なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】

平均点 87.693点
最終レビュー日 2019年5月23日
1,754 1,217 18 16,427
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏白湯つけ麺 850円」@麺屋 れんしんの写真ゴールデンタイガーから横移動。

お店の前の道路は『ラグビーロード』って名前が…いつのまに。

調べてみると、今秋開催される『ラグビーワールドカップ 2019』を記念して4月1日から変更されたそう。

店内は半分程のお客さんの入り。

前回食べた鶏白湯(90点)が凄く美味しかったので、今回は鶏白湯のつけ麺を選択。

提供は順調も…カウンターの手前は薄暗く、明かりを求めて斜め前に押して撮影完了。

では麺からいただきます。

冷水で締められた太麺はみずみずしくツルツルでしっかりとしたコシがあります。

優秀な麺だとは思いますが、今さっき食べたお店の麺がうま過ぎたのもあるので…少し平凡に感じてしまう。ごめんなさいね。

スープは細かいネギの浮いた濃厚な鶏白湯。通常の鶏白湯らーめんのスープと同じものかな。こちらは太麺なので解決策として、そこに直接塩を足したのかもしれません。なんか塩の尖りが気になってしまいます。

麺をスープに絡ませても同じ風。

薄くスライスされた豚肩ロースの低温調理のレアチャーシュー。

鶏むね肉もシットリ仕上げ。

穂先メンマはシャクシャクと。

水菜は冷めたスープに絡めて食べると、少し青臭さを感じる。熱いスープに麺よりも先入れして熱を加えてしんなりさせてから食べれば良い具材ですね。

あっという間に食べ終わりです。

自分の中だと前回食べた鶏白湯らーめんの完勝です。

鶏白湯で太麺だと纏めるのが難しいのかな。

でも乗り越えてきそうな期待のお店ですよ。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「味玉タイガーつけめん 醤油 900円」@ゴールデンタイガーの写真SUSURU君が動画をアップしたので、自分もセコセコとアクセス数を稼ぎに乗っかりに来ました…

https://m.youtube.com/watch?v=x2fdAJKx5dE&feature=youtu.be


店内広めですが、オープンして客がドッと入店も入りきれなく外待ちが出来る大人気。

麺上げする店主さんの背中が広いね。

相棒君も元気いっぱい。

SUSURU君はTKMを美味しそうに食ってたけど、前々回に店主さんが勧めてくれたタイガーつけめんの醤油をお願いします。

若い客が多くみんな食いっぷりが良いね。

常連君は限定が美味しかったようで『天才ですね』とおだてると、

店主さんは『天才が作ってるんだから』と当たり前顔。


常連君はあまりの特盛りに『胃袋破裂しそうです』と言うと、

『破裂させてみようか』と。

店主さん面白過ぎます。

相棒君も視野が広くキレのある素晴らしい接客。

2人でこれだけの客数を慌てる素ぶりも見せなく捌いていくのですから流石です。

麺、スープと提供。スープの器は常人じゃ持てない位熱い。

この麺が美味いのです。

割り箸の先位のみずみずしい多加水麺。モチモチと咀嚼すると、柔らかいふすまの香りに包まれます。

この後、徒歩数分程のお店に寄ってつけ麺を食べて、良い麺でしたが、ゴールデンタイガーの麺が凄く美味い事が浮き彫りに。

店主さんの茹で方も抜群なのでしょうね。

スープは豚骨醤油に甘い背脂などがタップリ注がれたもの。

豚骨にニンニクなどの香味野菜を煮込んだものかな。

アブラがべっとり絡んで来て魔性の旨さ。

ネギや大きな豚バラ肉も沈んでました。

味玉は黄身がネットリ深漬け。

彩りとお口直しのキャベツを頂き、スープ割りをお願いすると、スープと細かい肉片を入れてレンチンしてリターン。

美味い。

のだけど、濃い濃いと来たので、スープ割りはもう少しサッパリしたのが良いかな…と生意気な妄想。

自分で言っちゃう位ですから、この2人は天才なのでしょう^ ^

楽しかったです。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌らーめん」@ふきのとうの写真平日夜の部。先客1名後客2名。

