なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「ヨシベー正油」@ラーメン ヨシベー 八千代店の写真チョットごたついててレビューが滞ってます。
駆け足で。

習志野方面でのお仕事、仲間がコチラを強く勧めるので言われるままに訪問。
先ずは何とも趣のある店構えが目を引きます。
店内に入るとあの真っ赤っかな郵便ポストがドンと鎮座、店内の至る所に昭和レトロな看板が掛けられていますね。
九州出身の仲間はマー油のヤツを推してきますが、初めてなので左肩を。

トロリと粘度の高めな豚骨正油スープ。
先輩方には豚骨魚介と分類されておりますが、豚骨勝ちな印象です。
魚介の仕事は下支え程度。
強めの補強もあってガツンと美味しいスープですね。

選べる麺は太麺を選択。
やや縮れのあるムチっ、プツンとした麺でトロみのあるスープとの絡みも良好。
というか、凄くスープを拾ってきますね〜

チャーシューは大振りでペラなバラ煮豚タイプが2枚
ホロやわでペラなので箸で持つと崩れるくらいです。
麺と絡めて美味し!
海苔とネギは海苔とネギです(笑)
スープがかなり濃厚なので、ネギは3倍くらい欲しい所。

最近はラーショにも行ってないし、濃厚な豚の出汁が久し振りに美味しかったです。
近くで仕事がある時は、また昭和レトロな雰囲気を味わいに行こうかな、、

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件
88

「小ラーメン」@豚男 -BUTAMEN-の写真8月半ば、仕事をするつもりでしたが、材料屋さんも休みなので休んじゃいました。
前夜に美味しい酒と肴を満喫し、カミサンは二日酔いでグロッキー!
苦しんでるカミサンには悪いけど、何時も2人では行かなそうなお店に走ろうとコチラ迄。
お店に着いたのは1時頃でしたが、まだ店内は満席、人気ですね〜
券売機に小のボタンしかなく、チョット戸惑いました。
冷やしパンチとか、台湾とかの限定も美味しそうですが、初訪なので小をそのまま戴きます。

厨房前のカウンターに案内されますが、前客さんの使用済みのティッシュボールがテーブルの上に沢山。店主さん含め厨房からは見えませんし、皆さんタイヘン忙しく働いております。
基本、この辺はセルフの様ですし、自分で使ったゴミは自分で処分して欲しいですね〜
すぐそこにゴミ箱あるのに。

ニコヤカな店主さんにニンニクは?と聞かれたので、チョットだけ、とお願いし配膳されます。
要するに普通の小ラーメンですが、相当にボリューミー‼︎
野菜をどかさないと何も出来ないので、先ず野菜から食べます。
かなりシッカリと茹でられたモヤシとキャベツ。
食べ易くキャベツの甘味も感じ易いです。
麺は極太ですが、幅広の平打ちの様でもあり、ゴワゴワせずにムッチリモチモチ!
この麺はドンピシャリですね‼︎
加水低めのゴワゴワモソモソだとジジイにはキツイんですが、適度な噛み応えで旨味の強い麺です。

スープもヨイですね〜〜
豚の旨味はバッチリ出ているのに、脂のクドさがないんです。
偶に二郎系のイッパイで、スープの表層に10ミリ程もオイルが張ってたりしますが、コチラは背脂の甘い風味はあるものの、表層のオイルは殆ど見られません。
大好きなタイプですよ。

皆さんが神豚と言われているチャーシューは、ワタシなどが説明する必要など無いかと存じます(^ ^)
脂の抜け方、赤身の解れ方、肉に染み込むスープの味、、
コレはお土産で購入したくなっちゃいますね。

今迄程々のラーメンを食べてきて、さほど二郎系の経験値が高く無いのですが、コレは過去最も好きな二郎系と言い切っちゃいます‼︎
コレは混ぜなども絶対に美味そうですね。
近所の方が羨ましいですよ。
ご馳走様でした。


蛇足ですが、前レビューのインベーダー氷は器のイチバン奥の方
普通の出汁氷の上にチョコンと乗ってます。
ワタシなど、食べてる最中に漸く気が付きましたが(笑)

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「少なめラーメン」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真守谷のジョイフル迄チョット材料を買い物に行った土曜日のお昼に訪問。
ナント‼︎外待ち無し‼︎
だから入ったんですが。
中には5〜6人待ってますが、これくらいなら仕事に差し支えないデス。

