なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、2017年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】【返事もうちょい頑張ります^ ^】

平均点 87.646点
最終レビュー日 2018年12月18日
1,594 1,100 18 13,668
レビュー 店舗 スキ いいね

「スタミナ冷やし大盛り880円具増し200円レバー増し150円」@スタミナラーメン がむしゃの写真むじゃきで食べた後、ラーメンフェスタの会場に向かうも天気に恵まれ?大盛況。諦めますかね…つくばのラーメン熱には驚きます。

車で会場を一周して少し時間を潰してがむしゃに向かいます。

約一年ぶりの茨城スタミナ。

力強く食いたく麺量大盛り+具増し+レバー増しの食券を購入。

店内は混んでいて中待ちを少ししてからの着席。スムーズな提供。

大きな器にズシンと。

女子ウケが良いようにハート型に麺を引っ張り出して撮影(ホントはたまたま^ ^)

その麺は黄色く少し透明感があり、割り箸の先位の太さかな。ツルリとした麺肌とコシがしっかりしてます。

餡は中華丼の餡を甘くした感じ。でも他のスタミナのお店の平均値より甘さ控えめらしいです。

たっぷりの柔らかいレバー、ニンジン、カボチャ、ニラ、キクラゲ、しっとりしたキャベツが美味しかった。

喉を鳴らしながらグイグイと完食。

茨城の名物のスタミナ冷やし。お腹いっぱい美味しくいただきました。

前の方のレポで接客面でのミスがあったみたいですが、自分の時は普通でした。しっかり頑張って下さい。

ごちそうさまでした。

もう一軒回ります。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「裏メニュー塩肉玉そば」@肉玉蕎麦 おとど 北松戸総本山の写真雷本店でチャーシューをたらふく食べてこちらへ徒歩移動。

来月4日から始まる大つけ麺博に出店が決定したので来てみました。

ちなみに今回は大つけ麺博10周年特別企画でweb投票の予選が行われ、錚々たるメンバーの中から関東ブロックは

1.鬼そば 藤谷(東京・渋谷)
2.中華蕎麦 とみ田(千葉・松戸)
3.ぶぶか(東京・吉祥寺)
4.麺屋 桐龍(埼玉・川口)
5.飯田商店(神奈川・湯河原)
6.寿製麺 中華そば よしかわ(埼玉・川越)
7.中華蕎麦 時雨(神奈川 横浜)
8.肉玉そば おとど(千葉・北松戸)
9.特級鶏蕎麦 龍介(茨城・土浦)
10.手打 焔(栃木・那須塩原)
11.頑者(埼玉・川越)
12.超純水採麺 天国屋(東京・町田)
13.蒙麺 火の豚(埼玉・久喜)

が選ばれました。

あらチャンも投票しましたが内緒です。

おとどは2015年。ラーメン軍優勝だそうです。

券売機の前に立つとなんかゴチャゴチャ見づらくて表題のボタンを押してしまった。

普通の肉玉そばにするつもりだったのに…

先ほどの肉が胃の中で動いてる感じがして無料ライスは頼まないつもりでしたが、食券を渡して席に着いて見渡すとコシヒカリで拘ってると書いてあるので少な目でお願いします。

タイミングが抜群だったみたいで直ぐに提供。

スープは豚鶏牛で炊いたそう。濃厚で味噌味のしない味噌ラーメンの様な口あたりです。スープ自体がおかずになりそう。

麺もおかずになる様にとの事。太め短めの多加水平打ち。ツルツルモチモチ。スープをよく吸います。

豚バラスライスは焼肉のタレの様な味付けで即ライスの上に乗っけてかっこむと至福です。

スープでヒタヒタになったネギ、濃い卵黄などライスに合いますね。

後はメンマとナルトもおられました。

今度は腹を空かしてライス特盛りにしに来よう。

食べ終わって少し水を飲みながら先ほど行った雷本店の写真を見ると、撮影してから20分程しか経っていませんでした。あまり早食いも身体に悪いですよね。

明日から摂生です。

大つけ麺博頑張ってください。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば大盛り 980円」@中華そば 四つ葉の写真久々の四つ葉。

10分位開店前に着くと既にやっています。

推定30分程の早開けでしょうか。

ほぼ満席でしたが提供は順調。

なんかチャーシューの盛りが良いかな…あらチャンとはバレてないとは思いますが、時々来る常連さんと思われてるのかもと勝手に予想。でもたまたまかな?

