なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】

平均点 87.695点
最終レビュー日 2019年5月20日
1,751 1,214 18 16,378
レビュー 店舗 スキ いいね

「つゆ無し黒胡麻担担麺」@四川担担麺 阿吽 キッテグランシェ店の写真富田の隣のお店。軽い並びの後に店内へ。

表題を購入して着席。食券を渡す際に0〜5辛まで辛さとシビレが選べるらしいので、辛さ2、シビレ2でお願いします。

間仕切りもワザと少しだけある感じで、先程の富田や隣の豚骨屋さんも良く見えます。

とみ田と違って女の子が多く声も出ている印象。

提供も順調。

中ぐらいの太さのモチモチ平打ち麺。

甘辛のひき肉がたっぷり。
細かく刻んだザーサイ。
柔らかく揚げた小エビ。
水菜。
貝割れ。

黒胡麻ソースはビターな大人の味わいで甘さも抑え目。

全体的に混ぜ合わせるとモチモチした麺にドロリと絡み付き、花椒のシビレが1番に来て、辛味、甘さなどがやってきます。

トッピングを絡めたりしながら食べるとまた楽しい。

なんかあっという間に完食。

そこまで汗もかかず、ヘタレでもイケる辛さでした。

もしかしたら…知らぬ間にヘタレ組を卒業してたのかも。

『阿吽』は初めてでしたが美味しくて気に入りました。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製チーズカレーあつそば 大 1150円」@麺屋みつば+クローバーの写真中待ち席で少し悩んで前回好印象だった表題をお腹も空いていないのに大盛りで。

更に美人の奥さんに特製を勧められたのでもちろん断れません。

しばらく中待ちを経てカウンターへ。

店主さんと男性スタッフ2名の3名が調理場担当です。

とは言っても間仕切りがあり、店主さんは最後まで声しか聞こえませんでした。

メガネのスタッフは手元は見えませんがスープや盛り付け等ですかね。良い感じです。

麺が太いので少し待っての提供です。

予想より大迫力…味玉が小さく見えます。

とりあえずデカイ肉から…厚みがある大判の豚バラロール。周りがしっかりローストしてあり香ばしく、パリパリ。中はしっとり柔らかジューシーで大変美味しいです。

麺は割り箸の先より少し太い位かな。グッと押し返すような強いコシがあります。

下にたっぷりあるカレーソースはミルキーで円やかな甘さと辛さがあるもの。ちょい辛位かな。

麺にねっとり絡みついて美味しいです。

味玉はトロリさん。

チーズ
タマネギ
カイワレ
かつお節粉
材木メンマ
海苔

かな。

途中で右端の海苔を引き抜いたら、どんな力が働いたのかタマネギが勢いよく隣の女性客の脇に。

チラリと見た気配を感じます…焦りましたが距離もあり回収不能。気付いてないフリをしときましょう。

グイグイ食べ進め、麺を少し残してスープ割りをお願いします。

美味しいカレーラーメン…とまでは行きませんが、カレー風味のスープの中に硬めのゴツい麺が沈んでる感じで完飲まで。

最後にチラッと見るとタマネギはやっぱりあの位置に。ごめんなさい。

逃げる様に席を立ちお会計。

奥さんのキュートな笑顔に助けられます。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 7件

「まぜそば 並 690円+税」@麺屋大和の写真歌:ささきいさお
作詞:阿久悠
作曲:宮川泰

さらば地球よ 旅立つ船は
宇宙戦艦ヤマト ♪


まぜそばの高評価が続くこちらへ。

大きな店舗。資本系かな…

席に着くと直ぐにお冷と布のおしぼりが。

自家製麺らしく『ゆめかおり』など、使ってる小麦粉の袋が吊るしてあります。

スタッフは7名体制。

無料トッピングは

ニンニク
アブラ
チーズ
辛味
エビマヨ
ベビースター

をマシでお願いします。

直ぐに冷えた黒ウーロン茶がジョッキで登場。サービスなのが嬉しい。

その際、男性スタッフにチェーン店か聞くと『個人店です。ここだけです』との事。

待ちながらメニュー表を見てると、

【茶漬けご希望のお客様は麺をめしあがってからお申し付けください】…了解です。

【豚不要の方、100円値引きいたします】…豚は渡さない。

なんかスタッフの動きやメニューの感じは真面目に取り組んでるのが伝わってきますよ。

具材がギッシリ乗ったまぜそばの登場です。

麺は割り箸の先位の太さ。モチモチとした食感。

そこに上記の無料トッピングと、
ニンニクチップ
もやし&キャベツのヤサイ
卵黄
鰹節

を混ぜ込みます。

ドロドロネチネチと混沌とした味わいで半端なく旨い。

何より丼底にあったスープが得体の知れない位旨い。何味?

