なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

bkog-764

男性 - 東京都 (1973年生まれ)

何を食べてもそれほど不味いと感じたことがないバカ舌なのであります。評価は旨味と満足感重視でありますが、食前の期待度と実食とのギャップや、実食時点での自分の心身状態によっても加算減算がなされる模様であります。尚、レビューは鮮度も命と考えておりますので、実食より出来るだけ時間を置かずアップしたいと思っております。

平均点 80.486点
最終レビュー日 2017年1月25日
276 211 4 135
レビュー 店舗 スキ いいね

「泡つけ麺(並, 780円)」@つけ麺 麺也 時しらずの写真10/25/14時半ごろ初訪問。
店内買券後、提出。麺量は大盛無料らしいが、並盛を申告。
カウンターに着席後、5分程度でササッと配膳。
つけ汁は高めな粘度も相まって濃厚気味なルックスを見せているものの、実際の濃度はそれほどでもない。今や伝統に組み込まれつつある豚魚W設計な旨味は、勝り気味の魚が動物と相乗しつつ、更に魚粉が加えられていることもあって、十分に強い。醤油と魚粉が同程度に貢献している塩気はそれほど立っておらず、油脂分も控えめ。表面に細かくクリーミーに浮かぶ泡は、塩気や旨味を丸めながらも、乳的なコクを醸しつつ厚みを付加。
麺は目測2mm四方の角断面。粉香味はあまり感じない。概ねプリンプリンなクリア多加水食感だが、時折サクッとした低加水噛み具合も感じる。麺肌は滑らかで、つけ汁との絡みは中程度。麺量は並盛ながら、物足りなさは感じない。
チャーシューは、目測平均1x1x2.5cmの六面体が4個前後。肉や脂身は柔らかく、肉の旨味がつけ汁の塩気や旨味と相乗し良好な味わいだが、小サイズな故か存在は箸休め的。
メンマは割とドライなパキパキの中に、潤いのあるクニュが僅かに混入した食感。味付けはつけ汁に完全に支配される。
後半、卓上の高菜を投入。野菜特有のシャクシャクとした食感+ピリ辛な辛味+滋味を醸す油分がつけ汁に添加され、料理とかなり良好なマッチング。
やがて、サクサクと固形物を完食。
つけ汁が普通に飲める濃度なのでチビチビと飲んでいたが、途中でカウンター上ポットから割スープを投入。薄い蕎麦湯にも似たほんのりな旨味の割スープにより、ほぼお湯割りとなったスープ割を完飲し、丼上げ&退店。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「マリナラらぁめん + オムチーズごはん」@らぁめん 葉月の写真7/6/11時半頃に訪問。
既に出来ていた10名前後の店外行列に並び、程無くして開店。更に店内待機席に着座後、しばらくしてカウンター着席。
やがて麺丼&飯茶碗が、ほぼ同時に配膳。マリナラらぁめん用のタバスコボトルも併せて提供。

マリナラらぁめんを実食。
スープは豚の出汁&油脂によって旨味土台&クリーミー舌触りが構築されると共に、スープ全体の存在感が強化される。酸味の少ないトマト成分の旨味は、魚介の強めな旨味と合併し、スペイン風且つマッタリな複合旨味を醸す。塩気は旨味を引き立てるように効き、温暖な地域のヨーロッパ港町の潮仕立てを想起させる。魚介には貝旨味も感じられ、トマトや魚介の旨味をブーストしつつ輪郭をクッキリと浮き立たせるが、実際に混入しているかは不明。スープ撹拌によって粉チーズは溶け出し、塩気&旨味&乳香味がスープに更に加わることで、食の加速に貢献。
麺は縮れ無しの角断面で、太さは目測直径約4mm。茹で具合は、アルデンテよりは僅かにソフト。サックリな歯の通りと、高弾力&高張力なプリンプリン張り食感を併せ持つ。スープの旨味成分を麺の小麦粉成分と相乗させつつ口中に展開し、和パスタと中華料理の中間的様相を呈する。スープとの相性の良く、食が進んだ故か、今回の麺量は軽めに感じた。
チャーシューは角を平たくならされた醤油系な味付けだが、程無くしてスープのトマト魚介な旨味に支配されつつ、肉や脂身からも旨味を放出。高密度な肉質で、表層は柔らかながらも、内部は硬質ゴムな強い歯応え。所々、噛み切り難い部分も散見。
メンマは太材木系。含め煮の如くジューシーな出来で、味も和食の煮物的。柔らかい食感だが繊維の噛み切りが困難なので、さきイカのように繊維に沿ってほぐしつつ消費。
生のカットトマトは酸味が弱く味の主張も弱めで、リフレッシュな箸休めを担当。更にスープ中には小型ダイストマトが混入しており、こちらは割とはっきりした旨味と酸味で、粒立ちのはっきりしたブレイクを時折挿入。
水菜は弱めな香味ながらも存在は消えず、地味なハーブ香を料理に付加。食感はしっとりでやや柔め。
小カットなレモンは、中盤、箸で搾って使用。各食材と衝突することなく強い果実酸味を添加し、かなりの鮮烈さを丼内に付加するものの、数十秒後にレモン香味はササッと霧消し、料理は元の味構成に戻る。
後半にタバスコを5振りほど投入。スープと相乗することなく、丼内はタバスコの香味一色に数秒染まるが、料理はまたもや元の味構成にサクッと戻る。

