なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、2017年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。申し訳ありません】【返事もうちょい頑張ります^ ^】

平均点 87.646点
最終レビュー日 2018年12月18日
1,594 1,100 18 13,668
レビュー 店舗 スキ いいね

「普通(中盛)240g 800円 うずら100円」@麺屋 鳳の写真1100店舗目です。

夜の部遅めの時間帯。

キングさん情報によればpotiさんがインスパ四天王の一角に数えるほどだそう。

混んでるかなと思いきや先客1人と空いててラッキー。

男性スタッフ2名体制。

キングファミリーの下のプリンセスが小学2年生ながらにして半分食べたのと同じ普通のボタンを押して着席。

冷え込んでますが、何故か強制的に扉が開けっ放しで激寒です。

店主さんかリーダーか両手を使って調理、空いて事もありコールまで順調。

ニンニク、ヤサイ、アブラでお願いします。

スープを飲むと空いてたからかなのかしっかり乳化。

甘じょっぱく、軽くトロミすら感じ大変美味しい仕上がりです。

麺は太麺平打ちウネリのある二郎系の美味しいヤツ。

ゴワ感と柔らかさを合わせもち、スープの絡み染み込みも抜群です。

チラ見えする肉は野菜の下に埋まってます。赤身の部分が多くパサるかもと思いきや柔らかくてジューシー。大変美味しいです。

野菜はキャベツ多め。マシたのに量は少なく見えますがらしっかり茹での為にカサが減ったからでしょう。柔らかくしっとりとしてスープと良く馴染んで美味しいです。

アブラは軽く甘じょっぱい味付けされてます。野菜に絡めて魔性の味わい。

もちろんウズラも美味しくいただきました。

スープを半分ほど飲んで完食。

一般向けもマニア向けも満足出来そうな食べ易い美味しい一杯でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「いわしそば430円 チャーシュー丼430円」@寿製麺 よしかわ 西台駅前店の写真やっと来れました。

入って早々心地良い接客。

券売機の前で悩みます。

ブリツケにしようか、普通の白か黒にしようか。

外に貼り出してあった本日のオススメは『いわしそばといわし丼』だったので、いわしそばのボタンを押します。

でも海鮮丼には❌印…チャーシュー丼にしてみますかね。

男性スタッフ3人体制。なんとなく見たことある様な無い様な…

待ってる間眺めてると真鯛の魚拓が飾ってあり、文旦かな…黄色く大きなボテッとした柑橘類が飾ってあります。断って撮影して写真に入れましたがなんて種類なんでしょう。なんか良い雰囲気です。

いわしそばとチャーシュー丼が登場。

いわしそばにはレモン酢やホワイトペッパーをお好みでかけてとアナウンス。

先にレモン酢とホワイトペッパーをかけて絡め馴染むように放置。

チャーシュー丼からいただきます。

薄くスライスされた低温調理の豚肩ロース。低めの温度で甘めの味付けがされてます。ので。ワサビの使いどころが分かりませんでした。特別なサプライズは無く食べ終わり。やっぱり丼物の肉は熱い方が美味いと思います。

チャーシュー丼は82点。


リーダーらしきスタッフがお客さんに聞かれ『上尾と川越と坂戸になります。最初は上尾で…』と丁寧に。

『上尾は遠いなぁ』とお客さん。

『遠くねぇー!俺は今さっき上尾通って来たんだよ。バカにすんなぁ!』と心の中で叫びます。


馴染ませてあったいわしそば。

細めの少しモスッとする麺。温かいです。

生の鮮度の良いイワシは丁寧に開いて骨も丁寧に処理されたもの。

本日のオススメだけあって脂のノリが良いですね…まぁ大体いつも良い物ですが。

タレは醤油にニンニクの風味づけ。サラダ油に少しゴマ油もあるやも。

スライスされたタマネギ。カットされた葉ネギといたってシンプルなのだけど美味い。

麺にタレや油、レモン酢、ホワイトペッパー、イワシの脂が染み込み絡み、麺一本一本が美味しい。

時々ペロリとするイワシもプリンプリンのトロン。

あっと言う間に完食。

回転率は早そうですが、満席外待ちとなっているのでサクッと三言。

『接客が良かった。頑張って。ごちそうさま』とだけ言って帰ります。

東京進出おめでとうございます。

成功しますように。

ごちそうさまでした


やっぱ遠いなぁ…

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン醤油ラーメン 1000円」@ラーメン屋 トイ・ボックスの写真TRY総合圏外
名店しょう油部門2位
名店しお部門5位
名店みそ部門4位
読者が選ぶ部門11位