麺は極太ツルツルモチモチ。縮れがありみずみずしくしっかりしたコシがあって美味しい麺です。

トロミのあるスープは初動がハンバーグっぽいと思いましたが、食べ進めると鶏と野菜に節系の魚介の旨味が押し寄せます。丼底には刻みタマネギが沈んでいて旨味とシャキシャキをプラス。正直説明し辛い味わいなので食べてみる事をお勧めします。

豚肩ロースの低温調理のレアチャーシューは他のお店の平均より厚めにカットしてあり赤身に程よくサシが入っていて、脂身が甘く流石は四つ葉のレアチャーシューだなと。

海苔は麺を巻いてスープに漬けて美味しくいただきました。

みつばを浮かべスープ割りをして香りを立たせて一気に完飲。

予想通りの素晴らしい一杯でした

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 29件

「トマトまぜソバ(L250g)チーズ増し  味玉」@アメノオトの写真栃木10/30

栃木のうまいラーメンスタンプラリーで来ました。

開店初日以来2度目の訪問です。

男性スタッフ3名、女性スタッフ1名

女性スタッフはとびきり可愛い。

本日の限定はバジルのまぜそばでしたが、やっぱりあの時食べたトマトまぜソバ(900円)が食べたくて。

チーズマシ(50円)にして後はラーパスで味玉を付けて貰います。

茹で時間は5分だそうです。

順調に提供。一緒に別皿のパルメザンチーズと辛いのも登場。

かき混ぜる前にスープを飲むとクリーミーでコクのある濃厚な鶏白湯。汁なしの区分にしましたが結構入っています。

麺は太めの平打ち。少し縮れがありパスタの様なモチモチとした弾力。

トマトソースは濃厚で甘酸っぱく旨味たっぷり。

フレッシュトマト一個分が乱切りで入ってます。

ベビーリーフとサイコロカットの豚バラチャーシュー。

それをよく混ぜ口に運ぶとモチモチな麺に軽く酸味のあるクリーミーなトマトソースが絡まって来て色々な食材も加わり楽しく美味しいです。

フランスパンをカリッと焼いたラスク。バターとドライパセリが振ってあって美味しい。

途中でパルメザンチーズを投入。濃厚さがグッと増し味も少し濃くなる。

最後の方に恐る恐る『TABASCO』を3滴投入。

無事に完食。余裕でした。

美味しかったのですが少しパスタ過ぎるかな…まぁ、なんとかラーメン感あるかな…

お会計時に女性スタッフにスタンプを押してもらいます。

『頑張って下さい』と優しく応援されます。気が利きますね。

ありがたいのですが、栃木はちょっと遠いし、期限も近いし、最近気持ちも乗ってないので諦めようかなと…ネガティヴで失礼。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 3件

