なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「純鷄そば」@特級鶏蕎麦 龍介の写真ヒトリ茨城巡り、2軒目はコレまた久し振りのコチラ。
限定で煮干しがあれば煮干し比べをしようと思いましたが売り切れ。
移転後初の訪問ではつけそばを食べたので、レギュラーの純鷄さんを。

スープはトロリと粘りのある鷄パイタン、多めの鶏油が乳化して黄色味を帯びています!
コチラの鷄パイタンは舌にザラつきが来ないというか、ヌルリと滑らかと言うか、、
旨味が強いのに優しいんですよね〜〜
陳腐な表現ですが、丁寧に作られたコーンポタージュにも通じる様な優しい味わいです!

玉ネギと柚子はテッパンですが特に柚子の風味と鷄パイタンとの相性は今更ながら新鮮な驚きでした!

自家製になった麺も秀逸!
チョット加水抑えめの細ストレートでややパツンも感じますが粘度の高いパイタンを纏って滑らかでもあります。
食感、舌触りがカイカン!

チャーシューは鷄胸の低温調理。
レアチャーというより確りと熱を入れられたものですが、サクッと嚙み切れ尚且つシットリと柔らか。
歯に食い込んでくる一瞬の抵抗と噛み切った時の達成感?
何度も何度も噛み噛みしてしまう、、、カイカン ‼︎

穂先メンマのサクシャキも心地よくあっという間に完食完飲です!

美味しいものを食べるってカイカン!ですね〜〜

店主さんとチョットお話をする事が出来ましたが、空調の具合とかオープンしてみて出て来る問題もある様でタイヘンそうです。

開店時にはズラリと並ぶ待ち列が当然の人気店、スタッフの方々共々お体に気を付けて美味しいラーメンを作って下さいマセ。

ご馳走様でした。

からの次〜〜

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「鬼つけそば +  チャーシュー」@つくばらーめん 鬼者語 -オニモノガタリ-の写真福島からの帰り道、アチコチ寄り道してから夜7時過ぎに。

先客数名おりましたが流石に待たずに着席、未食の表記メニューとカミサンはブラックを。

綺麗な麺を崩してヒトクチ。
つけ麺にはチョット珍しい?平打ち幅広のストレート麺。
茹ではヤヤ硬めで、締めてあるためカナリ食感は強めですよ!
ヨク噛まないとなりませんが、噛んでると小麦の旨味がフウワリと鼻から抜けます。
コレは小関さんの麺なのかな???

つけ汁は粘度の高い鶏パイタンにネギがドサっと。
つけ麺のつけ汁としては塩分は寧ろ控えめで円やかで重くない鶏の旨味がストレートに味わえる設定ですね〜〜
沢山のネギが絡まると食感強めな麺とのバランスも良く美味しいですね。
反面ネギがなくなり後半になると麺が勝つかも、、、

増したチャーシューはレアな豚、鶏。
一時期カナリしっかりと熱が入れられていた様に記憶していますが、
(偶々かな?)
この日は随分と攻めてレアーなチャーシュー ‼︎
豚もさる事ながら、鶏のチャーシューはこの位サクっとしたレアーが断然好みですね。

お客さんもはけてワタシ供だけになりチョットお話ししてくださいましたが、交流の深い取手のはざまさんからも色々と吸収なさっているとか。

鶏チャーシューもパイタンのつけ汁もヨク似ていますね。
シカモ大きくて!
可能であればお土産持ち帰りしたいですが、、、
今度聞いてみよう。

身体に優しそうな鶏パイタンつけ麺。
久し振りに夜ラーの禁を犯しましたが、罪悪感も控えめ?でしたよ (笑)

一周年にはお邪魔出来ませんでしたが、この場を借りてお祝い申し上げます。

マタお邪魔致します。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件

「【限定】  牡蠣そば   専用追い飯」@中華蕎麦 一無庵の写真コチラで牡蠣の限定があると聞いて訪問。
(既に終わっております)
今時牡蠣は珍しくありませんが、ヨーグルトを添えてあるとか。
平日仕事を抜けてヒトリ突撃しました。

