なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「【限定】  冷やしベジ担々麺  ハーフ」@麺処 あす花の写真今更ながらの駆け足レビューです。

月に一度の居酒屋営業にお声かけ頂きノコノコとお邪魔しました。
(千葉をウロウロしてるワタシはコチラにお昼お邪魔した事がないっす)

呑んで食べて呑んで呑んで、、、、

シメのお楽しみラーメンはハーフでお願い。

ヨク冷えた見た目も女性らしく美しい一杯!
スープのベースはデフォの鶏との事ですがゲンコツとか足されていると。
其処にジャガイモと豆乳を合わせた(ゴマはそんなに強くないっすね)スープ。

ジャガイモがポテっと重たく感じるのかと思いきや、舌に触るサラサラがマッタクないんですよね〜〜
どれだけ丁寧に濾しているのか?
その手間が偲ばれます!

豆乳がマイルドでクリーミー、全体を優しく包んで飲み込むと鼻から大豆の香りがフワリ。
此れまで豆乳を使ったラーメンは経験がなかった様な?
他の素材の邪魔をせずに優しい甘味で美味しいんですね〜〜
特に冷やしに合うのかな?????

ムチっとした麺とトマトなど相性もヨク、ハーフにした事をスグに後悔、、

麺友さん方が卓上のホワジャオなどをお使いともつゆ知らず、というか、気がついた頃には食べ終えてました (笑)

マタ今月も楽しみですが、普通の塩も食べてみたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】 冷製担々麺」@麺ゃこもんの写真8月下旬、牛久市でチョット仕事。
もうお昼はコチラまで走る!と決めてました。

目当ての限定ボードが外に立っていて一安心。
(既に終了した限定です。スイマセン)
TKGの食券と共に渡してカウンターで待ちます。

間も無く鶏パイタンの様なクリーム色のスープに水菜のグリーン、ラー油の赤、肉味噌と彩りの綺麗なイッパイが提供されました。

スープのベースは鶏のパイタン?
ゴマの風味がたちますがそんなに強くなく、冷えている事もあって飲みやすいですね。
チョット物足りないくらい?
と思っているところに肉味噌を解いて混ぜていくと、、、
旨辛な肉のコクにシビも合わさりイイ感じ〜〜

ラー油も自家製の様で香りがイイですが、ワタシにはもうチョット辛くてもオッケー

高菜は胡麻油で軽く炒めてあるかな?
変わってますが、一辺倒になりがちな担々麺の味わいに効果的に変化をつけますね!

結構驚いたのが鶏ムネ肉の低温チャーシュー!
シットリ、シコシコ、鶏の味わいも上等で間違いなく此れまで食べた物の中でも最高に近い味わい。
コチラの鶏チャーシューは通常メニューにもあった筈ですが、美味しくなってますね。
冷やしで熱が入らないから尚更?
コレ、今度から増したいなぁ〜〜〜〜

採点外ですがTKGも奥久慈卵を使用しボリューミー、香味油かナニカがかけまわされており更に鶏節をパサリと、、、
それで200円ですから相当お値打ちですよ。

特に鶏チャーシューの美味しさに痺れたイッパイ、コチラ全てのメニューが本当に美味しく次にマタ何をタベヤウカ?
楽しい悩みです。

コラボされた牛久沼夕陽食堂 樂さんにも行ってみたくなりました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 6件
85
このレビューは移転前のものです。

「担々麺」@麺や  ふる川の写真日曜日にカミサンと。

世は三連休、高速も下道の6号もメチャ混み、、、
其処は茨城の道を走りまくっているワタシ、コチョコチョ抜け道を使って開店20分前に到着。
1組待ち有りますね。

頻繁に水戸に来ますがコチラは最近頻度高いな、、、
カミサンの意向が強く働いております(^_^;)

未食の表記メニューを追い飯もつけて。

鮮やかな赤オレンジ?色のスープ、見た目ほど辛くはありませんね。
芝麻醤のゴマのコクがベースの美味いスープに溶けて後を引きます。
印象的なのが海老!
この辺りはR先輩のレビューに詳しいですが、細かくした海老をサッと揚げてあるんですかね?
それがナッツと混ぜられたものがスープにバサリと載せられており、溶かしながら食べるとゴマウマスープに海老の風味がプラスされて、、、

