なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】  Curryつけ麺」@良温(Ra-on)の写真久し振りのコチラ、
気になっていたカレーを目当てに!

金曜日の昼時、2席空いていたカウンターにカミサンと着席。
表記メニューと煮干し手揉みの生海苔トッピングを注文。
ロースに変わったチャーシューも追加!

麺は太麺のストレート、ツルツルモッチリとした何度か頂いている?美味い麺です。
其処にプラペと粉チーズがかけまわされてますね!
此れだけでモウ美味しいですよ!そりゃ (笑)

つけ汁のカレーにはコチラらしくナルトの細切り、刻んだネギがたっぷり。
とりあえずパイタンベースのカレーなんですかね?
そこそこ粘度があって麺と絡むのですが、アサリの風味が強い!
シーフードカレーが好きな方ならば、コレは間違いなくツボでしょう。
底の方にはアサリの剥き身がゴロゴロ入ってますからこの出汁感は納得〜〜

更に先輩方のコメにある通り麺上のブラペと粉チーズがカレーと絡まるとその風味とコクが一段とアップしますね!
カレーにチーズは偶にCoCo壱で食べても欲しくなるアイテムですが、麺に絡んだ粉チーズがこんなに合うとは驚き。
コレは追加のトッピングが欲しくなりました。

増したロースのチャーシューはローストしたタイプでサクッと噛む感触がカイカン!
グニっとしたレアチャーシューも美味いですが肉肉しいのも良いですね。

カミサンに相当献上して完食、そのぶんカミサンの煮干しも結構食べましたが。
コチラらしくチョット酸味の効いた煮干しスープに生海苔の磯香りがドンピシャリ‼︎
ドチラのメニューもまたタベタヒ!ですが、、、
今提供中?のワンタン麺を狙いたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 14件

「如月の一杯  カレーかも?南蛮かも??スタンダード」@MENYA 食い味の道有楽の写真大分サボったのでチョットずつあげていきます。
2月も初旬に訪問。
この日は少し具合が悪かったので、もう一度食べ直してから!と思ってましたが
2月終わっちゃうので。

既に皆様のレビューにある通り、鴨だし和風だし南蛮ラーメンです。
仕事中のお昼でスタンダードを選択、合鴨のロースに未練タラタラでしたが。

茹で上げた麺を絡めるのは鴨の脂!
そこに片栗粉ではなく、葛粉でトロミをつけた鴨和風カレースープがナミナミと注がれる。
当店のカレーの限定は何種類か頂いておりますが、この和風鴨出汁に最も惹かれるのは日本人だからですかね?ヤッパシ‼︎
片栗粉のトロミの様にペタペタとしつこく口に張り付く様な事はなく、あくまでもサラリと潔いトロミ。こんな所も日本人の好みなのかな。

麺は中太くらいのピロピロペロンとした食感も楽しい平打ちの様な麺で、スープとの絡みもパッチリ。
このカレースープならばお蕎麦の様な麺でもモチロン美味しいでしょうね!

具材は見ての通り沢山!
写真には解りませんが、鴨の治部煮が何枚か解らないくらいあります(笑)
コレはコチラ以外ではまず食べられない、オンリーワンの鴨肉。
ナルト、大量のネギなどもスープを美味しく食べるのに良く合います。
更にビックリしたのはゴロゴロと出て来る鶏肉‼︎
胸肉と、モモもあったかな?
提供前にサッと炊いた様な仕上がりで、中までカッチリ味が染みるのではなく
フワッと驚きの柔らかさ。
鶏ってこんなに柔らかなんですね!
葛のトロミでスープが絡むので、味わいも上等。

自身の体調管理がなってなく、相当ヒドイ状態で食べてしまったので味覚も鈍感だったと思います。
残り数日の提供でしょうが、なんとか再食したいです。
未練タラタラの合鴨のローストもモチロンつけて!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 26件

「【限定】 カレーらーめん  半ライス  チーズ」@麺匠 ことぶきの写真此れもチョット前に頂いたやつ。
先輩の詳しいレビューの後なので恥ずかしいですが(笑)

食べたいと思っていた限定カレーらーめんのボードを確認して券売機に。
半ライスとチーズを合わせると1,050円だったかな?

