なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね
86

「純煮干し」@麺屋 弥栄の写真今更ながら初訪問。
様々な煮干しのメニューがありますがストレートな表題をポチ!
チャーシュー増しもポチチ!
平日お昼時を過ぎて貸し切りです。

さてスープを、、
アレ?スープが見えない(汗)
もとより少なめのスープに欲張ってチャーシュー増したら汁なしの様な絵面にナッチマッタ!

其れでもレンゲで掬ってヒトクチ。
煮干しの味がヨク出てますね〜〜
旨味は強いですが苦味や酸味は控えめ、サッパリとした美味しさです。

〔煮干しと昆布と干し椎茸を水で煮出した動物オフのチンタン醤油〕
との説明書き。
干し椎茸をジンワリ感じますが、乾物のネガな匂いは皆無。
素材の良い所を上手に引き出して物足りなさを感じないのは見事ですね!

麺はサクパツの細麺ストレート、マタオマなどと言われますが合うものは合います 。

増したチャーシューは豚の肩ロースのピンクな低温と同じく低温の鶏ムネ。
何方も上出来ですが、スープとの相性は鶏ムネに一票かな。
低温調理した後に丁寧に味を染み込ませてあって、そのまま酒のツマミに頂いてもピッタシですね。

バラ海苔、玉葱はテッパン、戻していないお麩は珍しいですね〜〜


身体にも優しそうな煮干しの一杯、唯一物足りなかったのはスープの量です (笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「純粋金華豚 ワンタン煮干そば  (大)」@松戸中華そば 富田食堂の写真市川で打ち合わせ、の前にヒトリで。
移転前も含めて初訪問です。

綺麗で広い店内はお昼前とは言え7割くらいの入り、意外でした。

煮干しのつけ麺ってのがあれば、と思っていましたが見当たらず表題を。
1130円でございます!

然程待たずにカウンター越しに配膳、上からでスイマセン、と丁寧なお言葉。

煮干しの強い香りが器から立ち登りますね〜〜

煮干しの苦味、エグ味も感じますが、そもそも苦味やエグ味の全くない煮干しのスープなんて意味がない!と思っているワタシ。こんな煮干し感は大好きです!
負けじと主張してくるのが豚の(金華豚なんですね!)旨味と油の甘味。
更に醤油のカエシも塩分高めにピシリと舌に沁みて来ます。

煮干しからの塩分も相当の様で、ブッチャケ少しショッパでした。
ラードの煮干し油があれば近くの煮干しの名店の味にもチョット似てるかな?

麺は流石ですね。
全粒粉の茶色い麺ですがパサパサせずにシナヤカで嫋やか、噛むと甘い小麦の旨味が溢れます。

ワンタンの餡も金華豚でしたっけ?
豚肉のあの香りがプンっと鼻から抜けて来ますが決して不快なのではなく、更に食欲、呑み欲を増す美味しいワンタンですね。
チャーシューは煮豚タイプ、アベレージよりは美味いですが、、、

(大)にしたのでソコソコお腹にたまる量がありましたし、全体的に美味しかったですがお値段とのバランスを考慮してチョット控えめなスコアで。

後日近所の煮干しの名店でも頂きましたが凄く美味かったです、ヤッパシ (笑)

今度は純粋金華豚かつけ麺狙いでお邪魔します。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】 蓮の華  大勝軒イベント  特製つけそば」@煮干し中華そば 蓮の華の写真4月の末のお昼に。
この日は故、山岸氏の誕生日とか?
通常メニューの提供はなく、限定メニューのみの営業です。

つけそばの特製をポチ!

