なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,133
レビュー 店舗 スキ いいね
86

「純煮干し」@麺屋 弥栄の写真今更ながら初訪問。
様々な煮干しのメニューがありますがストレートな表題をポチ!
チャーシュー増しもポチチ!
平日お昼時を過ぎて貸し切りです。

さてスープを、、
アレ?スープが見えない(汗)
もとより少なめのスープに欲張ってチャーシュー増したら汁なしの様な絵面にナッチマッタ!

其れでもレンゲで掬ってヒトクチ。
煮干しの味がヨク出てますね〜〜
旨味は強いですが苦味や酸味は控えめ、サッパリとした美味しさです。

〔煮干しと昆布と干し椎茸を水で煮出した動物オフのチンタン醤油〕
との説明書き。
干し椎茸をジンワリ感じますが、乾物のネガな匂いは皆無。
素材の良い所を上手に引き出して物足りなさを感じないのは見事ですね!

麺はサクパツの細麺ストレート、マタオマなどと言われますが合うものは合います 。

増したチャーシューは豚の肩ロースのピンクな低温と同じく低温の鶏ムネ。
何方も上出来ですが、スープとの相性は鶏ムネに一票かな。
低温調理した後に丁寧に味を染み込ませてあって、そのまま酒のツマミに頂いてもピッタシですね。

バラ海苔、玉葱はテッパン、戻していないお麩は珍しいですね〜〜


身体にも優しそうな煮干しの一杯、唯一物足りなかったのはスープの量です (笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 煮干し冷し盛りそば」@麺屋壱心の写真気になっていた限定を求めて提供最終日に滑り込み!
てな訳で既に終了しているメニューです。スイマセン。

つけ汁はタブン動物系不使用かな?
煮干しの旨味がストレートに感じられるシャバチンタン。
通常メニューの煮干しそばは若干の鶏出汁も併せている筈ですが、コレは煮干しの苦味が後からジンワリと舌に蓄積してくる様な感じでいかにも夏向きですねぇ!

ピロピロの多加水麺は其れだけだとシャバなつけ汁よりも勝っちゃいそうですが、つけ汁中の大量の刻みネギが良い塩梅で麺に絡まってナルホド、良い塩梅です。

ただ麺もつけ汁も良く冷やされているので、ネギの味わいは生そのもの。
熱いスープに浸されてるネギとはカナリ違います。

低温のチャーシューも穂先メンマもいつもの通り美味いです。
チャーシューはまた柔らかくなったかな?
シカシ冷たいつけ汁につけてもチャーシューのとろける様な味わいにはなりませんねぇ。
ヤッパシ(笑)

ミョウガ、大葉、梅干しなどの薬味は麺の上にチョコンと載せてつけ汁にチョコンとつけて啜ります。

最後は割りスープがないとの事で、別に頼んでいた半ライス(相当ボリューミー)をつけ汁にドボン!
冷やし煮干し茶漬けでフィニッシュですがコレが抜群に美味かったです〜〜


美味しかったんですが、冷たいつけ汁ってチャーシューなどの合わせ方が難しそうですねぇ〜〜
蛤も暫く食べてないし、マタお邪魔します。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「【限定】 塩 煮干し冷やしそば」@麺処 清水の写真新潟2日目の帰り道に。
長岡で生姜醤油のウマ〜〜い一杯を食べた後に下道をトコトコ、、、

思いの外近く1時間ソコソコで着いちゃったのでマダお腹が、、、
とか思いつつ限定の表題をポチ!
(メニュー名の記憶が曖昧です。御免なさい。煮干しの塩で冷やしなのは間違いないです)

前日に続き、目の前でカミサンが極上の皿ワンタンをビールで流し込むのを
獲物を狙うカメレオンの様な目つきで眺めている所に配膳されました (涙)(涙)

スープはジンワリ系の好きな奴!
塩とありましたが、チョット白醤油にも似た風味も感じましたが、、、
煮干しの苦味やエグ味は希薄で個人的ににはもうチョットガツンときてもイイかな〜〜

麺は加水率の高いムチッとした中太麺
チョット意外でしたがコレ、冷たい煮干しスープに合いますね!