スープのベースはコチラ自慢の濃厚鶏パイタン、粘度が高く粒子もチョット粗めのタイプで、此れだけだとワタシにはチトきついんですが。
カレーのスパイスが香辛料ならではの爽やかな辛さと香りをもたらして重たさを感じさせずにいけちゃいます!
これぞカレーマジック‼︎
表層のマー油もニンニクのサラサラした粒を舌に感じる仕上がりなんですが、そんな事もカレーとヨク合いますね。

赤、黄の彩りも綺麗なパプリカは一度油で素揚げされているのかな?
食感も良く、ブロッコリー共々カレーとピッタリ。
鶏胸肉の低温チャーシューは厚めのカットで2枚、食べ応えもタップリで満足度が上がります。

縮れた中太麺はカレースープとの絡みが凄くヨイですね!
食べている最中に菅野製麺さんのトラックが来てたので、そうなんでしょう。

途中でチーズを混ぜると、小さめの蕩けるチーズが麺と絡んで美味いのは当然!
スパイスの構成が結構辛めなので、辛さに弱い方にはチーズはオススメのトッピング。

我慢してとっておいた半ライスをドボンして、よ〜〜〜くカンマワシテ完食です。

実はこの後にも食べたんですが、2度目の方がチョット辛さ控えめで食べやすかった様な?

タイヘン美味しく満足しましたが、やっぱり夜までチョット胃が重たかったので大台手前で。
でもまた食べたいですよ!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「【文月の一杯】  真夏のトマトカレーつけ麺」@MENYA 食い味の道有楽の写真駆け足レビュー、2発目。

夜にカミサンと訪問。
お昼に仲間とお邪魔する事も多いコチラですが、夜ならではの落ち着きも良いもんですね‼︎

店主さんに限定オーケーの確認を頂き、券売機でポチポチ。
メンチカツが色んな意味で凄そうなので、1つはメンチカツ付き、もう1つはスタンダードでお願いしました。

詳しいレビューは諸先輩方のを参考にして頂き、ザックリとした感想を。

麺はスタンダードの量を選択、平打ち?というか角刃というか?
しっかりと〆られており、縮れの食感も楽しくプリっムギュッとした食感。
これが濃厚なカレーのルー
(つけ汁というか、ルーに近いかな)
にマッタク負けないのが不思議!

カレーの出汁が何なのかはアホなワタシでは判別不能
魚介は殆ど感じず、上質な動物系ならではのコクを感じます。

旨すぎてカッタルクなりそうな舌をキュッと戻してくれるのがトマト‼︎
ナスの様な長細い、イタリアの方の品種?
サンマルツァーノでしょうか⁇
コレ、絶品でした。
酸味が穏やかなのに間抜けな味にはならず、トマトの旨味はタップリで且つ後味の爽やかな事と言ったら‼︎
この後スーパーでサンマルツァーノを購入し、フライパンでソテーして食べたくらいハマりました(^ ^)
メンチカツは目の前で手作り、揚げたて。
そりゃあ美味いっす。
玉ねぎを炒めたのを大量に入れて柔らかくした様なヤツでは無く、あくまでも肉の旨味そのもので訴えかけてくる様な。
其れだけに相当にボリューミーでもありますよ。

何時もの如く、店主さんの心遣いも有難く頂戴して腹パンパンで完食。

トマトとかメンチとかカレーとか!
およそラーメンのレビューとは思えない様な言葉が羅列しますが、美味いもんは美味いんです(笑)

今月もホントにご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 26件

「カレーつけ麺」@ブラウン製麺所の写真春日部市でのお仕事2日目。
コチラも現場から近いので突撃です。

券売機にはイロイロとメニューがありますが、殆どの方がつけ麺を食べていますね。
店外の大きな看板にもつけ麺食いたきゃ、、、
とか書いてあります。
オススメに従いつけ麺の大盛り、一捻りしてカレーにしました。

麺をひと口
全粒粉の自家製麺みたいですね。
それ程小麦の風味は強くなく、サラリ、プツンとした食感。
舌触り、喉越し重視の麺でしょうか?

