なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

bkog-764

男性 - 東京都 (1973年生まれ)

何を食べてもそれほど不味いと感じたことがないバカ舌なのであります。評価は旨味と満足感重視でありますが、食前の期待度と実食とのギャップや、実食時点での自分の心身状態によっても加算減算がなされる模様であります。尚、レビューは鮮度も命と考えておりますので、実食より出来るだけ時間を置かずアップしたいと思っております。

平均点 80.486点
最終レビュー日 2017年1月25日
276 211 4 134
レビュー 店舗 スキ いいね

「ふじ麺 (730円, 味濃いめ&にんにく多め)」@山勝角ふじ 京成大久保店の写真11/11夕刻に初訪問。
17時半頃に来店したところ休憩中との札がドアにかかっており、時間帯は不明ではあるものの中休みな模様。改めて18時10分頃に再訪問し、営業中の店内に進入&店内買券。何となく角ふじよりもラーメン大に居そうな雰囲気のワンオペ若者店員殿に食券を提出し、すぐさま好みを訊かれたので、味濃いめ&にんにく多めを申告。
麺茹で機で丼を温めたり、背脂を寸胴からは別の鍋から取り分けたりしている細やかさを観察している内に、割とサクサク気味に配膳。
スープは豚出汁と思われる旨味を磐石なベースとして、魚由来と思われる仄かな香り&旨味&塩気がブレンドされており、完全な二郎系とは良い意味で差異を感じさせる。更に豚出汁+背脂による甘旨味が、塩気が立ちながらも火を通したような角の落とされ方をした醤油と相乗し、総じてかなり絶妙に後を引く味構成を形成。塩気と旨味は双方独立してではなくミックスされたような利き具合な故か、塩気も旨味もなかなか強い割に尖りやヒステリーはそれほどでもなく、それでいて相当な食促進力を駆動。背脂は大量に混入しているものの、きつい油脂感は皆無なまま旨味と味強度をかなりブースト。二郎系アブラトッピングによくあるグズベチャではなく、緩いゼリーor寒天系な比較的しっかりした食感に加えて、上品ささえ感じさせる高品質油脂コクを醸していることもあり、背脂自体をバクバク食べてしまえる程の油脂魅力を備える。
麺は縮れや捻りを備えた目測断面積1x2.5mmの平打ちで、柏や新松戸や南流山の角ふじよりもピロピロな印象。表面は僅かにパキ食感な気もするが、内部は乾き気味なソフトキャラメルな食感で、硬さは感じない。小麦由来と思われる麺コクはなかなか強く、スープの旨味&醤油感&背脂と絡むことで、グイグイ来る甘辛旨滋味が一口毎に満足気に提供される。並200gの麺量は決して多くは無いものの、充実した食味によって不足は感じない。
100%もやしな野菜はホクホク手前のシャキ食感で、ネガティブな香味を全く感じさせず無味無臭な中にもやしのポジティブな香味を漂わせているので、そのまま何も付けなくても味わえるが、にんにくや麺と絡めた場合、もやし滋味&食感ににんにく香味&麺食感が相乗し、幅広く良好な感触を醸す。
刻みにんにくは角ふじ常套の醤油漬け的処理が施されており、二郎標準の生刻みほど鋭角で激しくはないものの、アリル刺激は相応に備えているので、丼内のフックに順当に貢献。
チャーシューは目測平均での厚さ8mm程度が1枚。目測35%の脂身は至極柔らかくトロ系だが、肉身は柔らかい中にも東池袋大勝軒系ロースチャーシューを思わせる硬めな歯応えと、分解まで1桁台回数の咀嚼が必要な噛み応えを備える。チャーシューの味付け由来かスープ由来かは不明な醤油系の旨味&塩分が肉の旨味と相乗し、なかなか堪能に値する滋味を形成。
概ね固形物を完食し、背脂&スープを摂取し続けていたが、当方の最近のメタボ&不健康な身体事情を鑑みて、スープを4割程残し、丼上げ。
豚魚+醤油塩分+油脂+諸々甘旨味による余韻が依然として強く響く中、退店。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺硬め&味濃いめ&油多め) + 煮玉子」@横浜ラーメン 増田家 西船橋店の写真7/24夕刻に初訪問。
夏な中にも涼しげな風が通る西船橋を飲酒酩酊しつつ散策してる内に、忽然と現れた当店に進入。
口頭にて注文。割と早めに配膳。