麺は何時もの凄濃つけと同じでしょうか?
弱冠色が濃く精製低めな様にも見えますね。
如何にも大勝軒って感じの美味しい麺です。

漬け汁はシャバシャバの豚骨魚介ですが、豚骨醤油でも良いかな?って程魚介の主張は控えめ。
というか、大胆に甘いんです!
豚の甘さ、調味された砂糖由来の甘さが突出しており魚介の風味は控えめに感じますね。
で、其れが結構好い感じ (笑)

甘さの強い漬け汁は不得手とする処なのですが、魚粉のザラザラや妙な粘り気がなくシャバだから?
凄く甘いのに食べ易いですねぇ

特製の具は麺の上に味玉と海苔、漬け汁の中に豚バラ、腿の低温、ネギ、メンマ、半分にカットされたゆで卵、等等です。
とにかく大きな豚バラが凄い存在感!
濃いめの甘めに味付けされており、汁の中からゴロゴロゴロゴロと、、、

麺を中盛りにしたので断念しましたが、絶対に白いご飯と合いますね!
タクサンの刻みネギが麺に絡まり、シャバでも甘い漬け汁と麺が何ともマッチします。

後半は甘みが舌に蓄積してチョット難儀しましたが、美味しく完食。
スープ割は鰹出汁を注がれ熱々でリターン。
割っても甘いのですがコレも飲み干してしまいました。

チョット記憶にない程の甘い味付けでしたが、美味しかったです。
甘いのが苦手なのではなく、ベタベタしたのが苦手なのかな?
其れとも最近アルコールの量を減らしている為、身体が甘いのを欲していたりして (笑)

チョット前に食べた限定の塩煮干しは全然甘くなくても凄く美味しかったですし、近いので此れからもお邪魔させて頂きます。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 4件

「ミニラーメン」@零一弐三の写真ダイブさぼったのでマタチョットずつ。
船橋での夜呑みのシメ、何処かでラーメン食べたい!と仲間が言うので『しめた‼︎』
とコチラを提案。
土砂降りの中歩いて到着、遅い時間でも店内待ちがありますね。

豚はバツ印なので普通に表記メニューを、ニンニク、アブラでお願いしました。

スープは豚の他に鶏も相当効いてるんですかね。
トロリと乳化しておりマイルドでコクがあります。
カエシは弱めで二郎系としては塩分カナリ控えめ。
この辺りは既レポではショッパだったり弱めだったり?
少しブレがあるのかも。

麺は見ての通り、平打ち極太麺。
小麦の風味がたつ美味い麺ですが、好みよりもチト硬めの茹で加減。
ヤワメコールが出来るのか解りませんが、ジジイにはもうチョットデロの方が食べやすく、且つマイルドなスープとの相性も良さそう。

豚、美味しいですね〜
背筋がブルブルする様なイヤな脂の感じは上手に抜けており、でもトロリと甘味のある豚、今度は早めに行って増したいですよ!

呑みシメにはこれくらいの方が好いのかな?とも思いますが、二郎系を喰らうぞ!と思って来店すると
上品でマイルドなスープに違和感を感じる方もいるのかも。
まあ、ワタシは経験値が低いのでアテにせんで下さいマセ (笑)

マタお邪魔したいです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件
81

「味玉ラーメン」@麺屋こうじの写真茨城ばかりで仕事しないで偶には柏で仕事デス。
今の様にラーメンを食べる様になるよりもモット昔、一度だけ食べたコチラに相方と。

お昼時ですが待たずに大きなテーブル席に2人で座る様に促されます。
いいの?

コチラのルーツがナニカ大勝軒の流れなんだか佐貫?なんだかワタシは知らないのですが、豚骨魚介のお店である事は承知の上。

此れまでチョット苦手なジャンルと思ってきた豚骨魚介ですが、飲んでみると意外にイケる?
個人的にニガテなベタベタした甘味は殆ど感じられず、豚骨由来のクドさも控えめ。
代わりに相当強い魚介、主に節類の旨味が舌に響きますね!
節類の味が強く、結構な酸味まで感じる程ですが、ワタシは節類の酸味は寧ろ歓迎なのです。

チョット兎に角さんの割りスープを思い出したりして。

麺は、、
中太のモチモチした麺ですが、まあそんな感じですね。
店舗の説明には全粒粉使用とありますが、違った様な。

網で炙られた豚バラチャーシューは、ハッキリと硬いです。
お年寄りや歯の悪い方は厳しいのでは?
味玉はヤヤショッパ、メンマも同様ですね。
青菜と刻み葱があるのは嬉しいな!

