なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】

平均点 87.695点
最終レビュー日 2019年5月20日
1,751 1,214 18 16,379
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺 大盛り 800円」@中華そば うづまきの写真麺線が綺麗で有名な『麺や食堂』の2号店だそう。

食券を購入してカウンターに着席。

おもてなしの
心を器にのせ
情熱の一杯を!

と、お店の気持ちみたいなが大きく書いてあります。

大盛りサービスみたいなので、貧乏性をが出てしまいお願いしてしまいました。

提供は順調です。

そんなに麺量は多く無さげでひと安心。

麺や食堂みたいな麺線の整え方はしてないですね。

麺は割り箸の先位の太さ。ギュッとしたコシとモチモチとした感じを併せ持つ仕上がり。

スープは濃度は濃い目、粘度は普通な豚骨魚介。

ラーメンWalkerを読むと豚鶏を圧力釜で煮出したと書いてあります。鶏が強めかな。そこに魚介のスープを合わせた感じでしょうか。
スープの上には鰹節粉が浮かんでいて、溶かすとより風味豊かに。

スープの中にはサイコロ状の豚バラ肉が入ってました。

最後に卓上のニンニクを少し入れてパンチアップ。

スープをそのまま少し飲んで食べ終わり。

キョロキョロ見回してもビックリする様な事や、つけ麺に特別なものは見つけられませんでしたが、接客が柔らかくおもてなしの心が伝わってきました。

中休みの無い通し営業で深夜までの長時間、使い勝手の良い地元の方に大切なお店でしょう。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯つけ麺 850円」@麺屋 れんしんの写真ゴールデンタイガーから横移動。

お店の前の道路は『ラグビーロード』って名前が…いつのまに。

調べてみると、今秋開催される『ラグビーワールドカップ 2019』を記念して4月1日から変更されたそう。

店内は半分程のお客さんの入り。

前回食べた鶏白湯(90点)が凄く美味しかったので、今回は鶏白湯のつけ麺を選択。

提供は順調も…カウンターの手前は薄暗く、明かりを求めて斜め前に押して撮影完了。

では麺からいただきます。

冷水で締められた太麺はみずみずしくツルツルでしっかりとしたコシがあります。

優秀な麺だとは思いますが、今さっき食べたお店の麺がうま過ぎたのもあるので…少し平凡に感じてしまう。ごめんなさいね。

スープは細かいネギの浮いた濃厚な鶏白湯。通常の鶏白湯らーめんのスープと同じものかな。こちらは太麺なので解決策として、そこに直接塩を足したのかもしれません。なんか塩の尖りが気になってしまいます。

麺をスープに絡ませても同じ風。

薄くスライスされた豚肩ロースの低温調理のレアチャーシュー。

鶏むね肉もシットリ仕上げ。

穂先メンマはシャクシャクと。

水菜は冷めたスープに絡めて食べると、少し青臭さを感じる。熱いスープに麺よりも先入れして熱を加えてしんなりさせてから食べれば良い具材ですね。

あっという間に食べ終わりです。

自分の中だと前回食べた鶏白湯らーめんの完勝です。

鶏白湯で太麺だと纏めるのが難しいのかな。

でも乗り越えてきそうな期待のお店ですよ。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「味玉タイガーつけめん 醤油 900円」@ゴールデンタイガーの写真SUSURU君が動画をアップしたので、自分もセコセコとアクセス数を稼ぎに乗っかりに来ました…