スープは塩気を立たせつつ、ストレート気味且つ素直に醤油が効いている。旨味はワイルドではなくマイルドなクリア豚骨出汁で、塩気をスマート且つ不足無く支える。油分は表面に目測5mmほどの層を形成しており、口の周りが油まみれになるほど多量だが、重度の動物脂ではなく植物的にさえ感じるサラサラ液体油分のそれほど強くない油脂圧は、醤油や旨味をぼやけさせることなくスープに順当に厚みを付加。総じて、支那そばスープを家系寄りにチューニングしたあっさり具合も感じさせる様相。
麺は目測1.5x2mm。高弾力で多加水的なプリンプリン食感と、したたかな腰を装備。麺長は短い。麺量は一般的な支那そば程度で、あまり多くない。
煮玉子は完全な固ゆで。醤油による旨味と塩気が効いており、輪郭のはっきりしたスープの中でも味を立たせていた。
チャーシューは目測1.5mmほどの薄さ。脂身主体で、なかなかしたたかな、噛み切れそうで噛み切れないゴム食感。味付けや肉の旨味は薄め。
キクラゲは柔めなコリ具合で麺食にアクセントをもたらし、麺と共に食べる海苔は吸ったスープが更に強く麺に味付けを施して良好。
後半、卓上のおろしニンニク+豆板醤+特製みそ+ブラックペッパーを投入。ニンニクが常套的に味を強めつつ、豆板醤が辛味よりも塩気を強化し、みそはコクを添加しながら、ブラックペッパーは香味のトップを華やかに飾る。
固形物完食後、スープに卓上の酢を投入。酸味が投入済の豆板醤の辛味と相乗し、酸辣的雰囲気を醸し出す中、完飲。
飲酒後の〆としての良好な結果に満足しつつ、会計&退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「メガ豚野郎ラーメン(1080円)」@野郎ラーメン 海浜幕張店の写真6/11夜に初訪問。
ロッテファンでごった返すプレナ館内は混み気味で、当店も数名の店外行列。
表題と共に無料の背脂マシ&化調マシの食券を購入、食券提出時に更にニンニクあり&カエシ多めを口頭にて申告。無料トッピングは合計で、背脂マシ+化調マシ+ニンニクあり+カエシ多めである。
店内進入&着席の後、5分ほどで配膳。
スープの塩気は高めだが鋭く屹立する感じではなく、じんわりな効き。カエシの中心となる醤油は、割と素直であっさりながら多少のベタつきも伴っており、尖りの無い甘味も付随。旨味は無機質な謎の底上げが化調を感じさせつつ、豚出汁もそこそこ感じるものの、全体として特筆するほど強い旨味ではない。背脂も含めて油脂分は多めなはずだが、どこか軽やかで、後を引かない。二郎平均のスープを何枚かオブラートに包んで、一般向けに製品化したような印象の味構成である。
麺はステレオタイプな博多麺にゆるい縮れを施しつつ、目測直径2.5mmまで太くしたような印象。円形断面で、分かりやすい低加水仕様。少し伸ばすとぷっつり切れる腰。僅かに硬めな茹で上がりで、噛むと外面にやや抵抗を感じる。麺量は多くない。
豚はサイコロ数個と大判バラ肉数枚の二種類。
コロチャーの味付けは薄めで、噛む毎に肉の旨味がそこそこ放出。硬い食感で、牛肉と鴨肉の中間的噛み具合にも感じる。
大判バラ肉の味付けもやはり薄めで、肉の旨味はまあまあ存在。元来の肉質なのか、それとも火の通り具合なのか、はたまた私の顎力不足なのか、ひょっとして仕様通りなのかは不明であるが、非常に硬い。岩のような硬さというよりも、本場のアメリカンステーキを更に極端に硬質ゴム化したような咀嚼困難具合で、肉に齧り付いて一口大に噛み切るのさえ非常に難しい。特に脂身の咀嚼困難具合は凄まじく、半分以上の大判バラ豚を残した。
ヤサイは増してないので多くない。モヤシやニラ等で構成。炒めてあるので香ばしい点は好ましいが、炒めたことによる野菜表面の油分がスープを弾いてしまう点は惜しい。
味玉はレア気味な固茹で。味付けは薄めで、平均既製品な香味。
メンマはコリコリな一般的食感。酸味中心な味付けが独特。
やがて大判バラ豚以外の固形物を完食しながらスープは大半を残し、コップの冷水を心地好く飲み干しつつ、大量発汗にて退店。
まずまず満足した秋葉原店や神田本店に比べ、今回の料理はあまりにも落差が大きいことを鑑みつつ、プレナを退館。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごま味噌チーズら~めん(1000円)」@ら〜めんタンクの写真6/11昼に訪問。
