なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

かくみや

男性 (1969年生まれ)

タマにアゲサセテクダサイ。

平均点 85.943点
最終レビュー日 2018年1月3日
404 160 0 3,132
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@自然派ラーメン 花の季の写真ご無沙汰しております。
チョット落ち着いたのでマタ少しずつレビューさせて頂きます。
ご迷惑でなければお付き合い下さいマセm(_ _)m

初めに採点基準の見直しを。
ワタシは仕事柄近場のお気に入りのお店をリピートする事が多く、どうしても高評価になりがち。
よって、ザバッと5点程減らしてみます。
他意はありませんので悪しからず。

8月初旬の日曜日カミサンと。
リピーターといいつつ初訪問です。

自然派を謳うコチラ、何でも使用する野菜や小麦まで?自家製なんでしょうか。
大きく立派な古民家作りの様な店内にはハーブの水なんかも用意されており、女性の支持を取り込みそうです。

初めてなのでラーメンを。
(アト皿ワンタンと何か焼き饅頭と食べましたが)

トロリとした茶褐色の醤油、豚骨醤油?ケド鷄のトサカやモミジみたいなトロミにも思えるし、、
解らんので醤油にしておきます (笑)

塩分は控えめで動物由来の旨味を確りと舌に伝えてくるスープですね!
程々に濃厚な旨味があるのに重たくなくてコンナ所も女性受けしそうです。

麺は当然自家製なんでしょうね。
中細のストレート麺。
ムニッ、クニュッ、とした食感がまず心地良く、小麦の旨味と香りも突き抜けました、
この麺、美味しいなあ〜〜、、、
ケド、あっという間にタレてきますね。
もしかして無灌水?
兎に角伸びる前に!と、麺ばかりズバズバ先行する必要がありますね (笑)
美味しいから良いけど。

チャーシューはバラの煮豚をグルグルにして最後に割と確り焼き入れした様な感じでまずまず。
メンマ、海苔、ネギなども流石に素材の良さを感じました。
増した味玉は那須の御用卵だったかな?
150円はチト高いなぁ、、、

隣でビールを呑んでご満悦のカミサン共々、満足度の高い食事となりました。

カミサンが食べた限定の冷やしタンメンは(凡そタンメンとは呼べない一杯でしたが)
自慢の野菜がゴロゴロゴロゴロと凄いボリュームで血液がサラサラになった様な気分になれましたよ (笑)

近くに行ったらリピートしたいです。
ご馳走様でした。


サボっている間に頂いたワタシの中で大台かそれに近い感動があった一杯をチョット、メニュー名だけ。

薬涼潮つけそば
白い鷄人
コーレーグスの、、、
真鯛とジャガイモの、、、
鴨つけ蕎麦 ヨモギ麺、、、
鴨のつけそば タプナード添え、、、
道有楽さんの月限定とワンタン麺、、、

などなど、適当ですが美味しく頂いております。
ホントにご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「手打ちらーめん」@一品香 駒生店の写真仕事で3日間程宇都宮へ。
街中よりもバイパスで北に逃げた方だったので、近くにラーメン屋さんは、、、
ありました!
車で5分程のコチラ、名前だけは前から聞いていたので楽しみです。

平日のお昼で店内中待ち、お店が広いので直ぐに呼ばれましたが、カウンター席の幅はキチキチ。
横幅の広いワタシにはコレは、、、、
肩をハスに構えて縮こまって頂きます (笑)

スープはスッキリと澄んだ醤油チンタン。
鶏と豚に野菜もカナリ?
特に生姜の風味は好みに合いますね。
軽い酸味はカエシにお酢でも入るのか、醤油やその他の抽出によるものかは不明ですが、この円やかな酸味は好きだなぁ〜

太い麺は茹でる前に作業台でワシワシと揉んで縮れをつけたもの。
チョット強力粉っぽい様な食感もあり、最初はワシワシと咀嚼するのに顎が疲れるタイプ。
佐野ラーメンの流れを汲むお店かと勝手にイメージしていた物とは大違いですが、これも美味しいです。
ムギュッと噛み応えがあるのに優しいスープが不思議と負けないんですね!