麺は少なくても良いから野菜を沢山食べたくて表記食券を。
カウンターに座りニンニクの有無を訪ねられお願いするとそのままドンっと。
野菜等その他のコールは完全自己申告なんですね。
まあ、其れでもソコソコの野菜の量かなぁ。

旨味タップリでショッパでクドく無い、クセになるジロースープ。
以前まるで人肌か?って程温い事がありましたが、今回はピッタリ。
アチチと啜る程でもなく、平打ちの太麺を食べられるジャストな温度です。

キャベツ多めの野菜はもっと食べたかったですね〜
ヤッパシ‼︎
キャベツの切り方が太めの千切りみたいでマスマス柔らかめの歯ごたえになりますが、その分甘みも感じやすいですよ!

豚は大きめのが2枚。
どちらも脂が抜けてホロパサに崩れる大好きなヤツ。
コレは普段よく行く系とは違って、断然素晴らしいですね。

スープ表層を覆うオイルが少なめに感じたのも好印象で、こんなに美味しかったですっけ(笑)

二郎系には一味をかけて食べるのが好きなんですが、出が悪くカッタルイ!
エエイ‼︎
と蓋を外して直接バサバサかけてたら、隣のお兄さんに変な目で見られた様な⁇

今度はRさんがやってたカレー粉で食べてみたいです。
野菜多めで‼︎

ご馳走でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「つけ麺」@家系ラーメン 熊田家の写真常総市での復旧の仕事、まだまだ終わってない所が沢山。
なかには自宅での生活を諦めて取り壊ししている家もカナリある様です。
早く元の生活に戻れると良いのですが。

現場は熊田屋さんの隣!
そりゃあお昼はコチラでしょう。

仕事の相方と、この日はハタチになる甥っ子にも手伝って貰い3人でお昼です。
実は2日続けての訪問でして、前日に普通のチャーシュー麺を食べたので捻ってつけ麺を。
つけ麺なんてあったっけ⁉︎

広いテーブル席で暫し待って一斉に配膳されます。
ご家族での経営でしょうか?
手際が良いですね!

麺だけヒトクチ、何時もの麺ですね。
プツンとした食感で適度にコシもあり、良く噛んでいくと小麦の風味もチョット。

つけ汁はチョット粘度のある豚骨醤油。
普通のラーメンでも充分に濃厚ですからそれ程濃くしなくても充分に濃厚です。
流石に塩分は高め。

シカシ麺がツルンとしたストレートですからスープとの絡みはモウヒトツ。
レンゲでスープを掬いつつ麺を口に運ぶ作業が必要かな。
家系ですから麺が短いのも一因でしょう。
つけ麺にはモウ少し長い麺の方が良いみたいですね。

具材は見ての通り、こちらのチャーシューはスモーキーなモモ肉。
肉の旨味が逃げずに芳ばしく大好きです。
チョットショッパですが、つけ麺には丁度良い塩梅。

麺の量は200オーバーといった所。
つけ麺だけだと男性にはヤヤ物足りない量かもしれません。

美味しかったですが、前日に頂いたラーメンの方がモット好きですね。
ハタチの甥っ子も「美味しい!美味しい!」と喜んで食べてました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「野菜ラーメン」@家系ラーメン 熊田家の写真11月の27日お昼に仲間と。
常総市でのお仕事もかなり纏まってきました。
お蕎麦屋さんの復旧工事ですが、12月の半ばにオープン出来そう。
ヨカッタヨカッタ。

現場からも近いコチラ、久しぶりです。
最近では家系がチョットキツイですが、野菜が一緒ならばOKかと表題を選択。
辛いネギの丼も。

ワタシドモの後にも続々とお客様、(殆どが職人!)待ち椅子に並んでます。

盛況で何よりデスネ。

肝心の味の感想は、えーっと、普通に美味しかったです(笑)
家系独特の匂いに、トロンと口の中に絡み付くような豚骨醤油スープ。
たまにチョット飲むと旨いです。チョットしか飲みませんが。

好みなのはチャーシュー。
脂だらけのぐるぐるチャーシューではなくて、赤身の噛みごたえのあるもの。
これは増したいですね。

久しぶりに頂きました。美味しかったですが歳ですからチョットキツイですね。ヤハリ。

コチラの隣の自動車整備工場でも修復作業が待ってるので、その際また訪問するかも?

