なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

不死身のてっちん♂

男性

もしあなたがただ単に美味しいラーメンを食べたいと思う人なら、私のレビューは参考になるかと思います。80点を基準点として採点しています。85点以上はオススメする一品です。70点以下は食べたらきっと後悔する一品です。なお、相対評価につき、過去の評価点を時々修正します。

平均点 80.030点
最終レビュー日 2019年6月17日
404 188 7 3,581
レビュー 店舗 スキ いいね

「小ラーメン(にんにく)」@ラーメン二郎 会津若松駅前店の写真直系二郎36店舗目。

新潟でイナダを4本釣り上げた帰り道、愛車に乗って150キロほどの寄り道をして、こちらにお邪魔してきました。
会津若松二郎に来るのは初めてでしたが、建物の壁に黄色地に黒字でデカデカと『二郎』と書かれており非常に分かりやすかったです。
てか、住所のとおり、本当に会津若松駅前にあるのですねw

すぐ隣にある未舗装で地面がデコボコになった60分100円の格安大型駅前駐車場に愛車を停めて、午前11時27分、店入り口左手にある券売機で表記食券を購入してから、店内待ち2名に接続。

店主さんと男女1名ずつの助手さんの計3名でのオペレーションです。
客層は守谷二郎と同じで家族連れが多い印象です。
すぐに空席がいくつか出来て、店主さんから「どうぞ。」と声を掛けられて着席しました。

カウンターが異常に高いので厨房内の様子は全く見えません。
着席した際の頭のてっぺんが、ちょうどカウンター上の高さです。
出されたラーメンの丼ぶりをみんな立ちあがって受け取っています。

同時36分、助手さんに表記をコールして、着丼となりました。

乳化したスープの量は少なめですね。
野菜の盛りはなかなかです。
豚はあまり美味しそうには見えません。

まずは、スープをひと口。
最初に豚感があって、次にしょっぱさを感じたと思ったら、直ぐに甘さがそれを上回る、ん?インスパ?何なんだ、この甘さは…??そんなスープです。
単にカエシのみりん風調味料が強すぎるだけだとは思えないような甘さ。
甘口の味噌でも隠し味にぶっ込んで、それが隠れていないような甘さといえば、なんとなく伝わるでしょうか…。
麺は新代田の麺を少し細くしたような感じで、加水率高めですが柔らかくはないもので、麺自体の味は決して悪くないのですが、前記スープの味が染みてしまっており、甘じょっぱくなっちゃってます。
麺量は、それほど多くはありません。
豚はそれなりの大きさ厚みのものが2枚ですが、やっぱり見た目で推して知るべしな味がしました。
野菜はモヤシ率高くシャキシャキしたもの、ニンニクは多めですが強烈な辛味はありませんでした。

麺と具材を完食して、最後にスープを何口か飲みました。
飲み干せないほどカラメではないですが、やっぱり異様な甘さがして、直系二郎ではなく、インスパのスープを飲んでいるような錯覚に囚われてしまいます。
福島県という土地柄で何かアレンジを加えているのでしょうか…。

それより何より私が気になったのは、他のレビューが美味しかった美味しかったと猫も杓子も賛美の嵐だということです。
それは誰かに遠慮してそうなっているのか、それともラーメンを食べ過ぎると味障になってしまって、甘いスープだったら何でも美味しいと感じてしまうようなバカ舌なるのか…w

もちろん私が食べた一杯だけが、たまたま下ブレで他の人が食べたものと全く違ったという可能性が、数%はあるかもしれないので(多分、ないけどw)、また折を見て再訪したいと思います。

なお、同時42分、退店時は店内待ち2名でした。
あまり大行列の出来る二郎ではないのかな?



いよいよ二郎完全制覇まで、残り一店舗(札幌二郎)となりました。
いつ行こうかなぁ…やっぱ夏休みがいいかなぁ…。
札幌二郎って美味いのか?
誰のレビューも全く参考にならないから、やっぱ俺が『適正評価』するしかねーべさ?w



どうもごちそうさまでした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件