オムチーズごはんを実食。
スープ炊きごはんの上に、半熟スクランブルエッグなオムレツが載っている。
オムレツは薄味で、僅かに塩気を感じる。メインは卵の滋味。チーズはかなり目立たない。使用卵量は十分。
ごはんはやや硬めな炊き具合で、インディカ米な食感。スープで炊いてあるだけあって、旨味と塩気は後を引かない程度ながら、食を進めるに十分な効き。オムレツと共に食べると、卵の滋味がごはんの旨味+塩気と相乗しつつ、卵のソフト食感がごはんの硬めな粒立ちと混ざり合い、非常に好ましい印象。飯量は体感で、一般的牛丼並盛の7割前後。

そんなこんなで、麺丼のスープを少々残しつつ、麺丼&飯茶碗完食。
満腹ながら、苦しさの無い満足感を感じつつ、会計&退店。
並び始めから退店までは約40分であった。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件
78

「超激濃(880円)」@麺家 うえだの写真6/30昼時に訪問。
空席多数な店内に進入し、買券&着席後、食券提出。
女将殿と二名の男性店員による意外に静かな調理風景を眺めている内に、配膳。
スープは餡掛けやペースト的な様相で、レンゲで掬えない高粘度。動物+魚な設計は割と一般的だが旨味は強く、際立つ魚粉的な香味を動物なボディが支える。角が丸めな醤油は、スープのマッタリを突き抜けて塩気を醸すだけの強さは装備。油脂分は分離して強く目立つほどではないまでも、食味と食感の底上げに貢献。
麺は目測で1.8x0.9mmの平打ち。やや柔めな茹で具合。否応なくスープと絡み、麺自体の香味はほぼスープに支配される。
チャーシューはハム的な鋭角の旨味と塩気。厚めな三枚肉で、噛んだ際のほぐれ具合は良好。
ゆでキャベツは塩気と酸味に特徴を持つ醤油ベースのタレがかかっており、箸休めとして活躍。しかしスープと絡み始めると、ホクホクな食感を残して強力なスープに即座に支配される。
ゆでモヤシはキャベツと同様な火の通り。これまたホクホク食感を残しつつも、香味は概ね最初からスープにより支配。
ジューシーな材木系メンマは柔らかい仕上がりだが、噛み切り難い筋がちらほらと存在。
海苔はスープの魚成分とマッチングを果たしながら、吸着させたスープに自身の磯香味を乗せつつ麺に絡ませるという好ましい貢献。
やがて、完食完飲。
現代ラーメン界においてメニュー名ほどのインパクトがこの料理にあったかどうかを無駄に考察しつつ、丼上げ&退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まるひらぁめん(1000円) + にんにくごはん(210円)」@らぁめん 葉月の写真5/25昼の開店2分前に訪問。
約10人の行列に並び、ほぼ定刻に開店。
更に店内の待ち席で待機。
やがて1stロットのお客さん達がボチボチ食べ終わり、カウンターに着席。
しばらくの後、麺丼&飯茶碗配膳。

