なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ジン1971

男性 - 千葉県

健康に気を使っとるもんやから、ラーメンはたまにしか食べんけど、結構好きなんですわ♡2007.8.14 採点開始【所属】つくし野ラーメン隊 69号ペロリーナ最近RDBを閲覧する時間がないためコメント・コメント返しが遅れとります。放置プレイでもいいんだよ~~~【食べ歩きスタイル】♡ ♡ ♡ Talk dirty to me!

平均点 72.913点
最終レビュー日 2018年10月9日
2,723 1,796 0 14,441
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩チャーシューメン(硬め濃いめ多め)1000円」@武松家 駅前大通り店の写真2018.9.24  AM 2:00  店内客入り5割程  後続チョロチョロ


飲みの合間に武松
券売機で食券を購入し、案内された席に座る
スタッフは店主と助手の2人体制、この時間にしては客が入っているため、深夜特有のまったり感は無く、割と忙しそう
卓上調味料は酢・胡椒・ゴマ・ニンニク・豆板醤が置かれており、家系にしてはシンプル。


5分ほどでラーメン登場!
スープはかすかにトロ気なジュニアライトドロンジョ家系仕送り豚骨スープ。
豚骨の旨味が強く、鶏油はサラッとしてクセが少ない万人向けタイプ。
予想以上に豚骨が濃ゆいね
塩分濃度は若干高めで良好、塩の尖りが無く、かなり丸みのあるスープですわ

麺は中太ストレート麺、茹で具合は注文通り硬め
加水率若干低め、家系仕様のショートタイプよりやや長めな感じツルモゾモチな食感、でスープとの相性は良いが、硬め指定は避けるべきかも
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー5枚、ウズラの玉子、海苔3枚、ホウレンソウ、ネギの構成。
チャーシューはバラロールタイブ、なかなか厚みがあり、適度な歯応えと獣感のバランスが絶妙
ズラエッグはあった方がうれしい感じ
海苔はローリングメンで消費
レンソウはチャーシューの下に隠れており、後半に気がついた

半分ほど食べ進め、胡椒・ニンニクを投入し、塩豚骨的チェンジ・オブ・ペースを施し完食。

深夜にこのレベルの家系が食べられるのは嬉しい

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚焼きあご醤油(850円)」@麺匠 いし井の写真2018.9.28  PM 8:50  店内先客1人  後続ナシ

飲みの前にアゴりたくなったんでコチラ
呼び込みが2人もおるやんw

券売機で食券を購入しようとしたら、呼び込みの兄ちゃんが現れ・・・
呼び込み:「初めてですか?」
拙者:「初めてやで」
呼び込み:「だったら焼きあご醤油とお茶漬けがオススメです」
拙者:「濃厚はアカンの?お茶漬けも気分やないんよ」
呼び込み:「でしたら濃厚でどうぞ」

・・・ちょっと面倒やね
そもそも呼び込みしとる時点でイメージダウンやと思う訳だが・・・
スタッフは厨房2人と呼び込み2人の計4人体制、客より定員の方が多いやん
卓上調味料は酢・ラー油・胡椒が置かれとった。

5分ほどでラーメン登場!
スープはトロミのあるミドルドロンジョ系あご豚骨スープ。
トロミは澱粉由来と思われ、ライトな動物系白湯スープにトロミを加えた感じで、濃厚というフレーズはあごにも動物系にも当てはまらんな
あご出汁自体は悪くないんで、ちょっともったいない
塩分濃度はやや高め、動物系の貧弱さを塩気でごまかしとる印象

麺は中細ストレート麺、茹で具合はしっかりめで良好
加水率高め、ツルシコモチな食感、スープとの相性はまずまず
麺量は140g前後と思われる。

具はチャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、三つ葉、柚子の構成。
チャーシューはバラタイプ、適度な獣感があり、まずまず
オメンマはシナシナな食感、あまり存在感ナッシング
刻みタマネギは荒めに刻んでおり、辛めのため、動物系が濃厚なスープには合うが、このスープには・・・
三つ葉はスープと良く合っており◯
柚子の風味は特にいらんかな?

普通に旨いけど、個人的にはなにも響いてこなかった。

濃厚=粘度 は違うよ
親切=おせっかい も然り

新店(+1点)

で表記の採点

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「くろとんこつ+もちもち餃子3ヶ(770円+240円)」@北の麺房 いちどうの写真2015.8.19   PM 6:20   店内客入り2割程  後続ナシ

仕事帰りにいちどぅ
カウンター席に座り、表記メニューを注文
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒・唐辛子・ニンニクが置かれとった。

5分程でラーメン登場!
スープはほとんど粘度の無いシャバ系豚骨醤油スープ。
豚骨は主張の少ないライトでマイルディなタイプ。
醤油ダレはクセになる旨さで、コクと甘味を兼ね備えたたまり醤油ライクなテイスト
塩分濃度は若干高めで良好。

麺は中細ストレート麺、茹で具合はしっかりめで良好。
多加水熟成系のツルプリモチな食感、スープとの相性もまずまず。
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー、味玉、海苔、メンマ、ネギの構成。
ほとんど記憶に無いが普通に旨かったような・・・?

