なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

haruphoto

男性 - 埼玉県

所沢ラーメンブログやってます!http://tokomen.seesaa.net/

平均点 68.602点
最終レビュー日 2016年12月18日
98 96 1 13
レビュー 店舗 スキ いいね

「あっさりとんこつやる氣ラーメン680円」@博多三氣 瑞穂店の写真瑞穂町でラーメンタイム。
駅からは少し離れたロードサイドには見た所チェーンの大型店がいくつか出店している様子。
どこか名店はあるのか調べてみるとあまりなさそう。
連れの自宅からコンビニに行った時に横切ったのがこちらの三氣。
その時は行かなかったのだけど結局気になって行ってしまった。
調べはしなかったけどチェーン店のような気がする。
根拠はないがあまり上等なラーメンを食べられそうにはない。
何に惹きつけられたかというと替玉10円という売り文句。
腹ペコ人間には何とも魅力的な数字だ。
確実にお腹いっぱいにしてくれる。
といってもラーメン自体が高い設定なのかもしれんけどね。
何はともあれ行ってみよう。
夕方という時間帯のせいかお客さんの姿は見えないがそれでも通し営業は有難い。
店内は広く明るく非常に清潔で店員さんの接客も好印象。
券売機にて1番メインっぽいあっさりとんこつやる氣ラーメン(680円)をポチりで連れはこってり黒とんこつ負けん氣ラーメン(730円)。
替玉は券売機ではなくテーブル会計できるそう。
博多ラーメンらしくそれほど待たずに着丼。
撮影タイムを終え卓上調味料は何も加えずにそのままズズリ。
ふむ、あっさりだ。
博多ラーメンぽさはあまりないけれどシンプルでクセがなく箸が進む。
女性やコッテリが苦手な方には好まれそう。
といって物足りなさがないわけでもないので十分美味しい。
サクッと麺を食べたら替玉、素早く着麺。
最初に入っていた麺より多めなのかしら。
一気にお腹が膨れていく。
そしてお楽しみの卓上調味料投入タイム。
ゴマをフリフリ香らせ、辛子高菜でガツンと辛味アップ、身体に悪そうな真っ赤な紅生姜はアクセント。
ふむ、格段にラーメンのパンチがアップし自分好みな一杯に仕上がった。
連れのコッテリも味見してみると、その名の通りコッテリ。
本格ラーメンが食べたいならこっちかな。
どちらも美味しくお腹いっぱい。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とまとチリ750円」@カッパ64 福生店の写真拝島から福生あたりでラーメンタイム。
時間的にはどこでも行けそう。
とはいえ、ガッツリな感じではないので心麺は外す。
いぬいの中華そばも食べたいけど新規開拓がしたい。
いくつか候補があるけど、前々から行きたかったこちらのお店へ。
数多くのレビューがされ、評価の高い人気店だ。
2号店はなんと所沢にある。
というのはこのブログの読者ならご存知でしょう。
カッパハウスの本店がここ福生のカッパ64だ。
お昼の営業も終わりそうなので難なく入店。とまとチリをポチり。
本店でしか食べられないメニューがあったのだろうか。
単純に久しぶりにトマトラーメンが食べたかっただけの話。
所沢でいつでも食べれるけど本店だと趣も変わってくるでしょう。
少し待って着丼。
ふむ、所沢とビジュアルはほとんど同じ。
味も変わらず当然うまい。
ラーメンにあるまじき真っ赤なトマトがベースの一杯。
スープパスタのようでいてしっかりとラーメンしている。
ラーメン業界に一陣の風を巻き起こすこと必至。
卓上のタバスコをフリフリ、スープを飲み干す勢いで完食。
気付いてみれば店の外まで待ちができていた。
やはりこのラーメン、人気店になるのは当たり前といえる。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「西海ラーメン大盛り620円」@らーめん西海 高尾駅前店の写真高尾で山登りをした帰り、ラーメンが食べたくなる。
いや、山歩きをしている時から食べたかった。
帰り道の八王子、立川、国分寺には美味しそうな店が多そう。
そこまで待てそうにないので高尾駅周辺で食べることにする。
選択肢はあまりなく西海か家系くらい。
家系はどこにでもあるので長崎ラーメンの西海へ。
長崎ラーメンが食べられるお店は少ないのではないかしら。
実は西海は二度目の訪問なので外れということもない。