ストレートの麺は普通のと同じなのかな?
以前の麺はもうチョットたまご麺みたいな感じでしたが、サクサクと噛み心地が良くスープとも良くあってます。

博多ネギのザク切りは爽やか、辛くない挽肉は大切に取っておいて (笑)
追い飯と良くカンマワシテ頂きます!
コチラの追い飯は茶碗一杯分、カナリ確りとした量ありますのでお腹イッパイになりました。

美味しかったです。
ゴマ海老香る、コチラだけの担々麺、また食べたくなるヒトシナでした。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 4件

「【3月限定】 土浦担々麺」@激辛ラーメン専門店 レッチリ 土浦本店の写真3月初旬、仲間と昼から茨城グルリ呑みの旅へ。

シャッターで人生さんでグビグビ、人生ラーメンは勿論鶏手羽餃子も絶品!
向かいの青春餃子でグビグビ、運転手の麺友さんは煮干しの2杯目。

チョット移動して熊田屋さんでイッパイ。

チェーンの居酒屋で時間潰しの後に、この日のお目当焼きトン屋さん?
記憶がチリチリと飛ぶ程呑んで食べた後にコチラに。

なにぶん一日中呑んだ後なのでダイブ記憶がとっ散らかってますが、ご容赦下さい。

初訪なので南極を、と思いましたがツイ限定をポチ。
担々麺好きなので。
気になる辛さは標準でお願いします。
別料金で《仁王》とか《阿修羅》とか物騒なバージョンもあるようですね。

スープのベースは鶏のパイタンなんですか?
豚みたいにも感じましたが、正直辛くて良く解らんですよ(^_^;)
シカシ、カナリ濃厚な芝麻醤のコクと旨味は主張してきます。
コレコレ! 担々麺食べてるって気になりますね〜〜

啜って気管支にスープが入り込めばその時点で戦闘終了でしょうから、上品な人妻の様に箸でチョットずつ口に押し込みます。
うう、、、 辛い、、、、、

タップリのひき肉餡はそれ自体は殆ど辛味は無く、これまた沢山の玉ねぎ微塵切りと合わせてオアシス的な存在。
シカシ、スープ辛いなあ〜

正月に水戸の辛いお店で食べた麻婆のヤツよりも確実に辛く感じるのは、昼間からビール、ハイボールの炭酸で喉を虐めていたせいか?
喉に直接訴えかけてくる辛さ、想像以上でした。

酔っていたので曖昧な記憶でしたが、写真を見返すと完食、完飲。
丸一本の唐辛子までなくなってるんだけど、、、
食べたんだろうなぁ? タブン (笑)

この上の辛さは呑んでない時にトライしますね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「【気まぐれ】  汁なし担々麺」@中華そば 飯村製作所の写真もう終わっちゃったメニューですが、復活を願って。

ゴマがある限りの提供と聞き得意の昼抜け、取手の現場からは、、、
結構走りますね(笑)

月曜日のお昼ですが中待ち数名、皆さんワタシの様に仕事抜けてくるのかなぁ〜〜?
目当てのボタンに半ライスと餃子もポチっと、カウンターの端っこで身体を小さくして待ちます。

見た目は正統な担々麺、、、にしては茹でたキャベツ、緑の搾菜が個性的かな。
汁なしと言っても多めに張られたスープで、最初に麺を啜ったら辛くて噎せました!
表層にラー油が浮いているので、混ぜて食べるのが吉ですよ。
このゴマペーストが紛う事なき自家製手作りの様で、ゴマのコクに何とも言えない芳ばしい風味‼︎

ワタシは家でチョット美味しくない食べ物にでもゴマさえかければ美味しく食べる、ゴマジジイなのですが、そこにこちらの自家製麺を絡めるのだからコリャア堪らん‼︎‼︎

茹でたキャベツは甘みがあって口の中をリフレッシュ、搾菜もヨク合うんですね!
これから担々麺には搾菜が欲しくなりました。
挽肉は甜麺醤?風な甘味があって、山椒っぽいピリリに、カシューナッツの香ばしさと食感の良さ。

これらを全て良くカンマワシテ食べれば旨味と香りの洪水!
一気に食べ終えて半ライスをドボン。
これがマタ自家製麺にも負けない美味しさで困りますねぇ、、、

甘、辛、酸のバランスの素晴らしい絶品担々麺!
元々担いで売り歩いたルーツを考えても、コレ担々麺の本道ですね。

ゴマさえ入ればマタやるかも? との事ですので、気を長〜〜〜くして、待ちたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 29件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】 担々麺」@特級鶏蕎麦 龍介の写真12月下旬、前日に引き続き土浦での仕事、、
も半日で終わり、シメシメ!とラー活に勤しみます。