お目当のボタンと追い飯は現金でお願いします。
900円+200円です。

スープのベースはコチラの鶏パイタン、其処に牡蠣をドバッと放り込んで丁寧に炊かれた様な感じでしょうか?
コチラらしく重たくない、鶏と牡蠣の旨味が綺麗に抽出されてる印象です。
美味しいスープですね。

麺は細麺のストレート、モルトではなかったと思いましたが、チョット全粒粉ぽい?
スープの濃さで麺の様子がモウヒトツ印象に残ってません(笑)
ビックリしたのはバターの風味!
茹で上げた麺にカルピスバターを絡めるのかな?
マーガリンの様なチープな香りではなく、豊かで濃いバターの風味が鼻から抜けてきます。

出汁とは別に炊かれたっぽい牡蠣はプリプリ、奥久慈軍鶏の味玉もニジュウマル、岩海苔風の磯海苔もシャリシャリと歯応えの好い上等なもの。
彩り綺麗な水菜はチョット多いかな? 口の中でモサモサするのでチョットで良いカモ。

そしてヨーグルト ‼︎
おそらく手造り?
強く鮮烈な酸味が舌にピシリと響きます。 其れだけ食べたらホントに酸っぱいプレーンヨーグルト(笑)
コレをスープにチョットずつ溶いて食べると、アレレ?
酸味が丸く穏やかに、牡蠣、鶏パイタンとの不思議な旨味に驚きます。
コレは色んな味を纏める鶏パイタンの懐の広さあってのトッピングですね〜
そんな訳で分類も鶏パイタンにしておきました。

元より少なめのスープを成る可く残しておいて追い飯をお願い。
200円はお高めかと思いましたが、ご飯に蕩けるチーズをのせてバーナーで軽く炙りリターン!
高くないです(笑)

カルピスバター、ヨーグルト、蕩けるチーズと乳製品の三重奏を濃厚鶏パイタン牡蠣スープとカンマワシテ食べれば、、、
追い飯お代わりってお願いしたい程でしたがスープもないので。

創意溢れるチャレンジングな一杯。
「どうでしたか?」
と若き店員さんに尋ねられましたが、こういうチャレンジはどんどんやって欲しいですよ!

此れからも楽しみです。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 5件

「びんびん海老SOBA」@七福軒の写真チト前ですが、2月半ばに1人で。つくば市で仕事と聞くとルンルンですよ!
(近くのニボ神社の行列を見て断念したのはナイショ)

鯛があるかと見てみましたがこの日は無し。
準レギュラーって扱いですかね?
デモ未食のコチラも食べたかったので全然オッケー!

普通の鶏パイタンよりは明らかにオレンジがかって、且つ海老の匂いがブンブン漂ってくる一杯!

スープのベースはモチロン鶏パイタンですが、其処に大量の甘海老の頭を放り込むんですかね?
別に炊いたのを後から混ぜた感じではない様な。
味は円やかな鶏パイタン、途端に口中イッパイに広がる猛烈な海老の香り ‼︎
甲殻類苦手な方はゼッタイにNGでしょうが、まあ、初めから選ばないか。

麺は中細のストレート麺、パツンとした菅野製麺のアレ。
パイタンとの相性も良いですねぇ〜〜

チャーシューは豚肩ロースの低温と鶏胸の低温の2種類、ボリュームも充分ですね!
豚の方はシットリレアーで良い香り。
鶏の低温はチョット個性的です。
下味の塩を長めに付けるのか、其れとも塩汁に漬けるのかな?
レアーなんですが、身がキュッと締まっていて少しハムっぽくもあります。
硬い、と思う方もいるかも?ですが、ワタシはコレ大好きですよ!
ウイスキーなどにも良さそう。あ、今は禁酒中だった(^_^;)