麺丼から食べ始める。
スープは動物ベース出汁に魚介が乗るという、昨今メジャーな仕様。旨味も塩気もバランス重視で、クセや過不足を感じさせない設計。油脂分も旨味や塩分との常識的なバランスが図られており、乳化状態でスープに溶け込む。スパイス類は唐辛子を筆頭として、山椒的な僅かな痺れやカレー的な香味も混在し、軽く火鍋的な様相を呈す。辛味自体はそれほど強くない。
麺は緩角四角断面の中太で、茹で具合はアルデンテなプリプリ。外面の僅かに抵抗感のあるパキッとした歯触りに比べ、内側はやや粘りのある食感。麺肌はツルツルだが、スープとの絡みは良好。加水は中程度もしくは、やや多め。麺量は、一人前300gの店内掲示通りの食べ応え。
チャーシューは楕円断面の通常チャーシューが一枚に、サイコロチャーシューがゴロゴロ複数個である。
通常チャーシューは目測5mmほどの厚さ。味付けは控えめで、肉自体の旨味を重視。柔らかく仕上がっているが崩れる感じではなく、あくまで肉の強さをしっかり保った上でのソフトな噛み応えで、抵抗感のある筋や脂もやや存在。肉密度&湿度が高くキメの細かい点が、鴨肉を連想させる。
サイコロチャーシューは硬く締まった食感で、肉味やタレよりも香ばしさがメイン。僅かに付随する脂身も、肉同様に硬く締まる。
材木的なメンマはジューシーで概ね柔らかい食感だが、僅かに噛み切り難い筋が存在。薄く優しげな滋味で、味付けもメンマ的発酵香味も控えめ。

麺丼の固形物を完食したので、にんにくごはんを食べる。
飯上のサイコロチャーシューは麺丼内の物と比べると、香ばしさが減退し柔らかさが増した印象。
米の炊き加減は少々柔めで、表面はピラフ特有のパサつきを生じる。味の構成はスープの旨味ベースに醤油の旨味と塩気が乗り、割と強めなフライドガーリック香味がトップを飾る。飯量は牛丼屋の並の7割程度。