バームクーヘンな豚は
縦?80ミリ
横?55ミリ
厚さ25ミリ
の迫力あるもの。
なんかマグロの様な味もしたり。神に近いレベルにあると思います。

無料のお茶漬けも頼みます。

ライスもそれなりの量。醤油ダレ、ポットに入ったスープも一緒に登場。薄味だけど何味?旨味タップリです。

ライスの半分は麺の器に入れてスープ、タレをかけて。

残り半分は移さないでスープとタレをかけてサラサラと。

もう大好物。

このお値段で至れり尽くせりでした。

お会計を済ませエントランスの所で、色紙と写真を発見。

大崎先生も小林ラーメン大王も凄く若い^ ^

大崎先生の色紙には

栃木の戦艦大和になってください!

2008.10.8


10年以上経ち戦艦大和になったでしょうか。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「【ゴールデンタイガー】TKM+赤虎+飛んで熊谷」@中華蕎麦とみ田 冨田治PRESENTS 最強ラーメン祭2019 in 小山の写真今年も小山市で開かれている【最強ラーメン祭】に来ました。

『頑者』と『にぼすけ』はまずまず並んでますが、他は割と空いていてあまり並ばずに食べられそう。

『ゴールデンタイガー』の列に連結。前にかなり大きな人が並んだので上手く隠れて気付かれません。

かわいい女の子が食券(全店舗800円)の回収と有料トッピングを聞きに来たので、『赤虎』(オリジナル麻婆)250円を注文。少し触れた手がガサガサですね。

5分程並んで前の大きな人が居なくなって自分の番。

『おまちしてました』と相棒君。

…バレてたのね。

すかさず店主さんが、照り焼きの鶏を売り込んで来る。

仕方ないので『飛んで熊谷』(照り鶏)250円も追加。

800+250+250ですから、なかなかの豪華版です。

その際もお釣りをもらう時に触れた手がガサガサ。

『手がガサガサだね』

『乾燥しちゃって…』

『大変だね。かわいそうに』

と優しく言うと、

『ぼくも慰めて下さい』と相棒君。

差し出す両手が真っ赤でパンパン。

0.3秒位かわいそうだなと思いましたが、ドSの血がザワザワと。

『ふざけんな。もっと働け!』

とドSの皆さんを代表して言ってやりましたよ。

お客さんも爆笑に包まれる温かいブース。


1300円ですから厳しめに。

極太のモチモチした冷たい麺。この間お店で食べたのより少し柔らめ。麻婆のせいか、設備のせいか、お店のものより冷たくないけど、むしろ外だからその方が良いかも。

タレは昆布な醤油ダレと思うのですが、麻婆も参戦して和風な中華。

玉子が黄身が小さいのですが、凄くしっかり。軽く潰せると思い、肉でグイグイするも、ヌルヌルかわし、スーパーボールの様。

箸で潰すとこってり濃厚な黄身で美味しいです。

ワンタンは皮がちょっと粉っぽいかな。でも具材がある方が良いです。

麻婆は相棒君が辛いと言ってましたが、僅かに辛い程度で安心です。割と普通な麻婆でした。

店主さんが売り込んできただけあって照り焼きの鶏が美味い。

甘甘じょっぱく香ばしく、目の前にあったらあっただけ無限に食べてしまいそうな好物でした。

レモンは外で触りたく無かったので丸呑み。

トータルかなり美味しかったですが、お値段もそれなりなので、点数もそれなり。催事だから高くなるのは仕方ないのですけどね。

でも楽しかったです。

今日はこの一杯だけでしたが、他のブースの皆さんも頑張ってました。

時間があったら覗いてみても楽しいかも。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「TKM 650yen 肉ごはん350yen」@ゴールデンタイガーの写真今月来月と小山市で開かれる『最強ラーメン祭』第一陣に出店するゴールデンタイガーに来てみました。