たけどんさんのオススメのお店。

開店から18年だそう。ここら辺では有名店だったのですが何故かRDBを始める前も含めて未訪問でした。

オススメの味噌を選択。

提供は順調です。

フライパンでしっかり炒め調理されたスープは香ばしく色々な鶏豚かな…野菜などの旨味たっぷり。

濃厚で一般的な味噌ラーメンより甘さや塩気は抑えめかな。大人な味わいの味噌スープです。

麺は札幌の有名な西山製麺のものだそう。

少し透明がかったツルリとした麺肌で縮れのあるコシの強い熟製麺。

最後までコシがしっかりとしています。存在感が強いのでもう少し柔らかくても良いかなと。

もやしはスープや挽肉と炒められて味しみ。

豚バラ肉はスープの中でトロリと変化。

メンマは味のしっかり付いたポリポリ。なんか昔の感じな味付けでこちらも存在感もあります。

ネギを掬いながらスープを半分ほど飲んで完食。

最後まで表面を覆うラードで熱々でした。

丼を『あげた方が良いの?』とタメ語で聞いて目を見ると、

声や動きが若い感じで、マスクをしてたので分かりませんでしたが、あまり若くないのかも…

急に『美味しかったです。ごちそうさまです』と敬語に切り替えお店を後に。

レポ書く時に考えると『もちもちの木』初期の頃出身なんですね…きっと何度か会っているのでしょう。

これからも頑張って長く続きますように。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】中濃鶏豚骨煮干つけ麺 900円」@常勝軒 本庄店の写真本で良く見てましたが未訪でした。

通り過ぎる度にいつも車が多く停まっています。

小山のラーメンのイベントでゴールデンタイガーの手伝いに行ってるツイートを見て行ってみようかなと。

店内に入ると、ラーパスは餃子一皿サービスみたい。

慌てて財布の中を探すも群馬のラーパスはあったけど、埼玉のは見当たらず…ショック。

限定の表題を購入。

広い店内。カウンターに座ります。

麺は爪楊枝より少し太い、エッジの効いた硬めのモリモリとしたもの。

スープは醤油ダレのキレも感じながらまろやかでクリーミー。煮干しもしっかり効いていて旨いですね。


隣の隣の席に御年配なおじいちゃんが座りましたよ。ここは割とガッツリのお店ですからね…まぁ、無理せずがんばって。と心の中で余裕の応援。


豚バラ肉は周りをニンニク生姜醤油のタレでコーティングされていてかなり美味しい。

豚肩ロースは低温調理の柔らか仕上げ。香草、ブラックペッパーで香り付けされていてこちらもかなり美味い。

つけ汁の中には玉ねぎ、メンマがいました。

なんか薄まって来たのでそのまま完飲まで。


あーなんか予想以上に美味しかったなぁとニコニコしながら隣のおじいちゃんを見ると…凄い特盛が登場。

自分のは写真通りの量ですが、おじいちゃんのは丼から麺がはみ出してますよ。

食いっぷりも豪快だし…

敗北感と共に退店。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「深谷ねぎラーメン  もつ煮セット」@畔鐘の写真『渋沢栄一』

埼玉の端っこ。少し行くと利根川を渡らなくても群馬県。

いかにも田舎のラーメン屋さんです。

カウンターとテーブル席。お酒なども豊富ですね。

4名の御年配の方が卓を囲んで、あそこの桜は綺麗だ、これから商売になる、案内したり、などなど景気の良い話も聞こえます。

深谷名物のネギをトッピングしてもらいましょう。当たり前の様に隣の畑にも植わってます。

お店の名物らしいもつ煮も合わせて。

キョロキョロしてると提供です。

箸も一緒に撮影。

この箸は江南愛の家の間伐材(ヒノキ、スギ)から手作りされたものだそう。防腐剤不使用は安心ですね。

自分が選んだのはスギでした。ホントに良い香り。

http://kounan-ainoie.com

スープは豚ガラの柔らかく優しい醤油味。

麺は薄めの手打ち。平均よりやや柔らか目のモチモチツルリ。スープを吸って美味しいですね。


途中で『選挙には年齢制限で出られないや。後期高齢者は。』と元気な笑い声が。楽しそうです。


豚バラ肉は優しい味付け。

斜め切りのふかふかの深谷ネギ。いかにも新鮮で野性味ある辛さと甘さが印象的。スープに浸して麺と絡めながら。

メンマは優しい味付けのコリコリ。

後は水菜にゴマ。

程良い硬さで煮込まれた豚モツ、大根、こんにゃく達。店の名物らしくかなり気に入りました。

最後に残ったスープを飲むと食べてる時は薄いかなと思った塩気もしっかりと。ジンワリ程良く染みて完飲まで。

お会計時に美味しかったと言うと、店主さんは三十代かな。『ありがとうございます』と嬉しそう。

『1万円のラーメンでも作ってみたら?』と聞いてみると、

『やってみたいですね。アゴとか使って。この値段じゃ理想のラーメンは出来ないですからね。』と目をキラキラさせながら話してくれる。

なんか好きな雰囲気のお店でした。

ごちそうさまでした


渋沢栄一が一万円札に決まって活気付く深谷市。裏面に描かれる東京駅も深谷で作られたレンガですからね。

渋沢栄一記念館や生家にこの店が一番近いかな。

他の近い所は訪問済み。包囲しました。

味のほうさくのレポ
https://ramendb.supleks.jp/review/1182922.html

奉天のレポ
https://ramendb.supleks.jp/review/949350.html

正太郎のレポ
https://ramendb.supleks.jp/review/1124288.html

これで栄一に好かれましたかね^ ^

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らぁめん 830円」@麺処 青野の写真4月11日。本日オープン。

