なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、2017年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】【返事もうちょい頑張ります^ ^】

平均点 87.644点
最終レビュー日 2018年12月16日
1,592 1,098 18 13,627
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 700円」@いのうえの写真RDB総合53位

RDB総合トップ100制覇を目指してやって来ました。

陸橋の下の辺り。住宅街の中です。食べ物屋さんをやるには大変そうな場所ですかね。

鶏喰、丿貫本店と来ての3軒目です。

丿貫との神奈川煮干しの雄の食べ比べになりますね。

しばし外待ち後に店内へ。こじんまりしています。

店主さんと女性スタッフの2名体制。

ラーメン700円をお願いします。(ちなみに丿貫の煮干しそばは800円)

店内には少しごま油の香り?が漂います。

順調に提供です。

スープはこちらも煮干しがガツンと。まろやかで甘いコクと僅かにエグミがあり美味しい。

あらチャンのドロリ計だと10段階の8辺りの濃度かな…丿貫は7。

たっぷりの煮干し類に豚や鶏な感じでしょう。

麺は低加水気味のポキポキストレート。とは言っても丿貫よりモチッとしていて食べやすい。

チャーシューはそれなりに厚みがありしっとりと脂身が甘いタイプ。

多めのタマネギと水菜がサッパリを演出。

海苔で麺をくるりと巻いたりしながら軽々完食。

大袈裟に言うと、

いのうえはコッテリまろやか。

丿貫は旨味とサッパリ。

かな^ ^

どちらも美味しい煮干しでしたが、お値段と個人的好みでいのうえ90、丿貫88にさせていただきました。接戦です。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「境港産 煮干そば 800円」@灰汁中華 丿貫 福富町本店の写真RDB総合75位。

RDB総合トップ100制覇を目指してやって来ました。

鶏清湯の美味しい一杯をいただいて地下鉄移動。

移転してからは初訪問です。

ちょっと迷いましたが、本格的風俗やラブホ、マンションが立ち並ぶ一角にありましたね。

少し離れた駐車場へ並んでから20分程で呼ばれました。

狭くて薄暗い店内。

男性スタッフ2名、女性スタッフ1名。女性スタッフがご案内やらムードメーカーですね。

提供は順調。

シンプルな一杯。

スープは煮干しの旨味が全開。

片口、潤目、平子、鯵の煮干しを使ってある様です。

旨味が強く他の煮干し専門店に比べてキレがあるというのか…鮮魚系…煮干しに新鮮という言葉が正しくはないのでしょうがそんなフレッシュな感じがしました。

麺は食べ手を選ぶかなりポキポキの低加水ストレート。

柔らかく甘い豚肩ロースのレアチャーシュー。

若干辛く、若干甘くの刻み玉ねぎはギリギリの所で煮干しの生臭さを抑えます。

美味しく完飲まで。

大阪の支店も弘明寺店も良店でしたがやっぱり本店も良かったです。

ごちそうさまでした

次も電車移動で煮干しのお店に向かいます。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン 1000円」@たかはし中華そば店の写真青森市内で朝ラー後、お昼前に到着。

広い駐車場は他県ナンバーも含め車がいっぱい。関東のナンバーも2台ありましたよ…随分とモノ好きですな( ̄(工) ̄)

広くて綺麗な店舗。賑やかです。

券売機で表題を。1000円ですからね。ハードル上げましょう。

待ってる間に皆さんのレポを読むと

カナキン51さんのレポに

【5種類の煮干しと豚骨、鶏ガラ、昆布を4、5時間煮込んでいるそう。ラーメン一杯に丼山盛りの煮干しを使い、仕入れ業者が原価の高さに驚いたとか】

カナキンさんには黙って勝手に丸ごと抜粋しましたm(_ _)m失礼

期待値は更に上方修正。

提供は順調。

スープを飲むと煮干しがグンと広がります。

煮干しのパワーもありますが、豚鶏の主張もしっかり。

塩分はやや強め位。軽い酸味に軽い煮干しのエグミ。心地良くスッと身体に入ってきます。

清湯に煮干し粉を混ぜてるかもしれません。少し大人な味わいです。

麺はモチボソの中太縮れタイプ。都内だと感じた事のないタイプですが、前日に食べた『ひらこ屋』に似た雰囲気なので、つなぎは山芋を使ってるのかも。スープを吸って美味しいです。

豚肩ロースも煮過ぎず味がしっかり。

メンマも醤油タレが染みてて美味しい。

ネギをレンゲで掬いながら、途中からは丼を持ち上げグイグイと完飲まで。

大変美味しかったです。

煮干しのラーメンにありがちな『美味し過ぎて満足し切っちゃった感』ではなく『美味しくてまた食べたい』と思える一杯だったかも。

青森遠征。まだまだ行きたいお店がありましたが、距離があるのでこの一杯で早仕舞い。楽しめました。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「せあぶら中 中あぶら 700円」@中華そば ひらこ屋の写真RDB青森1位。

