なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】

平均点 87.695点
最終レビュー日 2019年5月20日
1,751 1,214 18 16,379
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺 大盛り 800円」@中華そば うづまきの写真麺線が綺麗で有名な『麺や食堂』の2号店だそう。

食券を購入してカウンターに着席。

おもてなしの
心を器にのせ
情熱の一杯を!

と、お店の気持ちみたいなが大きく書いてあります。

大盛りサービスみたいなので、貧乏性をが出てしまいお願いしてしまいました。

提供は順調です。

そんなに麺量は多く無さげでひと安心。

麺や食堂みたいな麺線の整え方はしてないですね。

麺は割り箸の先位の太さ。ギュッとしたコシとモチモチとした感じを併せ持つ仕上がり。

スープは濃度は濃い目、粘度は普通な豚骨魚介。

ラーメンWalkerを読むと豚鶏を圧力釜で煮出したと書いてあります。鶏が強めかな。そこに魚介のスープを合わせた感じでしょうか。
スープの上には鰹節粉が浮かんでいて、溶かすとより風味豊かに。

スープの中にはサイコロ状の豚バラ肉が入ってました。

最後に卓上のニンニクを少し入れてパンチアップ。

スープをそのまま少し飲んで食べ終わり。

キョロキョロ見回してもビックリする様な事や、つけ麺に特別なものは見つけられませんでしたが、接客が柔らかくおもてなしの心が伝わってきました。

中休みの無い通し営業で深夜までの長時間、使い勝手の良い地元の方に大切なお店でしょう。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン 700円」@蓮爾 登戸店の写真冬頃に一度来て、向かい側のマンションの住人が『すげぇ』と言うほどの列に心が折れてしまい、寒さもあり諦めてしまった。

でも心残りだったので今回は撤退しないと決めて再挑戦。

食券を買って25名程に連結。

意外と早く進み40分程でカウンターへ。

男性スタッフ2名体制。

極太麺だから茹で時間は長くなるだろうと覚悟はしていましたが、提供時間は思ったより早いです。

コールはニンニク少し&うずら(5個手渡し100円)。

予想以上に太い麺。ウネリのある平打ち。かぶりつくともう『悲惨』。

茹でたのかどうかもわからない位の硬さ…生…粉…棒…枝…バカ。

麺リフトしても麺先はあっちこっち向いてます。短いヤツは重力に逆らって上を向いてるのがいたりするから驚きです。

麺の周りにだけはスープが染みて茶色く、油が絡まり、ホントに独特。

ラードが浮いたスープは優しい感じの甘さとしょっぱさがあります。非乳化〜微乳化かな。麺の凶悪さとは違い柔らかく飲みやすい。

ヤサイはやや柔らか目の茹で加減。モヤシ主体もキャベツの量も程良いです。

豚はウデっぽいのが3塊。柔らかいけど、少しパサリも。

ウズラは味付きの固茹で。

終始、麺と格闘してる感じも、難なく完食。

ごちそうさまでした


でもなんか好きかも。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製江戸醤油ら〜麺 950円」@麺屋 江武里の写真大和市の高座渋谷の新店です。