混み気味な店内に進入し、口頭注文。
チーズを使った様々なメニューの貼り紙を20分ほど眺めているうちに、配膳。
スープは醤油を何となく感じるような気もするが、圧倒的な味噌感。赤味噌をかなり濃いめに動物性の出汁&油で溶いた印象で、塩分濃度は相当に高い。旨味は確かに存在するものの、塩気にかなり押され気味。出汁由来よりも、味噌の発酵大豆由来の旨味を多分に感じる。滑らかながらも全くのサラサラではなく、少々粘度がある液体模様。丼内撹拌前はチーズや表面のラー油もそれなりに主張していたが、丼内撹拌後は完全に赤味噌一色に支配され、塩気と少々の旨味以外の味覚はほぼ駆逐。好みを超えた味噌&塩気の攻撃性。ゴマはクリスピーな食感で丼内に貢献するものの、やはり撹拌後は味噌勢力により、存在感が大幅に低下。
麺は角断面で、目測直径1.5mm。バサバサな食感&硬めなしなり&透明感のあるルックスが独自性を醸し、何か麺状の代替品を食べているような錯覚さえ起こさせる独創的な仕上がり。麺肌は僅かに荒れる。店内掲示の雑誌切り抜きによるとパン粉が練り込んであるとのことだが、言われてみれば、パン粉に熱を加えた際に醸し出される特徴のあるザックリ歯触りを確かに感じる気もする。スープが非常に強力なので、麺は味噌味に否応無く染まる。好みを超えた独特麺である。
チャーシューは目測厚さ5mm未満の薄めなスライスだが、ミッチリな硬い歯応えに加えて、甘味の無いドライで高塩分な味付けにより、強靭な味噌スープの中でも埋もれずに自己を主張。このまま保存食として使えそうなショッパ度は、昭和中期の日本の塩鮭を想起させる。
メンマはコリッと標準的な食感。味付けはチャーシューに準じたキツさで、高塩分&ドライな醤油感に満ちる。強力な味噌スープの中でも埋もれることは無い。
キャベツやモヤシ等の野菜類は食感を留めるものの、もれなく高塩分味噌に染まり、箸休め&オアシスとしての機能は損失。
やがて固形物を完食し、スープは殆どを残し食事終了。
女将殿の場内アナウンスの様な端正なトークとは裏腹な、ハードコア精神溢れる味噌スープの余韻に打ちひしがれ、会計&退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「(肉)ラーメン」@(肉)並商の写真4/30夕方に初訪問。
店内にて買券後、提出。
しばらくして配膳。
スープは超高粘度なペースト状。麺に絡みまくりで、もはや汁なしな様相。液状ではなく具材も全く沈まないので、丼内を十分に撹拌し、まぜそばの様にして食べる。豚骨濃度と旨味は、粘度に違わず高い。そして塩気は、旨味を上手く演出するように過不足無くしっかり効く。
麺は細くストレートで伸びの無い腰を持ち、プツッとした食感。低加水で粉の風味を僅かに感じる。短い茹で時間の通り、麺は硬め。麺量は少なめ。
炙りチャーシューは非常に柔らかく、ほとんど噛まずに食べることが可能。味付けは塩気弱めで、ほぼスープの味に染まる。肉の旨味は抜けていない。
大粒で多めの肉そぼろは、ラー油や山椒的な香辛料に塗れ、甘辛で強い味付け。肉自体もジューシーで旨味がある。抵抗的弾力と柔らかさを併せ持つ肉の食感と、香辛料+肉旨味な味わいは、スープに混ぜ込んでも一際目立つ。そぼろの香辛料がスープに溶け出し、スープの味を強める点も好ましい。
みじん切りのネギは、最初こそシャリシャリな薬味香味でさっぱりした効果を発揮していたが、食べ進むうちにすっかりスープ中に存在は消える。
海苔はスープに全く沈まないので、よく混ぜて麺と共に食べる。フニャりながらも海苔香味はスープに負けずになかなか強く持続し、麺やスープと食感や風味の点で良好なマッチングを見せる。ちなみにほうれん草もスープに負けずに、清涼な箸休めとして丼内撹拌後も存在を主張。
後半、卓上のニンニク+ホワイトペッパー+カレーパウダーを投入。ニンニクとホワイトペッパーはあまり効かない。カレーパウダーは少々のスパイシーさと、なかなかの甘さを提供。この甘さはカレーパウダーの配合具合に加えて、スープの油脂分の甘旨部分がカレーパウダーによって更に引き出された事によって生じたものとも思われるが、投入前のスープの方がドライで好みである。
そんなこんなで、固形物をあらかた完食。
