なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ジン1971

男性 - 千葉県

健康に気を使っとるもんやから、ラーメンはたまにしか食べんけど、結構好きなんですわ♡2007.8.14 採点開始【所属】つくし野ラーメン隊 69号ペロリーナ最近RDBを閲覧する時間がないためコメント・コメント返しが遅れとります。放置プレイでもいいんだよ~~~【食べ歩きスタイル】♡ ♡ ♡ Talk dirty to me!

平均点 72.913点
最終レビュー日 2018年10月9日
2,723 1,796 0 14,440
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚焼きあご醤油(850円)」@麺匠 いし井の写真2018.9.28  PM 8:50  店内先客1人  後続ナシ

飲みの前にアゴりたくなったんでコチラ
呼び込みが2人もおるやんw

券売機で食券を購入しようとしたら、呼び込みの兄ちゃんが現れ・・・
呼び込み:「初めてですか?」
拙者:「初めてやで」
呼び込み:「だったら焼きあご醤油とお茶漬けがオススメです」
拙者:「濃厚はアカンの?お茶漬けも気分やないんよ」
呼び込み:「でしたら濃厚でどうぞ」

・・・ちょっと面倒やね
そもそも呼び込みしとる時点でイメージダウンやと思う訳だが・・・
スタッフは厨房2人と呼び込み2人の計4人体制、客より定員の方が多いやん
卓上調味料は酢・ラー油・胡椒が置かれとった。

5分ほどでラーメン登場!
スープはトロミのあるミドルドロンジョ系あご豚骨スープ。
トロミは澱粉由来と思われ、ライトな動物系白湯スープにトロミを加えた感じで、濃厚というフレーズはあごにも動物系にも当てはまらんな
あご出汁自体は悪くないんで、ちょっともったいない
塩分濃度はやや高め、動物系の貧弱さを塩気でごまかしとる印象

麺は中細ストレート麺、茹で具合はしっかりめで良好
加水率高め、ツルシコモチな食感、スープとの相性はまずまず
麺量は140g前後と思われる。

具はチャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、三つ葉、柚子の構成。
チャーシューはバラタイプ、適度な獣感があり、まずまず
オメンマはシナシナな食感、あまり存在感ナッシング
刻みタマネギは荒めに刻んでおり、辛めのため、動物系が濃厚なスープには合うが、このスープには・・・
三つ葉はスープと良く合っており◯
柚子の風味は特にいらんかな?

普通に旨いけど、個人的にはなにも響いてこなかった。

濃厚=粘度 は違うよ
親切=おせっかい も然り

新店(+1点)

で表記の採点

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製もりそば(750円)」@特製もりそば 瑛の写真2015.8.3   PM12:00  店内客入り7割程  後続多数


現場付近のテリ~
4人掛けテーブル席に座り、表記メニューを注文。
なかなか本格的な店構えですわ
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒・唐辛子・豆板醤・ゆず粉が置かれとった。


8分程でつけめん登場!
つけ汁は高粘度タイプのドロンジョ系豚骨魚介スープ。
味の感覚は 動物系4:魚介系6 ぐらいの割合、粘度はベジポタ系由来と思われ、ドロンジョ系だが、あまりクドさは無く、良い意味で万人向けな仕上がり。
酸味は控えめで、甘味が強めのチューニング

麺は太うねり系、茹で具合はしっかりめで良好
水切り&絞め具合はなかなか丁寧
加水率やや高め、ツルプリモチな食感、全粒粉が練り込まれているが、風味は控えめな感じ
つけ汁とのバランスも良く旨し
麺量は250g前後と思われる。

具はつけ汁内に角切りチャーシュー、メンマ、ネギ、麺の器に海苔、ナルトの構成。
チャーシューはバラタイプ、約2センチ画にカットされている。柔らかくてなかなか旨し
オメンマはシナコリな食感、薄味でまずまず。

麺を2/3程食べ進めつけ汁に豆板醤、麺にゆず粉を投入し、辛シトラス的チェンジ・オブ・ペースを施す。
ゆず粉はなかなかええアイテムやね

麺を食べ終えポットの割スープを注ぐ、割スープ淡い昆布出しかな?

