なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね
86

「混ぜそば  8辛」@へべれ家の写真5月の初め、お昼にカミサンと。

キリリと美味いチンタンの印象が強いコチラでしたが、辛そうな混ぜそばが有るのを知って狙っていました。
辛さは1から10幾つかまで有るのかな?
その上のクイーンなんてものある様ですが、初なので残すとヤバいと適当に8位でお願いします。

見た目普通に美味しそうな混ぜそばですが、、、
卵黄の下の挽肉玉が辛いのかな?

麺だけ食べると辛さはなく、豚と魚介の濃厚なタレがモチモチ太麺に絡まり解りやすく美味しいです。
よくカンマワシテ頂きます!と、おお、、、辛いですね〜〜
と言っても食べられない様な辛さではなく、身体がポカポカと暖まる辛さ。

海苔、万能ネギ、メンマ、タマネギ、ニンニク、、、
これらに辛い挽肉が合わさりベースのタレと相まって箸が止まらん!止まらん!止まらん ‼︎

大ぶりなバラチャーは軽く炙られており、美味しい上に好い箸休めにもなって止まらん (笑)

カミサンと分けた唐揚げセット?
のライスをドボンすれば、ソリャア美味い辛混ぜ飯の出来上がり。
最後は丼を持ち上げてサラサラと胃に流し込みご馳走様。

真っ赤っかな痛くなる様な辛さではなく、美味しく辛い混ぜそばでした。
今度はクイーンでも大丈夫そうかな?
でも汗はシッカリかきましたが。

胸肉の熱々唐揚げもコチラに来たらマストですね!

またお邪魔致します。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 4件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】 蓮の華  大勝軒イベント  特製つけそば」@煮干し中華そば 蓮の華の写真4月の末のお昼に。
この日は故、山岸氏の誕生日とか?
通常メニューの提供はなく、限定メニューのみの営業です。

つけそばの特製をポチ!

麺は何時もの凄濃つけと同じでしょうか?
弱冠色が濃く精製低めな様にも見えますね。
如何にも大勝軒って感じの美味しい麺です。

漬け汁はシャバシャバの豚骨魚介ですが、豚骨醤油でも良いかな?って程魚介の主張は控えめ。
というか、大胆に甘いんです!
豚の甘さ、調味された砂糖由来の甘さが突出しており魚介の風味は控えめに感じますね。
で、其れが結構好い感じ (笑)

甘さの強い漬け汁は不得手とする処なのですが、魚粉のザラザラや妙な粘り気がなくシャバだから?
凄く甘いのに食べ易いですねぇ

特製の具は麺の上に味玉と海苔、漬け汁の中に豚バラ、腿の低温、ネギ、メンマ、半分にカットされたゆで卵、等等です。
とにかく大きな豚バラが凄い存在感!
濃いめの甘めに味付けされており、汁の中からゴロゴロゴロゴロと、、、

麺を中盛りにしたので断念しましたが、絶対に白いご飯と合いますね!
タクサンの刻みネギが麺に絡まり、シャバでも甘い漬け汁と麺が何ともマッチします。

後半は甘みが舌に蓄積してチョット難儀しましたが、美味しく完食。
スープ割は鰹出汁を注がれ熱々でリターン。
割っても甘いのですがコレも飲み干してしまいました。

チョット記憶にない程の甘い味付けでしたが、美味しかったです。
甘いのが苦手なのではなく、ベタベタしたのが苦手なのかな?
其れとも最近アルコールの量を減らしている為、身体が甘いのを欲していたりして (笑)

チョット前に食べた限定の塩煮干しは全然甘くなくても凄く美味しかったですし、近いので此れからもお邪魔させて頂きます。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 4件
81

「味玉ラーメン」@麺屋こうじの写真茨城ばかりで仕事しないで偶には柏で仕事デス。
今の様にラーメンを食べる様になるよりもモット昔、一度だけ食べたコチラに相方と。

お昼時ですが待たずに大きなテーブル席に2人で座る様に促されます。
いいの?

コチラのルーツがナニカ大勝軒の流れなんだか佐貫?なんだかワタシは知らないのですが、豚骨魚介のお店である事は承知の上。

此れまでチョット苦手なジャンルと思ってきた豚骨魚介ですが、飲んでみると意外にイケる?
個人的にニガテなベタベタした甘味は殆ど感じられず、豚骨由来のクドさも控えめ。
代わりに相当強い魚介、主に節類の旨味が舌に響きますね!
節類の味が強く、結構な酸味まで感じる程ですが、ワタシは節類の酸味は寧ろ歓迎なのです。

チョット兎に角さんの割りスープを思い出したりして。

麺は、、
中太のモチモチした麺ですが、まあそんな感じですね。
店舗の説明には全粒粉使用とありますが、違った様な。

網で炙られた豚バラチャーシューは、ハッキリと硬いです。
お年寄りや歯の悪い方は厳しいのでは?
味玉はヤヤショッパ、メンマも同様ですね。
青菜と刻み葱があるのは嬉しいな!

