なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定?】  味噌拉麺」@良温(Ra-on)の写真平日のお昼に。
前日の夜に突然土浦で仕事出来ないか?との電話!
良いですとも! 行きましょう ‼︎
てな訳で午後からの仕事の前に寄り道です。

外でチョットだけ待ってから入店、期間限定っぽい表題をお願いします。
チャーシューも増しで!

トロンとした味噌スープは鶏のパイタンなんですか?
バカなので判別出来ないのですが、煮干しの香りも。
コレはラー油がニボラー油?
複雑に絡まる旨味と香り、美味しいのですが、味噌味噌してない不思議な味噌スープ。
ナッツが混ぜ合わされているとか?でしたが、少しもザラついた感じはなくナッツ由来の甘さとコクが感じられますね。
故に全体的にマイルドな印象です。

麺は中細のチョット縮れたもので茹でる前に店主さん自らワシワシと揉んでましたね。
ドロリとした麺との絡みはバッチリ ‼︎

チャーシューは増したので沢山、バラも低温もワタシが今更言わずもがなの美味しさですね〜
特にコチラの低温チャーシューは個人的に大変好みでイッパイやりたくなりますよ。

良温さんの特徴になりつつある? 生海苔をマイルドな味噌スープに溶かして食べると磯の鮮やかな香りが合わさってマタ違った美味しさに変化。
考えたら味噌に海苔だから美味しい訳ですが、ナカナカ思いつかないです。

本当に久し振りの訪問になっちゃいましたが、美味しいですね! ヤッパシ ‼︎
他では味わった事のない、コチラならではの味噌拉麺。

今度は普通に良温そばを食べにマタすぐ行きたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 14件

「【限定】  みそらーめん」@中華そば まるきの写真2月半ば、夜に金町で楽しい呑みが控えているのでお昼は自重しようかと思いましたが、カミサンを隣に載せて久し振りに松戸へ。

ワタシもカミサンもコレクターではなくリピーターの様で、間違いなく美味しいお店に吸い寄せられます。

寒い時期限定のみそらーめんがあったのでポチ、勿論チャーハンもシェアします!

去年も同じメニューを頂きましたが、去年はあったバターのトッピングがないな。
山椒が多めにかかってますね。
スープはコチラのベースである豚主体の動物系に強く煮干しを効かせたもの、其処に赤味噌メインぽい余り甘ったるくない味噌味がピシリと合わさって、、、
スープ〜チャーハン〜スープ〜麺〜、、、、、、
至福の無限ループに我を忘れます。

麺は通常メニューのよりも若干太めになっており、比較的足の速いコチラの麺でも最後までムチッとした食感を楽しめます。

小さめながらも熟成した肉の風味が心地良いチャーシュー、増したワンタン、味玉共に安定の味。
トータルして此処でしか食べられない味になっており(大切)また来ようと思わせられます。

多めの山椒がピシリと効いたコクニボ味噌ラーメン。
敬愛する先輩、Tくんさんによると、松戸の近所の名店の味噌インスパイアなのでは?
とのお話。
ナルホド!
チョット似てるかも?
あっちも久し振りに食べたくなりましたね!

シカシ、ヘタレを自認するTくんさん、どっちの味噌もナカナカスパイシーですよ?
目を白黒させて食べている姿! 観たいなあ〜〜(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件

「特製  麻婆つけめん」@つけ麺 坊主の写真今年も茨城を走る、走る、走る、かくみや!
カミサンとアレコレ言い争って辿り着いたのは激辛で名を馳せるコチラ。

おっ!平日のお昼でも満席!
まだお休みの学生さんなんかも多いしサラリーマンもお昼に利用している様子。

気分はつけ麺だったので表記メニューを、チョット外で電話を済ませているうちにカミサンが
「麺の量、普通にしたよ」と、先手をうたれた。

さて、マッカッカなつけ汁には1枚の海苔に半分載せる様に大量‼︎ の一味唐辛子が。
まぁ、予期していたので驚く事はなく静かにスープを一口。
コレ、味噌ベース?
ライト豚骨に魚粉由来の出汁もかな? でも後からくる味わいは味噌ですねぇ?
追いかけて一味の辛味が舌を襲いますが、ヒリヒリする様な嫌な辛味ではないですね。

