なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ジン1971

男性 - 千葉県

健康に気を使っとるもんやから、ラーメンはたまにしか食べんけど、結構好きなんですわ♡2007.8.14 採点開始【所属】つくし野ラーメン隊 69号ペロリーナ最近RDBを閲覧する時間がないためコメント・コメント返しが遅れとります。放置プレイでもいいんだよ~~~【食べ歩きスタイル】♡ ♡ ♡ Talk dirty to me!

平均点 72.913点
最終レビュー日 2018年10月9日
2,723 1,796 0 14,441
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン(900円)」@こんどう食堂の写真2018.5.2   PM5:05  店内先客ナシ 後続ナシ


春月食堂で https://ramendb.supleks.jp/review/1168097.html を食らった後、せっかくなんでコチラ
4人掛けテーブル席に座り、表記メニューを注文
スタッフはかなりの老夫婦で切り盛りしており、おじいちゃんは何もせず客席でボォ~ッとしており、おばあちゃんがラーメンを作っとるね
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒が置かれとった。


15分程でラーメン登場!
スープはほとんど粘度の無いシャバ系醤油スープ。
先程の春月食堂同様にこちらも醤油感が強めで、喜多方ラーメンのイメージからは少し外れとる印象
気になるのはチャーシューから出る獣臭がスープに浸食し、かなりクセの強いフレーバ~が広がり、出汁云々は判別出来ん。
個人的には「クセ」として食べ進めることは可能だが、ニオイだけでアウトな人もいるんじゃねw
塩分濃度は若干高め、醤油ダレ自体はシンプルな感じ

麺は中~中太のちぢれ麺、茹で具合はやや硬めというか、茹で湯が沸騰する前に麺をぶちこんじまった印象。
加水率高め、ツルプリモゾな食感で、芯が残っちまってるね
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー、メンマ、ネギの構成。
チャーシューはバラタイプ、前述の通りかなりの獣感があり、味付けはかなり濃いめでショッパ~
オメンマはシナシナで薄味、あまり存在感がない
ネギは結構切れてないねw

喜多方ラーメンも色々ありまんな~w

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(800円)」@春月食堂の写真2018.5.2  PM4:50  店内先客2人  後続2人


帰省ついでにフラッと喜多方
名の通った店はどこも開いてねぇやw
開いてる店を探してコチラ
カウンター席に座り、表記メニューを注文
スタッフは店主と奥様で切り盛りしており、接客は丁寧で○
卓上調味料は胡椒・唐辛子が置かれとった。


5分程でラーメン登場!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系醤油スープ。
喜多方ラーメンの有名店と比較すると、スープにやや濁りがあり、醤油感が強く、ややワイルドな印象。
出汁に関しては 動物系>魚介系 な感じ
塩分濃度は若干高めで良好、適度な尖りがあり、スープの輪郭はハッキリしとるね

麺は中太平打ちちぢれ麺、茹で具合はしっかりめで良好
加水率高め、ツルプリモチな食感、喜多方の麺にしてはちぢれ具合が大人しめだが、スープとのバランスは良く旨し
麺量は150g前後と思われる。

具合はチャーシューいっぱい、メンマ、ネギの構成。
チャーシューはバラタイプ、しっかりめの醤油味で旨し
オメンマはシナコリな食感、薄めの味付けでまずまず。

会津ラーメン寄りの喜多方ラーメンって感じかな?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩そば+チャーシュー(680円+200円)」@正月屋分店 石川屋の写真2015.5.24   PM 6:05   店内先客2組3人 後続1人


岩手リターン前に寄り道
2人掛けテーブル席に座り、表記メニューを注文
郡山市の支那そば 正月屋の支店ですな
スタッフは店主と奥様?の2人体制、作業は丁寧な感じ
卓上調味料は酢・胡椒・ゴマが置かれとった。