総じて特筆すべき一杯ではないものの、思った以上に魚介節類の旨味が強くほぼ汁完しました。

どうも豚骨魚介がニガテと長い事思っていたのは、ただ単に甘いスープ、つけ汁がニガテなだけだった様でして(笑)
今更ですがチョット豚骨魚介を食べ直してみようか?なんて思っちゃいました。
松戸のアソコも何年も行ってないし、重い腰を上げるか?

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「一麺クリアー特別企画第二弾 【限定】 extraハード」@煮干中華そば のじじR 我孫子の写真表記メニューの提供を聞きつけ仲間と訪問。
何でも動物系不使用で煮干しのみで抽出したスープとか?

間口の細めな器の為、少なく見えるコチラですが、麺もスープも意外とシッカリ入る器なんですよね。

麺を掻き分けてスープをヒトクチ。
何時ものハードよりも幾分強めに感じる煮干し、、、
ですが、アニマルオフの筈なのに香るこの油脂のニオイ ?

コチラではイージー、ノーマル、ハード、裏ハード、そして表記メニューと全て頂きましたが、共通してこの油脂の香りが真っ先に感じられます。

あ、のじじさんの味だな〜〜〜って特徴があって、好きなんですが、、、

反面、各メニューごとの差異が感じ取りにくくなるのはチョットザンネン。
スープを注ぐ前に入れるオイル? バターかマーガリンの様な香りにも思えますが、折角の煮干しのみのスープなので、このメニューにはない方が良いかも。

麺は何時もの菅野さんザクザクパツン、チャーシューは初期よりも大分美味しくなった様な。
サイコロカットのメンマ、多めの白髪ネギ、のじじさんらしく良いですね!

最後はニボバターご飯にスープをぶっかけてニボ雑炊で腹パン。

美味しかったです。
近くなので煮干しをチョット食べたいなと思った時に大変助かっております。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 5件

「俺のワンタン麺」@MENYA 食い味の道有楽の写真春から大きく新メニューに一新されたコチラ。
最初に選んだのは去年の限定で頂きメロメロに惚れたこのメニューから。

スープは丸鶏っぽい滋味溢れる旨味、鶏の匂いがブワッとくる様なタイプではなくジワジワと美味いです。
そのスープで注文を受けた後にワンタンを炊くんですね。
ワンタンの豚肉餡から流れ出た旨味とタップリ熱々の鶏油と相まって至極のスープと相成ります。

麺は平打ちの縮れ、ザラリとした麺肌が特徴的でスープとの相性はモチロン、麺だけでも美味いですね〜

そしてワンタン!
水餃子も裸足で逃げて行くボリューミーなのがゴロゴロと。
ミッチリと詰まった肉餡は決して硬くなくホロリと口にほぐれ丁度良い歯応え。
沢山で飽きちゃう? なんて心配は無く、大きめにカットされたクワイがシャクシャキと素晴らしい食感でもっと食べたくなるってもの。

去年の限定で頂いているので駆け足でのレビューになりますが、これが売り切れなければいつでも食べられる有り難さ。
価格設定が物議を醸す事も多いコチラですが、これが1,000円は間違いなくお値打ちかと思いますよ‼︎

素晴らしいワンタン麺、チョクチョク食べたいです。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 26件

「【限定】  みそらーめん」@中華そば まるきの写真2月半ば、夜に金町で楽しい呑みが控えているのでお昼は自重しようかと思いましたが、カミサンを隣に載せて久し振りに松戸へ。

ワタシもカミサンもコレクターではなくリピーターの様で、間違いなく美味しいお店に吸い寄せられます。

寒い時期限定のみそらーめんがあったのでポチ、勿論チャーハンもシェアします!