総合では多分ギリギリ圏外なのだと思いますが、主要な部門で上位入賞。多くの有力店が力を入れてるであろうしょう油部門2位が特に光り輝いてます。

近くのコインパーキングは難易度が高そうだったので遠目に停めて歩きます。

4人程の外待ちに連結です。

想像したよりこじんまりとした店舗。

鶏油が浮かぶスープにレンゲを差し込むとスーッと優しい。

川俣シャモ、山水地鶏、名古屋コーチンなどなら採ったスープに7種類の醤油をブレンドしたそう。

スープの旨味も柔らかく醤油タレも穏やか。

麺は細めの平打ちでモチッとした弾力があり好みです。

生姜の効いた大きな豚肩ロースはガリシア黒豚だそう。豚にの旨味たっぷり。

ワンタンは薄皮で肉餡がギュッと。

穂先メンマも柔らかく程良い味付け。丁寧に調理されてるのが伺えます。

青ネギを掬いながら完飲まで。

如何にもTRYの先生方が好きそうな味わい。

少し食べ手を選ぶかな…

清湯好きな方なら美味しくいただけると思いますが、キングさん筆頭に濃厚派な方は優し過ぎて物足りなく感じてしまうかもしれません。

でもTRY2位、東京で1番美味い醤油ラーメンですから食べてみる価値はあると思います。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油の旨味ソバ 830円」@Tomboの写真TRY新人大賞総合1位
新人賞醤油部門1位
新人賞塩部門1位
新人賞つけ麺部門2位

トンボ柄の財布を使っているので時々見ず知らずの方に話しかけられます。

勝負運、縁起が良いそうです。


先に頼んだ塩を食べ終わる少し前に醤油の登場です。

『困ったな…』

ひと口食べると今食べた塩とほぼ同じ味わい。

スープは鶏、豚の動物系、平子煮干しとサバ節の魚介系、シイタケ、昆布などの乾物を丁寧に合わせたとの事。圧倒的に優しいスープです。

三河屋製麺の特注という麺は柔らか目で滑らかな。スープに優しく包まれてる感じです。

薄味で柔らかい大きな豚バラ肉。

揚げネギが優しさに香ばしさをプラス。

出汁が染みたメンマが美味い。

ネギを掬いながら気持ち良く完食。

同じスープや麺、トッピングでタレを醤油と塩とを変えただけなんですね。

タレ自体の主張も穏やかなので最初に目から入ってくる情報が無ければ、どちらを食べてるか分からなくなるかも。

ほぼ同じ味わいのラーメンで醤油と塩が1位。

その部分も含めてTRYの先生方が熟考を重ねて出した答えなのでしょう。

最後にポスターを指して『おめでとう』と言うと、

『びっくりしました』と照れ臭そうに答えます。シャイですね^ ^

さらなる飛躍を期待しています。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】天城鯖太郎 850円」@麺尊 RAGEの写真長らくの課題店へ。

店名がカッコ良かったので気になってました。

店舗自体も奥まった場所にあり、たまり場的なかっこいい造り。

男性スタッフ2名体制。

表題は天城軍鶏のガラをメインに炊いたライト白湯スープと鯖節スープを合わせたWスープとの事。

提供は順調。

スープを飲むと軍鶏の旨味がグンと来て鯖も後からしっかりやってきます。

コクとほんのり甘さがある中にもキレがある。

最初は少し清湯っぽいかなと思いましたが、味に厚みがあるので清湯好きな方も濃厚好きな方もどちらも行けそうな雰囲気です。

麺は細めのストレート。固めの茹で加減でパツンな美味しいやつ。

鶏むね肉の柔らかいレアチャーと豚ロースの味しみチャーも沈んでますが、どちらも大変美味しい。

後は赤玉ねぎと小葱が彩りとさっぱりを演出。

あっという間に完食。

美味しかったのだけど、ビジュアルがシンプルだったので、写真を撮ってて楽しくなる工夫があると嬉しいかも。

でも良い雰囲気お店でした。

また機会を見つけて来てみたいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「特製らぁ麺(醤油)980円」@麺屋 さくら井の写真一度フラれてリベンジです。