5分程でラーメン登場!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系塩スープ。
魚介主体の淡麗系清湯スープだが、カツオや煮干の他にアゴなども使用しとる感じで、なかなか奥行きがある。
焦がしネギはスープに合っている気もするが、個人的には不要に思える。
塩分濃度は若干高めで良好、丸みがあり優しい口当たり

麺は中細ちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好。
加水率やや高め、ツルプリシコな食感で、スープの拾いも良い
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー4枚、海苔、メンマ、カイワレ、ネギ、焦がしネギの構成。
チャーシューはロース2枚、モモ2枚となっており、しっかり味がしみて旨し
オメンマはシナコリな食感、味付けも良くまずまず。

なかなか深みのある塩スープやった。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「【金沢麺達・兼六会】濃厚味噌「炎・炙」肉盛そば(750円)」@ふくしまラーメンショー2015の写真【イベントが終了しているためオナニレポでありんす】

2015.5.2

http://ramendb.supleks.jp/review/912265.html を食べ終え、もう1杯
見た感じ一番並びの多いコチラのブースへ
6人の行列に接続し、スタッフに食券をパス
共同参加のためスタッフは多めだが、なかなか活気があるね


7分程で出来上がり~!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系味噌スープ
味噌が全面を支配する味噌一色タイプだが、熟成由来の甘味とコクが感じられる美味しい味噌ですわ
油がやや多めのコッテリタイプだが、しつこさは無く、なかなかバランスがええね
塩分濃度は若干高めで良好

麺は中ちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好
加水率若干高め、スルシコモチな食感、スープとのバランスもまずまず
麺量は150g前後と思われ、イベントにしては多め

具は豚肉、モヤシ、ナルト、ネギの構成。
豚肉は甘辛ダレで炙られたタイブで、ラーメンよりもライスでいただきたいかも
モヤツは柔らかめで、量も丁度ええね

味噌依存型だが、味噌が旨かった

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「【まこと屋】肉盛牛醤ラーメン(750円)」@ふくしまラーメンショー2015の写真【イベントが終了しているためオナニレポでありんす】

2015.5.2

http://ramendb.supleks.jp/review/912025.html を食べ終え、コチラのブースへ
2人の列に接続(^_^;)
スタッフは6人ぐらいおるけど、客が少ないんで暇そうやね
この暑さやとつけ麺の方が集客率が上がりそうな予感
まあ、夜になれば涼しくなって人が集まるんやないかな?

5分程で出来上がり~!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系牛骨スープ
牛の風味はいい感じで出ており、予想通りの味わい
臭みやクセの無い万人向けな仕上がりやね
辛味も良いアクセントになっている
塩分濃度は若干高めで良好、適度な丸みがあり飲みやすい

麺は細ストレートタイプ、茹で具合は硬めで良好
豚骨系仕様の低加水タイプで、バリカタな茹で上り、スープとの相性も良い
麺量は120g前後と思われる。

具は牛肉、キクラゲ、万能ネギの構成
牛肉は牛丼に乗ってるような、バラスライスを甘辛く煮た感じのタイプでまずまず
キクラゲはコリコリしとるね

東北では、まだあまり浸透してない感じの牛骨スープはイベント向きかもね

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「【Due Itarian】黄金の塩らぁ麺(750円)」@ふくしまラーメンショー2015の写真【本日最終日】

2015.5.2  PM 2:30  4人待ち 後続チョロチョロ

GWなんで自宅に帰省する前に実家に寄り道
ラーメン好きの両親に連れられコチラ
混雑を予想していたが、どの店もスカスカやね(^_^;)
取りあえずミシュラン掲載店のコチラに並んでみた
隣もミシュラン掲載店の【むぎとオリーブ】が出店
トッピングのチーズも気になるところだが、イベントではトッピングしない主義な・・・ワタクシ
スタッフは4人体制、作り手の動きがなんかぎこちないな~

