なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】

平均点 87.692点
最終レビュー日 2019年2月20日
1,658 1,147 18 14,745
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏白湯つけめん しお」@麺屋 京介の写真『必道』『名無し』の後。

ここも運良く一台駐車場の空きがありました。

食券を購入して大きなモニターの横に着席。

モニターには氷室京介のライブ映像が流れています。

『京介』はここからなんですね。

断りを入れて写真撮影。

スタッフは地元の方かな?少し訛りがありますかね。

◎豚バラ
◎豚肩ロース
◎鶏むね

の3種類から2種類選べるらしく豚バラと鶏むねを選択。

ギュッとしまった全粒粉入りの太麺。ツルリとした麺肌で美味しいです。

つけ汁は濃度ミドルな鶏白湯。しつこさはなく飲みやすい。

つけ汁の中は具沢山。

ネギや水菜が入っていて火が通ってるので甘く食べやすい。

サイコロ状に細かく刻んだチャーシューは鶏むねが多めですが、豚も。たっぷり沈んでいて嬉しい。

麺をつけ汁に合わせるとモチモチ寄りに変化。スープの絡みも申し分なし。

氷室京介の曲を聴きながらテンポ良く食べ進めます。

豚肩ロース、鶏むね肉は特別ではないけれど美味しくいただきました。

穂先メンマは柔らかめのシャキシャキ。

最後はスープ割りをお願いして完飲まで。

リズム良く美味しく食べられました。

NEW YORK NEW YORK 星になるだけさ♪

(作詞:深沢和明 作曲:布袋寅泰)

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン 550円」@自家製麺 名無しの写真駐車場は運良く一台の空き。

老若男女入り乱れての大人気。

少し待ってからの着席も提供は素早い。

スープは鶏ガラに鰹節で昆布かな。まろやかで軽い酸味があり塩分はやや強め。

自家製と言う麺は中細の結構薄めの平打ち。多加水でカンスイがしっかり効かせてあるのでコシがしっかりとしていて滑らかで美味しい。

麺の厚みが薄い分、スープを上手に持ち上げ相性が良いです。

豚肩ロースのチャーシューはクラシカルな仕上がりだけど味がしっかりあり美味しい。

優しい味わいのメンマ。

浮いてるネギが良いアクセントになりますね。

後はナルトに海苔かな。

麺は最初のコシのあるものから終盤はモチモチ。それもまた美味しい。

近くの学生さんが『フードコートのラーメンを美味しくした感じ』と言っていたのが聞こえた。なんとなく分かるなぁ。

RAMENOIDさんのレポの佐野ラーメンっぽいというのが一番しっくり来そう。

美味しいのだけど、なかなかの郊外にある店で、この素朴なラーメンにこれだけのお客さんが集まるのがビックリでもあり面白い部分でもあるなと感じました。

長く愛されて行くことでしょう。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「必道そば 180g 750円」@麺屋 必道の写真ひと月程前の昼の部。

重鎮の皆さんがこぞってレポを上げてたので気になってました。

筑波山の麓の田園風景の広がる長閑な地域。

裏側の駐車場は車がいっぱい。

食券を買って小兵のあらチャンも無事に外待ちに合流。

ショーケースの様に使っているスペースに小麦粉の袋が飾ってあります。何か期待出来そう。

10分程で中待ちに昇格。

ミニファミレス的な広めの店内。

調理場に男性スタッフ2名。
ホールに女性スタッフ2名。

更に10分程でコの字型のカウンターへ。

提供は順調。

スープを飲むと香ばしさの中に玉子の様な甘い香り。

重鎮の皆さんのレポを読むと鶏などに節系の魚介を合わせたものだそう。

ちょっと他の店だと味わった事のない独特の旨味の広がり方です。

グッとしたコシのある麺。これもまた珍しい。ちゃんぽんなどで使うタイプに少し近いかな…

香ばしい豚バラチャーシューは小さめだけど2枚。

中華風な味付けのメンマ。

ほうれん草は歯応えの残るベストな茹で加減。

赤たまねぎのスライスは甘く爽やか。

後は海苔ですかね。

見た目は平凡なクラシカル?かなと思いましたが、味わってみると面白い味わいで気に入りました。

また来て他のメニューも食べてみたいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「辛塩つけめん 880円」@中華そば ことぶきやの写真少しの外待ちを経て店内へ。