https://m.youtube.com/watch?v=x2fdAJKx5dE&feature=youtu.be


店内広めですが、オープンして客がドッと入店も入りきれなく外待ちが出来る大人気。

麺上げする店主さんの背中が広いね。

相棒君も元気いっぱい。

SUSURU君はTKMを美味しそうに食ってたけど、前々回に店主さんが勧めてくれたタイガーつけめんの醤油をお願いします。

若い客が多くみんな食いっぷりが良いね。

常連君は限定が美味しかったようで『天才ですね』とおだてると、

店主さんは『天才が作ってるんだから』と当たり前顔。


常連君はあまりの特盛りに『胃袋破裂しそうです』と言うと、

『破裂させてみようか』と。

店主さん面白過ぎます。

相棒君も視野が広くキレのある素晴らしい接客。

2人でこれだけの客数を慌てる素ぶりも見せなく捌いていくのですから流石です。

麺、スープと提供。スープの器は常人じゃ持てない位熱い。

この麺が美味いのです。

割り箸の先位のみずみずしい多加水麺。モチモチと咀嚼すると、柔らかいふすまの香りに包まれます。

この後、徒歩数分程のお店に寄ってつけ麺を食べて、良い麺でしたが、ゴールデンタイガーの麺が凄く美味い事が浮き彫りに。

店主さんの茹で方も抜群なのでしょうね。

スープは豚骨醤油に甘い背脂などがタップリ注がれたもの。

豚骨にニンニクなどの香味野菜を煮込んだものかな。

アブラがべっとり絡んで来て魔性の旨さ。

ネギや大きな豚バラ肉も沈んでました。

味玉は黄身がネットリ深漬け。

彩りとお口直しのキャベツを頂き、スープ割りをお願いすると、スープと細かい肉片を入れてレンチンしてリターン。

美味い。

のだけど、濃い濃いと来たので、スープ割りはもう少しサッパリしたのが良いかな…と生意気な妄想。

自分で言っちゃう位ですから、この2人は天才なのでしょう^ ^

楽しかったです。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「ホロホロ南蛮雉つけ蕎麦 900円」@中華蕎麦 時雨の写真和風な内外装。

水はセルフ。綺麗なグラス。青、緑、茶、赤の中から赤、を選択。

案内係のキュートな子と調理場に男性スタッフ2人の3名体制。

タイミング悪くて少し待っての提供です。

麺はモチッグッとした食感で甘味があり少ししょっぱさもあり美味しいもの。

スープはこれがホロホロ鳥なのか…旨味がたっぷり出ていてしっかりした塩気と柔らかい甘味があります。

麺を付けると細めの麺に旨味が絡まり香りが立ち込め大変美味しいです、

麺側には海苔と豚バラ。

豚バラは醤油ダレで味付けしてあり直前に炙りを入れてある様。


なんだろね…

つけ汁の中に鶏ではないんだけど、豚っぽいけど、弾力があって…木ノ実みたいな…子供の時に食べたドングリみたいな味がする。

しばらく考えても分からない。

店主さんが近くに来たので、『このサイコロ状の肉は豚なのかな…』と聞くと、

『そうです』と返事が返って来る。

『なんか変わってて凄く旨い』と言うと

『実は…』と更に寄って来る。

『イベリコ豚のベジョータなんです。イベントで使ったのが余ったので特別に入れたんです』

との答えが。

後から思ったのだけれど、イベリコ豚ってスペインでドングリで育てた豚でしたよね。なんで豚とドングリが出てきてイベリコ豚に思考が辿り着けなかったのか。

『これはイベリコ豚かい?』なんて聞いたらカッコ良かったろうに、自分の馬鹿さ加減に呆れます。

スープ割りはアサリとシジミと本枯鰹の出汁だそう。

スープ割りをしても少ししょっぱいのは改良して欲しいかな。

なんてネギが美味いんでしょうと思いながら完飲まで。

素晴らしい一杯でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 1100円」@らぁ麺屋 飯田商店の写真『今のラーメンをやめる』

二杯目は飯田商店の代名詞のつけ麺。

提供まで少し時間がかかったので、最高権威TRYの大賞を連覇した記念のトロフィーを隠し撮り。

そのラーメンをやめてしまうんだね。

少しゆっくりめの提供。

昆布水に絡められた中細の全粒粉入りの麺。食べ方の指南書通り麺に塩を付けて食べてみます。

しなやかながらも冷水で〆られていてコシのある香りの良い麺。優しく旨味たっぷりの昆布水でぬるりとコーティングされています。塩自体にも何か味?旨味?が付いていて、麺を塩だけで食べても充分美味しいです。