8分程で出来上がり~!
親を見失ったんで、適当なスペースを確保
スープは殆ど粘度の無いシャバ系塩スープ
鶏ガラベースの塩が主体のチューニングだが、イベント向きじゃないというか・・・
拘りがあるのかもしれんが、味に反映されず、普通の塩スープで終わっちまっとる印象
揚げネギみたいのが乗ってるが、必要性は全く感じられない
塩分濃度は若干高めで良好、塩の尖りはなく優しい口当たり

麺は中細ほぼストレートタイプ、茹で具合は若干硬めで良好
加水率中位、ツルシコモチな食感、適度に風味豊かで、スープとの相性はまずまず
麺量は130g前後と思われる。

具はチャーシュー、青菜、穂先メンマ、ネギ、揚げネギみたいなのの構成
チャーシューはバラロールタイプ、薄味で肉の旨みが感じられるタイプ
穂先オメンマは柔らかくて、それなりに旨し

チーズトッピングしてナンボの内容?
親と合流し【むぎとオリーブ】の蛤SOBAを食っていた母親のスープをいただいてみたが、イベントとは思えん完成度にいささかサプライズ(゜o゜;
軽く80点オーバーの内容やった

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「味噌ラーメン(650円)」@安達太良SA(上り)スナックコーナーの写真2015.2.21   AM 2:20   店内客入り3割程   後続チョロチョロ


帰省前に寄り道
券売機で食券を購入し、ラーメンコーナーに食券をパス
ポケベルを受け取り、調味料コーナー付近に着席
前回は豚骨 http://ramendb.supleks.jp/review/870827.htmlで失敗ぶっこいちまったんで、無難であろう味噌でリベンジ
団体客が盛り上がっとるんで、深夜なのになんだか賑やかやね



3分程で出来上がり~!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系味噌スープ。
赤味噌主体の味噌一色タイプで、万人向けなスナックコーナー仕様
ほんのりと漂うニンニクが味を引き締めとるね
塩分濃度は若干高めで良好

麺は中細微ちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好
加水率若干低め、ツルシコな食感で、スープとの相性はまずまず
麺量は140g前後と思われる。

具は豚肉、キャベツ、モヤシ、ニンジン、キクラゲの構成。
割と具沢山で、スープとも良く馴染んどるね

1/4程食べ進め、唐辛子を投入し、辛味的チェンジ・オブ・ペースを施し完食。

普通に旨いね
豚骨よりはオヌヌメ

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌中華そば+たっぷり野菜(680円+150円)」@日和田製麺所の写真2014.12.27  PM 3:40  店内客入り6割程  後続チョロチョロ


岩手から千葉に戻る前に、福島の実家に寄り道
近所に白河ラーメンのヱビスヤが移転してきたっていうんで、親に連れられ行ってみたが、スープ切れで終了(>_<)
つう訳で近場のコチラ、券売機で食券を購入しテーブル席に座る。
前回訪問から5年も経ってるんやね
セルフコーナーでライスと高菜とニンニクをスタンバイしてウェイティング
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒・唐辛子が置かれとった。


7分程でラーメン登場!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系味噌スープ。
ライトな豚骨スープに白味噌をちょっとだけ加えた感じの味噌感弱めのタイプ
塩分濃度は若干低め、スープの輪郭はぼんやり気味、野菜から出る水分は考慮されとらん感じのチューニング

麺は中ちぢれ系、茹で具合はしっかりめ
加水率中位、ツルフワモチな食感、なんだかチープな自家製麺やね
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー1枚、キャベツ、モヤシ、ニンジン、タマネギ、海苔、メンマ、揚げネギ、万能ネギの構成。
チャーシューは獣系バラロールタイプ、やや薄味でレトロ
野菜はしっかり茹でられており柔らかめ、キャベシは芯の部分ばかりだが柔らかいから無問題
オメンマはシナコリな食感、薄味だが味噌が薄いせいか、スープと馴染んどる