料理の固形物を完食し、麺丼のスープをチビチビと飲みつつも約30%残し、食事終了。
スープの重層スパイス+にんにくごはんのガーリック香味な口中余韻の中、満腹にて丼上げ&会計&退店。
ちなみに並び始めてから退店までは、約40分であった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚狼煙らーめん200g 細麺 (780円)」@狼煙 〜NOROSHI〜の写真3/15昼時に初訪問。
店外に並びは無いが、店内は待ち客で一杯である。
買券後に食券を店員に渡し、細麺を申告した後、店外に並ぶ。
やがて店内進入。しばらくして着席&配膳。
スープは粒子粗めのドロドロポタージュ。動物+魚介の旨味は、粘度高めなルックスやメニュー名に違わぬ納得の濃さ。塩気は旨味の陰に隠れてはいるが、なかなかの効きを見せており不足は無い。油脂類は強めな旨味と陰から毅然と主張する塩気を融和させつつ、スープの奥行きとフックを拡張。こんもりと盛られた魚粉を溶くと、油脂分と動物的旨味から成る広く厚いベースに、魚介旨味が更に鋭く屹立。形態としては良くある豚魚であるが、旨味と塩気の輪郭が非常に分かり易くハッキリとしており、平均的な豚魚ラーメンスープに比べて頭一つ分強い印象。
麺は縮れの無い低加水な中細で、茹で具合はやや硬め。ムチのようなしなやかさと腰を装備し、ブリブリシコシコな食感。スープが高粘度ということもあって麺とスープとの絡みは上々だが、麺に内包された粉の旨味がスープに完全に乗っ取られることは無い。麺と絡むことでスープは薄まりつつ口内へ運ばれ、濃厚な故に分からなかった動物と魚介それぞれの旨味の重なり具合が、スープ単体よりも分かり易く感じられる場面も散見。麺量は200gだが、麺とスープ双方の味や食べ応えの強さもあって少なくは感じない。
チャーシューは脂身40%ほどで、非常に柔らかい。元々の肉の旨味や味付けに加えて、スープの多層な旨味がドーピング的に添加されており、パンチがありながら滑らかな箸休めとして存在。
メンマはジューシーな材木系。外面はやはりスープの豚魚旨味が満載だが、噛むと中から胡麻油的香味や煮汁的甘旨味が染み出し、スープとの良好な相乗を見せる。柔らかく仕上がっていて目立った筋は無く、筋っぽく感じた場合でもパッキリと容易に断ち切りが可能。
ネギは新鮮なものが多めに混入。シャキシャキ食感とアリル香味が際立っており、旨味の泥沼のようなスープの中においても鮮烈な一石を投じていた。
海苔は麺と共に食べた。海苔独自の風味は消えることなくスープの強いキャラの上に立ち、主に魚介な部分と相乗効果を発揮しつつ、麺の小麦風味のおかずとしても活躍。
そんなこんなで、完食完飲。
丼を上げ、濃厚なのに各固形物のキャラを消さないスープの計算具合を無駄に考察しつつ、退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「ラーメン中盛(750円)」@大勝軒てつの写真2/25夕方に初訪問。
中盛は無料なのでお願いし、チャーシューはグリルロースを選択。
数分後、順当に配膳。
スープは動物ベースのしっかりめな旨味と油脂分に、くっきりとした魚介の香味と旨味が乗る。完全なシャバではなく少々のトロミが感じられる。魚粉も結構入ってそうな様子。塩分濃度は高め。東池袋系大勝軒のスープのコントラストを総じて高めたような印象で、分かり易い味の構成が好ましい。
麺は面取りした角を持つ、目測で直径約2mmの太麺。小麦密度は高め。伝統的東池袋系よりも硬めな茹で具合によって、鞭のようなしなやかさとバネを装備。スープのはっきりした味の組立てと相まって、料理を高コントラスト方面へ導く。麺量は中盛でもさほど多くない。
グリルチャーシューは硬めな噛み心地の第一印象だが、食べていくにつれて、中心部はふくよかで柔らかいことが判明。味付けは淡白だが、肉の滋味がメリハリの効いたスープと相乗することで、不足の無い風味に仕上がっていた。
メンマは胡麻油が強めに香り、甘さも控えめで、ドライな箸休め感。ジューシーなタイプではないが柔らかくサクサクとした食感が、フックのある小品として主張。
ネギは多めに入っている。白ネギと小ネギが混在しており、幅の広い薬味感を醸す。食感&香味は鮮烈で、強めなスープに清涼なブレイクを挿入していた。
そして海苔も、スープや具材に負けない風味を提供。割としっかりした生地の海苔であり、麺と共に食べて磐石の磯風味の相乗を発揮。
そんなこんなで、完食完飲。
東池袋大勝軒の緩く曖昧な部分を、現代的なコントラストで再構成したような分かり易い余韻を感じつつ、退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「たまつけ麺 ニンニクカラメ」@蓮爾 新町一丁目店の写真2/19/18時頃訪問。
移転後初訪問である。
元来エゴの少ない店であったが、もはや店には看板が見当たらず、オーションの空き袋がドアに貼ってあるだけのなかなか謎な店舗外観。
小つけ麺の食券+現金50円にて、たまつけ所望を申告。
身長170cm以上の人間にとっては少々低いと思われるカウンターに着席しつつ、やがてコール。ニンニクカラメを返答&配膳。
最近、端整なルックスになりつつあったたまつけのつけ汁であるが、久々の今回は、登戸一軒しか無かった頃の泥水的な外見である。昔の超高塩分を思い出し、高まる期待を抑えつつ、つけ汁を飲んでみたり各食材を浸けて食べてみる。
うーむ、昨今のたまつけに顕著な甘味も減り、ショッパ系なベクトルを確かに感じるものの、つけ汁だけでまだ平然と飲める塩分レベルである。もちろん出汁と魚粉からなる強力な旨味や、以前よりも高いピリ辛具合、そしてニンニクやタマネギと結託した際の辛味や強さは素晴らしいのであるが、やはりもう一段高いレベルで塩分濃度の強化を望みたい。ちなみにつけ汁を啜りつつ固形物を摂取した場合には、なかなか良好な塩梅であった。
麺は磐石の出来。茹で具合も食感もビラビラ捻り具合も本当に安定している。