チャーシューは肩ロースの煮豚なのかな。
大きく厚く切られてますが柔らかで筋っぽくもなく上等な味わい。
仲間はチャーシュー麺を頼んで持て余し気味の大盛りでしたが、、、

メンマは懐かしめの風味、ネギも大きめの斜め切りで麺と絡めてウマウマ。

美味しかったです。
一見スープが弱いのかな? と思ったものの、優しい旨味とサラリとしても多めの油で最後まで物足りなさがありませんね。

小山の方のお店にも機会があれば行ってみたい。
あ、でも餃子5個は絶対に辞めておきます (笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺」@宝来軒の写真佐野ラーメンの美味しそうなレビューを沢山読んだので、久しぶりに食べたくなりまして。

日曜日、Rさんのレビューにあったお店に11時チョット過ぎに到着するも、駐車場に停められない車が溢れていますよ⁉︎
11時半からってなってたけど。

チョットウロウロして、結局いつも佐野で頂くコチラに‼︎
お昼チョット前ですが、店内は半分位のお客さん。
観光とか、ラオタっぽいお客さんは何故か皆無。
地元の年配の方々ばかりですね。

カミサンがワンタン麺、なのでワタシはチャーシュー麺をお願いして余り待たずに配膳されました。
他の佐野ラーメンを殆ど知らないのでイイカゲンな比較ですが、スープの見た目が濃いのかな⁇
ハッキリと醤油のカエシがわかります。
鶏、豚、野菜は、豚がヤヤ勝った印象ですがあくまで薄め。
それよりも香味野菜、特に生姜の香りが印象的ですね‼︎
サポートも効いてそうですが、後引くスープで好きです。

麺は流石の青竹打ち‼︎
隣のテーブル席で年配の男性客、(常連さんでしょうね)
「ココが青竹打ちの元祖なんだよ‼︎
ココで食べたら他所では食べられないんだよ⁉︎」
と、まるで我が店の如く嬉しそうに説明して下さいました。
薄く伸ばされた青竹打ちの麺は、小麦の旨味とかナントカでは無く、ピロピロフワリツルな食感、舌触りこそが真骨頂でしょうか。
口の中で咀嚼する度にピロピロと踊る感触は、こりゃあ何とも言えない快感でウットリ。
何度も何度も咀嚼してしまいます。

チャーシューは大きな、シカモ分厚いモモ?の煮豚。
脂は完全に抜けており、更にその後スープが染みた様なタイプ。
この大きなのが6枚‼︎このチャーシューでも出汁をひいてるのかな⁇
シツコク無いのは良いとしてチョット持て余し気味です。

街の常連客さん達にコヨナク愛されていそうな古き良きお店。
マタお邪魔します。
ご馳走様でした‼︎

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューワンタン麺」@手打 焔の写真どうしても日曜日に仕事になり疲れてイラっとしたので、翌月曜日にサボリ。
チャランポランな自営業ならではですね。

折角だから遠出しちまえ!と最近良く聞くコチラ迄走りました。
時間の読みもぴったり開店10分前に到着。
アレ?10人以上並んでる‼︎月曜日なのにスゴイ人気。
中には茨城で何度もお目に掛かった方もおられますね〜

大きなお店なのでテーブル席に案内されカミサンと同じ表記メニューを2つ。
カウンターのお客さんから順に提供して暫く待ちましたが、大ぶりな器の見た目は白河系まんまのイッパイが運ばれてきました。

シカシ、香りが強いですね!
チャーシューの燻製臭?焼いた時のチップの香りが食べる前から香って来ます。
コレは好きな人にはタマランですね‼︎

スープはカエシがピシリと効いた豚鶏野菜かなぁ。
美味しいですが、白河で食べるアソコよりもワイルドな印象。
チャーシューの強い香りが良くも悪くもスープに迄影響している様な?

麺がマタ個性的。
白河の方だと加水高めのピロピロチュルンムチっとした麺が定番かと思いますが、コチラは比較的加水低目?
麺肌がサラリサラリと舌に絡みつき、楽しい上にスープの吸い込みも良いですね。
意外に足も早くないですし。

チャーシューはナンタッテ香ばしいです!
シカモかなり固め。
ダメと言う人もいそうですが、脂が少なくてジジイにはありがたや。
ワンタンは具無しの皮だけワンタン。
守谷のお店では何度か皮だけワンタンを食べてますが、アソコよりも皮がシッカリとしていてフワフワでは無く、モチッ、チュルン位のもの。
小麦感が強いですが、この辺も好みが分かれそうですね〜
チャーシューが沢山あったんで具無しデモ問題無しですが、普通にワンタン麺ダト具が欲しくなるかな?ヤッパシ‼︎

かなりワイルドな白河ラーメンといった印象のイッパイでした。
乱暴な味にならないで食欲をそそる、良い感じのワイルド!