第一陣は今日から4日間です。

約半年ぶり2回目の訪問です。

楽しい店主さんとイケメン相棒君の強力2人タッグ。

席に着くと相棒君の方が『東松山の136に良く行かれるんですか?』と聞いてくる。

『なんで?』と聞くと、

どうやらこの時に近くに居たらしい。

https://ramendb.supleks.jp/review/1211061.html

店主さんに六厘舎のとか、連れてった友達に偉そうに燕三条系はなんたらと語ってる事を聞かれてたとの事。恥ずかしい限りです。

て言うか、一回来ただけで少し話しただけの自分を良く覚えてたなとちょっと感心。

店主さんが『こいつは記憶力が凄いんですよ』と。

最強ラーメン祭に出すTKMと肉ごはんでちょうど1000円。

提供は順調です。

コシのあるピシッとした極太麺はしっかり〆られていてモチグッグッなやや硬めの歯応え。

下に沈んでるタレは醤油ダレとの回答。昆布が効いた優しいタレで相性は良いです。

ねっとりとした卵黄が麺に絡みつき円やかな味わいに。

途中からレモンを絞って爽やかさをプラス。

軽く完食。

個人的にタイガーつけ麺の塩が超美味しかったので、今回は点数は抑えさ気味かな。

肉ごはんは細かい肉を甘じょっぱいタレを絡めて乗せてあり、間違いない美味しさでした。


店主さんに緊張するか尋ねると

『やってやりますよ。TKMを…』

と強がるので

『他の店は緊張感あったな』と言うと

『大きな舞台だからなぁ…』とちょっと不安気。

ドSの血が騒いで

『去年はお客さんいっぱい居たよ』とダメ押ししときました^ ^

第一陣だけ4日間の開催。後は2日間づつ。

どうも天気が心配。TKMは冷たい麺ですから。晴れて暖かくなる事を祈るばかりです。

店内写真を沢山撮りましたが、清潔感があってセンスが良い。

最高に楽しいお店。

頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 3件

「まぜそば880円 生姜50円」@ラーメン ジライヤの写真夜の部

手札を取って中待ち10人程に連結。

順調にカウンターへ昇格。

まぜそばは麺量250〜400まで選べるそうなので遠慮なく400gを申請。

ニンニク、アブラを増し

ヤサイをチョイ増しでお願いします。

助手君は優秀。テキパキとこなす姿はいずれラーメン屋をやったら大物になりそう。

常連さんに話してるのを聞くと店主さんは昨日誕生日だったそう。プレゼントを催促したり、お茶目でこちらはマイペース。

生姜50円で先出し。量が多くて驚きます。

提供はゆっくり目。まぜそばは同じロットの汁そばより余計に時間がかかります。

ドーンと大きな器での登場。卵黄が小さく見えます。

オーション麺は超極太の硬め。ゴワゴワ。相当凄いです。

下にある甘じょっぱいコクウマな醤油ダレと、
マヨネーズ
豚バラ肉
アブラ
モヤシ
揚げ玉
ベビースター
フライドオニオン
ニラ
ニンニク
卵黄

を豪快に混ぜ合わせると、ねっとり&ドロドロ&ベトベトが超極太麺に絡みついて危険な美味しさ。

特に右上のアブラの塊。一個はiPhone5よりデカイ。厚みもあり驚きます。もちもちトロリと柔らかく危険な美味しさ。

豚バラ?のチャーシュー。こちらもかなり大きくてしっとり柔らかく危険な美味しさ。

混沌とした味わいの中、大量の生姜を投入してみると、ドロッとベトベトに包まれる為にパンチは増すけれど、それほどでも無いかな。

先行の汁そばや量の少ないまぜそばの客を抜いて余裕の1抜け完食。

ここまでフリ切って作り手も食べ手もバカになれる一杯は素晴らしい。

…翌朝は顔がパンパン。

お気を付け下さい

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「あぶらそば大盛り 大脂」@中華そば136の写真中待ちを経てカウンターへ。

大脂でお願いします。

店主さんと奥さんの2名体制。

提供は順調です。

ウネリ、縮れのある超多加水のモチモチとした極太麺。

そこにたっぷりの背脂と甘じょっぱいタレがたっぷり絡み付いてきます。

具材は柔らかいチャーシュー、刻みタマネギ、鰹節、メンマ、岩海苔の布陣。

もうみんなベトベト、ドロドロと一緒になって絡みついて美味しい。

半分程食べてスープ割りをお願いします。

煮干しのスープで割ったので、香りの良い燕三条系の一杯に変身。

美味しく完飲まで。

TRY入賞のポスターを指差して『おめでとう』と偉そうに言ってみた。

『ありがとうございます』

『六厘舎の方ですか?』

『いや、なんで?』

『六厘舎の方が心配して時々見にきてくれるんです』と嬉しそうに話す店主さん。

時々聞く六厘舎グループの良い繋がりですね。

頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件
90

「まぜそば」@豚ゆうの写真今年の前半。

外待ちから20分程でカウンターへ。

まぜそばのボタンを力強く。前回はまぜそば用の麺が無く食べられなかったので。

茹で麺機は元気良く稼働しています。

まぜそばの方が茹で時間は4分位?長めなのかな。

チーズ
アブラ
ベビースター
マヨネーズ
(ニンニクは抜きました)