「豚(ton)トマト880円」@家系ラーメン 横道の写真横道の看板を発見。

パチンコ屋に隣接する豚骨ラーメン店の営業でしたが、閉店したのかなと思ったら近くへ家系ラーメンとして横移動してたんですね。

でも今は暑い時期限定でつけ麺専門店だそうです。

つけ麺の他に汁なし担々麺、冷やし中華、豚肉系の定食&丼など。

ここのお店は『南の島豚』を使って推してます。

店主さんのワンオペ。順調に提供です。

麺は太めの縮れはほぼ無し。表面はツルッと中はモチッと。

スープは名前の通り豚とトマト。想像し易く言うとスパゲッティミートソースの薄くして塩分を濃く。粉チーズとバジルを効かせたイタリアンな感じです。

中には柔らかいしょっぱ目なトマト水煮が沢山入ってます。

麺の上には水菜と豚バラ肉。

薄くスライスしてある豚バラ肉はボイルしただけ。

でもね、美味いのです。

『南の島豚』は宮崎の永田種豚場と宮崎大学の共同開発。沖縄在来種とロック種、ランドレース種などを交配して飼料にも拘り、農林水産大臣賞を複数回受賞との事。

脂身に上品な甘さがあります。

豚バラをスライスしてボイルしただけの方がなんか肉の旨味が分かりやすい気がします。

麺の水気が丼底に溜まってて最後の方はスープが薄まり飲み易くなったので半分程飲んで完食。

GReeenカレー、豚ボナーラ、汁なし担々麺、冷やし中華など気になるメニューがあるのでまた来てみようかな。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトめん750円  餃子半ライスセット250円」@ラーメン専科 めんやの写真北本トマトカレーのノボリがあります。

店舗前の鉢に花が沢山咲いています。

近いのですが一回も来たことがありませんでした。

見た目は町のラーメン屋さんですが店内満席で驚きます。混んでるので帰ってしまうお客さんも。

テーブル4卓、カウンター6席

表題を注文後店内を見回すと、北海のするめ、さきたまポークの柳川煮、揚げ出し豆腐などのお品書きが貼り出してあります。

夜はお酒を飲むのに良さそう。

気になっていたトマトラーメン。牛乳ベースだそうです。

あっさりしながらもコクのあるスープ。程よい塩加減で想像超えて美味しい。無理に例えるなら貝の入っていないクラムチャウダーのような…これだとシチューか。

炒めたキャベツが入っていてスープを吸って美味しい。

ベーコンは生ハム感のあるもの。ベーコン味の生ハムなのかな?

ボイルされたブロッコリーも新鮮で歯応え良く甘くタケノコの様な香り。

真ん中のトマトもボイルされたもの。皮も付いてますが果肉が柔らかくフルーティ。

スープに溶かしても美味しい。

麺は一般的な柔めのツルモチ多加水。今回の中では1番弱い部分かも。

肉餃子で肉汁がジュワッと出て来て美味しいです。

漬け物も浅過ぎず深過ぎず。

13時も過ぎると先程の慌ただしさが嘘の様に御年配の夫婦のお客さんのみに。

良いお店でしたよ。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば」@益子町 まー麺の写真鶏白湯を食べ終わって程なく登場。