薄暗い店内は簡素にオシャレ。

男性スタッフ2名体制。

店主さんは若い常連さんとくじら食堂の限定の話をしています。

聞き耳を立ててると

『限定やらないんですか?』

どんな答えが返って来るのでしょう。

『普通のメニューを美味しくしたい』

おぉ、その意気ですね^ ^

感動してると、その発展途上と言う一杯の登場です。

レンゲを口に運ぶと醤油がスッと来て鶏の旨味と香りがグンと広がります。

塩分は抑えめでコクウマな味わい。キレとコクとまろやかさをバランス良く演出しているスープです。

麺は細ストレート。歯切れが良く鶏清湯の一番の定番だからこそ美味しい。上手にスープが乗っかってきます。

豚肩ロースはしっかりレア。厚みがあり柔らかで、しっとりとかなり美味しいです。でも贅沢を言えば特製だとやや肉が多く薄味でレアな分、最後に少し単調に感じてしまう。

鶏むね肉も低温調理。周りが若干固めで中は柔らかくサクッとした食感。むね肉じゃないのかな…

味玉は黄身とろりな優しい味つけ。

後はネギ、メンマ、小松菜、海苔の変化を楽しむ布陣でした。

完食。

噂通り上手に纏まっていて素晴らしい一杯でした。

常連さんと話していた、更にこの先があるならまた来て食べてみたい…

頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「汐の旨味ソバ 830円」@Tomboの写真TRY新人大賞総合1位
新人賞醤油部門1位
新人賞塩部門1位
新人賞つけ麺部門2位

ここまで凄いと自ずとハードルは最高まで上がってしまいました。

店主さんと女性スタッフの2名体制。

塩を選択。

提供は順調です。

スープを一口飲むと如何にもTRYの先生方が好きそうな味わい…こんな事書くとまた大崎先生に今日の一杯で怒られそう…。

動物と魚介などの圧倒的に優しいスープ。

『丸鶏などの動物系に魚介のフレーバーに香味油のアロマ存分に楽しめる』…なるほど…いかにもその通り。

鶏油と揚げネギが程良い風味とアクセントになり円やかに包みます。

麺は細めでやや柔らかめ。しなやかに揺れながら逆さ滝の様にスープを纏い登ってきます。

豚ばら肉は柔らか仕上げ。

出汁が染みたメンマはかなり美味い。

ネギを掬いながらスープをグイグイ。

初動よりも後半の方がスープに旨味を感じます。

優しい味わいで気持ちも優しくなる一杯でした。

キングさんを筆頭に濃厚派な方には物足りないかな…清湯派の方向きですね。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 2件

「そば(醤油) 850円」@SOBAHOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店の写真【ミシュラン 一つ星】

10月のとある日。

以前来た時は最初の定休日に当たってしまいリベンジです。

外待ち中待ちを経てカウンター端っこへ。

座席が狭いです。大きな方は大変そう。

みなさん塩のレビューが多いので天邪鬼な発想から醤油を…多分ミシュランというのも考え…選択。

提供は順調です。

手前の方に蓮華を差し込み香りスープを飲むと香り良い複雑な旨味が広がります。

薀蓄を読むと

タレは4種類の醤油に肉や海産物の旨味を添加。

スープは動物系、乾物系、蛤の三種をブレンド。

特製ソースはポルチーニオイル、ポルチーニフレーク、タルトゥファータ(黒トリュフソース)

だそう。

複雑さの演出に拘ってるみたいで、なかなか伝えるのが難しい味わいですが、上品の中にも蛤出汁の下品な所が合わさり美味しいです。

関西の方の『下品なぐらいダシのうまいラーメン屋』と言う名前のお店を見かけた時に確かにそうだよなと。

このスープは上品と下品が強く複雑に合わさってバランスが取れてる様な気がします。

麺は自家製だそう。

春よ恋を主軸に数種類をブレンドした全粒粉入り。

滑らかで程よいコシのある美味しい麺です。

豚肩ロースは低温調理のレアなもの。薄切りですが甘みがあって美味しい。

ネギ、葉ネギ共に香り良く。

穂先メンマも柔らかく上品。

食べ進める度に特製ソースが溶け出し合わさり味わいがジワリジワリと変わって行くのが楽しい。

麺を食べてる時はそれ程でもないのですが、スープだけを飲むと蛤の旨味を強く感じます。

美味しく完飲まで。

念願の【ミシュラン東京2019 一つ星】おめでとうございます。

これからも頑張って下さい。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン小 750円」@ラーメン二郎 西台駅前店の写真西台の二郎が高架の下に戻って来たので行って来ました。