なかなか旨いつけ麺やった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺+ライス無料(500円)」@麺ダイニング 炎龍の写真【既に閉店しているためオナニレポでありんす】

2015.7.31   PM12:10   店内先客3人 後続チョロチョロ

仕事の移動中にファイアードラゴン
現在はトリゴヤ 高田馬場3丁目店になっている
カウンター席に座り、表記メニューを注文、ライス無料との事なんでプリ~ズ
家系がメインのようだが、
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒・ニンニク・豆板醤が置かれとった。


10分程でつけめん登場!
つけ汁は適度にトロミのあるジュニアミドルドロンジョ系豚骨魚介スープ。
味の感覚は 動物系4:魚介系6 ぐらいの割合、ありがちやけど、及第点はクリアーしとる感じ
粘度は動物系由来ではなさそうだが、不自然な印象は無く、澱粉系がうまく馴染んどるね
甘味と酸味は控えめな感じ

麺は中太ストレートタイプ、茹で具合は若干硬め
水切り&絞め具合はそれなりに丁寧やね
加水率やや高め、ツルプリモチな食感、麺の風味等は弱いが、つけ汁とのバランスは悪くない
麺量は250g前後と思われる。

具は麺の上にチャーシュー、味玉半分、刻み海苔、白髪ネギの構成。
チャーシューはバラロールタイプ、ペラペラだが、味付けも良く旨し
味玉は黄身がボソジェリ~状、味付けは濃いめでまずまずだが、黄身が寄りすぎとるね(^_^;)

麺を食べ終え、残ったつけ汁にライスと豆板醤をぶち込みフィニッシュ

ワンコインでこの内容なら文句なしやね
閉店が悔やまれる

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(中盛無料)+チャーシュー丼(ランチタイム半額)」@麺臣 とらとはとの写真つけ麺(中盛無料)+チャーシュー丼(ランチタイム半額)750円+150円

2015.7.27   PM12:10   店内先客3人   後続多数


仕事の移動中にタイガ~&クルッポ~
3累側ロングカウンターに座り、表記メニューを注文
ランチタイムは麺の大盛まで無料やらライス無料やらとリーズナブル
スタッフは店主と助手の計2人体制
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒・唐辛子が置かれとった。


8程でつけめん登場!
つけ汁は殆ど粘度の無いシャバ系豚骨魚介スープ。
味の感覚は 動物系4:魚介系6 ぐらいの割合、スーパーライトな豚骨にぼんやりとした魚介の残念なコンビネーション。
油の劣化が激しく、卓上調味料じゃ軌道修正出来ん


麺は中太うねり系、茹で具合はしっかりめで良好
絞め具合はそれなりだが、水切りが甘い
加水率高め、ツルプリモチな食感、シャバ系のつけ汁が殆ど絡まない
・・・絡んでもあまり嬉しくないのだよ(+_+)
麺量は中盛で300g前後と思われる。


具は麺の器にチャーシュー4枚、味玉半分、つけ汁内に海苔、青菜、メンマ、ネギの構成。
チャーシューは燻製タイプ、ベーコン的なので酒のつまみには良さそうや
味玉は黄身がボソジェリ~状、シンプルな醤油味でまずまず
オメンマはシナコリな食感、薄味でまずまず

二口程食べ進め、酢・ラー油・唐辛子を投入し、なんとかならんか的チェンジ・オブ・ペースを施すが、油の劣化はどうにもならんね

チャーシュー丼は厚めに刻んだ燻製チャーシューとメンマを炒めた模様、味付けはシンプルながら、このチャーシュー丼は個人的に好みのタイプ。

油の劣化は致命的やね
冬になったらもう一回食ってみるかな?
・・・もう冬やけどw

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん+中盛(820円+120円)」@SPORTS DINING REGISTAの写真2015.7.26   PM 8:00   店内先客ナシ 後続ナシ


なんかレジスタンスな気分やったんでコチラ
人通りのない思い切った場所で営業しとるね~
カウンター席に座り、表記メニューを注文。
味玉は残念ながら売り切れやった(+_+)
土日限定の塩ラーメンもちょっと気になるところ
スタッフは店主と奥様?の2人体制
夜は飲みがメインのようで、カウンターにも灰皿が置かれている
大型テレビが3台あり、そのうちパブリック・ビューイングで盛り上がるのかもしれない
卓上調味料は酢・胡椒・黒七味が置かれとった。