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件
84

「台湾混ぜそば」@麺屋 元の写真10月の末に一人で訪問。
チョット溜まった産廃を片付けに龍ヶ崎までひとっ走り、途中でコチラに寄り道です。

お昼頃店内に数人の待ちがありましたが台湾混ぜを食べてみたかったので待ちます。
先待ちのお客さんは二人程でしたが、入店から15分位で配膳。
開店当初よりオペ良くなってますね。ダイブ。

まあ、台湾混ぜらしい江面のイッパイ。
特徴的なのは魚粉?
粉というよりも、削り節のカケラを集めたような。
味も香りもソコラヘンノ魚粉よりも格段に良いデスネ。
コイツを良~~~~~~く、カンマワシテ頂きます。

提供の時にニンニク、マヨネーズの有無を聞かれましたので、両方ともにチョットづつ。
カナリ甘めのトンギョなタレにマヨとニンニクの風味が混ざって、ジャンク!
甘過ぎると嫌になっちゃうのですが、チョット甘辛なミンチと鰹節のクラッシュがピシリと引き締めますね!

麺は普通の汁そばと同じかな?
ムッチリモチモチ、混ぜにはバッチリです。
苦しくなるほどの量ではありませんが、御飯は頼みませんでした。
オイメシの有無は聞かれなかったので、欲しい方はライスを買うのかな?
カナリのタレ?が余りますので、次回は御飯もいこうかな?

でも、午後から動けなくなっちゃうんだよね、、、

美味しい台湾混ぜそばデシタ。
ご馳走さまデシタ。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 6件

「ねぎラーメン」@ラーメントライチ WAKATORAYAの写真復活したコチラに。
守谷市での仕事を1時頃に終えてから訪問。半分位のお客さん。
券売機で表題とライスを、仲間も相乗りしてきました。
カウンターのイチバン奥に座り配膳を待ちますが、暑い!イヤ、くそ暑い!
回転寿司の店舗を改装したコチラ、かつてのコンベアーの中、職人さんが握っていたスペースをそのまま厨房にしていますね。
奥にも調理する場所がありますが、目の前で大きな寸胴でスープ、麺茹でをしています。
エアコンの能力を遥かに超えた熱量ですね。
この日の暑さは程ほどデシタが、最近の猛暑ではどんなことになっているのか?オソロシヤ!

肝心の味の方は意外に?好みなもの!
家系の経験値は低いですが、不自然なラード臭い匂いも無くマイルドな豚骨、カエシの旨味がストンと胃の府に落ちてきます。
沢山の刻みネギにカットされたチャーシューが混ぜられたナカナカボリュームのあるネギはスープにも合いますが御飯にも良いです。
海苔は風味が無い紙のようなものでチョット残念ですが、家系ってこんな感じですよね?
ホウレン草は柔めに茹でられたトロリな食感で、スープとの相性はバッチリ!
コレハ増したいです。

個人的には食べやすいマイルドな家系で美味しかったです。
チョットお高いかな?というのがヒトツ、厨房内の店主さん?と回りのアジアンな御姉様方の息が合っていなくて、バタバタしていたのがヒトツ。
オペの方は直ぐに改善されると思います。
なんたって総勢8人位の店員さんがいましたから!

仕事のお昼には重宝します。
ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
86

「混ぜそば」@麺屋 元の写真土曜日お昼に初訪問。
仕事の材料を調達しにビバホームまで来たので、足を伸ばして。

丁度お昼時、外に2名待ち客がいますが、店内のテーブルには空きが?
聞くとスタッフがまだ足りずに、テーブル2卓は使っていないそうです。
まあ、仕事は急がないしユックリ食おうや!と、相方と券売機へ。

11日から提供開始と写真が張ってあります。表題と台湾混ぜ、濃厚魚介浸け麺ですね。
台湾混ぜを食べたかったのですが、人手が足りないのでこの日は提供無しとの事。
普通のラーメンから攻めようかとも思いましたが、未レビューのコチラをポチ。

店内で暫し待ったのち、テーブルに案内され更に暫し待ち漸く配膳。
麺は見えません。多目の茹でたモヤシ、キャベツの上にチャーシュー、メンマ、辛味噌にナルト、更にしっかりと背油がかけられていますね。
注文の際にニンニクとマヨネーズの有無を聞かれたので、両方お願いしました。
結構しっかりマヨネーズが!