褐色のつけ汁は、鶏と水だけで炊いたそう。つけ汁だけを少し味見すると、濃い醤油ダレの中に鶏の旨味がたっぷり。

麺をちょん漬けで口に運ぶとトロミの後に鮮烈な醤油ダレの旨味が広がり美味しいです。

丼の中には、豚バラと鶏胸肉のチャーシュー、太めのメンマがいて美味しくいただきました。

別皿の千切った海苔も香りが良いです。

三つ葉の香りも良いですね。

昆布水の影響でつけ汁が薄くなるので塩を足しながら美味しく完食。

最後はつけ汁の中に少し酢橘汁を入れてさっぱりと完飲まで。

トレンドらしいですが、自分の中で鶏と水に慣れてしまったのでしょう。以前より少し響かなくなってきたのかな

…店主さんが一番そう感じたのでしょうか。


『ごちそうさま』と言うと忙しい中、店主さんが少し寄って来る。ひとりひとりのお客さんを大切にと言う気持ちが伝わって来る。

『やめちゃうのは寂しくなります』と言うと、

『すいません』と頭を下げます。

『次も期待しています』と言ってお店を後に。

背中越しに『よろしくお願いします。ありがとうございました』

飯田将太 カッコイイ

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 10件

「【限定】中濃鶏豚骨煮干つけ麺 900円」@常勝軒 本庄店の写真本で良く見てましたが未訪でした。

通り過ぎる度にいつも車が多く停まっています。

小山のラーメンのイベントでゴールデンタイガーの手伝いに行ってるツイートを見て行ってみようかなと。

店内に入ると、ラーパスは餃子一皿サービスみたい。

慌てて財布の中を探すも群馬のラーパスはあったけど、埼玉のは見当たらず…ショック。

限定の表題を購入。

広い店内。カウンターに座ります。

麺は爪楊枝より少し太い、エッジの効いた硬めのモリモリとしたもの。

スープは醤油ダレのキレも感じながらまろやかでクリーミー。煮干しもしっかり効いていて旨いですね。


隣の隣の席に御年配なおじいちゃんが座りましたよ。ここは割とガッツリのお店ですからね…まぁ、無理せずがんばって。と心の中で余裕の応援。


豚バラ肉は周りをニンニク生姜醤油のタレでコーティングされていてかなり美味しい。

豚肩ロースは低温調理の柔らか仕上げ。香草、ブラックペッパーで香り付けされていてこちらもかなり美味い。

つけ汁の中には玉ねぎ、メンマがいました。

なんか薄まって来たのでそのまま完飲まで。


あーなんか予想以上に美味しかったなぁとニコニコしながら隣のおじいちゃんを見ると…凄い特盛が登場。

自分のは写真通りの量ですが、おじいちゃんのは丼から麺がはみ出してますよ。

食いっぷりも豪快だし…

敗北感と共に退店。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけめん 大盛り」@麺屋 和利道 waritoの写真RDB総合100位以内に入って来たので抑えに来ました。

昼は豚、夜の部は鶏ベースなのだそう。

つけめん 900円

大盛り300gも同一料金だそうなので、次は二郎系を予定してましたが貧乏性を発揮してお願いします。

男性スタッフ2人、女性スタッフ1人の3名体制。

提供は順調です。

麺は太めのエッジの効いたギュッとしたコシのあるもの。

麺肌はツルリとしていてスープのノリは優しめかな。

スープはネットリとした鶏魚だそう。豚魚の様な雰囲気ですが、ねっとりとした濃厚さが特徴でしょうか。

チャーシューが豚モモかな。2枚入っていてどちらも端っこ。片方もまずまずの硬さでしたが、もう一方がかなりのパッサパサで…困りました。

味玉は黄身がトロリでかなり美味しい。中にもしっかり味が付いてて…お酒なのか…イクラとかの魚卵の様な味わい。

終盤、焼き石を投入して冷めたスープを高温化。

スープ割り用の卓上ポット。かつお節の出汁が入ってました。

高温のスープを楽しみながら完飲まで。

上質なつけ麺で美味しかったのですが、やっぱり肉が弱くて点数は抑えめに。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚つけ麺 930円」@松戸富田麺絆の写真夜の部。