男性スタッフ3名。

混んでて活気があります。

青森のラーメン屋さんは漬物サービスの所が多いい。セルフで小皿に取ってきてスタンバイ。ここは大根の甘酢漬けでした。

待ってる間に但し書き的なのを読んでると、

◎煮干し出汁を感じてもらうために予め返しの『醤油タレ』を少なめにしてある。

◎好みに応じて卓上の醤油タレを使用しろとの事。

◎出汁は堺港産の平子、うるめ、片口を使用との事。

提供は順調。

薄いと言うスープを飲むと全然薄くない。和風な円やかな醤油味で煮干しも程良く効いてる感じ。

浮いてる背脂も味付きでコクと円やかさを演出。

麺は

◎2種類の小麦で歯ごたえともちもち感

◎カン水は少量で小麦本来の風味

◎山芋を使う事により麺線のつなぎとコシを出す

との事。

柔らかい口当たりながらコシがある。カン水は少量との事で、うどんの様な口当たりと山芋の少しトロリとした部分も。

チャーシューはその日作りたてに拘ってるそう。

豚肩ロースで肉の味がしっかりするタイプ。

メンマは煮干し出汁で優しく味付けしてあります。

軽く完食。

和風なスープとうどんの様な麺。面白い一杯でした。

どんな答えが返ってくるかと、お会計時に若いイケメンスタッフに『うどんみたいだね』と言うと、苦笑いしただけ。シャイですな( ̄(工) ̄)

青森1位で期待し過ぎて点数は伸びませんでしたが、活気のある繁盛店でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しそば(大盛無料) 肉増し150円 味玉100円」@中村屋総本山の写真少し間が開いたかなと思ったら暖簾がボロボロに…

席に着いて過去レポをみるともう3年近く開けてしまった。

先客3名。

男性スタッフ3名体制。

落ち着いた雰囲気。店内のテレビではヤクルト対巨人のクライマックスシリーズが流れています。

提供は順調。

スープは鶏、豚に大量の煮干しを溶かした感じ。

旨味たっぷり。塩分強め。記憶の中と変わらず美味しいです。

麺は細め…中細くらいですかね。少し硬め。表面がザラついた低加水のストレート。

麺の甘さに煮干しのしょっぱさ香ばしさがグッと加わり美味しいです。

増した肉は厚みのある豚バラ。箸で崩れるくらい柔らかく煮てあり、スープにヒタヒタさせながら美味しくいただきました。

味玉は黄身ゼリーのしっかり味染み。

バラ海苔は香ばしさをプラス。

ネギ、カイワレでサッパリをプラス。

しょっぱいのに勢いがついてスープを完飲してしまった。

帰り車の中で『旨かったし、しばらく大丈夫』と満足しきっちゃった自分がいる。

美味し過ぎちゃったのかな…でもまた来ますよ。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 8件

「川越醤油煮干そば750円」@中華SOBA にぼ乃詩の写真ラーメンウォーカー埼玉で特集される程に熱い川越。

まぁ、この日は本の発売前でしたけど。

新店組の中でも有望なこちら。

前回強引に冷やしを作って貰ったのでデフォの温かい汁そばを狙って来ました。

あまり濃厚過ぎない方が良さげかなと普通の煮干しをチョイス。

空いてた事もあり提供は順調。

スープは予想を超えて濃厚。動物系と煮干しの旨味がグンと広がるタイプです。動物系は本には鶏と書いてありましたね…でも豚も?

キラキラと見えるのは濾しきれなかった鱗粉かな。本にはイワシ、アジ、ノドグロ、アゴなどと書いてあります。

麺は細めのコシのしっかりあるタイプ。もそっと感もありスープとの相性も良いと思います。

チャーシューは柔らかい豚バラレアチャーと野菜(ゴボウ?ニンジン?)を巻いた鶏肉。

大きく立派な少し酸味のある穂先メンマがカイワレと共に爽やかさをプラス。

スープの後味にかなりの幅を感じ、店主さんに貝をかなり使ってるでしょうと聞くと

『わかります?』

『よくわかりましたね』

と嬉しそう。

これだけガンガンくればあらチャンレベルでもわかります。

でもアサリ、ハマグリ、カキを使っているそうでそこまでは分かりませんでした。

余韻を楽しみながら完飲まで。

このクオリティで750円ですから満足です。

濃いめの煮干しが大丈夫な方、覗いてみても面白いと思いますよ。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「煮干しそば 780円 和え玉200円」@つけめん らーめん ブータンの写真前回レポを上げた日に食べたくなったので行って来ました。

