なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、2017年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】【返事もうちょい頑張ります^ ^】

平均点 87.646点
最終レビュー日 2018年12月18日
1,594 1,100 18 13,668
レビュー 店舗 スキ いいね

「ワンタンメン 810円」@大塚支店の写真大塚支店の創業は1962年。

本店は閉店、分店も数年前に閉店したみたいです。

RDB銚子市3位
食べログ銚子市1位

落ち着いた広い店舗。

閉店時間近い微妙な時間なのに混んでいます。

テーブル席に座りメニューを見ると昔の食堂の様。

年上なお姉さんにワンタンメンをお願いします。

提供は順調。

和風のうどんのツユの様な柔らかい口あたり。鶏ガラかな。ホッとする味わいです。

麺はかなり細い平打ち…今まで食べた麺類の中で一番細いかも。

滑らかでこんなに細くても軽くコシもあります。乾麺ぽいな…自家製らしい…製麺した後、軽く干してるのかも。

春巻きの大きさのワンタンが2個。淡いピンク色した餡で、野菜などは入ってなくひき肉と小麦粉のみかな?

プリンというかモチッというか不思議な食感。味はほんのり甘い薄味でかなり持て余すので卓上の醤油を直接垂らすと良くなりました。

茶色いけど、甘めい薄味のメンマ。

細かく刻んだネギを掬いながらスープを半分程飲んで完食。

淡々と書きましたが記憶に残る驚きの一杯でした。

味の評価は微妙ですが、昔ながらの一杯を食べられた満足感はありますよ。

しゅうまいも変わってて美味しそうですし。

クラシカルだったり変わったのが好きな方は狙ってみても面白いかもしれません。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン 680円」@中華ソバ 坂本の写真銚子にやって来ました。

少し古めの店舗で入り口には売切れなる立看板が。

でもやってる雰囲気なので入ってみると『どうぞ』と。

その後もチョロチョロ入って来ました。

少し混雑して看板出しちゃったみたいです。

売切れたのはカレーみたいだし。

調理は見えませんがご主人かな。

提供とホールは笑顔の素敵なお姉さん。

そんなでも提供は順調です。

680円のチャーシュー麺なんて期待してませんでしたが、予想以上にタップリ肉が乗っています。

スープを飲むと程良い塩気の後に肉の旨味と魚介、鶏ガラ、貝出汁などがグングンとやってくる。

麺はモチモチボソッとした中太。チャンポンで使う様な麺ににてるかもしれません。

チャーシューは7.8ミリの厚さがあります。プリンプリンとした押し返す様な歯応え、旨味が抜群でベリージューシー。出来立てかな?

『チャーシュー美味しい』の声があっちの卓とこっちの卓から聞こえてきます。スープに与える影響も大きそう。

爽やかなコリコリなメンマ。

青菜とナルトで彩り良く。

真ん中の黒いのは最初海苔かと思いましたが、厚みのある柔らかい昆布。

レンゲでネギを掬いながら貝出汁の広がりを感じつつ完飲まで。

この値段で凄く頑張っているなと。

クラシカルな雰囲気も良かったです。

良い点数を付けさせて下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ雷 並 950円」@雷 松戸駅東口店の写真とみ田本店で至極の一杯を食べた後、この間オープンした直ぐ近くの同系列のこちらへ。

以前富田食堂があった場所ですね。

先程食べたとみ田本店と同じつけ麺並のボタンを押します。とみ田本店は900円、こちらは950円と50円程高い設定。

狭いカウンターに着席後、程なく提供。

たっぷりのラードと背脂とネギが浮いてる豚骨スープに酢がしっかり効いた無骨で懐かしいタイプ。ややしょっぱめ。

合わせるのは平打ちのやや縮れのある太麺。スープに浸すとモチモチッとした感じになります。

多めのモヤシとキャベツ。

パサってしょっぱい肉片。

軽く完食。

昔のつけ麺の雰囲気でした。

従業員同士がする常連さんの話も狭いので筒抜けかも。

この間の富田食堂での1stさんのレポと同じ様な感想。

とみ田本店と近いのに違い過ぎるかな…

味わい雰囲気も普通なんだろうけどとみ田本店が素晴らかっただけに余計雑に感じてしまう。

うん…

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 並 900円」@中華蕎麦 とみ田の写真リニューアルされたばかりの頃に来て朝なのに売切れで、またいつか来ようと思ってました。