去年も同じメニューを頂きましたが、去年はあったバターのトッピングがないな。
山椒が多めにかかってますね。
スープはコチラのベースである豚主体の動物系に強く煮干しを効かせたもの、其処に赤味噌メインぽい余り甘ったるくない味噌味がピシリと合わさって、、、
スープ〜チャーハン〜スープ〜麺〜、、、、、、
至福の無限ループに我を忘れます。

麺は通常メニューのよりも若干太めになっており、比較的足の速いコチラの麺でも最後までムチッとした食感を楽しめます。

小さめながらも熟成した肉の風味が心地良いチャーシュー、増したワンタン、味玉共に安定の味。
トータルして此処でしか食べられない味になっており(大切)また来ようと思わせられます。

多めの山椒がピシリと効いたコクニボ味噌ラーメン。
敬愛する先輩、Tくんさんによると、松戸の近所の名店の味噌インスパイアなのでは?
とのお話。
ナルホド!
チョット似てるかも?
あっちも久し振りに食べたくなりましたね!

シカシ、ヘタレを自認するTくんさん、どっちの味噌もナカナカスパイシーですよ?
目を白黒させて食べている姿! 観たいなあ〜〜(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件

「如月の一杯  カレーかも?南蛮かも??スタンダード」@MENYA 食い味の道有楽の写真大分サボったのでチョットずつあげていきます。
2月も初旬に訪問。
この日は少し具合が悪かったので、もう一度食べ直してから!と思ってましたが
2月終わっちゃうので。

既に皆様のレビューにある通り、鴨だし和風だし南蛮ラーメンです。
仕事中のお昼でスタンダードを選択、合鴨のロースに未練タラタラでしたが。

茹で上げた麺を絡めるのは鴨の脂!
そこに片栗粉ではなく、葛粉でトロミをつけた鴨和風カレースープがナミナミと注がれる。
当店のカレーの限定は何種類か頂いておりますが、この和風鴨出汁に最も惹かれるのは日本人だからですかね?ヤッパシ‼︎
片栗粉のトロミの様にペタペタとしつこく口に張り付く様な事はなく、あくまでもサラリと潔いトロミ。こんな所も日本人の好みなのかな。

麺は中太くらいのピロピロペロンとした食感も楽しい平打ちの様な麺で、スープとの絡みもパッチリ。
このカレースープならばお蕎麦の様な麺でもモチロン美味しいでしょうね!

具材は見ての通り沢山!
写真には解りませんが、鴨の治部煮が何枚か解らないくらいあります(笑)
コレはコチラ以外ではまず食べられない、オンリーワンの鴨肉。
ナルト、大量のネギなどもスープを美味しく食べるのに良く合います。
更にビックリしたのはゴロゴロと出て来る鶏肉‼︎
胸肉と、モモもあったかな?
提供前にサッと炊いた様な仕上がりで、中までカッチリ味が染みるのではなく
フワッと驚きの柔らかさ。
鶏ってこんなに柔らかなんですね!
葛のトロミでスープが絡むので、味わいも上等。

自身の体調管理がなってなく、相当ヒドイ状態で食べてしまったので味覚も鈍感だったと思います。
残り数日の提供でしょうが、なんとか再食したいです。
未練タラタラの合鴨のローストもモチロンつけて!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 26件
81

「豚骨醤油」@麺 やまだの写真開店以来、一年チョットぶりに訪問。
例によってホームセンター帰りに。

お昼オープンと同時に入店し、以前は無かった表題をなんとなく。
夜限定で台湾まぜなんかもやってるんですね!

1年前の初訪問の際には食券を渡さずに何時迄も座って待つという間抜けを演じたので、今回はすぐに若い女性店員さんに渡しました(笑)

提供されたのは家系っぽい一杯。
適度にトロミも感じるスープは豚の旨味がしっかりとでており予想外の美味しさにニヤリ。
カエシはこの手のスープとしては控えめで絶対量も控え目なので最後まで飲めそうな。

麺も如何にも、で
やや太めの短めでつるんとした麺です。
コレも標準的かヤヤ少な目かな。

バラと肩ロース?の煮豚チャーシューは標準的。
固茹でのキャベツは濃厚豚骨醤油には良い箸休め。
海苔の上の刻みニンニクを溶くとジャンクっぽい美味しさに又ニヤリ。

豚の美味しさを堪能出来た一杯でした。
家系の基準がつくばみらいのアソコ位しか知らないのになんですが(笑)

ただチョット量は少な目でお値段お高めだったかな。
(800円かそのくらい)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件