8月19日夜の部。落ち着いてます。

『同じやつでごめん』と言ってまた煮干しそばのボタンを押します。

後、和え玉もボタンがあったので押して席に着きます。

提供は順調。

置かれた瞬間から香ばしさに支配されます。

鶏豚に煮干しを合わせたスープ。オイリーで甘じょっぱく思いっきり香ばしい。ラーメンでここまで香ばしいのは食べた事がありません。

麺は中細位のパツンと切れるストレート。味が染みて香ばしさの中で咀嚼するのが楽しい。

低温調理の半レアな鶏ムネ肉。しっとりと美味しい。

メンマは色合いより優しい味付け。

刻んだネギと粗く刻んだ甘い玉ねぎは力強い一杯に清涼感をプラス。

後はカイワレも見た目と清涼感に貢献。

前回レポを上げ損ねた和え玉。

中細位の油と黒い醤油ダレの絡まった麺が1玉分。

煮干しそばと同じ麺ですがやはり汁そばより硬めでぽりぽりモグモグな歯ごたえ。

そこに香ばしい油とタレが絡まりパンチ力抜群。

後は粗く刻んだ玉ねぎとチャーシューの端っこの部分が乗っかってました。

煮干しそばと共々完食。


店主さんと少し話しましたが、やっぱり群馬の郊外店の夜の部は暇そう。

あれだけ上がっていたレポも自分が上げた日から止まってしまったし。

アイデア振り絞って頑張って欲しいですね。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「煮干しそば780円」@つけめん らーめん ブータンの写真煮干しの評判が良いみたいなので気になって再訪問。

この日は店主さんと男性スタッフの2名体制。

券売機の前で迷わず煮干しのボタンを押して、カウンターの真ん中ら辺に陣取ります。

迷って和え玉を口頭注文。200円を手渡し。

提供は順調。香ばしいかおりが立ち込めます。

油の浮いたスープに蓮華を差し込み口に運ぶと驚く程の香ばしさ。

鶏に煮干しを加えて、更に油にも煮干しを加えてるそう。

甘じょっぱくコクウマ。そこに香ばしさが支配してきます。

麺はつくば製麺。中細くらいでプツンと切れる好みの歯応え。しょっぱめのスープも染みて美味しいです。

鶏胸肉のチャーシューもしっとり。

敢えて粗く刻んだ様な玉ねぎは甘くて柔らかく、刻みネギ、カイワレと共に強めのスープに清涼感をプラス。

材木メンマは優しい味付けでコリコリと美味しくいただきました。

美味しく完食。

この香味油の香ばしさはどこからと考えるとオーブンでチャーシュー焼く時のかなとか想像。

オンリーワンな煮干しそば。衝撃を受けました。

近くに寄られたら是非。

ごちそうさまでした

和え玉は後ほど。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし煮干with南高梅」@麺&cafe Coi.Coi.の写真ここは郊外の割に良い店が並び過ぎの様な…テナント右隣に『うめはら』左側の隣の隣に『蔵人』。何処が1番人気なのか分からない位の優良店が集まりました。

入口の所に『自家製麺、無添加、無化調』と書いてあります。

扉を開けると直ぐ左側に製麺室があります。

カウンターによっこらしょ。

フルートっぽい、ピアノっぽい曲が流れてます。分野も分かりませんが落ち着きます。

メニューも豊富で悩みますが、表題をお願いします。

空いてたので提供は順調。

その際、右側の香味油は最後の方に入れる様に指示がありました。

出汁氷の浮いた冷んやりしたスープは芳醇な旨味香り。少しエグ味があるくらいのドンピシャの煮干し感。好みです。

麺は細めのしっかり締められたコシのあるもの。ツルリとした麺肌も細い分スープの掴み方も良好です。

別皿で南高梅、大葉、長葱、ローストビーフ、メンマの布陣。

ローストビーフも厚みがあり柔らかく美味しいのですが、だからこそ違う感じで食べた方が合いそうな気がしました。原チャソさんの言う通り。

途中追加の煮干油は香ばしい。味わいに脳が慣れて来た所にパンチを効かせ直します。

堪らずライス(100円)を追加。

皆さんよりも大きな南高梅を真ん中に乗せて、紫蘇やネギなども乗せてスープをかけて至福のサラサラ。

完飲まで。

イマドキの冷製煮干しですが上手に纏まっていました。

投稿する前の時点で最近の人気全国18位になってるのも頷ける良店ですね。

ごちそうさまでした


左側の扉を開けます。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しそば 780円」@中華そば いづるの写真浜松町は牛丼屋までオシャレですね。

建物からの冷房の冷気で外も幾分涼しいので助かります。

少し並んで店内へ。

TRY新人賞にぼし部門で入賞と食べログ百名店ラーメンTOKYO2018のポスターが飾ってあります。

順調に提供です。

スープを飲むと煮干しの旨味がグンと広がります。煮干しが濃厚でいながらもドロリまでは行かずサラリで抑えてある位の濃度。エグミは少しある位で甘味があり美味しいスープです。

麺は細めのストレート。硬めに茹でられていてこのスープに良く合います。

チャーシューは豚肩ロースと鶏ムネ。

低温調理の豚肩ロースはしっとり柔らかく肉の味がしっかり。

鶏ムネ肉はこちらも低温調理。しっとり柔らかムスッムスッとした歯応え。

後は岩海苔、刻みタマネギ、小葱、ナルトな布陣でした。

こういったタイプは食べ慣れていて新しい感動はありませんでしたが高いレベルで纏めてありました。

また機会があれば濃密をいただいてみたいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件