半月程前から熱心にお店のPRの所にあったので行って来ました。

夜の部。

外待ちから店内に入って券売機の前に立つと味噌らぁめん一択。醤油と塩は売り切れ。トッピングもご飯物も餃子も×印。仕方ないかな。

店内は綺麗な和風の造りで、トタン張りや古木を使ってて、ブロック塀で囲んであるのが印象的。

待ってる間、地元のお客さん同士の話を聞いてると鬼門の立地の様。頑張って下さい。

村上朝日製麺の麺箱が置いてあります。

お冷の水は少し弱いかな。

男性スタッフ2人と女性スタッフ1人の3名体制ですが、調理をするのは店主さんのみ。

中華鍋を手際良く煽ってます。

並び始めてから50分程で味噌らぁめんの登場です。

スープは濃厚で香ばしく旨味たっぷり。ミルクでも入れてるかの様にトロリとクリーミー。塩気も程良く美味しいです。

軽い縮れのあるモチモチの太麺。スープをしっかり吸いあげ相性も良いですな。

少し焦げ目の付いたモヤシは程良くスープに馴染みます。

豚バラチャーシューは少しのパサリ感も柔らかく醤油ダレで上手な味付け。

材木メンマは柔らかく優しい味付け。

後は刻みネギがいましたかね。

軽く完飲まで。

特別ビックリする様な事はないですが、上手に丁寧に作り上げられてるなと思いました。

最後に少し聞いてみたかったのですが、見た感じ余裕も無いでしょうし、回転が悪くなっても申し訳ないので、ごちそうさまだけ言って帰ります。

雰囲気良くて期待出来そうなお店でしたよ。

これから頑張って繁盛します様に。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「特製チーズカレーあつそば 大 1150円」@麺屋みつば+クローバーの写真中待ち席で少し悩んで前回好印象だった表題をお腹も空いていないのに大盛りで。