総じて特筆すべき一杯ではないものの、思った以上に魚介節類の旨味が強くほぼ汁完しました。

どうも豚骨魚介がニガテと長い事思っていたのは、ただ単に甘いスープ、つけ汁がニガテなだけだった様でして(笑)
今更ですがチョット豚骨魚介を食べ直してみようか?なんて思っちゃいました。
松戸のアソコも何年も行ってないし、重い腰を上げるか?

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺  あつもり」@つけめんTETSU 御徒町ラーメン横丁店の写真秋葉原で野郎呑みの帰りに流れて御徒町のラーメン横丁へ。
食べた事のない辛いのを食べようと思ったんですが外待ち大勢で断念、隣のコチラに。

寒い夜だったので、あつもりをポチ。

麺は結構タップリの出汁に浸されております。
この出汁が意外と濃くて、そのままでもズバズバいけちゃいそう!
太麺なのは間違いないですが然程ゴッチリワシワシと顎が疲れる様なタイプではなく、ムッチリ柔らかで食べ易いですね〜〜
ワタシの嗜好と歳のせいか?
最近ではこのような麺が好きですよ。

つけ汁は余りペタペタしないサラリとした豚骨魚介汁。
サラリとしているからと言っても旨味は実にタップリで、豚、魚介、鶏に野菜も?
昆布の様な旨味も感じましたが判りません。
甘味も凄く控えめで、所謂トンギョとしてはコレは好みの真ん中!
失礼ながら嬉しい驚きでした。

漬け汁の中のチャーシュー、メンマ共に個性的ではなくても充分な美味しさ。
辛いのを食べられなかったので卓上の七味をバサバサかけて味変。
辛味よりも香りの良い七味でコレも美味しかった!
今後トンギョには七味が欲しいかも。

近くに行く機会があればマタ食べたいですが、先に辛いのを食べたいかな (笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「鬼にぼ中華そば」@中華SOBA 鬼にぼの写真毎年新米の時期になると、母方の田舎の新潟までお米を購入しに行くのですが、今年はゴタゴタあってすっかり遅くなりました。
カミサンの調子がモウ1つだったので、母だけ乗せて行く事に、、、

新潟だと何時も背脂煮干しか長岡生姜なので、チョットだけ予習して気になったコチラに寄り道。
レストランの居抜きっぽい店内で煮干し度80パーセントとかの表記をポチ、母は歳なので20パーセントとかのアッサリを選択。
店内奥が製麺室で、その前には『心の味』と大きく表記された袋が沢山積まれてますね!
千葉から新潟に来て、千葉の名店の粉で打った麺を喰らう、、、
何やら感慨深いですね。

アッサリの方から配膳されて
(軽やかで芳ばしい煮干しの風味、実に美味い!)
次いで鬼がきます。
豚、鶏も?の濃厚動物系スープに大量に煮干しを投入して炊かれたと思われる、まぁ良く見るタイプ。
味の感想から豚骨魚介に分類しました。
相当動物系が効いており、唇がピトピト貼りつく様なスープですが、煮干しも負けずに苦味も酸味も出てますね!
美味しいです。

麺は心の味での自家製ストレート細麺。
心の味ってだけで全粒粉なんでしょうか?
小麦の旨味もタップリ、舌触りは滑らかで流石に美味い麺ですが、、、
ザンネンな事に、明らかにボイルオーバー。。。。
新潟は麺柔目の印象がありますが、コレは茹ですぎでした。

具材は鶏、豚の低温チャーシュー、メンマ、青梗菜、半味玉、刻みタマネギ、更に柚子が添えられております。
それぞれハイレベルで特に歯応えバッチリで太めのメンマは増せばヨカッタ。
濃厚なスープを柚子で引き締めるのもアソコに近い感覚なのかな?

ヤワヤワの麺だけがチョットでしたが、間違いなく美味しい動物系煮干しラーメン。

でも、煮干し度80とか20とかって、動物系の濃厚さとイコールになっている様な気もしますね〜
母が食べた20のアッサリならば跳ねたかも?
帰り際「またお越しください」と、若いお姉さんが気持ち良く送ってくださり
「千葉からなのでナカナカ、、、」
と言うと更に感激してくれましたよ!