静かにジャズが流れています。

カウンター9席となってますが、この日はテーブル席も稼働。

昔な雑貨が飾られて、古い映画のポスターが貼ってあり良い雰囲気。

小洒落た素敵なお店。

店主さんと奥さんかな。奥さんの食べ終わってくつろぐ遅い女性客への優しい圧のかけ方とか客さばきはお見事です。

先に出されたつけダレをIHヒーターに乗せて、少しフツフツして来たら麺の提供です。

割り箸の先位の太さの麺。

ツルリのモチモチグッとした口当たり歯応え。

スープは鶏白湯に魚介。一般的な豚骨魚介を柔らかくした様な味わい。

ネギと一味が良いアクセントになっていて飽きさせないです。

麺への絡みはやや穏やかで優しく旨味を伝えます。

ブロックの豚バラチャーシューも沈んでました。

味玉は半分ですが、あると嬉しいんですよね。

卓上の魚粉を入れると鰹節の香りと旨味が広がり美味しさアップ。

奥さんに聞くと『鰹節の魚粉です』との答えが。あってました^ ^

麺に直接少しだけかけて食べたりと楽しみました。

隣の学生さんはつけダレを温め直してます。IHヒーターは便利ですね。

スープ割りは卓上ポットのものをセルフで。

今度は店主さんに聞いてみるとポットの中身は『鶏と豚の白湯です』との答えが。

熱くなったスープをゆっくりと余韻を楽しみながら完飲まで。

良いお店でしたよ。

ごちそうさまでした

〜追記〜

辛味はピリ辛位です。弱い方でも安心レベル。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「魚醤シャキ玉ラーメン800円」@五輪書の写真むじゃき、がむしゃと連食後、武蒼から独立したこちらへ。

何にも無い場所なので見晴らしが良く、この日は土浦の花火大会だったので綺麗に見えます。

しばらくスマホのビデオで撮影。地上に近い所でも光ってたので、時間も近いし今思えばYahoo!ニュースで見た事故なのかなと。

ビデオ撮影も満足して店内へ。店主さんのワンオペ。先客無し。

限定の表題を頼みます。

魚醤の『いしる』を使っているそう。

レポには上げませんでしたが去年、石川県で食べた魚醤のいしりラーメン。かなりクセが強くて…今回もちょっと不安です。

提供はオペが複雑なのか太めの麺だからかそれなりにかかります。

置かれた瞬間から来ますね。

撮影は27秒以内との注意書きがあったので適当になってしまった。どうやら5分ぐらい撮ってる人もいるからとの事。なるほどね。

恐る恐るレンゲを運ぶとそこまで匂わず、旨味がグンと広がります。

甘めで豚と鶏が基本。魚介は少し昆布があるだけで魚の旨味は魚醤からだそう。

これは醤油味になるのかな?塩味?と聞いてみると、考えて醤油だというので味の区分は醤油にしときます。醤油は使って無いですけどね。

手打ちという麺は割り箸の先の方の幅。厚みはその半分。ツルモチで美味しいです。でも優等生過ぎて少し遊びが欲しいかなと感じました。

メンマは普通かな。

チャーシューは柔らか仕上げで美味しかったです。

ショウガ、タマネギのみじん切りで『いしる』のクセを上手に抑えてありすね。

甘味は?と尋ねるとタマネギとラードからとの事。今回の唯一妥協してしまった部分との事。

でもねナイスチャレンジだと思いますよ。後は麺が手打ちならではの面白さがあればグッときそう。

頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナ冷やし大盛り880円具増し200円レバー増し150円」@スタミナラーメン がむしゃの写真むじゃきで食べた後、ラーメンフェスタの会場に向かうも天気に恵まれ?大盛況。諦めますかね…つくばのラーメン熱には驚きます。

車で会場を一周して少し時間を潰してがむしゃに向かいます。

約一年ぶりの茨城スタミナ。

力強く食いたく麺量大盛り+具増し+レバー増しの食券を購入。

店内は混んでいて中待ちを少ししてからの着席。スムーズな提供。

大きな器にズシンと。

女子ウケが良いようにハート型に麺を引っ張り出して撮影(ホントはたまたま^ ^)

その麺は黄色く少し透明感があり、割り箸の先位の太さかな。ツルリとした麺肌とコシがしっかりしてます。

餡は中華丼の餡を甘くした感じ。でも他のスタミナのお店の平均値より甘さ控えめらしいです。

たっぷりの柔らかいレバー、ニンジン、カボチャ、ニラ、キクラゲ、しっとりしたキャベツが美味しかった。

喉を鳴らしながらグイグイと完食。

茨城の名物のスタミナ冷やし。お腹いっぱい美味しくいただきました。

前の方のレポで接客面でのミスがあったみたいですが、自分の時は普通でした。しっかり頑張って下さい。

ごちそうさまでした。

もう一軒回ります。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「トマカレまぜそば大盛り 800円」@つけめん・まぜそば むじゃきの写真土曜日