この日は平日でもお昼時だったので表題を券売機で購入したのち外待ち、
中待ちとチョットずつスライド。
前日と違い浅野店主さんもいらっしゃってニコヤカな笑顔で迎えて下さりましたよ‼︎
(土浦の辛いお店に振られたのはナイショ)

さて順番が来て配膳、前日と同じく窯焼きチャーシューを増して。
スープはかなり辛味の強そうな赤なんですが、コレが殆ど辛味は無くて飲みやすいですね。
辛いのが好きなので花山椒増して貰えばヨカッタかな。
シカシ旨味は深いですね。
動物系のベースは豚のチンタン?
ゴマペーストやゴマそのものの風味が強くワタシの舌では判別不能ですが、牡蠣や蟹も出汁にブッ込んでいるとか‼︎‼︎
深い旨味はその辺りなんでしょうね。

辛挽肉ミンチは辛いと言うか、花山椒の痺れが勝ちます。
コレはご飯にも合いそうなので、出来るだけ食べずにとっておきます。(貧乏性)

麺は殆どストレートに違い中細麺、加水はヤヤ低めで担々のスープが沁みるとまた美味いですね。

窯焼きのチャーシューは絶対増さないと損なヤツ!
バーゲンプライスですので是非。
最後はサービスの小ライスをドボンして完食。

2日続けての龍介さんを堪能、帰りは外で接客している店主さんと暫し談笑。
誕生日だったんですね!
知らずに行って、知ったふりして御目出度うございます!
とか言ったりして、、、

この数日後に腰を痛めてタイヘンだった様です。
身体が資本なのはワタシも一緒ですが、ファンの為にも健康第一で頑張ってくださいませm(_ _)m

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 19件
93

「坦々鶏そば」@七福軒の写真美味しかったので先に。

水曜日のお昼、つくばでの仕事ですが水曜日は定休のお店が多いつくば。
現場からはチョット走りますが久しぶりにコチラに訪問。

限定の鯛は無かったですが、デフォメニューも増えてますね!
未食の表題と餃子、相方は初めてで悩んでたので以前感激したガーリック混ぜをオススメ。
カウンターに座り半ライスの券も足して渡します。
すると、半ライス餃子セットが50円引きと返金してくれました。
券売機を良く見ないで購入して後で気が付いたんですが、優しいですね。

お昼時、ナカナカの盛況ですがテキパキと気持ち良く動いてます。
店主さんと男性店員、女性店員さんの3人ですね。

然程待たずに辛そうなイッパイが到着。

先ずはスープ、表面を覆う多めのラー油は辛いです!
花粉症のおかげでヤラレタ喉にピシリと堪えます。
デモすぐにマイルドで鶏の旨味たっぷりのパイタンが追っかけてきて中和してくれますよ。
チョイ辛、コク旨、これ、美味しい。
具はタップリの鶏の挽肉、優しめな味付けです。
刻み玉ネギも沢山で、クドくなりがちな鶏のパイタンをサラリと食べさせます。

麺は細麺ストレート、低加水なタイプで、何処の製麺所か知りませんが
(あまり製麺所はきにしませんw)
辛旨パイタンとの絡みはバッチリ‼︎

入り口に生花が飾られており、知りませんでしたが今日は1周年なんですね⁉︎
おめでとうございます。

鯛の限定もまたやるのか聞きたかったんですが、お忙しそうでそそくさと退店。

久しぶりでしたがコチラ美味しいです。ヤッパシ。
相方も、「何でもっと早く教えてくれねーんですか?」ときたもんだ(笑)

またお邪魔します。ご馳走でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 5件

「汁あり担々麺」@まぜそば 一心不乱の写真もうヒトシナ。
コチラで1番好きなメニューが担々混ぜなので、汁ありも食べなきゃね!

コレの方が梅ミゾレよりも早く提供されました。
スープのベースは鶏?凄くサラサラスッキリ、薄い訳では無く飲みやすいスープです。
動物系の出汁がサッパリとしている分、ゴマやホワジャオ等香りが引き立ちますね〜〜
ジーマージャンも使っているのでしょうか?
適度なコクで、コレ止まらないヤツですよ。

麺は中太平打ちの縮れ麺、ムチッとした食感の加水高めなモノで、この麺も美味しいですね‼︎
色々な麺を上手に使い分けますね、コチラ。

挽肉はソンナニ沢山ではないかな?
もっと欲しいですw

個人的にはもうチョットジーマージャン、ホワジャオ、ラー油を効かせた馬鹿向けのが食べたいですが、コレは多くの日本人が普通にイメージする所謂担々麺、ど真ん中なのではないでしょうか?