エスカレーターで地下に降りて15人程の列に連結。

皆さん食べるスピードはゆっくりめで30分近く並んで店内へ。

去年の秋に本店で食べたのと同じつけ麺の並みを。

【本店のつけ麺のレポ】
https://ramendb.supleks.jp/review/1184916.html

ステンレスが周り中に貼ってあり、掃除もしやすそう…集合施設だし火にも強くて安心ですね。

提供は素早い。

麺だけ食べるとちょっとビックリ。本店の様なもう少しコシのある硬めを予想してましたが、結構柔らかい。モチモチとしていてツルリとしっとり滑らか。結構瑞々しい…

つけ汁は豚骨魚介の王道。トロリと濃厚で甘くしょっぱく魚介の旨味たっぷり。本店の様なエグミも少なく、魚粉も少なめで飲みやすい。

更にネギや柚子が爽やかさを演出。

7、8ミリの厚みのある豚バラ肉が熱々で沈んでました。

後はナルトに海苔かな。

男性スタッフにスープ割りをお願いして完食。

素早い提供と食べやすいチューニングにしてあるのでしょう。本店が素晴らしすぎるので、評価は及びませんが、東京駅のすぐ近くで『とみ田』の雰囲気が味わえるのは素晴らしいですね。

ごちそうさまでした

隣に移動します。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件
87

「つけめん 大 950円」@頑者の写真今月来月と小山市で開かれる『最強ラーメン祭』の第一陣に出店する頑者に来てみました。

和風で綺麗な店内。去年改装されてグッと良くなりましたね。

あまり掲示物は無くすっきりしてますが、大きな最強ラーメン祭のポスターが貼り出してあります。

今日は店主さんが不在。自分の中で初めてです。

美人の子が案内、片付け等。

普段見ない細身のヒゲを生やしたイケメンがいつもの店主さんの位置。

丸刈りの助手君は半年位前に来た時より格段に動きにキレがあります。

提供は順調です。

麺は極太の絵に描いたようなツルツルモチモチ感。角の丸い口当たりで力強くも優しいMENです。

スープは豚骨、鶏ガラに鰹節を中心に魚介をたっぷり被せた感じでしょうか。

濃度は一般的な豚魚に比べて抑え目。中ぐらいですかね。甘めで旨味がたっぷり。

麺をスープにくぐらすと魚粉やネギなどが絡みついてきて大変美味しい。

豚肩ロースも汁の中に沈んでいて柔らかくなってます。

甘目のスープですが、ネギが良い仕事をしてるなぁと思いながら、スープ割りもお願いして、アッと言う間に完食。

豚魚つけ麺のパイオニア。

昨年の大つけ麺博でも強豪を押し退けてとみ田に次ぐ2位ですから、ネームバリューも桁違い。

今回の最強ラーメン祭第一陣でも人気が集まる事でしょう。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 4件

「濃厚魚介豚骨つけ麺850円」@UNDERGROUND RAMENの写真『はなぶさ』から徒歩で。

つけ麺のボタンを押します。

移転前に一度来て普通の中華そばを食べて美味しかった思い出。

『はなぶさ』で豚魚の中華そばを食べたので、食べ比べになります。

急にお客さんが混んだ風ですが、若い男性スタッフ2人の頑張りで順調に提供です。

麺は豚魚には珍しいかなりの幅広。仄かな甘い香りのする全粒粉入り。表面がツルリでコシがしっかりあり美味しいですね。

スープは豚骨魚介の見本の様な濃厚なトロミのあるもの。はなぶさに比べると甘みがあり、少しザラリとした部分もある荒々しさもあります。

麺をスープに投入。ツルリとした麺肌ですが平打ちなので、スープの絡みも良好。

スープの中には柔らかいチャーシューと優しい味付けのメンマ、ネギ、ユズ、ナルトか入ってました。

スープ割りをお願いして香り良く完飲まで。

好みだと思うのですが、濃厚豚魚スープに平打ち麺の組合せは驚きました。

点数は伸びませんでしたが、オーソドックスなものと違いを出すのは良い事ですよね。

頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件