なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】  牡蠣そば」@麺's キッチン RIRIの写真チョット前ですが行方で絶品なつけ蕎麦を食べた後に念願の初訪問です!

良い塩梅にお昼をチョット過ぎ然程待たずに入店です。
いきなりの限定ですが、カミサンがデフォの醤油そばを食べるので問題なし!

壁に掛けられたタクサンの鬼瓦など眺めているうちに間も無く配膳。
牡蠣がゴロゴロゴロゴロと、900円でこんなに載せてくれるんですか〜〜

まずスープなんですが、コレがかなり個性的!
塩分高め、というかカナリ高めです。
醤油のカエシにはナンプラーでも併せているのか?
何処かエスニックな風味に牡蠣煮干しも?
複雑で香り豊かな美味しいスープなんですが、この日はチトショッパに感じました。

麺は有名店の細ストレート、全粒粉なのかな?
サラリとシナヤカな舌触り、溢れる小麦の風味、美味しい麺ですね〜〜

チャーシューは低温のスライスですがコレまた個性的な風味が、、
独特の燻製臭があってエスニックなスープの香りとの相性もヨシです。

牡蠣は文句なし!
貝ジジイは当然牡蠣も大好きなのです!
今時は高価な岩牡蠣が旬で真牡蠣は殆ど出回ってないのかと思ってましたが、養殖技術の進化なんですかね。
ケド真冬の旬のヤツでもタベタヒ!ですが (笑)


意表をついたエスニックな風味に驚きましたが好きな味でした。
カミサンが食べた醤油そばは更に好みでした!

笠間だとどうしても日本蕎麦ばかり食べていたのですが、こんなお店が出来てマタ笠間巡りが増えそうです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「2種出汁と煮干しそば (浅利、茸、キビナゴ煮干し、秋刀魚)他」@中華そば 先崎の写真朝の限定を食べに。

水戸は遠いですが開店の10分前に到着、待ち10人に接続です。
ジリジリと暑い日で開店後も外待ち、暑い陽射しが堪えます〜〜

店内待ちから表記メニュー、カミサンは鴨の濃いやつ、更にチャーシュー増しとウズラウズラ!
ハラヘッテタノデ(笑)

2種の出汁は浅利とその他なのか?
煮干しと浅利などなのか?
解りませんが、浅利のコハク酸の旨味は実にタップリ!
奥から煮干しなどがジワジワ〜〜っと、ゴックンと飲み込むと茸のカホリが鼻からヤワヤワと抜けてきます。
つまり凄く美味いスープですねえ!

麺はチョットザク、しなやかな麺肌でスープを纏い実に官能的な食感。

朝なので?浅利とネギ、大葉だけとシンプルな構成ですが、上記の通りハラヘラシなのでウズラとチャーシューも。

ウズラは独特の香りが?
何か洋酒に漬けてあるのでしたっけ。
朝からビールが欲しくなりますよ!

チャーシューはコチラの低温の薄切りスライス。
ワタシの経験ではコチラよりも強い燻製臭のチャーシューは経験がありません。
コレは凄く美味くて、、、
朝からウィスキーが欲しくなりますよ! (笑)

ケド燻製の香りが強すぎてスープとはチョット喧嘩するかもですね。
だから別皿で提供してくださったのかな。


更にコチラに来たら食べねばならん!和え玉は「濃烏賊ゴロ」をチョイス!
通常の和え玉も間違いなし!な美味さですが、烏賊の墨と肝?を和えたペーストがドロリと。
コレは危険な美味さでした。
卓上の烏賊漬けのお酢をかけまわして食べたら、、、

カミサンに食われました(涙)

和え玉だけでも800円くらいとって立派な混ぜそばとして成立するのに、コレが400円!
朝早くからガソリン燃やして遠くまで走った甲斐がありました〜〜

マタお邪魔します。
ご馳走様でした。



報告ですが、朝の待ち列でのお喋りがアパートの住民の方々の迷惑になっているとの張り紙がありました。
土曜、日曜の7時前は普通にユックリ休んでいる時間ですよね。
美味しいラーメンを目の前にしてワクワクする気持ちをグッと堪えて、、、
ヒソヒソ話しで待ちましょう。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件

「純粋金華豚 ワンタン煮干そば  (大)」@松戸中華そば 富田食堂の写真市川で打ち合わせ、の前にヒトリで。
移転前も含めて初訪問です。

綺麗で広い店内はお昼前とは言え7割くらいの入り、意外でした。

煮干しのつけ麺ってのがあれば、と思っていましたが見当たらず表題を。
1130円でございます!

