なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、2017年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】【返事もうちょい頑張ります^ ^】

平均点 87.646点
最終レビュー日 2018年12月18日
1,594 1,100 18 13,668
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】天城鯖太郎 850円」@麺尊 RAGEの写真長らくの課題店へ。

店名がカッコ良かったので気になってました。

店舗自体も奥まった場所にあり、たまり場的なかっこいい造り。

男性スタッフ2名体制。

表題は天城軍鶏のガラをメインに炊いたライト白湯スープと鯖節スープを合わせたWスープとの事。

提供は順調。

スープを飲むと軍鶏の旨味がグンと来て鯖も後からしっかりやってきます。

コクとほんのり甘さがある中にもキレがある。

最初は少し清湯っぽいかなと思いましたが、味に厚みがあるので清湯好きな方も濃厚好きな方もどちらも行けそうな雰囲気です。

麺は細めのストレート。固めの茹で加減でパツンな美味しいやつ。

鶏むね肉の柔らかいレアチャーと豚ロースの味しみチャーも沈んでますが、どちらも大変美味しい。

後は赤玉ねぎと小葱が彩りとさっぱりを演出。

あっという間に完食。

美味しかったのだけど、ビジュアルがシンプルだったので、写真を撮ってて楽しくなる工夫があると嬉しいかも。

でも良い雰囲気お店でした。

また機会を見つけて来てみたいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製もりZ中盛り950円」@麺通 伊武記の写真久喜のデカ盛りで有名な日本蕎麦屋の奥会津。凄く混んでて諦めてまた日を改めてなんて思ってたら閉店してました。

その後に出来たこちら。

店内に入るとラーメン屋では見た事がない天井の高い和風な造り。

物腰の柔らかい男性スタッフにお腹はあまり空いてませんが、なんとなく中盛りを頼みます。

ちなみに…

並盛り200g850円
中盛り300g950円
大盛り400g1000円

です。

提供は順調。なかなかの量。つけ汁の器は熱々です。

しっかり〆られた茶色い太麺はグッとしたコシの強さを感じます。後から来る香りも良いですね。

スープにつけるとモチモチ寄りになり絡みも良好です。

そのスープは鶏白湯に煮干しを加えたもの。鶏が優先で煮干しは邪魔をしない程度。ドロリとまろやかで少し甘めで塩加減も良く美味しいです。

レアチャーシューもジューシーで柔らか。

穂先メンマも優しい味付け。

味玉も御覧の通り上手な仕上がり味染みです。

スープ割りをして完飲。

先ほどのスタッフに奥会津と関係があるのか聞くと、

『関係ないです。奥会津さんは跡継ぎがいなかったみたいで…。これから頑張りますのでよろしくお願いします』

との事。飲食店を続けて行くことは大変ですね。

お店が綺麗で雰囲気良いですし、頑張ってください。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「特製鶏白湯塩ラーメン」@麺や 福一の写真前回来た時に二毛作営業の『鶏の骨』だったのでモヤモヤしてました。

その時は空いていて家庭的な雰囲気でしたが、今回の本営業は流石に混んでいて並びがあります。

最高権威ラーメン本のTRY鶏白湯部門で2連覇したというので表題の食券を購入。

提供は順調。TRY本と一緒に撮影。

白いスープにレンゲを差し込むと前回の二毛作営業の鶏白湯は濃厚でしたが今回の鶏白湯は上品なシャバより。程良い塩気で鶏の旨味がグンと広がります。香草のかおりも結構…

麺屋 棣鄂(ていがく)の麺を使用との事。中太の白い麺で麺肌の僅かなザラつきとモチモチした食感がありきたりじゃなく面白いです。

チャーシューは豚肩ロース、豚モモ、鶏モモの3種類。

どれも低温調理されていてしっとりでかなり美味しいです。

特に鶏むね肉は周りに香草の香りが付いて美味しいです…ローズマリーかな…詳しくなくすいません…

その香草がスープへ大きく影響していました。

味玉は少し冷たかったですが、黄身がゼリーで味がしっかり付いてて美味しかったです。

後は縦切りのキクラゲ、縦切りのネギ、茹でキャベツ、海苔だったかな。

軽ーく完飲まで。

大変美味しくて流石TRY連覇な一杯だなと…でも個人的には『鶏の骨』の鶏白湯の方が好みでした^ ^

今年のTRY発売まで後1ヶ月。どうなりますかね。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚鶏白湯(しお)850円 味玉100円 餃子350円」@上気元 いただきの写真平日夜の部だからか先客2後客はゼロと落ち着いた雰囲気。