岩のりは青海苔に近い風味と食感ですが、細かめに刻まれたタマネギと相まって、トロリとしたパイタンによく合います。

海老好きならば一度は食べておいて損はない、強海老鶏パイタン!
海老の香味油ではなく、パイタンスープそのものが凄い海老風味って所が良いですね。

今日食べた鯛のも美味しかったので、マタ後で。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 5件

「味玉煮干し鶏つけそば」@中華蕎麦 一無庵の写真はじめにつけ汁の無い写真でスイマセン。
どの様に複数の写真を貼るのかヨク知らないので(笑)

お休みの夕方にカミサンと。
先客は無し、チョット落ち着きましたかね?
その後大勢のお客さんが来てたけど。

食べたのは未食の表題。
はざまさんの限定で同じタイプのを食べていたので、頭の中にはあの味があります。
デモ、まず麺が違います。
小関企画さんのモルト麺。
ボソッとした歯ごたえ舌触りで、上野のアソコを彷彿としましたね。

チャーシューの味付けは同じですが、コチラの方がレアかなぁ〜?
更にスライサーで大きく1枚にカットされており、見た目の楽しさも良いじゃありませんか!

写真にないつけ汁はカナリのセメント色!
鶏パイタンに分類しましたが、濃度は高くなくオッサンの胃腸にも優しいです。
煮干し、煮干し、煮干し、鶏パイタン位の印象でカナリの苦味もありますがコレは寧ろ大好きです。
煮干し鶏そばに更に追い煮干しをして採ったスープとか。

コレ相当に好みでしたよ。

あと未食なのはスパイシー混ぜのみ。
はざまさんとは違いがあるのかな?
確かめにお邪魔せねば。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 5件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】 ローストトマトの海老混ぜそば」@特級鶏蕎麦 龍介の写真日曜日の夕方、カミサンとシャッター。
5時チョット過ぎに着くと既に外待ち多数!
一瞬怯みますが折角来たので接続、10番手でした。
外待ちの列を整理しつつお客さんに丁寧に挨拶して回る店主さん、本当に仕事が楽しそうですよ!
遅ればせながら4周年のお祝いの言葉だけボソッと(笑)

4周年からチョット変わったというつけ麺を食べようかと並んでいましたが、隣にいる女性の強い意向があり限定2品をポチポチ。
席に着くと殆ど待たずに提供されるのは何時もながらの見事な手際ですね‼︎

海老混ぜそばは去年頂いてますが、チョット印象が変わっています。
ベースのパイタンに絡む海老の旨味と香りは、ガツンを通り越してガッツんガッツん。
店主さんが、「味見出来ないヤツ」と言うのもナルホドな海老感。
なのに甲殻類のザラつきは然程気にならず、食べ易い上にこの手の混ぜそばとしては塩分も控えめ。
具材のローストトマトや鶏チャーのバジル和えなどが良い仕事をしてあって、塩気の不足はマッタク感じずに様々な旨味と香りの嵐ですね〜
オイシーー‼︎

ローストトマトはカミサンに「あまり食べるな!」とお叱りを頂き自粛しましたが、それでも充分にトマトの旨味を感じられましたよ(泣)
鶏チャーのバジル和えはビールでも白ワインでも良いですね。
紫キャベツ?は色もよくサッパリ、更に細かく刻まれたのはセロリ?
あの独特の香りが嫌いな方も多いでしょうが、海老混ぜそばの風味と不思議に喧嘩せずに寧ろマタ食欲を増す様な効果がある様な、、

おい飯はグッと堪えて完食。

去年食べたのでも凄く美味しかったんですが、海老の香りや薬味など更に美味しくなったと思いまし
た。
同時に頂いたモウヒトツの限定も美味かったので後ほど。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 19件