つけ汁は所謂トンギョ、カナリシャバで余り濃厚でもありません。
チョットピリ辛なカレーがアクセントになっていて、コレは正解!
普通のつけ汁では物足りなかったかな⁇
つけ汁はカナリ温め。
温め直しのサービスが出来るとありますが、それならば初めからもうチョット熱々にして欲しい様な。

つけ汁の中には大ぶりなサイコロチャーシューがヒトツ、フタツ。
ホロリと崩れて美味しい。

変わったサービスだな?と思ったのはつけ汁の継ぎ足し!
足りなかったら無料で足してくれるとか。
仲間は普通のつけ麺で大盛り、つけ汁お代わりをお願いしていました

卓上のスープで割ってホボ汁完。

特徴は余り感じませんでしたが、悪くなく。
大盛りにした麺は見た目以上にボリューミーだった様で、喉越し良くツルンと完食したものの、その後猛烈に腹パンになりました。

腹減らしの職人には良さげかなあ〜

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「【弥生の一杯】カレーぶっかけC他」@MENYA 食い味の道有楽の写真今月の一杯を漸く。

流山で朝からチャチャッとフローリングを貼って1時に終わらせコチラに。
土曜日だったので1時半頃でもホボ満席。
この日は店主さんの他にお手伝いの女性もいらっしゃいますね。
確認の後、券売機で1,500円のボタンを、その他もポチっと。

カウンターど真ん中に座って待ちます。
太麺を茹で上げ、更に1枚ずつパン粉を付けて揚げるチキンカツ、大層待つかと思いますがそうでも無いんですよ‼︎コレが。
仕事は何でも段取りの良さが大事かなぁ?

待望の、且つもの凄いボリュームのイッパイがドンっ‼︎と。

実はスマホ壊れてレビューしてませんが、気まぐれで作ったコレを2月に1度頂いております。
なので、初めての衝撃は今回は無いのですが、その分ジックリと味わいましたよ。

もう詳細は先輩の皆様のレビュー通り、なので簡単に。
大きなチキンカツ、2枚デスが、前回のムネ肉のサックサクと変わりこの日はモモ肉のサクサクです。
衣のサクサク感、肉質の柔らかさではムネ肉に軍配かな。
シカシ、モモ肉でもサクサク、更に肉の旨味やモモ肉ならではのコクがありますね〜
モモ肉美味しいですね。ヤッパシ‼︎

ラーメンというより殆どカレーの混ぜそばって風情ですが、だからメニュー名がぶっかけなんですね。
なるほど。

太麺なのにゴワゴワしないでモチッムチッとした麺とカレーの絡みはバッチリ。
そうそう、肝心のカレールーはワタシの馬鹿鼻でもビーフの旨味や香りを堪能できるものでした。

意外だったのはゴッツァン有難うのオニオンスライス。
コレをルーと混ぜて食べるとタマネギの辛味がカレーの旨味を引き立たせますね。
チーズご飯と併せてどう考えてもヘビーな量なのに、サラリといけちゃいます。
タマネギって凄い。

そうは言っても腹パッツンパッツン‼︎

凄く美味しかったです。
シカシ、午後から身体動かす気が無くなったので(笑)
次回はカツ1枚のを狙います。
小松菜バターも気になりますよ!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 26件

「【special】ニボカレー拉麺」@良温(Ra-on)の写真年末に行方で食べた帰り道、カミサンがいないので自由行動です。

永国のお店と迷いましたが、これを食べてみたくて。
お店の前には7人も待ちが出来てます。コチラで外待ちは久しぶり。
回転が凄く良いので10分も待たずにカウンターに着席します。
太麺で濃厚なつけ麺とかがあまり無いので、1人辺りの食べるのに懸かる時間が比較的短いような?

外から店内をチラチラ覗いているときに壁にコチラのメニューが貼られているのは確認済です。
ハンチングのお兄さんにニボカレー、細麺でお願いし、店主さんのチャキチャキした作業を見ていると、あっという間に提供されます。

見るからに濃密そうな煮干しのスープにカレー。
緑がかったカレーとでも言うようなトロリとしたスープをヒトクチ。
ニボ、ニガ、スッパ、スッパ、カレー!
皆さん仰るようにベースは強煮干しのスープですね。
カレーの香り、風味って、カナリ強いものだと思いますが、これは煮干しが寧ろ勝つかも?
強煮干し、カレー風味くらいの印象を受けました。

