なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ジン1971

男性 - 千葉県

健康に気を使っとるもんやから、ラーメンはたまにしか食べんけど、結構好きなんですわ♡2007.8.14 採点開始【所属】つくし野ラーメン隊 69号ペロリーナ最近RDBを閲覧する時間がないためコメント・コメント返しが遅れとります。放置プレイでもいいんだよ~~~【食べ歩きスタイル】♡ ♡ ♡ Talk dirty to me!

平均点 72.913点
最終レビュー日 2018年10月9日
2,723 1,796 0 14,440
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やし担々麺餃子6ヶセット(1040円)」@大阪王将 高田馬場店の写真2015.8.5   PM12:10  店内先客2人 後続チョロチョロ

【閉店のためオナニレポありんす】

仕事の移動中に王将
2人掛けテーブル席に案内され、表記メニューを注文
店の入れ替わりが激しい高田馬場だが、大坂王将まで閉店するとはね~


5分程で冷タンタン!・・・少なッw
タレはゴマ風味主体、酸味と辛味を効かせた無難な仕上がり
辛さはピリ辛レベルでラー油による
チェーン店らしい万人向けタイプやね
多めに乗った肉味噌が麺に良く絡んでくる

麺は中細ちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好
加水率高め、ツルプリミシッな食感、冷水できっちり絞められており、歯応えは強し
麺量は150g前後と思われ、冷やし系にしては少ない

具は前述の肉味噌、カイワレ、刻みタマネギ等

普通に旨いが600円が妥当かな

CP(-2点) で表記の採点

【ツァオズ】 https://gyouzadb.supleks.jp/review/1021357.html

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば(中盛同一料金)880円」@三ツ矢堂製麺 流山おおたかの森S.C店の写真2015.8.4   PM 6:30   店内先客1人  後続チョロチョロ

【期間限定やったかな?】

仕事帰りにミッチ~
久々のおおたかの森SCだが、レストラン街はそれほど変わっとらんね
カウンター席に座り、表記メニューを注文
台湾ブームも落ち着いたんかな?
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒・唐辛子が置かれとった。


8分程で台湾!
麺の上には肉味噌、卵黄、ニラ、刻みタマネギ、メンマ、刻み海苔、ネギ、糸唐辛子が乗っているが、なんか肉味噌が貧相やね

取りあえず下の方から麺を引っ張り出していただいてみる
タレはシンプルな醤油ダレで、なんか違くねッ??
…みたいな(^_^;)

麺は中太ほぼストレートタイプ、茹で具合はしっかりめで良好
加水率中位、ツルモチな食感で、まぜそば向きやね
麺量は中盛で300g前後と思われる。

天地返しを施し、まんべんなくグリグリしていただく
タレ・肉味噌・卵黄の相乗効果は無く、挽肉入りの醤油まぜそはという印象
ぶっちゃけ肉味噌の完成度が低すぎやね

ブームに乗っかってみた的な・・・

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし中華(中)麺増量無料(850円)」@用心棒Ⅱ階の写真冷やし中華(中)麺増量無料(野菜・ニンニク・アブラ・辛あげ・ガリマヨ)850円

【季節はずれの冷やしオナニレポ】

2015.8.2 AM11:40   店内客入り7割程   後続チョロチョロ

仕事の移動中に用心棒
券売機で食券を購入し、指定された10番に着席
スタッフは3人体制、オペレーションはスムーズやね
予想以上に空いてるな
卓上調味料はカエシ・酢・胡椒・唐辛子・カレースパイスが置かれとった。

10分程でコールタイム
野菜・ニンニク・アブラ・辛あげ・ガリマヨを告げる
程なくして冷中登場!…なかなかのモッコリ~たやね。
とりあえず下の方から麺を引っ張り出していただく。
豚骨醤油がベースのようだが、色んな味が混ざり合っとる感じでなかなか旨し