然程待たずにカウンター越しに配膳、上からでスイマセン、と丁寧なお言葉。

煮干しの強い香りが器から立ち登りますね〜〜

煮干しの苦味、エグ味も感じますが、そもそも苦味やエグ味の全くない煮干しのスープなんて意味がない!と思っているワタシ。こんな煮干し感は大好きです!
負けじと主張してくるのが豚の(金華豚なんですね!)旨味と油の甘味。
更に醤油のカエシも塩分高めにピシリと舌に沁みて来ます。

煮干しからの塩分も相当の様で、ブッチャケ少しショッパでした。
ラードの煮干し油があれば近くの煮干しの名店の味にもチョット似てるかな?

麺は流石ですね。
全粒粉の茶色い麺ですがパサパサせずにシナヤカで嫋やか、噛むと甘い小麦の旨味が溢れます。

ワンタンの餡も金華豚でしたっけ?
豚肉のあの香りがプンっと鼻から抜けて来ますが決して不快なのではなく、更に食欲、呑み欲を増す美味しいワンタンですね。
チャーシューは煮豚タイプ、アベレージよりは美味いですが、、、

(大)にしたのでソコソコお腹にたまる量がありましたし、全体的に美味しかったですがお値段とのバランスを考慮してチョット控えめなスコアで。

後日近所の煮干しの名店でも頂きましたが凄く美味かったです、ヤッパシ (笑)

今度は純粋金華豚かつけ麺狙いでお邪魔します。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@自然派ラーメン 花の季の写真ご無沙汰しております。
チョット落ち着いたのでマタ少しずつレビューさせて頂きます。
ご迷惑でなければお付き合い下さいマセm(_ _)m

初めに採点基準の見直しを。
ワタシは仕事柄近場のお気に入りのお店をリピートする事が多く、どうしても高評価になりがち。
よって、ザバッと5点程減らしてみます。
他意はありませんので悪しからず。

8月初旬の日曜日カミサンと。
リピーターといいつつ初訪問です。

自然派を謳うコチラ、何でも使用する野菜や小麦まで?自家製なんでしょうか。
大きく立派な古民家作りの様な店内にはハーブの水なんかも用意されており、女性の支持を取り込みそうです。

初めてなのでラーメンを。
(アト皿ワンタンと何か焼き饅頭と食べましたが)

トロリとした茶褐色の醤油、豚骨醤油?ケド鷄のトサカやモミジみたいなトロミにも思えるし、、
解らんので醤油にしておきます (笑)

塩分は控えめで動物由来の旨味を確りと舌に伝えてくるスープですね!
程々に濃厚な旨味があるのに重たくなくてコンナ所も女性受けしそうです。

麺は当然自家製なんでしょうね。
中細のストレート麺。
ムニッ、クニュッ、とした食感がまず心地良く、小麦の旨味と香りも突き抜けました、
この麺、美味しいなあ〜〜、、、
ケド、あっという間にタレてきますね。
もしかして無灌水?
兎に角伸びる前に!と、麺ばかりズバズバ先行する必要がありますね (笑)
美味しいから良いけど。

チャーシューはバラの煮豚をグルグルにして最後に割と確り焼き入れした様な感じでまずまず。
メンマ、海苔、ネギなども流石に素材の良さを感じました。
増した味玉は那須の御用卵だったかな?
150円はチト高いなぁ、、、