外待ち20名に連結。

45分位で店内へ入りかけたら強目に停止されたので、再度入る様に言われた時はわざと聞こえないフリをして、2度目に言われたら入りました。小さな仕返しでスッキリ^ ^

店内で並んでも自ら麺のサイズを言うので油断出来ません。

店主さんと女性スタッフの2名体制。

カウンターに座ってもロットが前で切られたので待ちましたが、まずまずの提供スピードです。

コールはニンニク、ヤサイ、アブラでお願いします。

レンゲが見つからず…隣の人は持ってた…丼を持ち上げてスープから飲むと厚い油膜と共にトロミのある乳化スープがやってきます。

西台は基本的には非乳化なんでしょうが、前の方のレポを読んでも乳化してるとの事。

豚の旨味がたっぷりで嗜好にジャストフィット。塩分も程よい。

ヤサイは柔らか目に煮てあります。上からのアブラなのか、味を絡めてあるのか美味しく仕上がってました。

麺は太め平打ちウネリのあるもの。オーション使用だと思いますが、ゴワ感はなく柔らか目。でもデロ助ではないですよ。乳化したスープがたっぷり染み込み纏い持ち上げ咀嚼した瞬間の幸せな事。

肉は豚バラとウデかな。

豚バラは柔らかく大きいです。ウデはパサリもありますが豚バラよりかなり巨大。食べ応えありです。

プルンと柔らかく軽く甘じょっぱく味が付いてるアブラも美味しいですね。

刻んだニンニクもスープに溶かし麺やヤサイに絡め美味しくいただきました。

なかなかお腹いっぱいになって完食。

大満足です。750円は頑張ってますよね。

ごちそうさまでした

21日にオープンのよしかわは二郎が仮店舗で使ってた所に入るのかな。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん 790円」@大島の写真去年までのTRY味噌部門で4連覇中。

味噌だとちょっと地味目なイメージだったので後回しにしてしまいました。

10月の日曜日14時15分到着。

外待ち29名に連結。長い戦いになりそうです。

でもね。自分の後ろに1人も並ばない(T ^ T)

やっと30分程してチョロリと連結して来ましたよ。

45分程でカウンターへ。

スタッフは調理場3名。案内等1名の体制。

厨房とホールの間には森住製麺よりの暖簾が掛かってます。

提供の際にスタッフが横切ると良い匂い。

ロットのタイミングも悪く呪われてるなぁとテンション下がりきってる所で提供です。

置かれた瞬間に生姜の良い匂い。

スープをひと口飲むと下がりきっていテンションが跳ね上がります。

レンゲを口に運ぶとまず生姜の良い香り。

ニンニク風味の香ばしい粒々のラードが口の中で弾けた後に白味噌のフワリとした甘じょっぱい旨味がグンと広がります。

基本は豚骨や鶏ガラでしょうか。そこに野菜などの旨味が加わり深みのある美味しいスープ。

麺は森住製麺130gとの事。

少し透明感のある中太位でしっかりした縮れとコシがあります。

啜りあげた時のスープの絡み具合も申し分なしで美味しいです。

チャーシューは豚肩ロースと細かいチャーシュー。肩ロースは柔らかく煮てありました。

少しピリ辛なメンマ。

炒めたモヤシと玉ねぎ。

たっぷりの刻みネギ、生姜の効果でしつこさはそれ程感じずサッパリと完飲まで突き進みました。

食べ終わってほんのり汗をかく位の心地良さ。幸福感。

今まで食べた味噌の中で一番でした。

もっと早く食べに来るべきだったなと反省。

今年のTRY味噌部門で見事5連覇達成。殿堂入りだそうです。おめでとうございます。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件