麺は最近は細麺を選択することが多いです。コチラに限らず。
トロリとしたスープとの相性はバッチリですねえ!
二種類のチャーシューはいつも安定して美味しいです。
厚くカットされており、お得感も高いですよね。
海苔の下に隠れた薬味はコチラのお馴染みの刻み玉ねぎ、青ネギ等。
最初は細かく刻まれた大根かと思いましたが、これ大好きです。
どんなメニューにも良く合います。

最後に〆のライスをお願い。
プチって言うにはカナリしっかりとご飯が投入されてリターンされます。
連食でカナリ腹イッパイでしたが、これは旨いですねえ!
ご飯にニボカレースープは個人的にドツボ!
トロケルチーズに例の薬味をかけて大量に食べたいです(笑)

イナゴでも通りすぎたか?ってホドニ器を綺麗にしてご馳走さま。

もっとカレーが強い物かと勝手にイメージしていましたので、最初の強い酸味にはチョット驚きましたが、結局大満足でした。
今度は太麺で食べてみたいけど、、、
長くやってくれませんかねえ?

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 14件

「師走の一杯、道有楽カレー南蛮」@MENYA 食い味の道有楽の写真本年最後のレビューは、コチラの師走の一杯です。

カレー南蛮って言うので、和風なお蕎麦やさんのようなイッパイを想像しました。
予想の通り和風な出汁の効いたもので、それでも良い意味で予想を裏切られたような(笑)

まず出汁が普通の南蛮とは違いますね。
先輩方のレビューに詳しく書かれておりますので、詳細は割愛しますが、和風なのにカレーラーメンなんですよね。
更に、このトロミが片栗粉ではなく本葛のものとかで(店主さんからは聞いておりません)
サラサラとしつこくない、これぞ和風なトロミです!!
片栗粉だと如何にも市販のカレールーのような風情になるんでしょうが、葛粉って高いんですかね?
コチラのトロミの方がサラリとしてズット好みです。

具材の豪華さは見ての通り(笑)
二種類の豚さんの旨味は間違いないですし、またこの和風なカレースープとビッタシなんですね。
大量の葱などは隠れた主役、これがないとピンぼけしそうなもんですが、スープと絡んで良い仕事してきます。
ナルトがキューブに切られていますが、これは食感が良いですねえ!
薄切りよりも断然こっちのが好みです。
更にゴロゴロとモモ肉?むね肉?1枚ぶん以上はあるかという鶏さん。
ナニカ間違っちゃったんじゃあないか?って位柔らかなんですよ!
食べきれない!と思いつつ、ヤワヤワなので租借するのに疲れる事がなくツルンと入っちゃいます。

麺はやや硬めの茹で加減、食べきるのに時間がかかるイッパイなので、良い塩梅です。

実はこれ、二回頂いたのですが、前回は店主さんのオススメで生牡蠣を頂きました。
カレー南蛮に生牡蠣?と思いましたが、これが意外な美味しさ。
普段生牡蠣を買うときは、殻の小さめな兵庫県産のものを好むのですが、この日頂いたのは大ぶりな三陸産のもの。
潮っけが強く、磯の香りが満点なもので、成る程、和風な出汁にはコチラの方がピッタリでした。

仕事のお昼にはチョイと贅沢ですが、たまには美味しいお昼を頂いて午後からの仕事を頑張ろう!ってな寸法です。
また来年もお世話になります。
ご馳走さまでした。

1年間レビューにお付き合い下さいました皆様、拙い文章ですが有り難うございました。
できましたら、また来年も宜しくお願いします。

それでは、良いお年を。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 26件

「スタミナ大蒜カレースペシャル」@MENYA 食い味の道有楽の写真今の現場から比較的近いコチラ、久しぶりに普通のラーメンを食べようと。
仲間は他所の現場で頑張ってもらっていますので、1人ボッチでふらりと入店。
券売機でラーメンを、と思ったら、アレレ?限定のボタンが生きている?
厨房の店主さんを見ると、尋ねるよりも早く「大丈夫ですよ」とのお返事を頂きましたので予定変更!
予定とは変更するためにたてるんだな、これが。

仕事中のお昼ですから、海老等は自重してBのボタンをプッシュしカウンターに着席します。
店主さんの目の前に座ると直ぐに、「この前ご飯ダメだったんだね!ゴメンね」と言ってお金を返金してくださいます。「そんなこと、、」と言う間も無く差し出されたお金を手渡され恐縮。
更に従業員のおばさまがウーロン茶を出して下さり、2どめの恐縮。
2ヶ月以上も前のご飯の感想を覚えてらっしゃるのですね。生意気言ってスイマセン、と思ったら!
配膳された器を見てビックリ!
ナンカ色々乗ってる!
「お詫びお詫び!今回だけだから!」
スペシャルに変更して下さったんですね。
入店ワズカ10分で3回目の恐縮です。