麺は太平打ストレートタイプ、茹で具合はしっかりめで良好。
加水率やや低め、冷水でしっかりと絞められているため、ミシっとした歯応えで、噛み応えも充分
タレや野菜との相性も良く旨し
麺量は350gとの事。

具は豚、野菜(大根・ニンジン・水菜・紫キャベ・プチトマト)、辛い揚げ玉、刻みニンニクの構成。
豚は濃いめの味付けで、ちょっとモサっとしとるがなかなか旨し
野菜は大根が主体でマヨが活躍しとるね
辛い揚げ玉は意外と辛いね
ニンニクも効きが良く、なかなかのジャンク感ですわ

2/3程食べ進め、唐辛子・カレースパイスを投入し加齢的チェンジ・オブ・ペースを施し完食。

この系統の冷やし中華は初めて食ったけど、予想以上にウマシング!

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「丸源冷し中華(ごまだれ)+大盛(680円+98円+税)」@丸源ラーメン 川口芝店の写真【季節はずれのオナニレポ】


2015.7.15  PM12:00   店内客入り4割程 後続多数


現場付近での源さん再び
カウンター席に座り、表記メニューを注文
この現場は助っ人で呼ばれたため、この日で終了したが、中華そば 葵やら二代目狼煙 分店 弐やらが近くに存在しとったらしい・・・(+_+)


10分程で冷中!
麺の上には、ハム、錦糸玉子、キュウリ、キクラゲ、水菜、カリカリ梅が乗っており、色鮮やか
タレはぶっかけスタイルとなっている。
適度に酸味の効いたゴマダレは棒々鶏のタレやらゴマドレッシングやらを想像すれば分かりやすいかと

麺は中細ストレートタイプ、茹で具合はしっかりめ
加水率若干高め、冷水でしっかり絞められているため、コシがありミシッとした食感
麺の使い分けはしとらんみたいなんで、ラーメンと同じ麺やないかな?
麺量は大盛で250g前後と思われる。

具に関しては冷やし中華的な面々だが、キクラゲがなかなかええね

予想を裏切らないスタンダード

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「今月のおすすめ麺(7月)台湾まぜそば(880円)」@満天の湯1階お食事処 季膳房の写真【このメニューは既に終了しているためオナニレポでありんす】

2015.7.11   PM 2:40   店内客入り3割程  後続チョロチョロ



風呂上がりに台湾
注文を済ませ、ポケベルを受け取る。
回数券を買っちまったんで、週3ペースで温泉を満喫


5分程で出来上がり~!・・・せめてビジュアルぐらいは似せてほしい(^_^;)
麺の上には挽肉、温玉、刻み海苔、モヤシ、ニラ、ネギ、魚粉が乗っている。

とりあえず下の方から麺を引っ張り出していただく
タレは殆ど粘度の無いシャバ系醤油ダレ
醤油ダレというよりは、まんまそば用のめんつゆやね(+_+)
ビジュアル以上にテンションダウン↴

麺は中ちぢれ系、茹で具合はしっかりめ
加水率やや高め、ツルプリな食感でタレが絡みにくいね
麺量は150g前後と思われ、まぜそばとしては少なめ

天地返しを施し、満遍なくグリリ~チョ
あまり旨味が増さず、ニボ魚粉が無駄に主張しやがるぜ
挽肉はパサ気味で、根本的に味付けが足りとらん印象

具に関してはモヤツのシャキシャキ感が虚しく、温玉も見事に空回りしとる印象

今風のテイストを取り入れたつもりだが、何をお手本にしたんやろ?