常習性のある醤油ダレやった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「グリーンカレーラーメン(850円)」@タワン・タイの写真2015.8.17  PM12:10  店内先客ナシ  後続3人


仕事の移動中にタイ
4人掛けテーブル席に案内され、表記メニューを注文
麺はセンミーorセンレックorセンヤイorバーミーから選択可能との事たが、意味不明のため、店員オススメのセンレックでプリ~ズ
モニターにはタイのハードロックっぽいのが流れとるが、酷いモンやな~w
卓上調味料は塩・酢・唐辛子・ナンプラーが置かれとった。


10分程でラーメン登場!
スープは微かにトロ気なジュニアライトドロンジョ系タイカレースープ。
ココナッツミルクとナンプラーが奏でるハーモニ~やね
正統派のグリーンカレーですわ
ナンプラーの量でカレーライスとの差別化を図ってるんかな?
辛さは控えめの万人向けタイプ

麺は中細平打ちストレート麺、茹で具合はしっかりめで良好
加水率若干高め、ツルムニュな食感、やたらカレーとの相性が良いと思ったら、米粉の麺やった。
麺量は150g前後と思われる。

具はチキン、モヤシ、ピーマン等
グリーンカレーの具にモヤツを追加した感じかしら?

本格的なグリーンカレーやった
この手のモノを食らうと、いなばのチキンとグリーンカレーの缶詰のクオリティの高さに感心してしまうワタクシ

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「百年味噌ラーメン+餃子セット」@マルキン本舗 幸手店の写真2015.8.11  PM12:20 店内ほぼ満席 後続多数


スープは味噌主体のスタンダードな濃厚味噌スープ。
麺は多加水系の中太ちぢれ麺、味噌スープとの相性は○
具はチャーシュー、モヤシ、ネギで特筆無し。

普通に旨い味噌ラーメンやけど、客入りの良さで過度な期待はしない方が良いと思いますわ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー拉麺DX(中盛同一料金)980円」@旨辛ラーメン表裏 高田馬場店の写真2016.10.1  PM12:15   店内客入り8割程  後続チョロチョロ



でっけぇ唐揚げが食いたくなったんでコチラ
券売機で食券を購入し、カウンター席に座る
食券を回収にきた店員に中盛を告げ、食券をパス
スタッフは2人体制、全く覇気が感じられず、厨房からは負のオーラが漂っとるね



5分程でラーメン登場! …唐揚げがショボい
スープは少しトロミのあるライトドロンジョ系カレースープ
カップヌードルのカレー味をスパイシーにした感じで、馴染みのある味わいたが、チープ感は否めんな~
スープ温度が低めはNGですわ
辛さは中辛レベル、スパイスの重なりは感じられるが、深みは皆無

麺は中太ストレートタイプ、 茹で具合は硬め
加水率やや低め、完全に茹で時間を間違えた感じでモゾモゾとした食感、スープ温度が低いため、最後まで不快な食感がコンティニュ~
麺量は中盛240gとの事だが、200g前後な印象

具は唐揚げ、モヤシ、キャベツ、ニラ、ネギの構成。
お目当ての唐揚げは、以前の2/3程度までコンパクト化しており、DX感に乏しい
野菜もかなり少なめ

1/3程食べ進め、唐辛子・青のりを投入し、辛磯的チェンジ・オブ・ペースを施し完食

負の連鎖が漂い始めた気がするな~

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中盛ラーメン+ほうれん草多め(800円+50円)」@洞くつ家の写真2018.9.1  PM 5:20  店内客入り5割程  後続チョロチョロ


麺屋 えん寺が混んでたんでコチラ
券売機で食券を購入し、一塁側ショートカウンターに着席
麺硬め、味濃いめ、油多めでプリ~ズ
六角家の系列なんやね
スタッフは厨房3人、接客1人の計4人体制、客入りや店の規模を考慮すると、4人は贅沢に思えるが、まあ、余計なお世話じゃ
卓上調味料は醤油ダレ・酢・胡椒・唐辛子・生唐辛子・ニンニク・生姜・ゴマが置かれとった。


5分程でラーメン登場!・・・なんかビジュアルが貧相やね
スープはほとんど粘度のないシャバ家系豚骨醤油スープ。
鶏と豚骨のバランスが絶妙な「これぞ家系」といった内容。
鶏油はサラッとしているが、コクと風味が豊かで、油多めにして正解
塩分濃度はやや高め、塩の尖りは無く割とまろやかな口当たり

麺は中太ちぢれ麺、茹で具合はやや硬めで良好。
家系特有のショートレンジタイプで、加水率若干低め、ツルモゾモチな食感、スープとの相性も良く旨し
麺量は中盛で220g前後と思われる。

具はチャーシュー、海苔、ホウレンソウの構成。
チャーシューはモモ肉かな?見た目よりしっとりしており、それなりに旨いが小さめ
海苔はローリングメンで消費
レン草とスープの相性は言うまでもないね

半分程食べ進め、生唐辛子・ニンニクを投入し、洞窟的チェンジ・オブ・ペースを施す。
豚骨との相乗効果により、鶏が影を潜める感覚、生唐辛子も塩分高めな豆板醤よりも効果的やと思いますわ