更に美人の奥さんに特製を勧められたのでもちろん断れません。

しばらく中待ちを経てカウンターへ。

店主さんと男性スタッフ2名の3名が調理場担当です。

とは言っても間仕切りがあり、店主さんは最後まで声しか聞こえませんでした。

メガネのスタッフは手元は見えませんがスープや盛り付け等ですかね。良い感じです。

麺が太いので少し待っての提供です。

予想より大迫力…味玉が小さく見えます。

とりあえずデカイ肉から…厚みがある大判の豚バラロール。周りがしっかりローストしてあり香ばしく、パリパリ。中はしっとり柔らかジューシーで大変美味しいです。

麺は割り箸の先より少し太い位かな。グッと押し返すような強いコシがあります。

下にたっぷりあるカレーソースはミルキーで円やかな甘さと辛さがあるもの。ちょい辛位かな。

麺にねっとり絡みついて美味しいです。

味玉はトロリさん。

チーズ
タマネギ
カイワレ
かつお節粉
材木メンマ
海苔

かな。

途中で右端の海苔を引き抜いたら、どんな力が働いたのかタマネギが勢いよく隣の女性客の脇に。

チラリと見た気配を感じます…焦りましたが距離もあり回収不能。気付いてないフリをしときましょう。

グイグイ食べ進め、麺を少し残してスープ割りをお願いします。

美味しいカレーラーメン…とまでは行きませんが、カレー風味のスープの中に硬めのゴツい麺が沈んでる感じで完飲まで。

最後にチラッと見るとタマネギはやっぱりあの位置に。ごめんなさい。

逃げる様に席を立ちお会計。

奥さんのキュートな笑顔に助けられます。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 7件

「ラーメン 中盛り780円 豚2枚増し」@ジャンプの写真おかげさまで1700レビューです。ありがとうございます。

区切りは豚が素晴らしかったこの一杯。

小山市で開かれる『最強ラーメン祭』第三陣に『ハイマウント』とコラボで出店する『ジャンプ』に来ました。

3年以上間隔が開いて今回で2回目の訪問です。

男性スタッフ3名。活気があります。

軽い中待ちを経てカウンターへ。

提供も順調。

無料トッピングは
◎ヤサイ
◎ニンニク
◎アブラ
◎ネギ
◎粉(化学調味料)
◎味玉または豚

の中から全マシと豚を選択(全マシコールだけだと、味玉または豚が入らないので、再度コール)。

元々豚は1枚乗っていて、無料コールで更に1枚。追加の豚2枚と合わせて合計4枚のボリュームで登場です。

気取ってスープから…ではなく、下品に手前のどデカイ豚からカブリつくと柔らかくて甘みがありベリージューシー。口の中が肉の旨味で溢れかえります。

スープは乳化した濃厚豚骨。甘じょっぱく大変美味しい。マシたネギが想像以上にスープに影響を与え、ピリ辛感が良い影響を与えます。

麺は太めでやや平打ち、縮れのあるツルツルモチモチ。二郎系は粗めの小麦粉でゴワ感を出す事が多いですが、こんなツルモチは珍しいですね。

ヤサイはモヤシ主体ですがキャベツ多め。程良い茹で加減で上から掛かった甘いアブラとネギも混ざり合い大変美味しい。

やっぱり豚がホロやわで美味い。スープに浸ってるから後半余計にとろけます。神でしょう。

途中、隣のまぜそばを頼んだ学生っぽい2人組がこちらをチラ見して『次はラーメンにしよう』と言うのが聞こえました。

心の中で『その方が良いよ』と。

スープをほとんど飲んで食べ終わり。

スペシャルな一杯でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (34) | このお店へのレビュー: 2件

「とんこつラーメン 中 750円」@きむら屋の写真通り過ぎる度に気になっていたこちら。

コンビニ跡を半分がコインランドリー、半分がこの店舗の造りです。

お昼過ぎに半分程のお客さんの入り。

女将さんと若い男女のスタッフ2人の3名体制。

女将さんが茹で上げしています。

提供は順調で中盛りで頼んだので大きめな器で登場です。

柔らかい口当たりながら塩気はしっかりの豚骨スープ。

左の方に見える香味油はなんだろう…マー油では…ちょっと甘めで香ばしくスープに深みを与えます。

麺は細めですが、博多っぽくない感じ。最初は硬めですが、途中からモチモチ寄りに。

4、5ミリ程の厚みのチャーシュー。醤油ダレがしみて美味しいです。

後はキクラゲ、ネギ、フライドオニオンが少し。

後半左端に付いてた辛味噌を溶かすとまた辛味と言うより、少し旨味の厚みがまします。良いアイテムだなと。

スープを半分ほど飲んで食べ終わり。

ごちそうさまでした


このお店から1キロ程離れた場所に幸手権現堂の桜堤があります。

既に出店が並び、散歩がてら大きくなった蕾を今か今かと様子を見に来る人達が…

すぐそこまで

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯ラーメン780円 味玉100円」@麺屋 れんしんの写真熊谷の新店。

お店から北側、群馬寄りに200メートル程。広いコインパーキングがあり1時間100円で便利です。

パイパスを渡らなくてはいけないのですが、いつも通る歩道橋が改装中。

今年ラクビーW杯があり熊谷市も開催都市。色々と直しているのでしょう。

なんか良さげな場所ですよ。

店内も和風な造りで真新しい。

店主さんと女性スタッフの2名体制。

券売機を覗くと鶏白湯、鶏そばなど鶏推しみたい。

着席すると名前が半分程隠れてますが、カネジン食品?の麺箱かな。

提供は順調です。

スープは濃厚鶏白湯醤油。

勝手に想像する鶏白湯濃度計10段階だと7くらいの濃い寄り。

鶏の旨味がたっぷり出てて塩分も少し濃い目。

麺は細めのたまご麺。最初モチッとからのプツンと切れる食感。

スープの絡みも良好。

なんだろう…卵かけご飯の黄身の辺りの感じに似てるかも。大好物。

味玉は深漬けで黄身までしっかり…むしろ少ししょっぱいくらい。

低温調理された豚肩ロースは薄く切ったもの。

同じく低温調理の鶏むね肉はしっとり。

シャクシャクの穂先メンマ。

後は海苔と彩りと爽やかさをプラスする水菜と刻みネギ。

軽く完飲まで。

好みでしたが、ちょっとしょっぱくて…でも開店祝いでプラス1点で大台に。

ラオタっぽい方の会話を盗み聞きしてると、定休日はまだ決まってなく月、火、水の中から決まったら張り出したいとの事。

オープンしたばかりで顔の表情に余裕が無いので、話しを聞いてみたかったのですが、やめときましょう。

でも初々しくて一生懸命でした。

またいずれ来たいと思います。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件