普通に担々麺を食べたくてたまらない!って時には真っ先に思いつきそうなイッパイでした。
辛さもダイブ控え目だしね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件

「如月のイッパイ、愛抱胡麻拉麺」@MENYA 食い味の道有楽の写真漸く今月のイッパイを頂けました。

水海道での仕事もひと段落して、相方と一緒に訪問。
店内ほぼ満席で、レギュラーメニューを攻めてみるかと思いましたが、OKとの事。
先ずはスタンダードな奴を。

丁度空いたカウンターに2人座ってそれ程待たずに提供されます。
この日は店主さん1人でしたが、こんなにお客さん入っても廻しちゃうんだからスゴい‼︎

スタンダードを2枚とチャンジャのご飯をお願いしましたが、ワタシが辛いの好きなのを覚えていてくださり辛いバージョンにしてくれていました。有難うございます。相方が辛いのを苦手なのも承知で、彼の分は普通のバージョン。

さて、器にはコチラの限定にはお馴染みの具材がイロイロと乗っていますが、ヤハリ印象的なのが穴開きのサジに乗せられた肉味噌(辛そう)。

スープはヒトクチ啜ると先ずは胡麻の香り。
胡麻ジジイにはこの香りは堪りませんね。
動物系の出汁が牛と豚との事ですが、あくまで確りと出汁をひく、という印象です。
余り濃厚に詰めずに、胡麻や山椒の香りを大切にしていますね。

その山椒ですが、肉味噌に練り込んでいるのかな?
溶いていくと輪切りの唐辛子の辛味はモチロン、山椒の素晴らしい香りがひろがります!
生の山椒と乾燥の山椒、2種類を使い分けるそうです。
辛く無いのは生のだけ、と仰っていた様な。
胡麻の香りと山椒の香りが口から鼻に抜けていく快感。
スープが先になくなっちゃいますよ!

具材や麺は何時もの通り、テッパンです。
コチラのキクラゲは何故にコンナニこりこり?
乾燥のキクラゲを何処で食べてもコンナニ肉厚でコリコリにはお目にかかりませんが。

チャンジャのご飯に何とか残したスープをかけてツルンと完食‼︎
相方はチャンジャの辛さに悪戦苦闘していましたよ(笑)

凄くスッキリと上品に纒まった担々麺ですね。
ベタベタ甘かったり妙に酸っぱかったり、ジーマージャンを大量に入れただけの担々麺に辟易している人には1度食べてみて欲しいかも。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 26件

「期間限定、冷やし麻辣担々麺」@ラーメン横綱 柏店の写真蕩けるように暑い日のお昼、仕事の材料をロイヤルさんに買いに行くついでに訪問。
京都を中心に関西方面で展開しているチェーンですが、何故か千葉にだけ3店舗あります。
去年普通の豚骨醤油を食べてナカナカだったので。

駐車場に車を停めると入り口の前に大きな表題の看板が!
こういうところもチェーンぽいですが、なんせ暑いので迷わずお願いします。

ファミレスのような広いテーブル席に相方と二人でリラックス。
何て涼しいんでしょう!これだけでも来て良かったわ(笑)

暫く待たされて配膳。看板にあった通りのナカナカ豪勢な江面。
辛挽き肉、胡瓜の千切り、温玉、大葉の刻んだもの、そしてマーラージャンの赤!

そうそう!大盛り無料とのことで、当然お願いしましたよ。
予想以上の江面にワクワクしながら麺を引っ張り出してヒトクチ。
あんま~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!!

一瞬ナニガ起きたのか解らなくなる程の衝撃的な甘さ!
これ、ジーマージャンではなく、凄く甘いゴマのタレと更に砂糖でしょうか?
醤油のしょっぱさも程々に追い討ちをかけてくる強烈な酸味!

この味の組み立てはゴマだれの冷やし中華そのもの。
市販のゴマしゃぶしゃぶのタレと大量の砂糖、お酢、醤油を混ぜて麺を絡めれば出来上がり!って感じの味付け。
これでお腹一杯にするのか、と思いつつ箸を進めます。大盛りにしちゃたし。

暑い日のマーラー担々麺と思って食べると全く違う印象デス。
辛味も殆どなく、ヒタスラに甘いゴマ冷やし中華デス。
好みからは真逆な一杯となってしまいましたが、とにかく甘いのが好きな方にはオススメです。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件