10分程でつけめん登場!
つけ汁はトロリとした粘度のジュニアミドルドロンジョ系豚骨魚介スープ
味の感覚は 動物系6:魚介系4 ぐらいの割合、強烈な出汁の主張は無いが、濃厚でマイルドなバランスタイプ
ありがちではあるが、奥行きがあり、豚骨魚介系のお手本的味わい。
甘味は適度な感じで、酸味は殆ど加えていない模様。

麺は中太微ちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好
水切りはそれなりな感じだが、絞めがあまい感じ、猛暑日に水道水だけで絞めるんはちょっとキビシイかも
加水率やや高め、ツルプリモチな食感で、スープとの相性は良い
麺量は中盛で300gとの事

具はチャーシュー1枚、刻みチャーシュー、メンマ、ネギ、カイワレ、柚子が全てつけ汁内に入っている。
チャーシューはバラタイプ、味噌風味で、柔らかく旨し
オメンマはシナコリな食感、味付けは薄めでまずまず
ネギは多めに入っており、清涼感がある
柚子は少なめだが、微妙なアクセントを演出しとるね

1/3程食べ進め、麺に黒七味を振りかけ、黒執事的チェンジ・オブ・ペースを施す。
やっぱ黒七味の香り高い辛さがたまらんね

つじ田譲りの完成度の高い1杯やった。
この頃はガラガラやったが、今は混んでるようで一安心

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(730円)」@兎に角 another leafの写真2015.7.13  PM 7:40


仕事帰りに久々の柏トニーマラ
注文&会計を済ませ、ポケベルを受け取る
フードコートはガラガラなんでどの店もまったりしとるね


7分程で出来上がり~!
つけ汁は少しトロミのあるライトドロンジョ系豚骨魚介スープ
味の感覚は 動物系5:魚介系5 ぐらいの割合、兎に角らしいスモーキーフレイバ~が
漂っとるね
適度に濃厚なバランス系という印象
甘味と酸味は控えめなチューニング


麺は中太うねり系、茹で具合はしっかりめで良好。
水切り&絞め具合はそれなりな感じ
加水率若干低め、ツルプリモチな食感で、つけ汁とのバランスも良い


具は麺の上にチャーシュー、海苔、メンマ、つけ汁内にネギの構成。
チャーシューは燻製ロースタイプ、本店と比較すると完成度が低くイマイチ
オメンマはシナシナな食感、消毒液みたいなフレイバーがNG
ちょっと具のクオリティが低いな~

スープ割は店先に置いてあるが、注ぎに行くのも面倒なんで、そのままフィニッシュ

開店当初よりは良くなった気がするげど、魅力に欠けるな~

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件

「つけ麺(中)830円」@麺や 金黒の写真2015.7.8   AM11:40   店内先客ナシ  後続チョロチョロ


現場付近のゴールデンボール&ブラックバット
券売機で食券を購入し、4人掛けテーブル席に座る
スタッフは店主と奥様?で切り盛りしており、丁寧な接客は好感が持てる
最近オープンした店らしく、店内にはお祝いの花が並んどるね
卓上調味料は胡椒・唐辛子・山椒が置かれとった。


8分程でつけめん登場!
つけ汁は微かにトロ気なジュニアライトドロンジョ系豚骨魚介スープ。
味の感覚は 動物系4:魚介系6 ぐらいの割合、これといった特徴の無いバランス系という印象
甘味・酸味は加えていない模様で、ラーメンとの差別化は塩分濃度だけかもしれんね
無化調にありがちなひと味足りない感は否めず、なにか対策が必要と思われる

麺は太ちぢれ系、茹で具合は若干硬め
水切り&絞め具合はちょっぴり雑な感じ
加水率中位、ツルプリモチな食感、パスタライクな歯切れの良さはあるが、あまりコシが無いのが残念
つけ汁とのバランスを考慮すると、麺が主体な感じかしら
麺量は中盛で300g前後と思われる。

具はチャーシュー、海苔、メンマ、ネギが全てつけ汁内に入っている。
チャーシューはバラタイプ、味付けは薄めで、ちょっと獣感がある。小さくて存在感に欠ける。
海苔はこの盛り付けやと、麺の器に添えるべきかと・・・
オメンマはシナコリな食感、少し甘味があり、まずまずだが、2本ぐらいしか入ってなかったな~
全体的に具が貧相な印象