麺をヒトクチ、然程太くはないモチプツと舌触りの良い麺は相当に甘辛なタレに絡まって、旨いデスネ。
余り激しくカンマワサズに、敢えてムラを作りつつ食べ進めます。
チャーシューや茹で野菜は普通のラーメンと同じものでしょうが、絡まるタレが強烈に甘辛!
激しいジャンク感に思わずニヤリとしてしまいます。

マヨネーズを絡めると、さながらモ〇バーガーのテリヤキのタレのようでもあります。
かなりショッパでもあり、最後は何とか胃に納める感じでフィニッシュ。

賛否あるでしょうが、ここまで大胆にジャンクに振った設定は逆に潔い感じですね!
タマに無性に食べたくなる味だと思いました。

スタッフの問題が早めに解決すると良いですね。この日も待ちきれずに諦めるお客さんが数組見られました。
平日に台湾を食べに行こうかな?
ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 6件

「限定、豚汁。」@中華そば 飯村製作所の写真土曜日のお昼、牛久での仕事を途中で抜け出し訪問。
仕事が終わる目処がついていたので走っちゃいましたが、牛久からつくばって思っていたより遠いデスネ。

丁度お昼時で店内待ち8名に続きます。いつも平日の夜にお邪魔してるので、並ぶのは初めて。
煮干しのスープが飲みたくて、中華そばの塩とチャーハンをプッシュ。仕事中間も同じ。
待ち椅子で座っていると、「そういえばなんか限定あったな?」と思いだし、現金で100円足して表題をお願いします。
並びのわりには回転よく10分程で着席、更に10分程で配膳されます。

麺に載せられた大量の青ネギに卵黄の黄色がきれいですね。
つけ汁にはこれ又かなり大量の玉ねぎのざく切り。
極太麺は茹でただけで締められていないので、意外に硬くなくモチモチの食感。
チャーハンを頼んでいたので、麺は少なめでお願いしましたが、これ、少なめ?
茹でたての麺に卵黄1個ではカンマワスのも結構難しいです。
思わず醤油をぶっかけて混ぜたくなりますが、つけ汁に浸けて頂きます。

トロンとした豚の旨味、醤油のかえしも強めですが、麺に絡めた卵黄が予想以上に効いていて、全体としてマイルドな印象に仕上がってますね。
大量のネギ類が清涼感を出してくどくならずにどんどん頂けます。

バラチャーシューはオレジの時と同じようですが、油が抜けて更に食べやすくなったかな。
麺とネギが絡まりずらく、最後の方はネギまみれデスネ。
大量に残ってしまったネギをつけ汁に浸けて頂きご馳走さま。

行儀わるデスガ、麺の器につけ汁をレンゲで適量かけてからカンマワシて食べてみたいと思いました。
チャーハンも美味しかったですよ!
またしても食べ過ぎ、午後の仕事が辛かったデス。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 29件

「ラーメン」@ラーメン大 我孫子店の写真苦手の克服シリーズ、2軒目。
29日北千住の仕事がお休みなので地元の溜まったのをやっつけちまえ!
アチコチ廻る途中、オープン直前に訪問。
先待ち4名に接続。世間は祝日なのか!

券売機でラーメンと熱いと汗かくので生卵もポチ!
カウンターに順番に座り待ちます。
ワンターン4食なので、2廻り目です。

コチラ、開店直後に1度来たきりですので何年ぶりか?
当時は、味はともかくゴワゴワの麺にやっつけられて、、、
麺無しで野菜マシマシにしたい!とか思ってました。
それって茹で野菜のトンコツスープ漬けじゃん!

麺が茹で揚がるチョット前にトッピングを聞かれるシステムなんですね。
この系の経験がモリジさんしか無いので。
野菜多めにニンニクをコール。
程なく配膳されます。

スープはチョットヌルイデスネ。
はは~~~ん!麺を引っ張り出して混ぜると熱くなるヤツだな!
と、思いましたがヤハリ少しヌルイです。生卵は要らなかったか?

ゴワゴワの麺を啜ると、あれっ?モチブツって位の食感。
旨い麺とは言いませんがイケるじゃないですか。
茹で野菜はザクザククタリの中間位、スープによく合います。
一味唐辛子があまり辛く無く、香りもイマイチだったのがチョットマイナス。

他の二郎系が解りませんので比べられませんが、サラリとしたトンコツ醤油に素も効いて中毒性のあるラーメンデシタ。
苦手では無くなりました。ご馳走さま。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件