「煮干し鶏そば」@中華蕎麦 はざまの写真取手での仕事がまだまだ長そうでして、如何してもコチラに訪問する回数が増えますね!
早めに到着するものの、廻りの道に車が溢れてる、、、
守谷のお店が夏にオープン⁇しても、コチラの人気が下がる訳でも無く、駐車場は何とかしなけりゃナランでしょうね〜

さて、券売機の横には久しぶり?の煮干しの限定。
研究熱心な店主さんなので、きっと変わっているかな?と、ポチ。
奥久慈軍鶏の味玉はコチラではマストです。

カウンターに座りチョット待って相方の分と同時に提供されます。
見た目は以前食べたつけ麺のつけ汁と然程変わりがなさそう。

まずスープから。
って、レンゲを口にする前から強めの煮干しの芳ばしい香りが立ち上ります。
前よりも強くなってますよ!
鶏パイタンのベースは変わらないものの、煮干しならではの苦味、心地よいエグミに口の中がキュッとなります。コレコレ‼︎
白口を大量に使っていたのを、セグロもカナリぶっ込んだとのお話。
以前よりもダイブニボニボしており、鶏さんはチョット奥に引っ込んだ感じです。
煮干しを食べるぞ!ってボタンを押すオタクにはコチラの方が完全に好まれるかと。

麺はコチラは何処の製麺所だったっけ⁉︎
カネジンさんかな?
何時もの中華そばよりも細めのストレート、加水は然程低く無くムチッ、パツくらいの麺。
スープとの相性もバッチリです。

チャーシューは鶏は無く、豚のレアチャーシューが1枚。
刻みタマネギや岩のりはそりゃあ合いますよ!

思っていた以上に美味しい煮干し鶏そば。
コレはリピート決定的ですね〜
いつ提供になるのか解らん所がタマニキズですが(笑)
身体の大きな職人的にチョット残念なのがスープの量。
コレは混ぜそばに使う器ですね〜
もうチョット美味しいスープ飲みたいですww

「チョット味見してみて」
と、今後提供予定の和え玉を半玉サービスで頂きました。
やや甘めの醤油カエシに煮干粉、カットチャーシュー、テッパンのヤツかと思いましたが、そいつを生卵を絡めて食べるというスタイル‼︎
これまた美味しくツルンと完食です。
スープの量がもうチョットあれば大台も確実な好みの煮干しでした。

提供も少しずつ安定してきそうですし、今度こそ開店予定の守谷店も楽しみ!

ご馳走様でした!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 16件

「味玉海老むじゃき蕎麦」@麺屋 むじゃきの写真お出かけ帰りのイッパイ。
福島から下道をトコトコ走って水戸には6時位に着きました。
夜の水戸でラーメンは初めて!
アレコレ考えましたがご無沙汰なコチラに。

開店時間ピッタリに駐車場にイン
先客2名と同時に入店です。
平日の夜早くは並ばずに食べられるのかな⁇ラッキー⁇

カミサンは迷わずに生揚げ醤油を選んだので、ワタシは何年振りか忘れた表題を。
テーブル席に座って僅か3分程で提供となりました。
凄い手際の良さ‼︎

麺だけヒトクチ食べて「おおっ??美味い‼︎」
思わず声が出ちゃいますね〜
自家製麺なんでしたっけ。
舌触り、歯ごたえ、旨味、風味共に素晴らしいです。
何度も麺だけ引っ張りだして咀嚼したくなりますwww
記憶に無かったですが、これ程旨味の強い麺でしたか。

スープは鶏パイタンと魚介のバランスが良いですね。
それだけだとジジイにはチョット厳しいですが、海老の強い香りが全体をまとめます。
鶏=魚介=海老みたいな⁇
何かが突出する事なく旨味のバランスが良いです。

炙りのグルグルチャーシューはチョット硬いかな?
低温の鶏は個性的ですね!
割としっかり熱が入っていそうですが、濃い目の塩分と相まって何処かハムっぽくも感じました。
コレ、美味しいです。