遠いですが、近くに来たらマタ寄らせて下さいマセ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン」@軍鶏ラーメン美幸の写真8日の月曜日にチョットお出かけ。
栃木県の温泉でも行くべえか!と、車を北に走らせます。
宇都宮辺りの気になるお店を調べてみると、月曜定休が多いんですね。
ならばモウちっと北へ。軍鶏で噂のコチラに11時過ぎに到着。

開店直後かと思いましたが、店内には4名程の年輩のお客さんがおります。
駐車場の車は神奈川のものでしたね。ワタシも柏ナンバーだけど。
お店を出た時の車は首都圏のナンバーばかり!評判なんですね。

カウンターに座り、カミサンが塩をチョイスしたのでワタシは醤油をお願い、更に軍鶏焼きもお願いしちゃいました。旅行デスからね!

あっという間に配膳、オヤジさんと女将さん、おしゃべりしながらも手際が良いデスネ。
大振りな器からは然程軍鶏の香りはしませんが、ヒトクチ。
う~~~ん?
薄い。

醤油のカエシは独特の風味があり、これは悪くありません。
寧ろ好みかも。
シカシ、軍鶏由来の旨味も香りも薄いの一言。この日の事故でしょうか?
カエシが違うだけで、カミサンの塩も出汁感が希薄で塩気の尖りが気になります。

軍鶏って、独特の風味がありますが、鶏の旨味や香り、更に油も少なめ?
軍鶏のみで出汁をひくには余程ぶっこまないと難しいのかな?
更にスープの量が多すぎです。
この6割位のスープの量にしても良いので、その分濃い出汁をひくと良いのでは?

麺は細麺を選択。ヨクある中華蕎麦の麺のような、モチムチの食感。
風味はチョットチープな感じですが、マアマアいけちゃいます。

豚ロースのチャーシューは茹でたタイプのものですが、サラリとして肉の旨味も逃げていないもの。
これはカナリ美味しかったです。

全体的にスープも麺も量が多すぎなのでは?
これだと余程出汁の材料を奮発しないと、どうしても薄くなるでしょうね。
サラリと食べられる事には間違い無いのですが、薄いから途中でチョット飽きちゃいました。

軍鶏焼きは硬いけど旨味のあるお肉で美味しかったです。
ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し中華そば、HARD」@煮干中華そば のじじの写真17日、今週の日曜日は何処に行きましょう?
カミサンには行き先も告げずに294をひたすら北上シマス。
途中コンビニでエネルギー補給しながら宇都宮に。

11時半からのオープンだと思い、15分に到着。
「のじじカイ!」と、カミサン。
満更でも無いようです。
シャッターは並んで無いな?と思ったら、あれ?開いてる!
オープン11時なんですかね?

それでは!と店内に入ると丁度先客2名さんが退席。入れ違いに着席シマス。
ワタシはハードに追い玉、カミサンはノーマルをチョイスしました。

5分程の待ちで配膳されます。
お~~~~!
いい感じに緑がかったスープからブワッと煮干し香がたちのぼりますね。

スープは想像していたよりはトロリとした印象。
動物性のコラーゲンが効いてるのかな?
もちろん煮干しは強く、苦味、エグミも感じるものの、動物性の旨味と絡み旨いスープですね!

麺は舌触りの良いカナリの細麺、ストレート。
つくばの名店よりカナリ細く食べやすいですね。

玉ねぎと長ネギはスープに合います、そりゃ。
チャーシューはホロパサに煮込まれた肩ロースかな?
飯○製麺所さんのに似てると思いましたね。
油が抜けててサッパリとしてます。好みです。

スープが残っているうちに追い玉をお願いシマス。
カナリの量のオイルとタレ、カエシにからめられた細麺にほぐしチャーシュー、ネギ、更に大量の魚粉。
これは煮干しの粉末デスネ。
ザラザラのジャリジャリは苦手なのですが、かなり細かく挽いてあり食感も悪くないですね。
しかし細麺がまとわりつき少々食べにくい!
そこで残りのスープをブッコミ、カンマワシテやる!と、思ったら、スープに湯葉と見まがう程の幕が張ってます。すんごいコラーゲン?

美味しかったです。
茨城の温泉などぐるりと廻ってずっと煮干しゲップに悩まされつつ帰宅(笑)
また250キロも走ってしまった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件