気持ちの良い食事でした。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「ライト豚骨小鯖煮干しB」@MENYA 食い味の道有楽の写真仕事中のお昼に仲間と。
今月のイッパイは豚骨小鯖煮干しとの事。
トンギョは余り得意なジャンルではないんですが、折角なのでチャーシューを付けて。

如何にもトンギョって色合いのスープをヒトクチ、と、何ですか?コレは???
ワタシがこれまで食べてきたトンギョとは全くの別物!
唇がペトッとする様な豚骨のコクはタップリとあるんですが、ベタつく事はなく甘味もなしです。
代わりに小鯖煮干しの旨味、仄かな苦味が口腔に広がり、クドさを感じさせません。
トンギョとは言っても煮干しの効果が大きく、煮干しトンコツ蕎麦くらいの印象を受けました。

麺は中細、ストレート、加水はヤヤ高めに感じましたが硬めの茹で加減でムチッ、プツンとした食感もスープと良く合いますよ。
紫峰豚のチャーシュー、肉厚のキクラゲ、コリコリのメンマは何時もの通り鉄板の美味さ。
レンコンで挟んだお肉は一転鶏の挽肉、スープとは異なる肉の風味、サクサクのレンコンの食感も楽しいです。

豚骨魚介スープの新たな美味しさ、これからの発展性まで感じさせて貰ったイッパイデシタ。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 26件

「トンコツらーめん+チャーシュー」@MENYA 食い味の道有楽の写真限定の提供が無い端境期にヒトリでふらりと。
目当ては初めからデフォの表題です。
中華そばもつけ麺も頂きましたがトンコツって、どんな?って、ずっと思ったたので。

カウンターに座りチョット店主さんとお話ししているうちに出来上がり。
極太麺なので茹で上がりに若干時間がかかりますが、ヒトリで手際が良いですね。

何時もの如く、目一杯盛られた具材を掻き分けスープを。
オヤ?コチラのトンコツって、トンギョなんですね‼︎
不得手なジャンルと言いつつ最近頻繁に食べているような(笑)
旨味はソレハ濃厚で所謂トンギョですが、ベタベタしつこい所が無くて後口がサラリとしていますね。
トンギョを食べる時は個人的にコレがポイントで、スープを飲み込んだ後まで口の中に残っている感覚は苦手です。変な言い方ですが飲みやすいトンギョですね。

合わせる麺はつけ麺などと同じ?極太。
ボキボキよりもモッチリが勝った感じで、これまたジジイには食べやすく然程顎が疲れる事もありませんw

久しぶりに頂いて印象的だったのが2種類のチャーシュー。
バラは直前に軽く炙った物ですが、炙らなくても初めからトロヤワな食感。
口の中で脂がズコズコしたりせずにサラリと解けます。
もう1枚のレアは紫峰豚?って言うんでしたっけ?
脂が甘くて軽いのは覚えていましたが、この洋風な香りはローズマリーですかね。
とにかく香りが素晴らしいです。
このレアチャー、極薄にスライスして昆布、鶏の出汁でしゃぶしゃぶして食べたい(笑)
酒の肴にも最高ですよ。

沢山の博多ネギやキクラゲ等の効果もあり、最後まで重く感じる事なく完食です。

今月のカレーも早く食べたいですね。
あの魔法の様にサクサク柔らかなチキンカツとあわせて!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 26件
81

「中華そば」@大勝軒 佐貫店の写真恒例の産廃処分の途中で1人で訪問。
コチラ、何やら伝説お店なんですか⁇
大勝軒そのものを普段あまり食べないし、柏が無くなってからはマッタク?
ロッソなお店は違うのばかり食べちゃうので。

もりそばが正しい選択なのか分かりませんが、寒い日でしたし、甘いつけ汁は、、、

で、普通の中華そばをポチ。
カウンターの一番端っこ、出入り口の隣に着席。
若い男女2名での切り盛りでしょうか。
隣の方の方が早くに着席しましたが、ワタシの表題が先に配膳されます。
中華そばだからかな?

見た目に豚骨醤油魚介、全開の絵面ですね〜
スープは思った程の濃度ではなく、豚骨と魚介、特に鰹節のような旨味、酸味が心地良いです。
甘みは弱冠つけてあると思われますが、スープに大量にぶっ込まれた挽肉の旨味が重なり気にならないですね。
美味しいスープです。

麺は大勝軒の麺、チョット酸味が強いんですが、それがトンギョのスープに良く合います。

チャーシューは低温に近いモモ肉?のロースト。
今風ですね!
メンマはチョット濃い目ですがそれもマタ良し。

あっと言う間に完食、スープは底の方に粉が堆積しているのでチョット残し。

美味しかったです。
こちらの伝説は良く知りませんが、トンギョとしては大変食べ易く胃にも優しいイッパイでした。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「真空煮干し」@喜元門 ひたち野牛久店の写真蒼さんでスバラシイ混ぜを堪能した後、2軒目です。

過去に2度訪問するも、2度とも振られており器にはなっていたコチラ。
蒼さんの帰り道、アソコの煮干しもイイナ、コチラの鴨もご無沙汰だなぁ?
とか考えながら車を走らせていると、珍しくカミサンから振られてた彼処に行ってみよう!と。

過去2回、固く閉ざされていた喜びの門は、、、
開いてました‼︎

前のお店では混ぜを食べたので、今度はサラリとした汁そばを食べたいなあ?
真空の煮干しって、何と無くサッパリ食べられそうと思いボタンをポチ!
カミサンは根昆布のナントカ?