1/3程食べ進め、ニンニク・高菜・唐辛子を投入し、なんちゃって博多的チェンジ・オブ・ペースを施し完食。

材料費の高騰による迷走が窺える1杯やった。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「国産鶏の唐揚げカレーラーメン(720円)」@阿武隈高原SA上り線の写真2014.10.11  AM 8:30 店内客入り2割程 後続チョロチョロ


帰省前に寄り道
わたさんの情報でコチラにも、磐越自動車道 阿武隈高原SA(下り)と同様のメニューがあるようなんで、気になってたんよね
券売機でお目当ての食券を購入し、受渡カウンターに食券をパス
客層はトラックの運チャンのみ(^_^;)


5分程で出来上がり~!
スープは高粘度タイプのドロンジョ系カレースープ。
磐越自動車道 阿武隈高原SA(下り)の http://ramendb.supleks.jp/review/768484.htmlと同様のカレー主体のチューニングだが、スープ温度が若干低めなのが残念
カレーの辛さは甘口~中辛レベル、熟成感と適度なスパイス感があり旨し

麺は中平打ちちぢれ系、茹で具合はしっかりめで良好
加水率高め、ツルプリモチな食感の喜多方っぽい麺
スープとの相性は良いが、ダマがちょっと目立つね
麺量は150g前後と思われる。

具は唐揚げ、茹で玉子半分、ネギの構成
唐揚げはカラッと揚がっているが、ちょっと冷たいのが残念。
茹で玉子は見た通り(^_^;)
ネギは南蛮風で雰囲気は出とるね

1/3程食べ進め、唐辛子を投入し、辛味的チェンジ・オブ・ペースを施し完食。

内容的には磐越自動車道 阿武隈高原SA(下り)と同様のようだが、作り手に差がある感じ

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉塩ラーメン(800円?)」@自家製麺 えなみの写真2014.9.23   PM 6:00   店内客入り7割程  後続多数

原チャソさんご無沙汰~(~o~)

もちもちの木 福島店で http://ramendb.supleks.jp/review/872121.htmlを食らった後、お目当てのコチラ
カウンター席に詰めて座るよう指示される
熱々の味噌を食った後なんで、メニューチョイスが悩ましいところやが、表記メニューを注文
スタッフは店主、助手、ホールスタッフの計3人体制、混雑しとるんで、てんやわんやな状態(^_^;)
卓上調味料は醤油・酢・ラー油・胡椒が置かれとった


5分程でラーメン登場!
スープは殆ど粘度の無いシャバ系塩スープ。
味の感覚は 鶏>>貝≧魚 な感じの割合、一口目から引きずり込まれるような旨味を感じるぜよッ
鶏のまろやかさに、貝由来の微妙な苦味がいいアクセントになっている。
鶏油は多目に浮いているが、クセが無く、油っこさは皆無
具の豊富さもスープに変化を与えるためのアイテムに思えるね
複数の味が織り成す一体感ってヤツを堪能出来るスープですわ
塩分濃度はやや高め、適度な丸みと尖りがあり、結構攻めてるね

麺は中細ストレートタイプ、茹で具合は若干硬めで良好
加水率低め、シコモゾな食感、スープが良く馴染むタイプ
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー、味玉、鶏団子、ワンタン、海苔、メンマ、ネギ、万能ネギ、輪切り唐辛子の構成。
チャーシューはバラタイプ、味付けは濃いめで、適度な肉感があり旨し
味玉は黄身がトロジェリ~状、味付けも良く旨し
鶏団子は軟骨入りで、食感がええね
ワンタンは生姜風味で、スープに微妙な変化を与える
輪切りの唐辛子は1片のみのため、効果はよう分からん

非常にハイレベルな1杯ですわ
努力だけではどうにもならん領域ってパターンのヤツや

ただ、メニューには750円と表示されてたハズだが、会計時は800円やった。
値上がりしたんかな?

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件