都内から移転して来たそうですが、そちらは未訪でした。

店内に入って券売機の前に立ちます。

デフォ750円
味玉850円
特製950円

千円札を入れるも…多分100円玉の釣り切れで特製のボタンしか光らなかったので特製にしました。

広い店内なのにワンオペで大変そう。

それでメニューを絞っての営業だそうです。

でも少し早開けしてくれたのは嬉しいですよ。

提供は順調でしょう。

スープを飲むと鰹節の効いた和風な味わい。鶏や豚の動物系と鰹、煮干しなどの魚介かな。多分貝出汁も使ってて奥行きは広いです。

麺は中ぐらいの太さの全粒粉入り。最初は固めの食感でしたが、しばらくするとスープが染みモチモチとして美味しさが増した雰囲気。

チャーシューは周りに味が染みた豚バラの煮豚が4枚。デフォだと3枚らしいです。

味玉は黄身がトロリさん。程良い味付け。

メンマは割と普通に美味しく。

三つ葉、ネギが彩りと箸休めに。

全体的には普通なラーメンを美味しくした雰囲気。


一番印象的だったのは、先頭のお客さんの小さい子供が『ちっちゃ過ぎる』と言っていたコップかな。

だからみんながセルフの給水機に途中で立ち上がるのもまた。

後でレポを読んで気付きましたが、隣に座られた方はレポ書くのが上手なhoriさんだったんですね。失礼しました。

自分も末長く繁盛する事を願わせていただきます。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件
88

「ラーメン 720円」@大原家の写真大船の観音さまの写真を撮って少し歩いたら、ちょうどお店の前を通りがかりました。

調べてて、行こうかやめようとくか迷ったんですよね…

ガラス越しに大きな寸胴をかき混ぜてるのが見えたので入ってみます。

食券を買ってカウンターに座ると、寸胴の中から出汁を取り終わったゲンコツや鶏ガラっぽいのを取り出してる。

大量の袋入りの背ガラも置いてあります。

ほうれん草は冷凍ものを大量に袋ごと流水解凍中。

家系の定番の酒井製麺の麺箱が見えます。

卓上アイテムは
おろしニンニク
豆板醤?
ブラックペッパー

とシンプル構成。

大釜で茹で、平ザルで麺上げ。

順調に提供です。

スープはトロミのある濃厚さ。上記の骨達から取ったものでしょう。甘じょっぱく香り良く大変美味しい。

麺は太め平打ち短めの家系の定番のもの。ギュッとしたモチモチした茹で加減でこちらも間違いない美味しさ。

スープと麺の感じは直系に近い味わい。

7ミリ位の厚みのある豚肩ロース。噛み応えのあるタイプ。

後は海苔とほうれん草。

スープを半分程飲んで食べ終わり。

予想以上にレベルが高く美味しかったです。

神奈川は本格的な美味しい家系が多くて羨ましいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 650円 焼き豚200円」@中華そば さとう 大船店の写真大船のランキングで1位のこちら。

羽田の『中華そば さとう』の二号店だそう。

店主さんと奥様の2名体制。

粋な盛り付けで登場です。

レンゲを運ぶとブワンと甘く香ばしい香りに包まれます。

鶏ガラが基本かな。塩分は程よく、煮干しの旨味もしっかり被さってきます。

いゃあ〜抜群に美味い。

少し縮れた細麺はポソポソとした食感。スープの絡みも申し分なし。

増したチャーシューは周りを醤油ダレでしっかり味付け。

部位はモモと肩ロースかな。纏めて頬張るとモスモスっとした噛み応えが口の中全部を占め、目を閉じて幸福感に浸ります。

黒いメンマは見た通りの味の染み。柔らかく仕上がっていて良い仕事を感じます。

ネギを掬い楽しみながら、最後は丼を持ち上げ完飲まで。

素晴らしい一杯でした。

本店は未訪なので…どちらが刺さるか行ってみないと。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「しょうゆラーメン 700円 キザミねぎ 100円」@らーめん にんにくやの写真RDBを調べていると幾つか人情味のあるレポがあったので来てみました。

深夜と言える時間帯ですがL字のカウンターは老若男女で満席、軽い外待ちな感じです。

少し年輩のご主人のワンオペ。手際は悪く無いのですが、お客さんみんなが協力してあげようと言う雰囲気に。

卓上アイテムはニンニク系で豊富。

にんにくクラッシャー
にんにく醤油漬け
ねり梅にんにく
にんにく唐辛子
らーめん醤油

ブラックペッパー
すりゴマ

その中でもにんにく醤油漬けは空っぽ。隣の兄ちゃんは『なんだよ。仕方ねえな』の顔付きをするも何も言わずに食べ始めます。みんな色々気を使ってますね。

程なく背脂が浮いた麺顔で登場。

スープは割とアッサリの鶏ガラベースかな。そんなに出汁感は強く無いですが、背脂がコクをプラスします。

大きな釜でゆっくり茹でた麺は中細のやや柔らか目。スープも良く吸って相性も良いです。

豚肩ロースのチャーシューは煮豚の柔らか仕上げ。

増したネギは100円にしちゃ少ないけど、スープとピッタリ。

後は海苔と総合的に屋台で出す様なクラシカルな味わいでした。

それを各々でカスタマイズして食べるのでしょう。

自分はにんにくクラッシャーを一個。ニンニクのフレッシュな強目の刺激を楽しみました。

後半に練り梅にんにくを投入。酸味と甘みでサッパリして好み仕上がりに。

スープを半分程飲んで食べ終わり。

愛され深夜ラーメン。美味しかったです。


ごちそうさまでした

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「特味噌 1100円」@Sagamihara 欅の写真1200店舗目です。

前回夜の部に来て早仕舞いにあってのリベンジ。

駐車場に一台空きがあり助かりました。イトーヨーカドーの裏手で結構市街地ですが、駐車場確保は立派です。

昼の部終わり間際なので早足で歩いて店の前へ。開いてて良かった。外待ち4名に接続。繁盛してます。

何にしようか色々迷いましたが、TRY新店の味噌部門2位らしいので表題の食券を購入。

提供は順調です。

軽い酸味のある味噌味で、薀蓄を読むと銘柄鶏や野菜、魚介などがベースだそう。油が沢山浮いてますが、割とサッパリ。甘味、塩気共抑え目でショウガも効いて大人の味わいです。


自家製という麺は中細でモリモリとした硬めの食感。麺肌は少しザラリとしていて柔らか目の味噌スープを上手に持ち上げます。

赤玉ねぎ、コネギと彩りと爽やかさをプラス。

メンマは厚みが凄くあってジューシー。

味玉はヌチリとした黄身がやや冷たいけど、本来のコクなのかな?大変美味しい。

海苔も香りが良いもの。

丼の中と別皿提供のチャーシュー。

豚バラは煮豚仕上げ。肉本来の旨味と程良い柔らかさ、

豚肩ロースは燻製されていてハムの様。脂身が甘く溶ろけ絶品さん。このチャーシューだけで良いお酒が飲めそう。

最後は丼を持ち上げ完飲まで。

周りの方が食べてるメニューも良さそうでしたし、お店の雰囲気の良くて素晴らしかったです。

オススメですね。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌チャーシュー」@ラーメン郷の写真車を変な場所に突っ込もうとしたら、助手君がサッと出てきて案内してくれます。