19時少し前に訪問してみるとほぼ満席。
カウンターに座りメニューから定番ぽい西海ラーメンをチョイス。
500円でプラス120円の大盛り。
九州系なので替玉がいいのかもしれないけど大盛りのほうが好み。
しばらく待って着丼。
大きな器に白濁したスープが印象的。
九州系らしく細麺で量は十分すぎるほどの大盛り。
スープは若干淡白な味付け。
豚骨だけどコッテリしていないので飲みやすい。
長崎ラーメンの特徴はあごだし(とびうお)で少しひねりが効いていて、全体的にバランスのとれた総合点高めな一杯ではないかしら。
それにノーマルなラーメンで500円という安さだしね。
文句のつけようもないラーメンといえる。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨和風醤油ラーメン700円」@めん屋 いなば 四谷店の写真珍しく都内に用事があった。
御徒町はスルーして四谷三丁目付近で食べることにする。
所沢と比べてラーメン屋が綺羅星のごとくあるので困ってしまう。
悩んだ挙句四谷四丁目交差点にあるこちらのいなばへ。
ここは何度か来ているので間違いはない。
それに結構有名なお店なのではないかしら。
有名人の色紙も沢山飾ってある。
魚介が特徴でつけ麺も美味しそうだけど私はラーメン。
濃厚豚骨和風醤油ラーメンを券売機にて購入。
700円。
それほど待たずに着丼。
魚介の香りが食欲をそそるね。
濃厚でドロドロ、複雑に素材が絡みあうスープがたまらない。
特徴的なのは太くコシのある麺。
相当こだわりがあるようで、麺にしっかりと味がある。
噛むたびにその味わいが染み出してきて美味しい。
具にもこだわりを感じ、メンマの美味しいラーメンはここが私的に始めてだった。
チャーシューも厚く丁寧に作られているしキャベツもスープによく合う。
卓上のニンニクチップをぶち込みつつ完食。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「野方ホープラーメン750円」@野方ホープ 吉祥寺店の写真バリ男で食べた後、吉祥寺の四文屋でお酒を飲んだ。
結構な量のお酒を飲み、おつまみを食べた気がする。
お酒は恐ろしい。
ラーメンを再び食べることになった。
実は吉祥寺にはお気に入りのラーメン屋がある。
というかここしか知らない。
ホープ軒。
背脂系の元祖であり、名店だ。
所沢の私が大好きなまるいちも味としは同じ系統。
店の前まで行くと、若干混んでいる。
少し待ちそうなので、近くの野方ホープに変更。
何とも意思の弱い男。
前から野方ホープも気になっていたのですよ。
といっても味や店名は似てても系列店ではないらしい。
調べてみると後発の野方ホープが模倣したようだ。
二郎インスパイアみたいなもんかな。
夜遅くに関わらず、なかなか混んでいる。
広めの店内で清潔感があるのはホープ軒とは随分違う。
注文したのは定番らしい野方ホープラーメン。
750円。
ホープ軒が650円なので高く感じる。
着丼したラーメンはオーソドックスな背脂系。
脂の量は選べるのでお酒の勢いでこってりに。
多めの背脂でスープはギトギト。
けど、それほどきつくはなく全体的にマイルドな仕上がり。
脂を少なくすればあっさりで女性にも受けるのではないかしら。
麺は太めで食感はよく、スープにもよく絡む。
具はもやし、ねぎ、メンマ、海苔、チャーシュー二枚。
特に書くような特徴はないかな。
全体的に荒々しくなくお上品なラーメンな印象。
十分美味しいけど好みとしてやはりホープ軒かな。
値段的にも。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん中」@らーめん バリ男 吉祥寺店の写真吉祥寺に用事があったのでどこかでラーメンを食べよう。
所沢とは違い、星の数ほどのラーメン店がある。
しかもクオリティの高い店が多い。
それは素晴らしいことなんだけど、どこにすればいいのか悩む。
ラーメンデータベースのマップを眺める。
その中にこちらのバリ男を発見。
たしか入曽の男盛の店主がバリ男出身なはず。
気分的に二郎なので行ってみよう。
到着してみると、赤地に男の文字の看板が男盛とそっくり。
表の券売機でらーめんの中を購入。
750円。
大盛りも値段は変わらないけど野菜が多そうなので控えめに。
味玉も入っているそうなので、良心的な値段だ。
カウンターの上に食券を置いてしばし待つ。
大きな特徴なのは二郎インスパイアでありながらコールがない。