をマシでお願いしてロット最後に滑り込み順調に提供です。

割り箸の先位の極太ほぼストレート。モチグッググッとした食感で美味しいです。

上記のトッピングにクタメのヤサイにフライドオニオン、花ガツオ、卵黄、

それに丼の下の方の醤油ダレと良くかき混ぜ口の中へ。

何味と言うのか分かりませんが、それぞれのトッピングや調味料が合わさり混沌とした味わいに。

前回パサパサのチャーシューでしたが、今回は神の手前の出来栄え。柔らかく仕上がってました。

口の周りをドロドロベトベトにしながら豪快に食べると至福であります。

ふと見ると隣のまぜそば大盛りのお兄ちゃんが激早い。

受けて立つべくペースを上げて捲って余裕の一抜け。

美味しく満足しました。

ごちそうさまでした


後日、

『ご来店ありがとうございます。本日は、材料不足のため臨時休業させて頂きます。』

の貼り紙が。予想以上に混んだのでしょう。悔しそうに帰って行く方を見たので、あと一言あると優しいかも。

Twitterをチェックして向かって下さい。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 4件

「チーズカレーあつそば 850円」@麺屋みつば+クローバーの写真たけどんさんに続いて自分もみつば納めに来ました。

多分かわいいコが入ったんだろうなと思ったらヤッパリ^ ^

しかしなんでこの店は前からかわいいコがバイトしに来てくれるのでしょう。北埼玉七不思議。

新メニューが登場したみたいなので頼んでみました。

提供は順調です。

写真を撮る側としてはタレの飛び散りが気になりますね。

麺は割り箸の先くらいの太さでモチッとグッグッと硬め。

タレはトロリと濃厚。自慢の豚魚のスープとカレーソースを合わせたものがたっぷり丼底に。ピリッと辛く甘めで麺にたっぷり絡み付きます。

タレと一緒に炙ったチーズもトロリとしながら麺にしっかり絡み付きます。

甘じょっぱい大きな材木メンマ。

白髪ネギ、カイワレ、甘い刻み玉ねぎ

奥の方で小さくしか見えませんが、炙ってある豚バラチャーはデカくて厚くて柔らかくて神。

グリグリと混ぜ合わせると至福そのもの。大好物。

あっと言う間に完食。

味わいとか雰囲気は91点。盛り付けで-1点^ ^

『ごちそうさま』と爽やかに言うつもりが顔が汗だくで…ヘタレなのが恨めしい。

外のコンクリートに付いた招き猫の足跡もナイス🐾

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 7件

「いわしそば430円 チャーシュー丼430円」@寿製麺 よしかわ 西台駅前店の写真やっと来れました。

入って早々心地良い接客。

券売機の前で悩みます。

ブリツケにしようか、普通の白か黒にしようか。

外に貼り出してあった本日のオススメは『いわしそばといわし丼』だったので、いわしそばのボタンを押します。

でも海鮮丼には❌印…チャーシュー丼にしてみますかね。

男性スタッフ3人体制。なんとなく見たことある様な無い様な…

待ってる間眺めてると真鯛の魚拓が飾ってあり、文旦かな…黄色く大きなボテッとした柑橘類が飾ってあります。断って撮影して写真に入れましたがなんて種類なんでしょう。なんか良い雰囲気です。

いわしそばとチャーシュー丼が登場。

いわしそばにはレモン酢やホワイトペッパーをお好みでかけてとアナウンス。

先にレモン酢とホワイトペッパーをかけて絡め馴染むように放置。

チャーシュー丼からいただきます。

薄くスライスされた低温調理の豚肩ロース。低めの温度で甘めの味付けがされてます。ので。ワサビの使いどころが分かりませんでした。特別なサプライズは無く食べ終わり。やっぱり丼物の肉は熱い方が美味いと思います。

チャーシュー丼は82点。


リーダーらしきスタッフがお客さんに聞かれ『上尾と川越と坂戸になります。最初は上尾で…』と丁寧に。

『上尾は遠いなぁ』とお客さん。

『遠くねぇー!俺は今さっき上尾通って来たんだよ。バカにすんなぁ!』と心の中で叫びます。


馴染ませてあったいわしそば。

細めの少しモスッとする麺。温かいです。

生の鮮度の良いイワシは丁寧に開いて骨も丁寧に処理されたもの。

本日のオススメだけあって脂のノリが良いですね…まぁ大体いつも良い物ですが。

タレは醤油にニンニクの風味づけ。サラダ油に少しゴマ油もあるやも。

スライスされたタマネギ。カットされた葉ネギといたってシンプルなのだけど美味い。

麺にタレや油、レモン酢、ホワイトペッパー、イワシの脂が染み込み絡み、麺一本一本が美味しい。

時々ペロリとするイワシもプリンプリンのトロン。

あっと言う間に完食。

回転率は早そうですが、満席外待ちとなっているのでサクッと三言。

『接客が良かった。頑張って。ごちそうさま』とだけ言って帰ります。

東京進出おめでとうございます。

成功しますように。

ごちそうさまでした


やっぱ遠いなぁ…

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件