残りのスープもレンゲで掬い取り、完食完飲。
このスープにライスは絶対に合うと思いつつ、退店。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ザーザーメン(550円)」@ラーメン太陽の写真4/30昼に初訪問。
口頭注文後、お通し的にモヤシ和えの小皿が配膳。
その後、10分少々で麺丼が到着。
最初はスープは液体として全く存在しておらず、餡かけ汁なし的な様相だったので、麺と餡かけを混ぜつつ食べ始める。
餡かけはポッテリとしており、麺と絡めている際に丼底が見える程の高粘度。非常に高温だが、火傷しまくるほどではない。火の通り過ぎていないニラとモヤシが多めに混入しており、ニラは独特の香味で、モヤシはシャキを残した食感で料理にバラエティをもたらす。
餡かけ上に乗せられた白髪ネギは丼全体を撹拌する際に混ぜ込まれ、潤いのある生のシャキ食感と薬味的な香味が、リフレッシュ気味のアクセントを醸す。
食べている内に餡かけと分離して液体となったスープは、しっかり気味の醤油ベース。油分は少なめで、キッチリ効いている塩分と旨味が好ましい。予め投入されている唐辛子やブラックペッパーにより、スパイシーなフックもきちんと効く。餡かけのニラ風味が溶け出してガッツリな香味が付加されており、同時に旨味と強度が補強されている点も大変好ましい。
麺は中細縮れ。茹で具合はミドル。伸びのある腰と、蒸した様なフカフカな食感。餡かけとは偏り無く混ざり、スープの味を不足無く口中へ搬送。麺量は少なくない。
合間に小皿のモヤシ和えをつまむ。モヤシはニラと共に油や唐辛子と和えてある冷製で、控えめだがアクセントとして十分なピリ辛+甘味に補強された旨味+僅かな酸味の仕様。さっぱり風味ながら、旨味が強く後を引く。辛味よりも甘味の方が印象深い。モヤシもニラも、シャキシャキより僅かにソフトな状態。この小皿と麺丼を交互に食べると、小皿の冷たくさっぱりな甘旨が、麺丼の熱くスパイシーな旨醤油と相乗効果を発揮し、非常に心地好い。
やがて、全ての料理を完食完飲。
餡かけによるボリュームアップもあって、なかなか満腹にて会計&退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「ラーメン中盛(750円)」@大勝軒てつの写真2/25夕方に初訪問。
中盛は無料なのでお願いし、チャーシューはグリルロースを選択。
数分後、順当に配膳。
スープは動物ベースのしっかりめな旨味と油脂分に、くっきりとした魚介の香味と旨味が乗る。完全なシャバではなく少々のトロミが感じられる。魚粉も結構入ってそうな様子。塩分濃度は高め。東池袋系大勝軒のスープのコントラストを総じて高めたような印象で、分かり易い味の構成が好ましい。
麺は面取りした角を持つ、目測で直径約2mmの太麺。小麦密度は高め。伝統的東池袋系よりも硬めな茹で具合によって、鞭のようなしなやかさとバネを装備。スープのはっきりした味の組立てと相まって、料理を高コントラスト方面へ導く。麺量は中盛でもさほど多くない。
グリルチャーシューは硬めな噛み心地の第一印象だが、食べていくにつれて、中心部はふくよかで柔らかいことが判明。味付けは淡白だが、肉の滋味がメリハリの効いたスープと相乗することで、不足の無い風味に仕上がっていた。
メンマは胡麻油が強めに香り、甘さも控えめで、ドライな箸休め感。ジューシーなタイプではないが柔らかくサクサクとした食感が、フックのある小品として主張。
ネギは多めに入っている。白ネギと小ネギが混在しており、幅の広い薬味感を醸す。食感&香味は鮮烈で、強めなスープに清涼なブレイクを挿入していた。
そして海苔も、スープや具材に負けない風味を提供。割としっかりした生地の海苔であり、麺と共に食べて磐石の磯風味の相乗を発揮。
そんなこんなで、完食完飲。
東池袋大勝軒の緩く曖昧な部分を、現代的なコントラストで再構成したような分かり易い余韻を感じつつ、退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 普通盛2玉 (850円) + ゆで玉子 (100円)」@必勝軒の写真1/28昼に訪問。木曜なので濃厚魚介スープである。