つくばのラーメンフェスタにやって来ました。

天気は良いのですが、遠くの台風からの風で街路樹から枯葉が良い感じに降りそそぎます。

フェスに行く前に少し腹ごしらえ。

2ヶ月程前にオープンしたこちら。RAMENOIDさんのレポで気になっていました。

綺麗な店内。

食券を渡す際に大盛り無料と言われ思わず『ウン』と頷いてしまった。気弱なので撤回出来ず…

大繁盛でしばらく中待ちを経て着席。

程なく昼の部の暖簾が降ろされました。

着席してからの提供はスムーズ。

まぜそばの指南書があり、ビジュアルに見惚れてからシャッターチャンスと書いてあります。

こういった写真撮って的なのは嬉しい限りですね。

軽く混ぜてから口に運ぶとモリモリっとした食感に旨味のあるトマトソースが乗っかってきます。

割り箸の先くらいの太さの麺。グッグッと噛み締めるのが楽しくなるコシの強いもの。

ソースはトマトカレーでカレーが主役かと思ってましたが、主役はトマトソースの方でした。甘味と旨味があり微かな酸味。その中にフレッシュトマトをサイコロ状にカットしたものがゴロゴロ入ってました。

カレーはキーマカレー風。タップリのひき肉を甘辛くカレーの香ばしさで炒めたもの。

そこに刻みタマネギ、水菜のフレッシュな具材達が加わります。

チャーシューは燻製してあるみたいですね。確かに香ばしく中はしっとりしていて美味しかったです。

途中から卓上ポットの割りスープでセルフのスープ割り。薄味のトマトラーメンみたくなって、一気に完飲まで。

普通盛りは250グラムみたいですが、大盛りは分かりません。でもしっかりお腹に溜まったので350近辺かも。

つくば市内でも特に激戦区にまた良いお店が出来ましたね。

頑張って下さい。

ごちそうさまでした


この後つくばラーメンフェスタまで行きましたがあまりの混雑ぶりに会場の外を一回りして結局違う店に向かいました。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺900円 餃子250円」@麺'sクラブ 石下店の写真『古坂大魔王さんが食べたのはどれですか?』

夜の9時頃。店内にはFM NACK5のTHE魂(木曜日)が流れています。

前日水曜日のパーソナリティーを務める古坂大魔王さんがここに行った。ラーメン食べたと言ってたので来てみました。

なんとなく見た事があるスタッフに尋ねるとコテ味噌とチャーシュー麺辺りを食べたと言う事なのでチャーシュー麺の方を選択。

後は250円と安い餃子も付けます。

先客1と言う事もあり?提供は順調です。

どうやらラーメンと餃子を頼むと自動的にセットになるらしくサラダも付いて来ます。250円なのに。

スープは甘じょっぱく円やか。

張り出してあるウンチクを読むと、

国産の鶏ガラ、豚骨、だし煮干、昆布、するめ、リンゴ、地元野菜、等を弱火で10時間炊いたものとの事。

麺は中細くらいで縮れがあるものでもっちりしています。

こちらもウンチクを読むと北海道の強力粉、筑波の湧水、竹炭使用との事。

チャーシューは厚みのある豚バラストレート。甘じょっぱく味が付いていて美味しいものです。

味玉半分はゼリー状で味付けもしっかり。

店内で作るという餃子は皮の焼き面がぱりっ香ばしく、周りモチモチ。何か皮に工夫がしてある感じがします。

餡も程よい量で、ニンニクは入ってなく、擦ってあるのが皿の隅に添えてあるのでお好みで加えるタイプです。

醤油につけて食べるのも美味しかったのですが、味噌ダレ!

味噌に少しコチュジャンかな?それを伸ばして餃子にちょうど良く絡むようにしてあります。

たっぷりつけて口に頬張るとトロリと甘辛でピッタリと合います。きっとお酒のお供に良いでしょう。

安くて美味しい。凄くオススメです。

お会計時になんとなく分かっていたけれどとぼけて『なんで古坂大魔王さんが来たの?』と聞いたら、『元々僕が芸人をやってまして…』なるほど…やっぱり。

後でネットで色々調べてみると、江戸むらさきの磯山良司さん。見た事あります。

両親が経営してるラーメン屋がうまくいってなく、両親が高齢、両親へ親孝行がしたいと。

芸人を休止してお店に入ったとの事。

それを聞いた古坂大魔王さんが後輩の応援に田んぼ道を車で走って駆け付けたのでしょう。

レジ脇のピコ太郎のサイン入りの人形、ピコ太郎のサイン入りのボードの写真を無事撮影。

この放送を聞いて来たと言ったら『かえちゃんのもありますよ』と。ピコ太郎のサイン色紙、古坂大魔王さんのサイン色紙、かえちゃん(パーソナリティー)のサイン色紙などなども写真に収めました。店内写真に貼っておきます。