綺麗になったけど大きくは変わってない雰囲気。

調理は見やすくなりましたね。

富田店主さん元気そう。

スタッフ全員頭を剃り上げて気合いが違いますね。かっこいい。

トッピング達はなかなかのお値段なのでつけ麺の並盛りを普通で。

客全員なんかラオタっぽい雰囲気が漂います。

全員が撮影。

ロットの一番最後です。負けじと写真もガッチリ撮りました。

麺を少し食べるとふすまの良い香り。

僅かにザラリとしていますが瑞々しくツルリとした麺肌。コシがしっかりしています。

以前より少し細くなりましたかね?

スープは激熱。直接は諦めて麺をつけて啜るともちもちっとした食感にクリーミーなエグミが心地良く口の中に広がります。

豚や鶏に煮干し、節などの魚介系を多重に合わせたもの。

たっぷりの魚粉、たっぷりの刻みネギなども加わり素晴らしい味わい。

丼の中のチャーシューも地元柏の銘柄豚のバラ肉だそう。柔らかくて旨いです。

柔らかいメンマ。

そのまま少し飲んでからスープ割りをお願いします。

割り用のスープは、いりこ、鯵、鰹、鯖だそう。

かなり熱々でリターン。

元々旨味たっぷりだったので旨味の上乗せはありませんが、あっさり飲み易く完飲すると最後に柚子の香り。

高い次元で美味しくなっちゃったなぁ…うゑずが一番美味いなんて言ったけど、スープが麺に絡んだ時の味わいはこちらの方が上かも…総合で師弟互角でしょうか。


今日から始まった大つけ麺博第4陣ファイナルに出店。ツイッター読んでも熱い気持ちが伝わってきます。頑張って下さい。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 4件

「特製塩らあめん 1000円」@らあめんCloverの写真成田の人気店。

時間はお昼時ではありませんがなかなかの混みよう。でも雰囲気は落ち着いています。

店主さんと奥さん?かなの若い2名体制。

券売機の前でオススメを聞くと

『塩です』とキッパリと。ありがとう。

見ていると調理の手際も流れるよう。

提供はもちろん順調。

塩は鶏と魚介のスープだそう。鶏の後に昆布と煮干しの旨味グンと来ます。塩加減も程良く甘さは抑えめ。飲みやすいです。

白っぽい麺は中ぐらいの太さの平打ち。モチモチとパツンの中間くらいの食感。スープを優しく持ち上げ相性も良いですね。

豚肩ロースが2枚。1枚は煮豚、1枚は低温調理かな?それとも煮豚じゃなくて熱が入ったのか。

鶏胸肉が1枚。柔らかく。

味玉は中までしっかり味しみ。味を打ち込んでるのか…でもカットしてあるしなぁ…

後は小松菜、フライドオニオン、小葱でした。

センス良く落ち着いた雰囲気で落ち着いて食べれました。

なんか味だけのレビューで失礼しました。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「家系らーめん並盛680円 セット炒飯220円」@酒々井家 本店の写真何処かの夜の部。