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾まぜそば(780円)」@麺屋 こころ 高田馬場店の写真2015.7.6  PM 7:10   店内客入り6割程   後続多数

飲みの前に心君
券売機で食券を購入し、1累側ショートカウンターに案内される
先客が大盛を告げとったんで、拙者もこれみよがしに大盛を告げると・・・

店員:「大盛はコチラの食券を求めて下さい。」
拙者:「麺量選べるんやないんか?」
店員:「学生さんだけなんですよ」
拙者:「マジか・・・」

・・・やってもうたわい(>_<)
よく見りゃ客が学生しかおらんぜよッ
卓上調味料は胡椒・こんぶ酢が置かれとった。

7分程でまぜそば登場!
麺の上には挽肉、卵黄、刻み海苔、魚粉、九条ネギ、刻みニンニクが乗っている。
とりあえず下の方から麺を引っ張り出していただいてみる。
ベースとなるタレは予め麺と和えてあり、昆布を使った和風な味わいで、このままでもなかなか旨し

麺は中太うねり系、茹で具合はしっかりめで良好。
加水率やや高め、ツルムニュモッチリな食感、タレが良く絡んで旨し
麺量は並盛で200gとの事

天地返しを施し、満遍なグリリ~チョしてみる
ピリ辛な挽肉とタレの相乗効果がハンパねぇな、味的にはビジュアル通りだが、予想以上にウマシング
ニンニクも少量ながら結構パンチがあるね
刻み海苔や魚粉による微妙な味の変化も感じられる
多めのネギも清涼感と食感の変化をもたらしとるわい

こんぶ酢を使おうと思っていたが、予想以上の旨さに使い忘れてもうたわい

一体感がハンパねぇ
学生がうらやましいぜ(^^;)

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「汁無担々麺(冷もり)880円」@野郎ラーメン 高田馬場店の写真2015.6.19  PM12:15   店内先客3人 後続チョロチョロ

仕事の移動中に
券売機で食券を購入し、空いてる席に座る
お気に入りやった楽釜製麺がいつの間にか豚野郎になっちまった。
都心で店を続けるんはホンマに大変なんやね
卓上調味料はカエシ・酢・胡椒・唐辛子・ニンニクが置かれており、カレー粉が必要な場合はスタッフに声をかけるシステム

8分程で冷タンタン!
麺の上には肉味噌、味玉、白髪ネギ、揚げ玉が乗っている

とりあえず下の方から麺を引っ張り出していただく
タレは適度にトロミのあるライトドロンジョ系タンタンダレ
ゴマの風味は控えめ、豆板醤が輪郭を形成しているため、タンタンよりも辛味噌的な味い
辛さは中辛~辛口レベル、それなりに辛いが、辛味がやや単調な感じ

麺は中太ちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好。
加水率中位、ツルプリミシッな食感、冷水でしっかりと絞められとるんで、歯ごたえがええね
麺量は220g前後と思われる。

天地返しを施し、満遍なくグリリ~チョ
肉味噌が適度に機能するが、やはり冷タンタンらしからぬ味わい
具に関してはそれなりに一体感があるね

1/3程食べ進め、ニンニク・唐辛子を投入し、辛ガリ的チェンジ・オブ・ペースを施し完食

それなりに満足だが、個人的にはもっとゴマの風味がほしいところ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌(大盛270g)700円」@油そば 力の写真2015.6.15   PM12:10   店内先客1人  後続チョロチョロ


仕事の移動中に長州
外の券売機で食券を購入し、入スタッフは店主と奥様の2人体制、ミャンマー出身らしいが、日本でちゃんと修行を積んだ模様
ミャンマー料理のビーフンもちょっと気になるね
卓上調味料は酢・ラー油・刻みタマネギ・辛味ガーリックが置かれとった。


8分程でブラソバ登場!
麺の上には刻みチャーシュー、刻み海苔、水菜、メンマ、ネギが乗っている

取りあえず下の方から麺を引っ張り出していただく
タレは赤味噌主体の辛味噌で、調味料主体ではあるが、想像した通りの味で、ちょっと安心
辛さは中辛レベルの万人向けタイプ

麺は中太ちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好
加水率やや高め、ツルツルモッチリな食感、歯応えはそれ程強く無いが、モッチリ感が心地よい
タレとのバランスも良く、油そばにむいとるね
麺量は270gとの事