インスタ向きではないものの、味は確かやね

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(醤油)750円」@中華そば まゑだの写真2018.8.24 AM11:30  店内客入り8割程  後続チョロチョロ


近場に新店がオープンしたんで
券売機で食券を購入し、3塁側ロングカウンターに座る
券売機には限定やつけ麺のボタンも準備されとるが、今のところ中華そば(醤油・塩)のみの提供となっとるみたいね
スタッフは若めの店主一人で切り盛りしており、接客はそれなりな感じ
店構えは今風だが、客層は年配客のみで、「麺ゆるめ」という聞きなれない注文が多い模様
猪太から花が送られとったが、修行先なんかな?
卓上調味料は胡椒・唐辛子が置かれとった。

5分程でラーメン登場!
スープはほとんど年度の無いシャバ系煮干醤油スープ。
煮干はそれなりに濃厚だが、今時のガツンとくるタイプではなく、どちらかと言えば万人受けしそうなバランス型の煮干スープやね
動物系もコクとして機能しとりますわ
塩分濃度は若干高めで良好、適度な丸みがあり、優しい口当たり

麺は細ストレート麺、由で具合はやや硬めで良好。
加水率低め、ツルシコパツンな食感、全粒粉が練り込まれた秀逸な麺でスープとの相性も良く旨し
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー(鶏・豚)、海苔、三つ葉、刻みタマネギ、刻み紫タマネギの構成。
チャーシューは鶏・豚とも低温調理タイプ、薄味で鶏より豚の方が秀逸な仕上がり
オメンマはシナコリな食感、細身で薄味のため、存在感に欠ける
三つ葉や紫タマネギは彩り鮮やかで◯

器が細身で深めのスタイリッシュ且つスープが小量で済むタイプの優れものなんで、個人的にスープ量にやや不満が残るが、ラーメン自体は素直に旨いと思える。

年配客からタマネギよりネギの方が良いとか、麺が硬いとか個人的にはあまり耳を傾けてほくしない意見が飛び交っていたが、この辺りで末永くやっていくつもりならラヲタの書き込みより、年配客のクチコミを重視すべきかもね

新店(+1点) 、 期待値(+1点)で表記の採点

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(900円)」@こんどう食堂の写真2018.5.2   PM5:05  店内先客ナシ 後続ナシ


春月食堂で https://ramendb.supleks.jp/review/1168097.html を食らった後、せっかくなんでコチラ
4人掛けテーブル席に座り、表記メニューを注文
スタッフはかなりの老夫婦で切り盛りしており、おじいちゃんは何もせず客席でボォ~ッとしており、おばあちゃんがラーメンを作っとるね
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒が置かれとった。


15分程でラーメン登場!
スープはほとんど粘度の無いシャバ系醤油スープ。
先程の春月食堂同様にこちらも醤油感が強めで、喜多方ラーメンのイメージからは少し外れとる印象
気になるのはチャーシューから出る獣臭がスープに浸食し、かなりクセの強いフレーバ~が広がり、出汁云々は判別出来ん。
個人的には「クセ」として食べ進めることは可能だが、ニオイだけでアウトな人もいるんじゃねw
塩分濃度は若干高め、醤油ダレ自体はシンプルな感じ

麺は中~中太のちぢれ麺、茹で具合はやや硬めというか、茹で湯が沸騰する前に麺をぶちこんじまった印象。
加水率高め、ツルプリモゾな食感で、芯が残っちまってるね
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー、メンマ、ネギの構成。
チャーシューはバラタイプ、前述の通りかなりの獣感があり、味付けはかなり濃いめでショッパ~
オメンマはシナシナで薄味、あまり存在感がない
ネギは結構切れてないねw

喜多方ラーメンも色々ありまんな~w

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(800円)」@春月食堂の写真2018.5.2  PM4:50  店内先客2人  後続2人


帰省ついでにフラッと喜多方
名の通った店はどこも開いてねぇやw
開いてる店を探してコチラ
カウンター席に座り、表記メニューを注文
スタッフは店主と奥様で切り盛りしており、接客は丁寧で○
卓上調味料は胡椒・唐辛子が置かれとった。


5分程でラーメン登場!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系醤油スープ。
喜多方ラーメンの有名店と比較すると、スープにやや濁りがあり、醤油感が強く、ややワイルドな印象。
出汁に関しては 動物系>魚介系 な感じ
塩分濃度は若干高めで良好、適度な尖りがあり、スープの輪郭はハッキリしとるね

麺は中太平打ちちぢれ麺、茹で具合はしっかりめで良好
加水率高め、ツルプリモチな食感、喜多方の麺にしてはちぢれ具合が大人しめだが、スープとのバランスは良く旨し
麺量は150g前後と思われる。

具合はチャーシューいっぱい、メンマ、ネギの構成。
チャーシューはバラタイプ、しっかりめの醤油味で旨し
オメンマはシナコリな食感、薄めの味付けでまずまず。

会津ラーメン寄りの喜多方ラーメンって感じかな?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件