腹ペコだったので飲み干しそうになるのを堪えて。

数年前の印象が余り無かったですが、美味しかったです。
狙いは平日の夜?
いやぁ、旅行の帰りでもないと無理だな(笑)

麺の重要性を再認識させられた様な。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】えび混ぜ」@はりけんラーメン 南店の写真日曜日なのに珍しく仕事をして何とか午前中でやっつけ、昼過ぎに駆けつけました。
2時過ぎに到着、店内待ち3名に接続。
広い店内なので空いてる席もありますが、回転が間に合わないですよね。

テーブル席に腰掛け2時半過ぎに提供されます。
カミサンは鴨つけの鴨スキセット。

見た目は本店のソレと余り変わりないデスね。
シカシ、食べてみると結構違いが。
タレというよりもスープに近い量の鶏パイタンが適度に麺に絡みます。
本店のネットリと絡みつく濃厚なタレに比べてサラリと食べられます。
コレは良し悪しではなく好みですね〜
最近ジジイのワタシには食べやすくて◯

ペスカトーレのようなトマトペーストは海老の香りは程々。
ガツンと強いのも良いですが、こんな所も食べやすさにつながってます。
アンチョビペーストの香りはカナリ強かったけど。

様々な薬味と添えられたほぐしチャーシューは混ぜるとツナみたいです。
そのまま食べてないけどホントにツナ⁉︎


ネットリ濃厚な奴は本店、さっぱりサラリと食べたいならコチラって感じでしょうか。

カミサンが食べた鴨つけは新たなトッピング、鴨スキセットをつけて。
生卵を麺に良く絡めてからつけ汁でズルリと。
最後のつけ汁は半ライスにカンマワシテ完食。
コレは是非とも付けたいオプションでオススメです‼︎
鴨自体もマタひとつ美味しくなったような⁇

水戸のお祭りも頑張って下さい。楽しみです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 8件

「【限定】煮干しつけ麺」@中華蕎麦 はざまの写真近所で重宝させて頂いているコチラ。
昨年から従業員さんに突然辞められたりギックリ腰を患ったりと、踏んだり蹴ったりな店主さんでしたが、即戦力な従業員さんも2名確保。
腰も漸く安定して最近は充実の一途。

ゆとりが出来れば予てから温めていた限定メニューの開発にも取り掛かれるというものです。

初めから煮干し目当てで平日のお昼、早めに訪問。
煮干しのボタンが生きていてニッコリ。
卵もポチっと。
券売機の横には最近ウワサのπなる浄水器のポップがあります。
なんでも一晩かけていた水出汁が4時間程て出ちゃうとか?

さて、提供されたイッパイは何時ものつけ麺と然程変わりませんね。
つけ汁の色が煮干し由来でチョット茶色がかってます。

麺は何時もの平打ちピロピロ麺。
やや柔めの湯で加減でテロリン!とした食感が楽しい好きな麺です。

つけ汁は何時もの鶏パイタン⁇と思ったら、煮干しのニガエグもキチンときますね。
平子と仰っていたかな?
かなりの煮干し感は出ていますが、ベースの鶏パイタンも負けじと強いでしょうか。
純粋に煮干しの風味を期待するとヤヤ面喰らうかもしれませんね。

具材は何時もの通り。
簡単に言う事では無いかもしれませんが、コチラの豚チャーシューは今の所マイベストに近いかな。

スープ割をお願いすると、満席で忙しい中厨房でアツアツに温めてリターンしてくれます。
アツアツ鶏ニボスープを飲み干してご馳走様。

美味しかったです。
鶏煮干しつけ麺ですね。
純煮干しもやってみたいと仰っていましたので、これからも色々楽しませてくれそうな。
頓挫していた守谷店の方も漸く工事が始まるとの事で、其方では茜ドリと煮干しを提供したいとか。

またお邪魔します。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 16件