麺はヤヤ角の取れた様な太麺、黄色から黄緑に近い色目で、モチモチ感が凄いです。
小麦の云々ではなくて、食感で喰わすタイプでしょうか。

具は茹でた豚バラ肉が結構入っていて満足度があがりますね〜
顔に浮き出てくる汗を持参のタオルで拭いながらツルンと完食。
麺が少ないのでつけ汁がカナリ余って、、、

卓上のスープで割りでゴクゴク!!
割りスープにすると、より味噌っぽい風味がたちますね。
カミサンが辛い味噌のつけ麺を食べたし、辛くて舌が馬鹿になってたかもなので、アテにはならんです (笑)

結局スープを飲み干し、辛くてギブアップしたカミサンのレスキューまでしたので腹パンでした。
大量の辣油?でチョット胃がもたれましたが、後は問題なし。
偶に辛いの食べると美味しいなあ〜〜

余談ですが、直ぐ近くの古い古いコイパの機械に200円呑まれました(涙)
メンドくさかったから電話しなかったけど、、、
お気を付け下さいマセ。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 味噌ラーメンの季節ですね  辛ネギジンジャーパンチ」@中華そば 飯村製作所の写真日曜日のお昼、カミサン、義妹家族と。
すっかり行列店のコチラ、日曜日のお昼は並びも激しそうなので張り切って早く出発。
狙いは当然なくなる前に!と、味噌ですよ。

ナント、開店1時間以上前に到着してしまい、イタズラ盛りの甥っ子4人をハラハラしながらあやして
待ちます。
待ちます。
待ちます。。。。。

すると10分以上早開け‼︎
有難くって涙がデマス。

当然の如く表題をポチ、義妹の運転なのでコチラでは初めてのビールもポチ、
カミサン、義妹、子供達、、、、、
どれが何を頼んだのかもう知らん!

ケド自分のイッパイだけは確りと確保。

結構な量の野菜を避けてスープをヒトクチ。
トロリとマイルドで濃厚な味噌は麹の独特の香りもチョットありますが、其れがヨイですねぇ!
ベースの豚さんの?出汁と相まって、止まらないヤツです。

具は鍋振りで炒めたキャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、挽肉、、、
あとコーンと小口切りのネギが沢山と、、、
バラチャーシューにメンマ、要は凄く具沢山ですね〜〜
香ばしく炒めた野菜の美味さは何時も通り間違いのないもの、其れがマイルドな味噌スープにもよく合うんですね。

麺の美味しさは又しても驚き‼︎
自家製麺になってマダ半年も経ちませんよね?
口にした瞬間にわかるシットリとした滑らかな舌触り、食感、小麦のムギュッとした風味、、、
あだやおろそかに言ってはならぬ言葉かも? ですが、今のマイベスト麺のヒトツです。

辛ネギジンジャーパンチはマイルドで単調になりつつある舌をピシリと引き締める良いトッピング。
ですが、ネギが大量なので予めよそわれたネギと相まってネギまみれになりました。
丸一本分はあるのでは?
ワタシはネギ大好きですが、バランス重視の向きには注意が必要カモ。

アレコレ書きましたが、特製味噌がなくなり現在は提供されておりません。
ゴメンナサイ。

でも普通のタンメンも普通の味噌タンメンも負けずに美味しいですよね〜〜

ご馳走様でした。



追記として、
ヤンチャ盛りの甥っ子4人と身内だけで満員外待ち客多数の店内でテーブル席を占領してしまい、すいませんでした。
快く接客、子供ドリンクなど頂き恐縮しっぱなしでした。
今度はカミサンや相方と、ユックリ味わいにお邪魔しますね。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 29件

「活殻牡蠣味噌蕎麦」@MENYA 食い味の道有楽の写真またチョットサボってしまったので、チョットずつレビューします。

師走のイッパイを頂きに仲間とお昼にお邪魔しました。
味噌のスープは先人の方々によると7種類もの味噌をブレンドしたとか?
濃いめの色とその味わいから、八丁味噌系は使ってそうかと思いましたが、とてもワタシなんぞの舌では解析不能の奥行きですね。

その残念な舌に最初に感じられたのは蟹の味噌の濃厚な旨味!
渡り蟹でヨイのかな?
ガザミの味噌は蟹みその中でもトップクラスの濃厚さ‼︎
それが合わせ味噌と更に合わさり、昆布や牡蠣?などの出汁と合わさり、、、

足し算のスープみたいに思えますが、1つに纏まって完成している旨口味噌スープです。
濃いめの色なのに、旨味が強くてショッパではないのも好印象。

鮟肝は注文を受けてからサッと炊いたもの、ホロホロのヤワヤワ、臭みもなく美味い、その上に味噌スープとの相性は悶絶もの‼︎
有難うございます‼︎‼︎
蟹は出汁とは別に炊くのでしょうか?
味が逃げていなくて、これまた蟹肉の旨みをダイレクトに味わえます。
胴体の部分はそのまま口に「しがんで」食べ尽くします(笑)