隣でビールを呑んでご満悦のカミサン共々、満足度の高い食事となりました。

カミサンが食べた限定の冷やしタンメンは(凡そタンメンとは呼べない一杯でしたが)
自慢の野菜がゴロゴロゴロゴロと凄いボリュームで血液がサラサラになった様な気分になれましたよ (笑)

近くに行ったらリピートしたいです。
ご馳走様でした。


サボっている間に頂いたワタシの中で大台かそれに近い感動があった一杯をチョット、メニュー名だけ。

薬涼潮つけそば
白い鷄人
コーレーグスの、、、
真鯛とジャガイモの、、、
鴨つけ蕎麦 ヨモギ麺、、、
鴨のつけそば タプナード添え、、、
道有楽さんの月限定とワンタン麺、、、

などなど、適当ですが美味しく頂いております。
ホントにご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】  奥久慈しゃものざるつけそば」@中華蕎麦 はざまの写真連休後半の土曜日、仕事だったんですがコチラの限定が残り僅かと聞き、、、
「なくなったら暴れる!」
と電話の向こうでマタしても物騒な事を言う女性を仕事車に乗せてエスケイプです (笑)

開店10分後に到着してセーフ、直ぐに売り切れてました。
アブナカッタ、、、、

さて、見た目まんま蕎麦!な麺をヒトクチ。
蕎麦ではなかった (笑)
「なんだコレ! 俺が頼んだのは蕎麦じゃねえぞ ‼︎ 」
とお怒りになるお客様もいらっしゃったとか?

アソコ特注のモルト麺って事になるのでしょうか。
小麦のどの部分まで併せて製粉するのか解りませんが、プツっ!マソッ!とした独特の食感ですねぇ。
その歯応え、舌触りはタシカニ蕎麦っぽくもあります。

一無庵さんで食べたモルト麺よりも弱冠太めなのかな?
冷水で締めてあるので食感はカナリ変わりますよ。
面白いですね〜〜

合わせるつけ汁は真っ黒ケなカエシの効いた、でもブワッ!と鶏の香る蕎麦つゆ、、、
じゃなかった!
つけ汁です。

相当にショッパです!
ソリャア蕎麦つゆの様なスタイルなので当然ですが、麺をドボンしちゃうとチンタンなのにショッパめになりますよ。
江戸前の蕎麦を食べる様に、麺にチョットつゆをつけてズルル〜〜〜〜って食べます。
美味い〜〜〜〜

チャーシューの出来は間違いなく、鶏も豚も好みにドンピシャなレアー感。
奥久慈しゃものブワッと香るつけ汁にチョンとつけて食べると、、、
増してヨカッタ!
(写真はデフォのチャーシューですが)

最後にスープ割りですが、、、

割ってもショッパですねぇ(笑)
コレは設定上致し方なしでしょうが、この塩分濃度と軍鶏の旨味が出ていればつけ汁の量はもっと少なくしてもOKかと思いました。
カミサンと分けて丁度良かったので、カミサンの方のつけ汁はそのまま残って勿体無かったな、、

蕎麦うちの技術も確かな腕前?らしい店主さん、今回も楽しいイッパイ有難うございました。

マタお邪魔します。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 16件
86

「極  煮干しそば」@麺屋SOの写真日曜日に那珂のスパ銭でひと汗、帰り道に初訪問です。

カミサンは中華そばの醤油、ワタシが表記メニューを。

濃厚な煮干しスープ、ベースが鶏のパイタンと先輩方のレビューにありますが、鶏、あまり感じません?
従って粘度も殆どなく、煮干しの旨味、苦味、若干のエグ味などがストレートに舌に響いてきます。
ヌルいとの評価もあったスープは適度に熱く此れも嬉しいですね!
えっと、、、
凄く美味しい純? 煮干しスープですよ ‼︎

麺は菅野さんでしたっけ?
チト前なので記憶が曖昧ですが、ザクザクパツンの細ストレート。
最近では細麺のストレートでもある程度加水されたシナヤカなタイプのが流行りになってきてますが、此れも美味いですよね〜〜
ヤッパシ ‼︎

黄身の具合が素晴らしい味玉は2つに割ってあり見た目もニジュウマル。
シャリシャリの岩海苔風海苔 (笑) 丁寧に細かく切られた玉ねぎ共にスープとの相性も好く。
チャーシューは見た目筋っぽいんですが、柔らかでスッと噛み切れます。
コレ、カナリ低い温度で長時間加熱するのかな?
相当美味しいレアチャーですね!