天地返しを施し満遍なくグリリ~チョ
麺と具の一体感があり、タレの絡み具合も良好

1/3程食べ進め、酢・ラー油を投入し、ブラソバ的チェンジ・オブ・ペースを施し完食

麺がなかなかええね

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば300g(豚2枚)全マシ(800円)」@らーめん おうか 松戸松飛台店の写真2015.6.6   PM 8:10   店内客入り9割程 後続チョロチョロ


出動前に桜花賞
駐車場が結構離れとるんやね
券売機で食券を購入し、カウンター席に座る
スタッフは店主と助手の計2人体制、割と気さくな感じやね
卓上調味料はカエシ・胡椒・が置かれとった。


10分程してコールタイムがあり、めんどくせぇから「全マシ」でプリ~ズ
程なくでまぜそば登場!
麺の上には豚、モヤシ、卵黄、背脂、ネギ、チーズ、魚粉、フライドオニオンが乗っており、なかなかの面構え

とりあえず下の方から麺を引っ張り出していただく
タレは粘り気のあるネットリ系豚骨醤油ダレ
濃縮系の豚骨とキレのあるカエシのバランスが絶妙で旨し
豚の旨味がしっかりと感じられますわ


麺は太平打うねり系、茹で具合はしっかりめで良好。
加水率やや低め、ツルモチな食感でタレとのバランスも良く旨し
麺量は300gとの事。

天地返しを施し、満遍なくグリリ~チョ
卵黄・背脂・ニンニクによるジャンクでマイルドなハーモニーやね
多めにかけられたブラックペッパーも良いアクセントになっている。
チーズ効果が弱めなのがちょっと残念だが、具がそれぞれの役割を果たすジャンク系まぜそばのお手本という印象

豚は腕肉かな? ちょっとモサ気味だが、味付けも良く、食べ応えがある
モヤツも濃いめのタレを緩和しとるね

二郎系のまぜそばとしては麺屋 桐龍の http://ramendb.supleks.jp/s/54089/review?u=13822以来の満足度
ラーメンも食ってみたいね

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「胡麻ダレ冷し棒々鶏S」@MENYA 食い味の道有楽の写真2015.5.10   PM 2:00   店内客入り6割程   後続チョロチョロ


岩手リターン前に道楽
限定ルールに従い食券を購入し、1累側ショートカウンターに座る
この日もゲリラ的にカレーつけ麺を提供しているため、カレーに人気が集中している模様
スタッフは店主JKとオバチャンの計2人体制、オバチャンの空回り具合が相変わらずですわ(^_^;)



15分程でバンバンヂ~!・・・ザクロ酢も添えられた
タレは少しトロミのあるライトドロンジョ系冷製ゴマダレ
ゴマ風味全開の自家製濃厚ゴマダレには大量のゴマが使用されているため、野菜の水気で薄まる感覚が無く、最後までゴマが主張し続ける
酸味はやや強めに効かせており、冷し中華的清涼感がある。

麺は太うねり系、茹で具合はしっかりめで良好
毎度お馴染みのタイプなんで、詳細は割愛するが、この太麺にも負けないゴマ濃度にはいささかサプライズである
麺量は250g前後と思われる。

具は麺の上に蒸し鶏(ムネ)、ナルト、キクラゲ、キュウリ、タマネギ、別皿に低温チャーシュー、蒸し鶏(モモ)、温玉、ザーサイ、辛肉、味付けモヤシ、ハジカミ、水菜の構成
蒸し鶏はムネ・モモ共に薄味、黒胡椒が香り濃厚なゴマダレと良く合う
味付けモヤツは適度な酸味があり、ゴマダレと自然に馴染む寸法
ザーサイの食感も良いアクセントになっとるね

半分程食べ進め、ザクロ酢を投入し、ザクとは違うのだよ、ザクとは的チェンジ・オブ・ペースを施す。
ベースの酸味が強いせいか、劇的な変化に乏しいが、適度にフルーティ~

このメニューで太麺をもってくる辺りに、ゴマ濃度への拘りが感じられるね
JK流のゴマダレ冷し中華ですわ

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 96件