これは大きなマイナスポイントな気がする。
太麺なはずだけど、それほど待たずに着丼。
野菜増しには遠く及ばないけど、この量でも十分だ。
チャーシューも三枚となかなか太っ腹である。
麺は当然太麺で、モチモチの食感が心地よい。
スープはやはり男盛に近く、マイルドでソフト。
ポイントは油膜が厚い所。
最後まで熱さをキープしてくれるし、味を引き締めている。
ふむ、全体的なバランスが良くクオリティも高い。
男盛が美味しいのもバリ男の精神を受け継いでいるからだね。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン中盛り650円」@ラーメンショップ(マルキ) 拝島店の写真たまに拝島駅から多摩川に写真を撮りにゆく。
いつもどこで食べようか迷う。
駅から少し離れると美味しそうなお店はあるけど駅前は少し寂しい。
気になるのは角ふじが食べられる心麺くらいかしら。
情報によるとお昼の営業が14時までと早いのでいつもタイミングあわず。
この日は休日の14時少し過ぎに覗くと準備中の看板が出ていた。
残念。
駅周辺で営業していたのはこちらのお店のみ。
一度行ったことがあり、そう悪くはないので入店。
ラーメンショップ系列と考えてよいんでしょうね。
マルキチェーンというのは少し分からないが味は確かにラーメンショップだ。
ラーメンショップは略してラーショというらしい。
私的には所沢にラーメンショップがないので馴染みがなかったりする。
秋津にはあるけど、お昼しか営業してないようなので未訪。
何度か各地のラーメンショップを食べての感想。
お店はどこかレトロで昔ながらの懐かしさの漂う佇まい。
味はシンプルな豚骨醤油ラーメンという感じ。
ハマる人はハマる味だと思う。
拝島のラーメンショップも期待を裏切らないラーメンショップといえる。
それに安くて量が多いので腹ペコ人間には大変ありがたい。
最大の特徴は提供スピードがマッハということだろう。
今回頼んだのはノーマルのラーメンの中盛り。
650円。
券を渡してから2.3分で出てきた。
立ち食いうどん屋に負けないくらいのスピード。
これも腹ペコ人間にはありがたい。
まあ、若干固めではあるけど食べてる間にいい感じになる。
卓上にニンニクや紅ショウガなど豊富で味変出来るのも嬉しい。
味はラーメンショップクオリティ。
豚骨だけどギトギトのくどいラーメンではないので箸は進む。
めちゃくちゃ美味しいわけではないけど独特で引き込まれる味だ。
また食べたくなるような味だね。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン630円」@くるまやラーメン 東村山店の写真お買い物で秋津方面へ。
時間的にお昼ごはんなのでどこかに入ることにする。
秋津の駅まで行くと美味しいラーメンが食べられるけど、残念ながら少し遠い。
周りに何があるかというと王将、ぼん天、江川亭、まる紀など。
どうせならまだ行ってないお店ということでくるまやラーメンを訪問。
昔はロードサイドにたくさん見た気がする。
調べてみると現在は全国に約200店舗近く展開しているようだ。
会社更生法を申請したようで半分くらい閉店している。
イメージ的にロードサイドの古臭いチェーン店は美味しくない。
好きだけど山田うどん的に。
そんなわけで今までくるまやラーメンに入ったことがなかった。
言ってしまえば今回の訪問はブログのネタである。
お店を訪れたのは午後の3時過ぎ。
広々とした明るい店内。
くるまやラーメンで一番人気らしい味噌ラーメンをオーダー。
630円とお安く小ライスもサービスでつけられる。
素早く着丼。
たっぷりのもやしが乗るオーソドックスな外観。
もやしをかき分け麺を引き出すと、太い。
味噌ラーメンであまり太麺を見ないので少し驚く。
多加水のプリプリの太麺はなかなか食感がいい。
そしてスープ。
ニンニクが効いて深みがあり味噌の味もしっかりする。
油が多めなのも熱々で重量感が増す。
ふむ、なかなかに美味しい。
味噌ラーメンに関しては他のラーメンチェーンでトップではないかしら。
値段は少し高くなるけどこの味なら納得できる。
あまり先入観でお店を判断しちゃいけないね。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎとんこつらーめん648円」@味彩の写真秋津方面へお買い物。
駅まで行くか江川亭あたりで食べてしまうか。
最近は再訪のラーメン屋が多い。
新規開拓だ!