いつまでも恐縮していても仕方がないので、大きな身体をチンマリと丸めて頂きます!
麺をカレーのルー(つけ汁というよりも完全にルーデスネ)にチョット浸けてヒトクチ。
カレーライスのルーとしてもカナリのトロミのルーがチョットしか浸けなくても確りと絡んでキマス。
旨いデスネ!
豚ベースと思われるカレールーには煮込まれて?解れた豚肉の繊維がタップリ。
野菜の甘味が優しく、月末で辛めの設定とのことですが寧ろ旨さが引き立ってます。
タップリのフライドガーリックは、意外にも匂いが穏やか。
午後から現場に戻ってもお客さんに迷惑かからなそうかな。

麺がまた旨いデスネ。
丁寧に氷水で締めていたように見えましたが、それほどキンキンに冷えた感はなく、小麦の風味が凄く強いです。この麺は大好きデスネ。普通のラーメンと同じ麺なのでしょうか?

サービスで追加して頂いた具材は流石に豪華。
赤海老は甘エビやボタン海老に比べると、柔らかくて食べやすい優しい味ですが、ワサビ醤油でイッパイの方が好きです(笑)
低温のチャーシューが凄いです!
常連の皆さんにはお馴染みなのでしょうが、火の通しかたが完璧。
鴨を頂いた時にも感じた事ですが、コチラのレアはきちんと加熱された本物のレア。
よくある生肉のレアチャーシューがレアだと思ったら大間違いデスネ。
これも出来立てをカラシ醤油ナンカでイッパイやったらさぞかし、、、

絡みの良いルーでもチョット残ったので、目の前にあった魚の出汁を注いでヒトクチ。
それまでマッタク気にならなかったニンニクの匂いがブワッと!
熱いスープで強烈なニンニクカレーに変身!これまた旨し。
午後からの仕事でお客さんには気の毒デシタか。

正直これほどスペシャルな対応をしていただかなくとも、とも思いましたが、こんな所も常連の皆さんの心を掴んで離さない所以なのでしょうね。

暫く前に一悶着あったようですが、ラーメンの楽しみ方は十人十色。
1人で食べようが大勢で食べようが、マナーを守って楽しく食べれば良いものと存じます。

9月のワンタンも旨そうですね。

シカシ、コチラ、限定って夜のものだったのかと思ってました。
タマタマ?ラッキー?

ご馳走さまデシタ。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 26件

「カレーつけ麺」@中華そばつけ麺 魚介の達人 久兵衛 取手店の写真仕事仲間とお昼に訪問。
比較的近く、年中通る294沿いにあるコチラのお店。
濃厚魚介トンコツには飽きがきていましたし、達人と言われても、と、なんとなく避けていました。

しかし、あ○けんさんのレビュー等読み返してみるとナカナカ旨そう!
普通のトンギョは敬遠して表題をポチ。
カレーに魚介出汁が好相性であることは承知していますが、果たして?

店内満席でしたが、10分程の待ちで配膳されます。
厨房内は見えませんが効率よく仕事されています。

カレーのつけ汁をヒトクチ。
熱い!アツアツです。これは嬉しくなりますね。
節類の出汁が相当つよく出ており、カレーに負けていません。
更に相当スパイシーでもありますね。
辛いものに弱い仕事仲間は悪戦苦闘していました。

麺を浸けて、、、
う~~~~~ん。
ゴワパサっとした食感の太麺はスープとの絡みは良いものの、麺その物の旨味に欠ける印象。
なんか、有名な製麺所のものなのでしょうが、これはチョット好みと違いました。

お得なランチセット、半ライスに餃子3個もついて970円だったかな?
ワタシは辛いものは大好きなので、薄まってくるつけ汁に一味唐辛子を味変で大量投入。
スープ割りも美味しく完食しました。

麺だけが好みと外れましたが、美味しかったです。
多加水ピロピロ麺とかでも食べてみたいですね。

ご馳走さまデシタ。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件