かき混ぜる前に少し麺を引っ張り出して口へ運びます。

多加水の黄色い平打ちの麺でモッチモチ。ゴムのような弾力があり美味しいです。

上に乗ってるのはホアジャオや一味など10種の調味料と粗挽き肉を炒めて作ったという肉味噌と卵黄、ネギ、玉ねぎ、ニラ、ニンニク、魚粉、海苔の布陣。

それを激しくかき混ぜると、上記の具材プラス、色々な魚介を加えて作ったという醤油ダレに鶏油、ラードがモチモチの麺に甘みとコクと刺激的な辛さが絡みついて来ます。

もう混沌。

ボーッとしてたらあっと言う間に綺麗に完食。

店主さんのお母さんかな?が、飯割り用のライスを慌てて持って来てくれましたが時すでに遅し。

店主さんは二郎系の限定をやったりと色々アイデアを振り絞ってやってるみたいです。

観光地だし益子ならではの何かあっても面白いのかなと感じましたよ。

頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 2件

「皿台湾 680円 チャーシュー2枚」@人生餃子の写真『皿台湾』

紫陽花で食べ終わってから、道路の向かい側の店に行き紙に名前を書いて待ちます。

しばらく待ってから店内へ。人の話し声とフライパンなどの調理の音で賑やかです。

色々気になるメニューがありますが、推しみたいな皿台湾と餃子を注文します。

辛さが選べるみたいで
辛さなし。ひかえめ。ふつう。ちょい辛口。辛口(80円増し)
の中からひかえめを選択。

隣の客は皿タンタン。チャーシュー付きみたいでデカくて美味しそうなので慌てて自分もチャーシュー2枚追加で付けて貰いました。

豪快に登場です。

大きなチャーシューは肩ロースかな。厚みもあって噛み応えもありかなり美味い。

具沢山の中から麺を引っ張り出します。

幅2ミリ厚さ1.5ミリの細麺。

そこに絡まるのは細めのモヤシ、ひき肉、ニラ。

麺のモチモチと具材達のシャキシャキしっとりが混ざり合います。

味付けはちょっとしょっぱめ。醤油とオイスターソースをブレンドしたような感じです。香ばしさもあります。辛さはあまり辛くないです…ひかえめを選んだので。

餃子は小さめのやつでニンニクがしっかり効いて美味しい。

軽く完食。

人気でカップ麺、チルド麺等にもなったみたいです。

ビールが欲しくなる一杯でしたよ。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「とまとラーメン」@カッパラーメンセンターの写真カッパハウスが好きでしたが、センターは出遅れ今回が初訪です。

閉店ちかくの時間だったので前後共少な目の出入りでした。

調理場はステージの様に少し高くなっているので、足元まで良く見えます。良い仕事をしてキチンと掃除もしないといけないという気持ちの表れでしょうか。

気の利いた感じで順調に提供です。

手前の方からスープをひと口飲むと、あまりトマトダレがかかってなく、普通のラーメンのスープっぽい。確かめる為に慌ててレンゲを突っ込むもトマトに侵食されてトマト味のスープに。

一瞬でしたが煮干しの感じがしたので塩ラーメンのスープにトマトソースを合わせてるのかもしれません。

ブラックペッパーが良い具合に効いてます。

細めの白っぽい麺は滑らかでコシがあり美味しいです。トマトソースも滑らかに絡んで来ます。

チャーシューも適度に柔らかく。

ベビーリーフ、きざみ玉ねぎも良いアクセントになりますね。

お好みで使えと言われたタバスコは使用せずに完飲。

さすが良い出来栄えだと思います。満足しました。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件
91

「辛あつ」@麺屋みつばの写真みつばが移転したとかで来てみました。

店内は天井のせいか、クーラー2台が弱いのか蒸し暑い。

女性スタッフに『暑い』と言うとここら辺が一番涼しいと席を変えてくれた。

その対応とカワイサから気嫌も良くなりました。何故だかここの女性スタッフは奥さん始め皆さんべっぴんです。

移転前に食べた辛あつをお願いします。

今日は写真右上の白いタオルを持って来たので汗かいても大丈夫…なはず。

まぁ、5段階の1辛ですけどね。

極太麺で時間がかかり、しばらく待ってからの提供です。

縁の周りに飛び散ったタレが写真向きじゃないのが残念。少しセルフでティッシュで拭きました。

上に乗るチャーシュー、タマネギ、カイワレ、メンマ、ネギを少しかき混ぜてから赤い極太麺を口に運びます。

モスモスっとした歯応えの麺は割り箸の先位の大きさで主張が半端ない。

赤いタレには甘みや旨味がかなりあるのですが、辛さ耐久がないあらチャンには何がなんだか…でも美味いのは分かります。

1辛は汗はかきますが、口はあまりピリピリとかはしないので、辛いのが強い人なら余裕レベルかも。

海苔でクルリと巻いたりしながらあっという間に食べ終わり。

満足しました。また来ます。

ごちそうさまでした


尚、大型のクーラー買ったそうです。高かったので店主さんはしばらくモヤシ御飯だそうです。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 4件