1/3程食べ進め、麺に唐辛子をふりかけ、辛味的チェンジ・オブ・ペースを施す

麺を食べ終えスープ割を注文、ポットで提供された割スープは淡いニボ昆布な感じで
アッサリしとった

今のところ独りよがりな無化調という印象だが、ちょっと応援したくなる店やね

新店(+1点) で表記の採点

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(800円)」@つけめんTETSU ららぽーと豊洲マリーナキッチン店の写真2015.6.16   PM 4:50


仕事の移動中T2
注文&会計を済ませ、ポケベルを受け取る
何も無かった頃しか知らない豊洲も随分変わっちまったな~


8分程で出来上がり~!
麺の盛り方がTETSUっぽくないかも

つけ汁は少しトロミのあるライトドロンジョ系豚骨魚介スープ。
TETSUらしいバランス系のつけ汁だが、ヌル過ぎて凹むわ

麺は中太ちぢれ系、茹で具合はしっかりめ
水切りはそれなりに丁寧だが、絞めが甘くヌルい
せっかくの麺が台無しやね
麺量は200gやったかな?

具はつけ汁内にチャーシュー、ナルト、メンマ、ネギ、麺の上にカイワレの構成。
チャーシューはバラタイプ、味はまずまずだが、このつけ汁じゃ旨いと感じられん
他も同様
カイワレはTETSUのシンボル

受け渡しカウンターに割スープの入ったポットが置いてあったが、スープ割はせずにフィニッシュ

個人的にTETSUならどこでもそれなりの満足感が得られると思っていたが・・・
店員のやる気の無さが伝わる1杯やった

温度(-10点) で表記の採点

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「海老吟醸つけ麺(大盛300g同一料金)850円」@海老吟醸 じぱんぐ(ZIPANG) 上野駅前店の写真2015.6.15  PM 7:00  店内客入り4割程  後続チョロチョロ


エキゾチックジパングな気分やったんでコチラ
券売機で食券を購入し、カウンター席に座る。
麺量は小150g~特375gまで同一料金となっている
スタッフは店長1人で切り盛りしており、常連さんとも上手くやってる感じ
卓上調味料は唐辛子・柚子胡椒が置かれとった


7分程でつけ麺登場!・・・麺に海老油がかかっとるね
つけ汁は微かにトロ気なジュニアライトドロンジョ系海老豚骨スープ
マイルドでクリーミ~な豚骨が海老の風味と良く合ってるね
エビちゃんは濃厚までいかん感じだが、麺に絡んだ海老油効果により、食べ進むにつれてエビちゃんの主張が強まっていく
甘味と酸味は加えていない感じなんで、ラーメンとの差別化は塩分濃度だけかもしれんな~?

麺は中細~中のほぼストレートタイプ、茹で具合は若干硬め
水切りはそれなりだが、絞めが甘い感じ
加水率若干低め、ツルシコモゾな食感、つけ汁との相性はまずまずだが、麺はしっかり茹でてキッチリ絞めてほしいところ
麺量は300gとの事だが、ちょっと少なめな感じ

具はチャーシュー、麩、メンマ、ネギ、干し海老が全てつけ汁内に入っている
チャーシューはいつの間にか食っちまったんで、記憶に無いが、まあ、その程度(^。^;)
麩はスープが染みて旨し
オメンマはシナコリな食感、薄味でまずまず
全体的に具が貧相な印象

半分程食べ進め、麺に唐辛子をふりかけ、つけ汁に柚子胡椒を投入し、ジパング的チェンジ・オブ・ペースを施す
柚子胡椒が予想以上に合うね

麺を食べ終えスープ割を注文
豚骨スープが注がれた模様で、なかなか旨いが、そこはエビちゃんにしてほしかったな~

インパクトは弱いが、コンパクトにまとまっとるね

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「もりそば220g(濃厚)+豚飯(800円+280円)」@東池袋大勝軒 ROZEOの写真2015.6.14   PM 9:20   店内客入り2割程   後続チョロチョロ


出動前にロゼオボーイ
券売機で食券を購入し、店員に食券をパス
濃厚かあっさりを選べるとの事なんで濃厚でプリーズ
ちなみにあっさりは東池袋大勝軒の復刻版やったかな?

10分程でつけめん登場!
毎度お馴染みのタイプなんで詳細は割愛するが、中濃度なバランス系で、安定感あるね
過去の採点: http://ramendb.supleks.jp/s/16833/review?u=13822

豚飯は多分初めてやと思うけど、250円が妥当かな?
旨いんやけどね

安心していただける店やね

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 11件