券売機で

濃厚鶏白湯(しお)850円
味玉100円
めっちゃ!ジュースィ〜餃子350円

を購入してカウンターへ。

店主さんとお母さんかな。2名体制です。

提供は順調。

先に食べろと書いてあったパンは想像通りのパンです。

スープをひと口飲むとどストライクの鶏白湯。濃厚だけども過ぎず、塩加減も絶妙。コーンポタージュの様な雰囲気も感じます。

麺は中細位のストレート。硬めの麺に美味しいスープがしがみついて来ます。

レアな豚肩ロース、半レアな柔らかい鶏むね肉はどちらも美味しい。

メンマだけは平べったい今時感のないクラシカルなもの。

水菜、白髪ネギ。

ゼリーな味玉は鰹節の醤油ダレで甘く味付けされています。焼き印が押してあるせいか香ばしさも加わりなんかプリンやカステラを食べてる様な雰囲気もする絶品。

餃子はめっちゃは付かないくらいのジューシーさ。臭みの少ない食べやすく美味しいものでした。

最後は卓上ポットでスープ割り。

後半の飽き対策のレモンも使わず完飲完食。

今まで食べた鶏白湯でも1、2を的な好みの味わいでした。

雰囲気も良くまた来ようと思います。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「こってり大880円 ライス小150円」@天下一品 岩槻店の写真前に並んでる客は『きっと安いんだよ』と何かを期待してますが、天一は開店サービスとかしなかったよなと心の中で。

店内に入ると客とスタッフでいっぱいです。

メニューを眺めるとどれも少しお高めかな。

『こってりとライス…』
大中小どれにしょうかと思ったら間髪入れず
『ライスは並でよろしいですか?』
『並って何?』
『中です』ときっぱり言いながらPOSのオーダーのタブレット端末を必死に覗き込んでいます。

あまりに適当なので思わず笑ってしまう。新店ならではでしょう^ ^

混雑にも負けず順調に提供です。

スープは超濃厚鶏豚白湯。骨の砕けた様なドロリとクリーミーで少しのザラリ。

塩気も少し濃い目。ちょっと辛いなぁと思ったら中に唐辛子がそれなりに入ってます。天一ってこんなに唐辛子入ってましたっけ?

麺は中細の肌側少しザラリ、中モチリ。細さとザラリでドロリとしたスープを強力に持ち上げます。

豚肩ロースのチャーシューは薄くて醤油ダレが濃い目。

メンマも味濃い目。

麺にたっぷり小ねぎ?九条ねぎ?なスープを絡みつけてライスの上に乗せると至福ですね。

軽く完食。

なんか今まで食べて来た天一より全体的に塩気濃い目に感じました。

ここの店舗は色々変わってますが、天一のスタートは順調に見えました。

頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン トリュフオイルがけ」@『   』(無銘)の写真にし乃から移動。

店内に入ると直ぐに調理場のゴミ箱が見える。狭くて置き場が無いのでしょうが夢から覚めてしまうので上手く隠せたら良いなと感じました。

男性スタッフ1名。丁寧な雰囲気で好印象。

トリュフオイルなんて高そうな名前に惹かれて券売機のボタンを押します。

調理を眺めて時間を潰します。何かのオイルを温めながら大量に回し掛けをしています。トリュフオイルってヤツかな…

程なく黄色い油の浮いた一杯の登場です。

スープを飲むと濃すぎない鶏白湯にオリーブオイルの味、香りが支配します。

野菜の上に大量にかけてたのはオリーブオイルでしたね。トリュフの香りは感じられず。

フライドオニオンかな…少し大人しめで香りや旨味の主張は控えめなので邪魔はせず程良い感じ。

麺はパスタと家系の麺の間くらい。デュラム小麦をブレンドしてあるのかもしれません。モチモチと美味しいです。

ホロホロトロける豚肉。

ベビーリーフは大量にオリーブオイルがかけられていて少し熱が入って食べ易いサラダです。

ラーメンショップのを少し上品にした様な辛ネギもスープに溶かしながら美味しくいただきました。

軽く完食。

大量のオリーブオイルが好き嫌い出るかもしれませんが、個人的に好きな味わいでした。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
91