テーブル席に案内され、10分位待って配膳されました。
提供された器を見て、目をクワッ‼︎と、大きく見開きます。

ドロドロ⁇

ドロドロで、ゴワゴワのワシワシ⁇⁇

やっちまった。。。。。


先輩方のレビューを良く確認もせずに券売機のボタンを押していた10分前の自分をブッ飛ばしてやりたくなります。
シカシ、お店の人はヒトツも悪くありませんし。
何はともあれ、頼んじまったからには食うしかあんめえ!
と、取っ掛かります。

スープをヒトクチ。
ん?
沈めたレンゲにナカナカスープが入ってきにくいですね!
後で先輩方のレビューを読むと、割とシャバとありましたが、この日のは凄い粘度。
サナガラつけ麺のつけ汁の如し!
ヤバイヨヤバイヨ!
味は見た目の印象通り、凄く濃厚濃密なモノ。
豚骨魚介に分類しましたが、鶏のパイタンがベースなのでしょうか?
強烈な魚介でそこら辺はモウ良く解りません。
その魚介ですが、煮干しの出汁って感じではなく、煮干しの粉末を大量に溶いた様な⁇
出汁の旨味や風味ではなく、魚粉の味です。コレモニガテ、、、

絡む麺はソリャアモウ‼︎
ゴワゴワのワシワシ、咀嚼するのに顎が痛いは疲れるは大変でしたよ。
麺の味わいそのものは上等な部類かと思いますが、ジジイにはチトきついですね。

オアシス的に青い所と白い所との多目のネギが嬉しいコト‼︎
更に選択出来るチャーシューは直火焼き?だかをチョイスしたのですが、これは美味しいです。
肉の旨味が逃げずにクドさはなく、香ばしい香りが食欲を増進させてくれます。
カミサンに8割方取られましたが、、、

冷静にお腹が減っているときに食べれば、もうチョット評価上がりそうですが。
スープはなるべく飲まないように、麺だけを引っ張り出して食べましたが、粘度が高いので極太に良く絡みついてきて結構減りましたね。
ワタシの印象では殆ど濃厚トンギョのつけ麺でした。
お好きな方には堪らないのでしょうが、不摂生を繰り返し疲れたジジイの胃腸には些かヘビーに過ぎました。ファンの皆さんゴメンナサイ。

次は魚出汁の奴を食べます。絶対に‼︎

ご馳走様でした。


ところで、真空ってドンナ意味でしょうか?チャーシューじゃないし。
勝手にサッパリしたイメージでしたが、本当の意味を知っている方、いらっしゃいますか?

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ蕎麦」@ラーメンてら田の写真平日の夜にカミサンと。

開店当初の行列もすっかりとおさまり、ナカナカ食べられなかった表題を食べようかと思って。

夕方6時過ぎで先客は3名ほど。ホントに落ち着いちゃいました。
というか、チョット寂しいです。

空いてますので然程待たずに提供されます。

え~~~~っと、これはチョット寂しい江面ですね。
つけ汁の中に炙られたグルグルチャーシューが1枚、麺の上には海苔が1枚、以上!

せっかく綺麗な器を使ってるのですから、盛り付け、色目にはもうチョット頑張って欲しいです。

麺をヒトクチ、コチラの特注のデュラム小麦配合の太麺、モッチモチな舌触りでコレハ好きですね。ヤハリ。
つけ汁をヒトクチ、、、

豚骨魚介に分類しましたが、豚に負けないくらいに鶏のも感じます。宛にはなりませんが。
所謂マタオマ豚魚とは違う、チョット新しいところを狙っているのかな?
カエシの主張も弱めで、この手のつけ麺としては塩分はカナリ低め。

狙いどころは良いのかと思うのですが、甘さはしっかりとついているので直ぐに舌が飽きてしまってなんだかボヤけた印象が。

スープ自体の旨味はカナリのモノだと思うのですが、ピシリと締まったところが欲しいです。

未レビューですが、油そばに続いて台湾、中華そば、そしてこの日の表題、全メニューを頂きました。
最初の油そばは好みのイッパイでしたが、汁なしだけに味の密度が濃いんです。

中華そばやつけ麺はもうヒトツ、パンチと見た目の工夫が欲しいところ。

厳しめのレビューになっちゃいましたが丁寧な仕事をしているのは良く伝わってくるイッパイですし、旨味も充分出ているのだから、あともうチョットだと思うんです。

地元のラーメン屋さん、応援してます。
頑張れ!てらださん!!

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件