別皿の殻牡蠣は動き出す程鮮度の良いもの。
三陸産かなぁ?
磯の風味と潮気が強めでいかにも新鮮!って味わいですねぇ。

その他の具材も麺も、当然最後にドボンしたご飯まで全て美味しく平らげて至福のひと時を終えました。

ホントに美味しかった〜〜

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 26件
88

「味噌そば」@麺屋壱心の写真このメニューは一度頂いた物ですが。
ダイブ印象が変わっていた上に、ワタシが最近新たなるイッパイを食べに行けていないので、、
ご容赦下さいマセ。

夜にカミサンと。
狙いはコチラの台湾まぜそば! も、提供なし。
相当に久し振りの味噌をポチ、店主さんにチケットを渡すと、
「台湾作ったんですが、台湾ミンチの出来が悪くて、、、」
との事。
納得のいかないものを提供しないって、当然の様でもナカナカ難しい事だと思います。
そんな実直そうな店主さんのオペを眺めつつカウンター越しに提供されます。

トロンと粘度の高い濃厚鶏ベースのスープに赤白折衷くらい?の味噌が更に粘度を高めて、コクのある旨味。
そこまでだと以前食べた時よりもチョット美味しいかな? 位なんですが、
コチラでも? ニンニク!

摩り下ろしたと思われるニンニクが、味噌のスープに溶いてあり、ガツンと味噌のスープを引き立てます。
なんか、前レポでも味噌スープにニンニクで感激したんですが、コチラの濃厚な鶏、豚も?のスープにニンニクもドンピシャリ!
濃厚でマイルドなのは直ぐに飽きちゃうワタシですが、ニンニクが入るとレンゲが止まらず、、
レンゲをほっぽらかして器ごとズズズゥ〜〜〜っと、いっちゃうんですよね。

麺はヤヤ加水低めの中太麺、ポキプツンとした食感で、味噌にドンピシャ。
箸で持つと崩れてしまう煮豚チャーシューは、そりゃあ美味いですよ!

モヤシ、ニラは炒めではなく茹でですが、コチラの味噌に合っているかと。
増したバターとの相性は説明不要。

実は煮干しを頼んだカミサンが
「チョット交換」
と、言ったまま相当食べやがって下さいまして、、、
ワタクシ、半分も頂いておりません(涙)
以前は生姜が入っていたのかな?
個人的には今回のニンニクのはドストライクなイッパイでした。

今度は台湾まぜを食べにお邪魔したいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 8件

「【限定】  鮟肝と牡蠣の味噌そば」@立ち呑み居酒屋 金町製麺の写真久し振りのレビューです。
シカモ当日限定、とっくに皆様方のレビューで挙げられておりますのでチャチャッと。

麺友さん方にお誘い頂き念願の初訪問、楽しく呑み、摘み、〆のイッパイ。
3種類くらいのラーメンがあった様な朧げな記憶ですが、全員揃ってこのメニューを選択。

鮟肝と牡蠣と味噌のスープなんですが、鮟肝と牡蠣の旨味が濃厚でベースの出汁は判りませんでした(涙)
赤よりも白が多めの?味噌はほんのり甘みもありマイルド。
濃厚な旨味とマイルドな味噌のスープはヒトクチ、フタクチ啜ると飽きちゃいそうですが、サラリとした刻み玉ねぎが良い引き締め役。
更に驚いたのがニンニク!

ナゼ驚いたのがワタシも良く解ってませんが(笑)
細かく刻んでスープに溶いているのかな?
二郎系もカクヤ! って程の強いニンニクです。
のっぺりとしがちな味噌のスープをガツンと引き締めて、また次のヒトクチを欲するという薬味として理想的な構成かと。

ボコボコ、ピロリンとした平打ち手もみ?麺は、何処か有名なお店のヤツでしたか?
濃厚味噌スープとの相性はバッチリ。

その他、チャーシューなどの具材も素晴らしかったですが皆様の解説通り割愛(笑)

今度は是非ともカミサンと訪問して見ます。
でも、男呑みにも又誘って下さいね‼︎ ホントに‼︎‼︎

余談ですが、立ち飲みを謳っていても椅子とテーブルのあるコチラ。
椅子は随分と疲れている様で、目の前で麺友さん方がアップダウンクイズ宜しく
ダンダンと沈んでいく様はナカナカに愉快で、、、
イチバン重いワタシの椅子だけナゼか無事?