酒々井町は以前は通り過ぎても気付かないくらいの地味な感じでしたが、5年程前にプレミアム・アウトレットが出来て有名に。

このお店は千葉市内から成田市に向かう唯一?の一本道の側にあります。

家系にしてはこじんまりとしていて気付き辛いかも。

ハチマキを巻いた少し先輩な店主さんのワンオペ。

あまりお腹は空いてなかったのですが、店主さんとのマンツーマンなので炒飯も付けました。

提供はもちろん順調。

写真を無事撮り終わりスープをひと口。

濃厚な豚の旨味タップリ。僅かに豚臭さも感じるくらい本格的。円やかで甘じょっぱい直系に近い雰囲気のタレを使ってますかね。

麺は家系らしい中太の短麺。グッとした噛み応えとモチッ感もあり美味しい麺ですね。

豚バラの板が1枚ドンと。柔らかくてトロけます。家系定番のモモも良いけどこちらも良いね。

ほうれん草と味玉半分。

海苔にスープを絡ませてチャーハンを巻いて食べると美味い…

チャーハン自体は美味いのだけど、やっぱり普通の白飯の方が相性良いなぁ…

軽く完食。

店主さんはこんなに長時間頑張ってるのかな…身体壊さない様に頑張って下さい。

市街地から離れた場所に本格的な家系があるなんて、やっぱり千葉は家系王国だと思います。

レポ書く段になって店舗情報のブログを見ると店主さんの娘さんかな?

かなりかわいいじゃん。

こんな夜中に店主さんとマンツーマンしてる場合じゃなかった^ ^失礼

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製千夏っちゃんラーメン950+税」@Good Day Ramen 千夏8の写真コンビニで地元のタウン誌を買ったらここが載っていたので来て見ました。

元々は近くで二升屋(ますますや)と言うラーメン屋をやっていたそう。

なかなかの混み様。

センスが良いね。壁に子供の落書きがしてあってなんか楽しそうな雰囲気。

男性スタッフ3、可愛い女性スタッフ1の4名体制。

店主さんオススメの千夏っちゃんラーメンを頼みます。

サーフィン好きの店主さんが千葉の夏をリスペクトする気持ちを込めたそう…本当かな^ ^

とか考えてると無事提供。

スープはトロリとした豚骨醤油。ゲンコツ、豚足、背脂から丁寧に出汁を採ったそう。ニンニク、胡椒、蜂蜜を加えて引きが強く個性的な味わいを演出。カエシは地元匝瑳(そうさ)市の『タイヘイ醤油』を使っているそう。

濃厚で甘じょっぱく、胡椒とニンニクがしっかり効いています。そこに房総ならではのきざみタマネギがタップリ溶け込んで深みのある旨味を感じます。

麺は創業60年、村田製麺所(旭市)のものを使用。麺量150gとの事。

細麺でコシとモチモチを両立させた様な美味しい麺です。

チャーシューは豚バラ4枚、豚バラロール1枚。柔らかく香ばしく美味しい仕上がり。

穂先メンマは柔らかく優しい味付け。

味玉は黄身がトロリ。しっかり味染み。今まで食べたラーメン屋の中で黄身が1番黄色く驚きました。

スープをほとんど飲んだら後々それなりにニンニク臭くなったので、しっかり目に使ってますね。

人気店なのが分かりました。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「まのけ900円 チャーメシ100円」@支那そば へいきちの写真Beckyさんのレポを読んでコッソリ行って来ました。

お姉さま方2名体制。元気が良いです。

何にしようか悩んでいると

『チャーメシまだありますよね』と聞こえる様に確認してます。

余ってるんだろうなぁ…お腹空いて無いけど頼まないとなぁ…

予定通りのまのけ(ワンタンメン)と予定外のチャーメシを頼みます。

なんかアットホームな雰囲気。

自分の年代より少し前の歌謡曲がかかっています。

おかみさんはトシちゃんのにんじん娘の最後の所を歌ってますよ。

後はウルフルズのバンザイ、シブがき 隊の寿司くいねぇと続きます…イントロだけで分かります…

ワンタンメンは25年ぶりに復活と貼り出してあります。

無事順調に提供。

パシャパシャしてると『写真沢山撮る時に限って…』と若い方の女性スタッフは何かをやらかした感。

笑いながら『ごめんなさいね』とプレッシャーをかけた事を詫びてスープをひと口。

昔ながらの鶏ガラスープ。醤油が円やかに香って塩分は優しげ。肉の旨味なども加わって厚みがあり、何かの香りも少し感じます。

麺は細めの軽く縮れのあるもの。コシがありモチモチもありの美味しさ。

チャーシューを食べるとキレのある醤油ダレがグンと来ます。ベッキーさんのレポを読むと豚の三枚肉だそうで柔らかく仕上げてあります。香辛料的な何かの香りが…八角とも…ちょっと勉強不足ですいません。