フワッと薄くスライスされたレアチャーシューは肉の旨味が強いです。
ビールに合う筈だよなあ、、、、

ボリッと太めのメンマは味付けが穏やかでスープの邪魔をしないタイプ
コレもビールに合う筈だよなあ、、、、


皿ワンタンは肉餡の歯応えがギュっ、プリッとしていて包む皮はチュルン!
味だけでなく食感も楽しめますね!

ビールに合う筈だよなあ〜〜〜〜〜

助手席でビールのニホヒをプンプンさせるカミサンを乗せて千葉まで帰って来ましたとさ(涙)

お値段もリーズナブルで美味しい!
カミサンが食べた塩ラーメンは更に好みでした。
新潟に行ったらマタ寄りたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件
83

「チャーシュー麺」@大むら食堂の写真遅い夏休み、8月のどん詰まりに新潟へ。

朝早く出てチョット日本海で涼み、宿に行く前に遅めのお昼で初訪問です。
日曜日だったので1時頃だとまだ外待ち客が大勢!
名前を書いて待つと、、、

アレ?
5分くらいで呼ばれた!
広いお店で2階席もある様です。
物凄く回転がイイですねえ〜〜

ビールを呑むカミサンは普通の中華、運転手のワタシはチャーシュー麺を。
コチラ、普通のラーメンを中華といい、チャーシュー麺はチャーシュー麺なんですね 。

美味そうにビールで喉を潤すカミサンを爬虫類の様な目つきで眺めていると配膳されました。
コチラをオススメして下さったフォロワーさんのレビューを読んで玉ネギマシです!

スープは豚!煮干し!カエシ!セアブラ!
補強もガッチリ。
どれも突き抜けではなく良い塩梅でバランスした美味しいスープ。
新潟の煮干しスープらしくチョット青魚っぽい風味があるんですが、其れが新潟まで来てるんだって感じで好きですよ〜〜

麺はゴワモチの太麺ですが、結構しっかりめに茹でられており顎が疲れる事もなく
スープとの相性的にもこれくらいの茹で加減が吉ですね。
近所の有名店のビロビロデロンの麺とはマッタク違うケド、何方も二郎系っぽいのも面白いです。

チャーシュー麺なのでチャーシューはたっぷり。
脂の甘味が確り残っているけどズコズコしたイヤラシさがなくて大好きなタイプの茹で豚。
量に怯みましたがペロリでした。

更に一緒に頼んだ餃子の美味しさは個人的に過去トップクラス!
必ず一緒に注文したいですね‼︎

隣のカップルが食べていたチャーハンもメチャ美味そうでしたし、、
ビールなんて大瓶に肉じゃがの中鉢がついて550円ですよ ⁉︎

再訪カクジツ、幸先の良い出だしとなりました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「水と煮干し  塩」@つくばらーめん 鬼者語 -オニモノガタリ-の写真日曜日に1人で。
カミサンと一緒だと連食出来ないので久しぶりに気合を入れて茨城廻りを決行しました。

最初にお邪魔したのはコチラ、新メニューの水と煮干しを塩で。
鷄と水、に対して水と煮干し。
食材と水に対する思いをチョットお聞きしましたが、スープを取るのってホントにタイヘンなんですね!

スープは醤油と見紛う程の茶褐色、器周りのニボアクがテンション上がります (笑)

クリアでしかも濃い煮干しの旨味とあの香りが口腔一杯に広がりますよ!
塩だから尚更?
コレ美味い煮干しスープだなあ〜〜
水戸の煮干し処をリスペクトされておられる様でチョット似た所もありますが、コチラの方が煮干しの風味がクリアに感じられますね。

麺は加水中くらい?の細ストレート、というか細平ストレートというか。
最近の流行で然程ザクパツではなく、しなやかさが顎に優しいなあ (笑)

熱の干渉を受けない様に玉ネギのザク切りの上にこんもりと纏められたレアチャーはシャブシャブしてから頂きます。
蓮根のチップは食感の変化が楽しめますね。

煮干しの旨味をクリアに楽しめる一杯、まだ唯一無二の味って訳ではないかもしれませんが、こんなハイレベルの煮干しを普通に食べられる様になってるのは有難い事ですねぇ!

看板の天草大王の供給が安定せずに始めた煮干し、まだ2ヶ月くらいの筈ですがこの美味しさ。
これからが更に楽しみですね!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件