美味しかったです!
ネガな評価もあった様ですが、ブラッシュアップされているようですね!

更にカミサンが食べていた中華そばは、煮干しの他にアサリ?昆布、鶏などがバランスよく合わされたスープで正直コッチの方が好みなくらい美味しかったです。
カミサンがホボ平らげてしまったのでレビューは次回に (笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン」@零一弐三の写真ダイブさぼったのでマタチョットずつ。
船橋での夜呑みのシメ、何処かでラーメン食べたい!と仲間が言うので『しめた‼︎』
とコチラを提案。
土砂降りの中歩いて到着、遅い時間でも店内待ちがありますね。

豚はバツ印なので普通に表記メニューを、ニンニク、アブラでお願いしました。

スープは豚の他に鶏も相当効いてるんですかね。
トロリと乳化しておりマイルドでコクがあります。
カエシは弱めで二郎系としては塩分カナリ控えめ。
この辺りは既レポではショッパだったり弱めだったり?
少しブレがあるのかも。

麺は見ての通り、平打ち極太麺。
小麦の風味がたつ美味い麺ですが、好みよりもチト硬めの茹で加減。
ヤワメコールが出来るのか解りませんが、ジジイにはもうチョットデロの方が食べやすく、且つマイルドなスープとの相性も良さそう。

豚、美味しいですね〜
背筋がブルブルする様なイヤな脂の感じは上手に抜けており、でもトロリと甘味のある豚、今度は早めに行って増したいですよ!

呑みシメにはこれくらいの方が好いのかな?とも思いますが、二郎系を喰らうぞ!と思って来店すると
上品でマイルドなスープに違和感を感じる方もいるのかも。
まあ、ワタシは経験値が低いのでアテにせんで下さいマセ (笑)

マタお邪魔したいです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」@らーめん ポパイの写真平日のお昼に仕事をサボりまして。
忙しくなる前に筍と苺を買いに笠間迄。
お昼は気になっておりましたコチラ!

駐車場が何処に停めたら良いのか解りかねましたが、テナント前なら何処でも良いよ!との事。
店内はベニヤプレハブっぽい作りですが、木造のカウンターは立派なのが!

カミサンが魚群〜
ワタシは表記メニューをお願いし半チャーハンも半分こで食べますよ。

店内は私共だけ、直ぐに配膳されたのは斜めにカットされたナルトが目立つ一杯。

スープは動物系の主張は穏やかで多分豚メイン?
魚介や補強も余り感じず、、、
でも旨味が薄い訳ではなく、野菜や果物由来と思われる仄かな甘味が舌にジンワリと広がる優しいスープですね〜

麺は中太のヤヤうねりのつけられた様な黄色い麺。
昔海の家なんかでヨク食べた様な麺ですね。
凄く美味い!って訳ではありませんが、何処か郷愁を誘うこのラーメンにはヨクあっているかな。

チャーシューは大きなバラ煮豚タイプのが3枚くらいだったかな?
脂の抜け具合が丁度良く、全て食べてもモタレませんね!
最近マタ煮豚バラチャーシューが好きになりつつある様な(^◇^;)

味玉がつくのはコスパ的にも嬉しい限り!
刻みタマネギがスープと混ざってチョットピリっと味が締まります。
ホボ汁完でした。

半チャーハンはラードが確りとご飯粒に絡まってアツアツ!
これも刻みナルトが入っており、良い旨味が出てますね。

昔懐かしい様でいて、其れだけでなく満足度もナカナカ高い一杯。
麺が今風のに変わったらガラリと化けそうな気もするけど、これが良いのかな〜〜

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「支那そば  チャーシュー」@麺ゃこもんの写真屋号トラックを駆ってお昼に1人で。

月曜日から提供開始になったとの表記メニューをチャーシューでポチ。
前回凄く美味しかった気まぐれ丼、「モツ煮丼」もポチ。
偶には炭水化物欲しいです (笑)

見るからにトロトロのチャーシューがこれでもか!って載せられた一杯。
佐野ラーメン風に仕上げた。とのお店からのツイがありましたが、見た目も佐野っぽいですね!