豚の一つは整形肉並みに整っていた。均一で柔らかい繊維が心地好く、味も染みていて臭みも無く、ニンニクや卓上コショウと合わせた際もひたすらポジティブな相乗効果を発揮。脂身も肉の旨味向上な面で貢献。
そしてもう一つの豚も概ね似たような出来であったが、少し硬かった。しかし硬めの繊維はサックリと噛み切れる食感なので、良豚の範疇である。
野菜は臭みもないホクホクな仕様。箸休めであると同時に、つけ汁を良く持ち上げるので汁の旨味や塩気の堪能にも貢献。
そんなこんなで、麺&野菜を完食。チビチビとつけ汁を飲みつつタマネギとニンニクを拾い、適当な所でつけ汁を残し、丼上げ。
軽めな食後感の中、やはり蓮爾にはもっと重い余韻が必要なのではないか等と無駄に考えつつ、退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ドロドロ超濃厚つけめん大盛+生卵+ライス+マヨネーズ」@つけめん あびすけ 元住吉店の写真1/30夜訪問。
麺大盛とライスは無料サービス。マヨネーズは現金10円にてボトルで提供。
まずはマヨネーズボトルや生卵が配布。そしてつけダレ丼がIHヒーター上に配膳されたので強火で熱しつつ、沸騰後にとろ火に落としてるうちに、麺丼とライスが着座。
タレ丼をIHから降ろし、食べ始める。
つけダレは動物ベースに魚介をしっかり加えた印象。塩気はそれほどでもない。旨味は現代のつけダレの標準的レベル。ドロドロや超濃厚な感じは受けない。
麺はうどん的多加水な角張り麺で、つるつるいける。いつもながら、コシを結構感じる。茹で具合は丸亀製麺のうどんを少し柔くした感じ。つけダレの持ち上げは今回はまあまあであった。
チャーシューは甘辛カエシ味で非常に柔らかい。すぐにほぐれる。
少量のメンマも柔らかめで、筋の無い甘辛煮である。つけダレより濃い味でアクセント的な役割も果たす。
後半、マヨネーズをしっかりめに投入。マヨネーズ風味はそれほど表に出て来ず、単につけダレを滑らか且つ薄めにしてしまっただけかもしれない。
終盤、タレ丼に麺を少量残したまま、生卵とライスも全量をタレ丼に投下。更に卓上コショウを多めに入れ、IHヒーターで再加熱し、雑炊作製。卵はほぼ固まりつつ滋味を醸し出しているが、つけダレの旨味&塩気はライス全体を満足な雑炊にするにはいささか役不足であり、平坦な味に仕上がっていた。卓上の唐辛子を投入するも大勢に影響はそれほど見られず、なんだかんだで完食完飲&退店。
尚、店内の掲示によると、店は今年2月29日に一旦閉店後、3月上旬につけ麺類をメニューから外した形で再オープンするとのこと。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「つけ麺かつお(770円)」@山勝角ふじ無双 南流山店の写真1/12昼時に訪問。
買券&提出後、しばらくして配膳。
麺は太麺ではあるが、角ふじで連想される様なうどん麺ではなく、ラーメン大をおしとやかにした感じの麺であった。角張りな整形で、表面はつるつるである。茹で具合はミドル。麺量は多くない。
つけダレは強めの甘じょっぱである。更にカツオの塩気を伴った強い風味に、背脂の甘味&厚味が続く。旨味もしっかりめである。
割とおとなしめのチャーシューは薄いが大判であり、温度高めのタレに浸しつつ食べた。熱によってトロトロな食感となった肉は食べ易く、紳士な印象。
途中で卓上おろしニンニク+豆板醤+ブラックペッパー+ラー油を投入。食を更に進めるような効果をそれぞれが発揮したが、中でも豆板醤は自身とタレのそれぞれの強さを相乗させ、なかなかの効果であった。
そんなこんなで固形物完食。
スープ割にはネギとゆずを入れてもらう。甘露煮ネギスープ的な印象も受けるが、ゆずの爽やかさも確実に効いていた。更に卓上豆板醤+ブラックペッパー+酢で辛味と酸味を加えつつ、完飲&冷水で〆&退店。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「味玉濃厚ニボつけ麺(850円)」@煮干しそば 虎空の写真1/11/14時頃訪問。つけ麺は14時以降の提供である。
店外数名の行列。
やがて店内進入し、買券&提出。ニンニクの有無を訊かれたので、入れてもらうようお願いする。
しばらくして配膳。
早速、麺をつけダレに十分に浸して食べ始める。
タレは煮干しが全面的である。荒々しい感じではなく細かい煮干粉という風情ではあるが、どちらにしろガッツリな煮干全面展開である。濃厚なつけダレ自体が、具材的な役割を果たしている感もある。動物性油脂の甘さもそこそこ強く、煮干の強さと相まって、かなり後を引く味に仕上がっていた。塩気はそれほど目立たない。ニンニクは煮干に負け気味ではあるが、後味ではしっかりと存在を主張。
麺はつるつる表面の太麺で、固ゆででは無いがかなりな強弾力のハードグミ食感である。非常に噛み応えがある麺は、タレの強さに合わせるには妥当な食感かもしれない。麺量は多くないが、強力な噛み応えによって物足りなさは全く感じない。
チャーシューはタレ丼内に数辺埋没。風味は完全に煮干と同化しているが、良く煮込まれた牛ブロック肉にも似たソフト繊維質食感が存在感を主張していた。
味玉は半熟トロ食感。タレに浸して食べたので、これまた風味は完全に煮干しであった。
途中で卓上のおろしニンニク+ミル挽きブラックペッパーを投入。しかしタレの強さ故か、印象はほとんど変わらず。
終盤、つけダレがヘタることで、煮干しに隠れていた他の風味が見え隠れしつつも、基本的なラインは変わらず完食。
スープ割を頼む。一人分だけ温めたスープで割ってくれるという丁寧な仕様で、癒し的な〆を演出しつつも、意外につけダレの強さやキャラは失っておらず、ある程度の強い余韻を残したまま完飲。
丁寧な作業に終始した調理であり、好みに関わらず認めざるを得ない料理なのかもしれない、などと感じつつ退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件