「つけ麺 800円」@風雲児の写真レビュー1400件目は最近1番衝撃をうけたこちら。

ここの近くの病院で産まれたのですが、田舎に馴染んでしまい新宿の混沌とした空気が少し苦手です。

RDBパソコン版のスーパーコンピューターがいつも左ハジでオススメしてきました。

道路を挟んだ階段の上までズラリと並んでいます。

店内に入るとひと際目立つイケメンが居ますよ。

取り敢えずこの日は5杯目なので普通のつけ麺の券を購入。カウンター後ろの壁に貼り付いて待ちます。途中で麺の量を聞かれたので並でお願いします。

イケメン2+美女2の4名体制。

ホストみたいな金髪のイケメンがどうやら店主さんらしい。

店主さんが写ってるポップも写る様に写真を撮りました。

湯切りがキザ。天空落とし気味に。デポをクルクル回したり何から何までいちいちカッコつけていて見てるのが楽しい。女性ファンが多そう。

もう一人の若いイケメンはカッコつけてなくまぁ普通なイケメンかなと思ったらいきなり外国人の客と笑顔を作りながら英語の優しい口調で注文を聞いている。完敗です。

ほぼ全自動で上がってくる麺。ツルツルモチモチでみずみずしく美味しい麺ですね。

なるとちゃんが詳しく書いてくれてますが、鶏白湯に煮干しなどの魚介、大量の鰹節の魚粉を合わせたもの。

チーズの様なコクと旨味があり、濃厚でもしつこくなくバランスが良い。

柔らかいチャーシュー、メンマなども入っていました。

卓上ポットでスープ割りもして、少し水で冷まして一気に完飲まで。

これだけの大繁盛の中、朝から晩までカッコつけてるのも大変だろうなぁとつくづく。本物のエンターテイナーですね。

少し加点ですね。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「渡り蟹の濃厚つけそば 中盛り」@中華そば 葵の写真佐野らーめん湧から移動。

日曜18時。夜の部ほぼシャッター。

気になっていたのですがなかなか来れず、キングさんのレポを見て決心。

昼夜各10食の表題1000円を中盛り+50円(麺量300g)にしてもらいます。

店主さん?のワンオペ。

店内にテレビがあるので空いてる時間ならのんびり出来そう。

一気に満席ですが順調に提供です。

中ぐらいの太さのエッジの効いた全粒粉入り。表面ツルリとしていてグッとしたコシがあります。

蟹香り漂う鶏白湯。トロミがあって濃厚。塩分も少し強めですがつけ汁ですからね。

麺の上に乗ってるレモン。その上に乗ってるカニ肉。その上に乗ってるオレンジのはなんだったか忘れましたm(_ _)m

缶詰のカニ肉の様な感じのもスープに豪快に溶かして麺を沈めるとカニ肉も一緒に絡んで来て極楽です。

鶏肉は肉厚柔らか。

肩ロースも柔らかく少しフルーティー。

卓上のポットでスープ割りをすると大豆の何かが入っているのか、部活の時に飲まされたプロテインの味がしました。

完飲完食。

中盛りでもなかなかおなかに溜まりました。

学生も多いのでつけ麺類はガチ盛りなのだそう。

やっぱり学生さんは食いますね。

店主さんはガッチリしてますが、物腰が柔らかく好印象でしたよ。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏鶏イノジ  780円」@INOSHOWの写真バスさんのレポで気になっていました。

高架になっている保谷駅の下の部分。

ちょっとお洒落な店内です。

イノジとは井の庄の二郎みたいな感じなのかなと頼んでみます。

美味しそうなキャベツが目を引く一杯が順調に登場です。

スープは鶏白湯ベースで味噌のタレ?を使っている感じで塩分強め。

麺は割り箸の先くらいでギュッと締まった硬めの歯応え。

大きな鶏モモ肉。あっさり目の照り焼きの味付けで硬すぎず柔らかすぎずの美味しいもの。

緑が鮮やかなキャベツは期待通りの甘くてシャキシャク。

キャベツの上に乗っているのは鶏肉と脂を混ぜて醤油ベースで味付けした様なもの。美味しいけど不思議な感じです。

後はモヤシも入ってました。

少な目のニンニクを溶かすと少し厚みが増してジャンキーに。

軽く完食。

これで鶏ベースの二郎なのは2回目ですが、どちらのスープも豚ベースよりパワーは抑えめな感じがしました。

その分スープをしょっぱ目にしてるのかもしれませんね。

他にも美味しそうなメニューがあったのでまた来たいです。

ごちそうさまでした


近くの店には勉強不足でフラれそのまま少し南下。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯 塩」@益子町 まー麺の写真お店の新着PRの所に上がってたので気になって来てみました。

夜に思い立って来たので周りが真っ暗であまり見えませんが観光地の様な雰囲気。

大きなタヌキだけが見えます。

ラーメン屋さんだけが明るいです。

鶏白湯と台湾まぜそばをお願いします。

順調に提供です。

一生懸命炊いたという濃厚な鶏白湯スープ。甘みがあり円やかで美味しいです。

そこに合わさるの麺は硬めの平打ち縮れ。昔の様なカンスイの匂いがしっかりするタイプで柔らかく美味しいスープに打ち勝ってしまいます。

メンマ薄く甘い味付け。

豚バラは旨味が染み出してきます。

鶏ムネはしっとりぱっさり。周りをブラックペッパーでピリッとコーティング。

普通のネギと九条ネギを掬いながらスープをほぼ飲んで台湾まぜそばを待ちます。

帰り際になんでこの麺なのか聞いたら地元の人は今時の低加水の細麺ストレートを好まないとの事。なるほどね…

スープ等良かったですが、麺が少し気になったのでこの点数で。

一旦ごちそうさまでした

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件