魚介、鶏に野菜も?
昆布の様な旨味も感じましたが判りません。
甘味も凄く控えめで、所謂トンギョとしてはコレは好みの真ん中!
失礼ながら嬉しい驚きでした。

漬け汁の中のチャーシュー、メンマ共に個性的ではなくても充分な美味しさ。
辛いのを食べられなかったので卓上の七味をバサバサかけて味変。
辛味よりも香りの良い七味でコレも美味しかった!
今後トンギョには七味が欲しいかも。

近くに行く機会があればマタ食べたいですが、先に辛いのを食べたいかな (笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば  麻辣」@麺 一直の写真2月半ば、仲間の付き合いで現場が水戸!
普通遠くて断っちゃう所なんですが、今チョット仕事ヌルいし、何たって水戸だし‼︎ (笑)
てな訳でお昼は現場から最寄りのコチラに久し振りの訪問。
早めに行ってテーブル席にオッさん2人で座れましたが、直ぐに外待ちが発生する人気ぶり。

食べたのは、つけそばの麻辣。
初の時は寒くてアツモリにしてしまったので、今回は麺を美味しく食べようとそのままです。

美しく折り畳まれた自慢の自家製麺をツルン!
モチモチっ! プッチンとした食感が先ず美味しく、咀嚼しているとフウワリと小麦の香りが鼻に抜けてきます。
そんなに強い小麦感ではなくて、コシも何処か優しげ。
うどんとまでは言いませんが、食べ手に優しい美味しい麺ですね。

つけ汁は殆どそれ自体がイッパイのラーメンの様です(笑)
麺は無くても沢山のモヤシ、ネギ、ニラ、メンマ、そして大きく柔らかなチャーシュー、、
ボリューム満点で思わずニッコリ。

スープは真っ赤ですが、醤油? 味噌も?
記憶が曖昧ですが、タブン醤油がメインなのかな?
辛味は当雑強いのですが、負けじとカエシ由来(砂糖?味醂?)の甘味が強く、個人的には激辛とまでは思いませんでした。
沢山のモヤシなどの具材が柔らかめの麺に絡まって、、、
こりゃあ美味いですね〜〜〜

チャーシューの柔らかさも驚き。
このレアチャーが辛くて甘いつけ汁に不思議とピッタリ!
特に大盛りにはしなかったので、アッと言う間に完食、卓上のスープで割って汁完です。

美味しかったです。
もうチョット甘味が控えめだとヨリ好みですが、寒い時はこの位が嬉しいかな。
何よりも優しい食感の麺が美味しく、マタ違うメニューで食べにお邪魔したくなりました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「特製  麻婆つけめん」@つけ麺 坊主の写真今年も茨城を走る、走る、走る、かくみや!
カミサンとアレコレ言い争って辿り着いたのは激辛で名を馳せるコチラ。

おっ!平日のお昼でも満席!
まだお休みの学生さんなんかも多いしサラリーマンもお昼に利用している様子。

気分はつけ麺だったので表記メニューを、チョット外で電話を済ませているうちにカミサンが
「麺の量、普通にしたよ」と、先手をうたれた。

さて、マッカッカなつけ汁には1枚の海苔に半分載せる様に大量‼︎ の一味唐辛子が。
まぁ、予期していたので驚く事はなく静かにスープを一口。
コレ、味噌ベース?
ライト豚骨に魚粉由来の出汁もかな? でも後からくる味わいは味噌ですねぇ?
追いかけて一味の辛味が舌を襲いますが、ヒリヒリする様な嫌な辛味ではないですね。

麺はヤヤ角の取れた様な太麺、黄色から黄緑に近い色目で、モチモチ感が凄いです。
小麦の云々ではなくて、食感で喰わすタイプでしょうか。

具は茹でた豚バラ肉が結構入っていて満足度があがりますね〜
顔に浮き出てくる汗を持参のタオルで拭いながらツルンと完食。
麺が少ないのでつけ汁がカナリ余って、、、

卓上のスープで割りでゴクゴク!!
割りスープにすると、より味噌っぽい風味がたちますね。
カミサンが辛い味噌のつけ麺を食べたし、辛くて舌が馬鹿になってたかもなので、アテにはならんです (笑)

結局スープを飲み干し、辛くてギブアップしたカミサンのレスキューまでしたので腹パンでした。
大量の辣油?でチョット胃がもたれましたが、後は問題なし。
偶に辛いの食べると美味しいなあ〜〜

余談ですが、直ぐ近くの古い古いコイパの機械に200円呑まれました(涙)
メンドくさかったから電話しなかったけど、、、
お気を付け下さいマセ。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 つけそバーニャカウダ」@麺や 蒼輝 AOIKAGAYAKIの写真年末最後のイッパイは久し振りのコチラ。
Rさんのレポで食べたかったんですが間に合ってヨカッタ!

お昼にポールで入店、R先輩の時とは違ってカウンターに表記限定メニューの張り紙があります。
850円、プラス50円でシャケトマもプラス出来ますね‼︎
去年衝撃を受けたシャケトマーぜを嫌が応にも思い出し、更にテンションアップ。
もう一品は卵かけつけ麺を選択しました。

配膳されるとその美しさにチョット見惚れます!
パプリカの赤、黄色、ブロッコリーの緑、カリフラワーの白、人参のオレンジに、低温鶏チャーシューの薄いピンク、、、
先ずは目が美味しいですね〜〜〜

麺はチョット蕎麦粉っぽい色と風味の自家製麺。
蕎麦粉なのかモルト麺なのかは聞いてませんが、マソッ、モソッとした独特の舌触りがありつつシナヤカさもあって、不思議な美味しさ。
コレもRさんの時とは変わった様ですが、カツオ出汁の効いた麺つゆにチョイとつけて食べても絶対間違いないでしょうね。

つけ汁の味の構成は先輩のを参考にして下さいマセ。
ワタシに判別できたのはそれ程濃度の高くない鶏主体の動物系にアンチョビ、香味油は鶏だけじゃなくてナニカあるかな?
つまり、解らないです (笑)
アンチョビ由来の強めの塩気とアノ香り、蕎麦っぽい麺をチョイとつけてズズっと啜れば宛ら洋風蕎麦って味わいで、女性はモチロン、欧米の方々は尚喜びそう。
シャケトマを麺にチョット絡めて食べるのも蕎麦パスタって味わいで美味しいですね!
アノ時のシャケトマーぜとは少し構成が異なる様ですが、トマトの酸味の後ろから鮭の香りがフワリと広がり、塩気の強いつけ汁の良いオアシスとなってます。

其々の温野菜がバーニャカウダ風つけ汁にヨク合うのは言わずもがな。
鶏のレアチャーシューはブラペをまぶした鶏ハムみたいな風味もあって美味。
下味を塩汁で漬けるのかな?

塩気が強く然程アツアツではないので、数口麺を啜るとヌルいを通り越し冷たくなるのは好みの別れる所でしょうね。
今の様な寒い時期だと尚更。
ですが、生姜のスープ割りをすると印象一変!
摩り下ろした生姜がツブツブと確認出来るほどの生姜スープ、一気に身体がホカホカしてきて寒さも吹っ飛び完飲です。

変わり種ってだけでなく、割りスープも含めてヨク考えられていますね。
卵かけつけ麺も凄く美味しかったです。
カミサンなんて、
「味噌味はイヤ!」
とか言ってた癖に、其方の方が気に入ってた位 (笑)

帰り際、クマモンさんの丁寧な挨拶に送られ、気持ちの良い一年の麺活の締め括りとなりました。
またお邪魔シマス。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件