ラーメンWalker神奈川の新店部門3位。

『すみれ』で15年修行。数少ない暖簾分けのお店と言う事で来てみました。

男性スタッフ2名、女性スタッフ1名

夜の部閉店間際で帰って行く客ばかりで、若い女の子が食べてるだけになりました。

提供は順調です。

スープは表面を熱いラードに覆われていて味噌の甘味、しょっぱさがしっかり出たもの。本店の味をしっかり守ってるそう。

最近食べたすみれ横浜店よりも確実に濃い。

本店では食べた事がありませんが、きっと近い味わいなのでしょう。

それ故に薄めるスープも用意されています。

チャーシューの上に乗ったショウガがパンチを与えるのも好印象。

麺は札幌の味噌ラーメンの定番。中ぐらいの太さの縮れのある黄色いヤツ。程良い硬さのモチモチでスープを吸って美味しいです。

チャーシューは程良い硬さの豚肩ロースが3枚。

ひき肉と一緒に炒めたモヤシはしっかりと熱が入って茶色っぽくスープが染みています。

刻みネギがたっぷりなのが嬉しい。

柔らかいメンマも多くて良いですね。

途中で隅っこで食べていた女の子が『ごちそうさまでした』と厨房に。スタッフだったんですね。

みんなニコニコと雰囲気が良い。

片付けてる風なので、薄めるスープを貰いづらく濃いままスープを半分程飲んで食べ終わり。

こんな味なんだろうな…

すみれ本店もいつか行ってみたいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン ほうれん草 ライス」@家系ラーメン クックらの写真取手の王道家出身との事。修行時は移転する前の柏時代なのかな…

コンクリート打ちっ放し、吹き抜けの階段を登りお洒落な二階へ。

券売機にて、
チャーシューメン 840円
ほうれん草 100円
ライス 100円

男性スタッフ2人女性スタッフ1人の3名体制。

カウンターに座ると卓上アイテムが豊富で嬉しい。

おろしニンニク
おろし行者ニンニク

刻み生姜の酢漬け
すりゴマ
フライドガーリック
ニンニク辛子味噌?
ライス用ニンニク

醤油
お酢
コショウ
マヨネーズ

ニヤニヤしてると提供です。

ひと口目から期待通り。甘じょっぱいスープは濃厚でトロミがあり円やかで大変美味しい。後になって本を読むと大量の鶏ガラとゲンコツだそう。

麺は太め平打ち短めの家系で定番のもの。ムチッとした弾力があり、スープを吸い絡めあげます。

チャーシューは肩ロースの燻製と三元豚の煮豚だそう。

肩ロースはそこまで燻製の香りもしないですが、柔らかさの中に噛み応えもあり美味しい。

煮豚も部位は違えど、濃厚スープと相まって割と似た様な美味しさに落ち着いてます。

ほうれん草はヒタヒタさせてからライスに乗せて食べると美味い。

海苔もライスを巻いて食べると美味い。

でも卓上アイテムのライス用ニンニクを乗せて食うのが一番旨い。無臭ニンニクっぽい仕上がりで、ザーサイと言うか、なめ茸と言うか…無限ライスの危険な予感。

ネギを掬いながら、気付いたら丼を持ち上げ完飲まで。

完成度の高い美味しい一杯でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「特製鶏の中華そば 950円」@中華そば 髙野の写真㊗️令和おめでとうございます㊗️


前回夜の部閉店1時間前に来たら売切れ。

今回は昼の部の開店前に並びに連結。

定刻通りオープン。

カウンターに座ると姿勢の良いオシャレヒゲを生やした店主さんが豚バラ肉をバーナーで炙りを入れてます。

綺麗な奥さん(タメ語なので)が接客&調理補助。連携プレイもお見事。

店主さんはちょっとキザなのか、魅せてくれます。

仕上げの盛り付けで奥さんが補助に入る時の流れる様なコンビネーションは社交ダンスの様。

スープは鶏清湯。鶏と醤油の優しいハーモニー。

お冷も混ざり気のない味わいだったし、水が良いのでしょう。スーッと染み込んで来る様な美味しさです。

レポ書く段になってウォーカー本を読むと、信玄どりを使い、水にも拘ってるそう。

細めの麺を口に運ぶと生クリームの様なクリーミーさにハッとします。滑らかで柔らかめ。スープに溶け込み馴染んで大変美味しいです。

炙りを入れていた豚バラのチャーシュー。程良い噛み心地があり、肉汁が溢れます。

香りの良い鶏むね肉はしっとり柔らか仕上げ。

味玉は『むこたま』を使用との事。コクがあって、トロリとホックリが絶妙。

穂先メンマは優しい味付けでシャクシャク。

後は彩りと香りのネギと三つ葉。

完飲して席を立つと

この2人の笑顔があまりにも爽やか。

前回の早仕舞いの恨みが消え去りました。

素晴らしかったです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件