ワンタンはテルテル坊主系に近い仕上げ。中ぐらいの厚さ、柔らかさの皮に餡がみっちり。挽肉にネギもタップリ入れてあり美味しいです。

甘めの薄味メンマも美味しくいただきました。

チャーメシは炊いてから時間が経ったのでボソリ感もありもう一息かな。

奥の細かく切ったのはザーサイ。塩分強めなので注意してとのアナウンス。

確かに塩っぱく、ごはんに混ぜてかっこみました。

ネギを掬いながらスープをほとんど飲んで完食。

落ち着いたタイミングに来て良い時間を過ごせました。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん 豚骨醤油」@麺屋 青山 本店の写真成田市の人気店。

変な時間でしたが混んでます。常連さんが多そう。

食券購入後、女性スタッフに口頭で豚骨醤油をお願いします。

こうじ軍団の写真が貼ってありますが、名前の字が細かくてボヤけて読めません。

後はラジオの何かに携わってるみたい。

後で地元のラー本を読んだらお店の宣伝よりもラジオ番組の宣伝してました。

『毎週木曜、午後5時20分頃から放送中のベイエフエム『GO!GO!ラーメン部』是非聞いて下さい。番組のレポーターの方と新しい企画にチャレンジしてます!』との事。

四月の本なのでまだやってるかは分かりませんが。


さて、見た目から濃厚な一杯の登場。

なめらかにトロミがあり塩分強めですが美味い。僅かに豚臭すらする位の豚感。

麺は中ぐらいの太さで、エッジの効いたグッとコシのあるもの。

豚バラは柔らか仕上げ。

少ししっかり香りのあるネギ。濃厚スープに負けません。

海苔は沈んでました。

味玉は黄身がトロ〜リ。

後はほうれん草。

段々塩分が強くなって最後は水をがぶ飲み。

最初出されたのは普通の冷たい水でしたが、手前のポットの中のはレモン水ですかね。

最初は美味しかったですが、後半の塩気が少し残念でした。

これからも地元に愛されます様に。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「特製鶏白湯塩ラーメン」@麺や 福一の写真前回来た時に二毛作営業の『鶏の骨』だったのでモヤモヤしてました。

その時は空いていて家庭的な雰囲気でしたが、今回の本営業は流石に混んでいて並びがあります。

最高権威ラーメン本のTRY鶏白湯部門で2連覇したというので表題の食券を購入。

提供は順調。TRY本と一緒に撮影。

白いスープにレンゲを差し込むと前回の二毛作営業の鶏白湯は濃厚でしたが今回の鶏白湯は上品なシャバより。程良い塩気で鶏の旨味がグンと広がります。香草のかおりも結構…

麺屋 棣鄂(ていがく)の麺を使用との事。中太の白い麺で麺肌の僅かなザラつきとモチモチした食感がありきたりじゃなく面白いです。

チャーシューは豚肩ロース、豚モモ、鶏モモの3種類。

どれも低温調理されていてしっとりでかなり美味しいです。

特に鶏むね肉は周りに香草の香りが付いて美味しいです…ローズマリーかな…詳しくなくすいません…

その香草がスープへ大きく影響していました。

味玉は少し冷たかったですが、黄身がゼリーで味がしっかり付いてて美味しかったです。

後は縦切りのキクラゲ、縦切りのネギ、茹でキャベツ、海苔だったかな。

軽ーく完飲まで。

大変美味しくて流石TRY連覇な一杯だなと…でも個人的には『鶏の骨』の鶏白湯の方が好みでした^ ^

今年のTRY発売まで後1ヶ月。どうなりますかね。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件