磯山さん、お父さん、もう一人のスタッフも物腰が柔らかく心地良い。

来てみて良かった^ ^

ごちそうさまでした


磯山さんのブログ
https://ameblo.jp/edo-isoyama/theme-10005809715.html

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギチャーシューメン(しょう油)」@横浜ラーメン 壱福家の写真ここかなぁ…

予想より地味目な佇まい。

店内に入るとL字カウンターの片側だけ使用してます。もう片方は雨漏りかな?古い建物です。

男性スタッフのワンオペです。

先客2名、あと客4名。

卓上アイテムは

もみじおろし、ニンニク、辛味噌、

ゴマ、しょう油、ラー油、お酢です。

時間も遅めでスープが煮詰まってる感じみたいで、自分用のスープを丼に注いだ後にお湯を足してたので、自分のはいつもより濃いのかも…若しくは後ろの人たちが薄いのか。

盛り沢山のビジュアルの一杯。

スープはやや濃厚くらいだと思います。ただタレが円やかで塩分抑えめなのでガツンとくる感じではないです。

豚鶏もバランスが良い感じで優しいスープでした。

麺は長多屋製麺の箱がありました。

中太でモチモチっとした食感の美味しい麺でした。

豚のロースかな?モモ?こちらもモチモチとしていて燻製の香ばしさがあり美味しいですよ。

縦に刻んだネギの上には豆板醤が乗っています。

それをスープに溶かすと大人の味わいへステージアップ。

豪快に差してあるほうれん草は茎の部分が多いですが、シャクシャクとした歯応えが良く美味しいものでした。

ウズラのたまごも一個乗ってます。こういったのって嬉しいですよね^ ^

サクッと完食。ボリューム満点で満足しました。

最後に『とみ田の店主さんが働いてたのはこのお店ですか?』と聞いてみるとキョトンとして知らぬよう。

まぁ、先代の時にバイトしてたんですから分からないのも無理はないですよね。

https://ramendb.supleks.jp/news/entry/955.html

とみ田の店主さんの第一歩。味わいました。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「塩麹KENJU サービスセット」@麺屋KENJUの写真虎徹、良温からの3軒目。

動物、魚は不使用で植物系の食材だけで調理されてるそう。

お蕎麦屋さんの様な佇まい。

黒を基調とした落ち着いた内装。

店主さんのワンオペです。

塩麹のラーメンをサービスセットでお願いします。

小ライスorラスクからひとつ。ギョーザ(3個)orミニサラダからひとつ選べるので、小ライスとミニサラダをお願いします。

ボーッと油断してると順調に提供です。

スープを飲むと想像してたよりも厚みがあります。

まろやかな口当たりで最後にジャガイモのサラサラした粒が少し感じる。凄く複雑なので尋ねるとジャガイモ以外にも根菜類を色々と組み合わせてる様です。

そこにごま油を加えてコクと香りをプラスしている感じです。

豆乳を使ってそうですが、RAMENOIDさんのレポには使って無いとの事。店主さんに使って無いのかと確認しても無いと優しく答えてくれる。

麺は白っぽい中細のもの。モチモチっとした食感でスープも良く馴染み美味しいです。

ベビーリーフが盛り沢山。

ペースト状の塩麹もコクとアマジョッパさをスープにプラス。ベビーリーフにも絡めるとドレッシング感覚で美味しい。

シャクシャクとしたキャベツの酢漬け。ザワークラウトを浅漬けにした様な感じで軽い酸味がありベビーリーフと一緒に、スープに溶かしながらと美味しくいただきました。

更に丁寧に調理された茹でモヤシが乗っています。


サービスセットのサラダはベビーリーフに豆が乗ってローズマリーが添えられてるもの。麺のトッピングと被ってるので直接麺に乗せて野菜大盛りにしたら迫力増しそう。

紫色の古代米の雑穀ご飯。ボソボソしてたりしそうかなと思って口に入れると予想に反してモチモチとして大変美味しい。炊き立ての蒸し上がりなのかな?得した気分です。

完飲完食まで。

この日は肉マシマシしたり、アブラのだったりと少し不摂生だったので、最後はこういった優しい一杯が嬉しく感じました。

良いお店でした。また来ようと思います。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件