楽しかったです。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌らーめん」@こってりらーめん 誉の写真比較的近所なのに未訪問だったコチラに。
柏で用を済ませ平日の遅いお昼にカミサンと。
流石に待ちは無く、スンナリとカウンターに着席、何度か行列で断念していたので一安心。

一押しっぽい味噌を目の前で盛大に調理して頂き配膳。
こってりの看板を裏切らない殆ど乳化しちゃいそうな背脂が味噌のスープと溶け合ってますね!
豚の旨味に味噌のコク、更に背脂の甘味がフワリと香り美味しいスープです。
野菜の旨味はスープには然程出ていないかな?
というか、もやしメインな野菜の量そのものが少なく残念。
増せたのかな?
初めてなので全て普通にお願いしたので判りませんが。

麺は中太のヤヤ縮れ、モチっ、シコッと腰の強い、味噌には良く合う麺です。
チャーシューとか増した味玉は普通に美味しかったです。

唯一痺れたのが塩っぱさ!
コレはもう、相当にショッパかったです。
諸先輩方のレビューを拝読すると余り問題になってないので、この日の偶々の事故かな?
カミサンが食べていた醤油の方は良い塩梅だったので、、、

これから寒くなると恋しくなりそうなコッテリ味噌、今度は味薄めでお願いしてみます(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌タンメン」@中華そば 飯村製作所の写真夜にカミサンと。
平日の夜につくば迄走るのは久し振り。

この夜は未食の表題を決め打ち、味噌の香りを堪能したくてマー油はパス。
普通のタンメンは頂いてますので、其れの味噌バージョンですよね⁉︎
ベースはトンコツですか。
赤味噌っぽい味噌の香ばしい香りと、其れよりも更に香ばしい炒め野菜がブワッと口腔に広がりますが、トンコツ由来のトロリとしたコク、マイルドさが後からジワリと広がりますね!
ナルホド!美味い‼︎

以前食べたタンメンと違うのは勿論自家製になった麺。
そんなに太くはない中太麺で、モチモチのシコシコ‼︎
更に美味しくなっていませんかね???
簡単に使う言葉ではないかもしれませんが、今コチラの麺がイチバン好きかな‼︎

具材は玉ねぎ、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、豚コマにナルトも。
中華鍋でガッと炒めてあり、ボリボリのシャッキリ。
茹でたクタ野菜等とは比べ物にならない(まあ、アレはアレですね)歯応え、香ばしさ。
コチラでニラレバ定食とか野菜炒め定食とか出したら間違いないでしょうね(笑)
刻みネギとおろし生姜は薬味好きとしてはもうチョット欲しいところ。
生姜ボタン、ないですよね?

野菜を沢山採れてシカモ美味しい、身体も気持ちも温まるイッパイでした。
これから寒くなると益々恋しくなりそうです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 29件

「赤富士」@麺処 はいからの写真仕事中のお昼に二郎を喰らいたくなり。
牛久沼の近くのお店に向かうもののお休み、あちこち走り回っている内に仕事を忘れてコンナ遠くまで(笑)

場所が分かりづらかったですね。
結構な急坂を下って駐車場に着くと、車は余裕で停められましたが、外待ちが出来てますよ!

そう言えばコチラでは冷たい煮干しをやってたなぁ⁇
とか思いましたが、初志貫徹でポチ!
結構待って、左手カウンターに仲間と着席。
広いテーブル席には、若くて綺麗な奥様?2人組が美味しそうに山盛りのラーメンを喰らっていますね〜〜
綺麗な店内なのでは女性客にも入りやすいかと。

さて、増した野菜を掻き分け麺を
ゴワゴワではなく、ムッチリモッチリとした太麺で食べ易いです。
二郎系でこの手の麺は好みですよ!

スープは味噌との事ですが、醤油のカエシも使っているのかなあ?
豚の旨味はナカナカですが、塩分濃度は高くありません。
食べ易いとも言えますが、ボリボリのモヤシと合わせるとカナリ薄く感じます。
チョット物足りないかな?

チャーシューは凄いです!
分厚くてアマジョッパなトロリと柔らかなもので、これを解しながらモヤシと合わせると成る程ピッタシな塩梅。

固形物を完食し、野菜で薄まったスープは残しました。

ライトで食べ易い二郎系かと感じました。
今度は野菜普通で醤油のヤツを食べてみたいです。
冷たい煮干しのヤツも暑いうちに頂きたいですね〜

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件