というわけで秋津駅方面へ。
さてどこにしよう。
あまり選択肢はない。
見ると新秋津駅前の花月が閉まっている。
店主交代でリニューアルするそうだ。
そろそろ再オープンらしい。
そんなことは置いといて、トマトか汁なしか替え玉か。
時間的に営業していないと思われた替え玉のお店が開いている。
「味彩」に迷わず入店。
カウンターだけの狭い店内で衛生的な感じもしない。
ラーメン屋に求めるのは美味しいラーメンだ。
ねぎとんこつらーめんをオーダー。
648円。
それほど待たずに着丼。
店の雰囲気とは違いおしゃれな器にきれいなトッピングでセンスあり。
けど、なんだかスープが少ない気がする。
とりあえず一口。
美味い。
スープに味が凝縮され深いコクと旨味。
具材の水菜、きくらげ、マー油なんてのも新鮮。
私はなめていた。
やたらと安いし店の佇まいも美味しそうとは思えない。
そのギャップにいちころでございます。
それに嬉しいことに替え玉が2玉まで無料なのだ。
スープも少なめでそれほどお腹も膨れていないので今回は1玉。
ただ残念なのは卓上トッピングが少ない。
コショウとゴマのみ。
博多ラーメン的に紅しょうがや高菜、ニンニクなんてあると嬉しいけどね。
それでもお腹いっぱい、ラーメンも堪能。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「蒙古タンメン800円」@蒙古タンメン中本 秋津店の写真人生初の中本は秋津店へ。
前々からこのラーメン屋は気になっていた。
なぜか今まで未訪問。
近所の秋津に出来てからも3年ほど経つらしい。
気になりつつも人気店と言われると少し敬遠してしまう性格。
並ぶのもあまり好きではなかったりする。
この日はお昼を過ぎての3時少し前。
さすがに空いている時間でしょう。
というわけで初訪問。
さて、何を頼もう。
中本の最大の特徴は辛いラーメンということではないかしら。
かなり辛くても大丈夫なんだけど、美味しく食べたい。
少し辛めで人気No.1の蒙古タンメンをチョイス。
800円。
券売機で購入しカウンターに着席、店員さんに券を渡す。
この時間はライスがサービスとのことでそちらもお願いした。
元気で好感の持てる接客、雰囲気で人気店の理由がここにも表れているね。
素早く着丼。
真っ赤な麻婆豆腐がとても辛そうだ。
よく考えるとラーメンに麻婆豆腐は合うのだろうか。
一口食べる。
ふむ、美味い。
そして辛い。
辛いとはいえ、嫌な辛さではなく食欲をそそる丁度良い辛さ。
これ以上辛くて美味しく食べられるのだろうか。
それはそれでチャレンジしてみたくもなる。
中本のラーメンは辛さと珍しさだけが人気なのではない。
美味いのだ。
終始熱々のスープ、野菜もたっぷり、麺も良い。
これはハマりますね。
ご馳走様でした!

所沢ラーメンブログやってます!
http://tokomen.seesaa.net/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件