店外行列約13名に並ぶ。空席があっても安易に客を座らせず、店員の指導によって入店する半入替制なので、行列は長くなりがちである。
着席&口頭注文の後、数分後に配膳。ちなみに並び始めてから配膳までは約30分かかった。
つけダレはエグミやクセ等はほぼ無く、確かに魚介強調な風味。塩気もそこそこ効いており、旨味と相乗効果を発揮して好ましい。油分も存在するが、旨味や塩気を妨げるほどではない。東池袋系大勝軒の中でも、古株な店舗のつけ汁に平均して見られるような油脂量かもしれない。
麺は多加水的つるつるな縮れ中太麺でやや柔めな仕様。つけ汁との絡みは中程度だが、それでも十分にスープの味は口中へ伝達された。
チャーシューは冷たいのでつけ汁内に放置後食べた。肉薄ではあるもののサシも入っており、口溶けは素早い。肉の結構な高塩分と動物的高旨味が、つけ汁の旨味&塩気と合わさることで醸される重奏的な風味は、非常に好ましい。
ゆで玉子はデフォルトで半個付いてるが、有料トッピングでも1個頼んだ。計1.5個の固ゆで玉子である。つけ汁に十分に浸しつつ、レンゲでつけ汁と共に食べる。玉子にスープの旨味と塩気が合わさって旨い。つけ汁の優秀さを改めて感じる。
ナルトはやや厚切りであり、モチモチ感と細かすぎないキメとナルト自体の旨味がつけダレと相乗し、軽すぎない箸休めとして好ましく機能していた。
完食後、つけ汁丼をカウンターに上げ、割スープを貰う。スープが入ることにより動物的な油脂感と旨味で伸ばされたつけ汁は、強い旨味の余韻を放射。そして、つけ汁に最初から僅かに入っていた一味唐辛子が、スープ割の余韻の最後に辛味と苦味を加えるのを感じながら、完食完飲。
会計を忘れそうになりつつ、退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけ麺かつお(770円)」@山勝角ふじ無双 南流山店の写真1/12昼時に訪問。
買券&提出後、しばらくして配膳。
麺は太麺ではあるが、角ふじで連想される様なうどん麺ではなく、ラーメン大をおしとやかにした感じの麺であった。角張りな整形で、表面はつるつるである。茹で具合はミドル。麺量は多くない。
つけダレは強めの甘じょっぱである。更にカツオの塩気を伴った強い風味に、背脂の甘味&厚味が続く。旨味もしっかりめである。
割とおとなしめのチャーシューは薄いが大判であり、温度高めのタレに浸しつつ食べた。熱によってトロトロな食感となった肉は食べ易く、紳士な印象。
途中で卓上おろしニンニク+豆板醤+ブラックペッパー+ラー油を投入。食を更に進めるような効果をそれぞれが発揮したが、中でも豆板醤は自身とタレのそれぞれの強さを相乗させ、なかなかの効果であった。
そんなこんなで固形物完食。
スープ割にはネギとゆずを入れてもらう。甘露煮ネギスープ的な印象も受けるが、ゆずの爽やかさも確実に効いていた。更に卓上豆板醤+ブラックペッパー+酢で辛味と酸味を加えつつ、完飲&冷水で〆&退店。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し中華そば 並盛 (780円)」@重厚煮干中華そば 大ふく屋 海浜幕張店の写真1/6夕刻に訪問。
食券をキュートな女性店員に提出後、しばらくして配膳。
スープは流石に魚な第一印象である。煮干し風味はハッキリしているが、豚骨ベースに魚粉を大量投入した感じもする。甘さ主体の旨味を湛える油脂分は、スープの魚成分を丸めつつ厚味を増していた。パッケージ製品的な既製品風味をかなり感じるが、食を進める上では問題無い。
丸断面の中太麺はつるつる且つしなやかで、スープの持ち上げは良好。茹で具合はミドル。
チャーシューは厚さ約2mm。肉&脂共に少し硬さはあるものの、咀嚼によって特に脂身に旨味を感じた。
麺と共に食べる海苔は、家系を思い起こさせるような磯滋味を発揮。
後半、油脂分の甘さに飽きを感じていたので、卓上のパンチ汁+ブラックペッパー+酢を投入。ブラックペッパーはそれほど効果は無かったが、レンゲ1/3ほど入れたパンチ汁は甘く浮つき気味なスープを引き締め、酢によって更にエキゾチックな風味が添加。
そんなこんなで固形物完食。
スープは大半を残し、退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件