スープは豚の旨味がしっかりと抽出されたものに魚介をコレまたしっかりと併せたスープ。
見ての通り、所謂トンギョではなくチンタンですが、魚介の旨味が強いな〜〜
アゴ?サンマ節??
解りませんが豚とのバランスが素晴らしいですね。
塩分はコチラらしくヤヤ高め、凄くパンチのある佐野風です。

そして麺。
コチラの麺は何処のかいつも聞いてみようと思いつつ忘れてしまうんですが、平打ちの手揉み麺です。
所謂ピロピロ麺なんですが、麺の薄さはカナリ大胆ですよ!

そのおかげで口の中でソリャアもうピロピロピロピロとまずこの食感にやられました!
モチロン、味わいも上等。ピロピロ噛み噛み、食べて楽しい麺で過去のピロピロ系ではダントツに好みですね。

チャーシューはバラ煮豚のロールタイプ。
箸で掴むのが困難なトロトロなチャーシューで脂の丁度良さ、肉の風味共に絶品!
コレ、炊きたてのご飯にカンマワシテ食べたら宛ら上等な東坡飯になりそう。
今度は絶品のモツ煮丼でなく、ご飯に混ぜて食べてみたいですよ!

コレでコチラのレギュラーメニューはこもん蕎麦の塩、醤油。
昔ながらの中華そば。
煮干しそば。
そしてこの支那そばと充実。
しかも全て美味しい! (モチロン、個人的に)

こうなると汁なしやつけ麺も食べたくなるのが卑しいラオタの悪い癖 (笑)
これからも楽しみです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 6件

「チャーシュウメン」@伊達屋の写真福島での一杯。

前から食べたいと思って狙い撃ち、日曜お昼開店15分程前に到着するものの、既に20人以上待ち!
名前を書いて呼ばれる迄外で待つシステム。
タップリ1時間待って店内に入ると、ご夫婦?お二人での切り盛り。
席は幾つも空いてますが、回せる範囲でお客さんに入店して貰うんですね!

時間はかかりますが丁寧、懇切な接客は気持ち好いですね〜〜

カミサンは評判の塩ワンタン麺、なのでワタシは表記メニューを。

塩と言われても不思議でなさそうな優しい醤油色のスープにはタップリと鶏油が!
アツアツなのは大好きですが、ちゃんと風味も立ちますね。
鶏の旨味がしっかりとしていますが、鶏独特のアノ香りは希薄。
其処が好印象です。

鶏の旨味が強いと匂いも強くなるのが常だと思うのですが、フワリと優しい好い香りだけ鼻から抜けます。
チョット経験の無い鶏スープですよ。

麺は中細ストレート、何処のものかは解りませんが、しなやかで美味しい麺でした。
噛んだ時の歯に伝わる食感が官能的、、、

チャーシューは肩ロースかな?
フワフワトロトロに炊かれており味付けは薄め。
大きく厚く重いので、箸で持ち上げる事は出来ませんね。
自重で崩れちゃいます ‼︎
チャーシューから滲み出る脂がスープに加わりマタコクを増したスープを最後まで飲んで完食です。

海苔の風味も上等、増した味玉の黄身の香りも素晴らしく遠くまで来て長く待っても非常に満足度の高い一杯となりました。

塩ワンタン麺の方はワンタンの海老か? 塩のカエシか?
チョット潮の風味がたち此れマタ絶品でしたが、鶏の旨味を純然と楽しめる点において個人的に醤油に軍配です。

福島に来たら必ずマタ来たいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件