なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ジン1971

男性 - 千葉県

健康に気を使っとるもんやから、ラーメンはたまにしか食べんけど、結構好きなんですわ♡2007.8.14 採点開始【所属】つくし野ラーメン隊 69号ペロリーナ最近RDBを閲覧する時間がないためコメント・コメント返しが遅れとります。放置プレイでもいいんだよ~~~【食べ歩きスタイル】♡ ♡ ♡ Talk dirty to me!

平均点 72.913点
最終レビュー日 2018年10月9日
2,723 1,796 0 14,440
レビュー 店舗 スキ いいね

「燵家製麺・改(750円)」@燵家製麺の写真9/12   PM 6:00   店内先客ナシ 後続1人

中華料理 栄来でラーメン http://ramendb.supleks.jp/score/285908を食った後、勢い余って気になっとったコチラに訪問。
一般道でもナビの到着予定時刻よりもかなり早めに着いたんで、ベイシアで時間を潰し、開店と同時に訪問。
この日は改つけ麺が無いとの事なんで表記メニューを注文。
スタッフは野武士風の武骨な店主と助手の2名体制。
もう少し混んでるのかと思ったが、拙者が店にいる間は後続1人のみやった。

7分程でラーメン登場!
スープはトロリとした粘度のミドルドロンジョ系濃厚鶏白湯 スープ。
鶏の臭みは無いが、鶏の旨味が渦巻くワイルドチキンポタージュやね~
鶏油はマッタリと口内に膜を張る感じで、鶏の旨味を押し上げとるわい
塩分濃度はやや高めで、出汁の濃度に見合ったチューニングという印象。
微かに感じる魚介系?のような風味がスープに奥行きをもたらしとるわい

麺は中太~太のうねり気味のタイプ、茹で具合は良好。
加水率やや低め、しっかりと茹でられており、モチモチとした食感と喉越しの良さが特徴的。
スープとのバランスもええね~
麺量は150g前後と思われる。

具はチャーシュー1枚、味玉半分、海苔、メンマ、万能ネギ、三つ葉の構成。
チャーシューはロースタイプ、低温調理系でチョイピンク、味付けも良く旨い。
味玉は黄身がトロジェリー状、しっかりとした味付けだが、玉子自体にも拘りが感じられ旨し
オメンマはかなり細くて短いが、味付けも良く、妙に存在感のあるテクニシャン
三つ葉のアクセントも見事やね~

個人的にはかなりツボヘルサ~やね~
このラーメンが並ばずに食えるんが信じられん程のレベルやった。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「(限)トロトロチャーシュウメン(塩・麺硬め)1000円」@米屋の写真5/8   PM 6:10   店内1組3人

佐野らーめん 麺龍を出てジャスコで時間を潰し、コチラに訪問。
この外観 …かなりキテるぜw
骨董品でも扱ってそうな雰囲気を醸し出しとるわい。
店内に入り、表記メニューをOLD・Bさんにレクチャーされた通り硬めで注文。
セルフウォーターを汲もうとしたら…

店主:「おい、ソレ水じゃね~よ~!」

と教育的指導を受けてもうたww
この小屋にビールサーバーがあるなんて思もよらんかったわ~w

3分程でラーメン登場!…麺の下にあるチャーシューを引っ張り出して撮影
スープは茶色で、殆ど粘度の無いシャバ系塩スープ。
出汁感はかなり強めで 鶏>豚=魚 位な感じでワイルドなチューニングとなっており、先程佐野らーめん 麺龍でいただいた
http://ramendb.supleks.jp/score/254397とは対照的である。
生姜も効いているが、そんなのお構いなしに暴れまくるやんちゃな獣感やね~
塩分濃度はやや高め、かなりスッキリとした塩ダレがビシッと効いており、出汁の強さに見合ったバランスやと思う。

麺は中細のほぼストリートな麺で、茹で具合は注文通り硬め。
加水率低めで、少しボソっとした食感。
麺と生姜の風味に若干違和感があるような?ないような?
個人的嗜好からはちょっと外れとる感じやね~
麺量は170g前後と思われる。

具はチャーシュー1塊、海苔、メンマ、ネギの構成。
チャーシューはロースタイプ、11cm×8cm程の大きさで、厚みは1.3cm程とかなりデカい。
脂身はトロトロ、赤身は適度な弾力があり、味付けも良くメチャウマ~
メンマは柔らかめで味付けは薄め。
ネギは約4ミリ幅で少し斜めにカットされている。

佐野らーめん 麺龍と比較すると好みが分かれそうな気がするが、ココの採点を見る限りではそうでもないみたいやね~w
ラオタ向きなんかな?w

麺(-1点) で表記の採点

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「ハーフ&ハーフ+餃子(682円+367円)」@佐野らーめん 麺龍の写真5/8   PM 4:20   店内先客1組2人  後続多数


天気が良かったんで房総方面に向かおうかと思ったが、着いたら夕方になってまうんで、遠いようで意外に近い群馬県のBM店消化活動に切り替えた。
一般道なのにナビの到着予定時刻がどんどん早まりやがるぜw
駐車場はガラガラやったが、営業はしてるようなので乳店。
カウンター席に座り、表記メニューを注文、ツァオズ(餃子)は予定外だが、写真を見たら旨そうやったんで食いたくなってもうたわい。
外装も内装もややチェーン店チック、中途半端な時間帯だが、先客1組は意外やったね~

12分程でラーメン登場! …ツァオズがデカいがなッw
スープは殆ど粘度の無いシャバ系醤油清湯スープ。
豚・鶏・野菜等から旨味だけを丁寧に抽出した感じのスープで、出汁の風味は殆ど主張しないタイプ。
生姜もスープの邪魔をしない程度にほんのりと効いている。
塩分濃度は調度いい塩梅、コレが塩ラーメンと言われて出されても気が付かない位にクセの無いカエシやね~
お吸い物のように、スーッと体に吸収される感じのスープである。

麺は中~中太の平打ちピロピロ麺で、茹で具合は若干柔らかめで良好。
加水率高めの手打ち麺で、ビラビラがスープをよう拾うわい。
麺量は150g弱と思われる。

具はロースチャーシュー3枚、バラロール3枚、ナルト、メンマ、ネギの構成。
ロースチャーシューは適度な歯ごたえがあり、味付けは薄めで、ほのかな獣感があり、レトロ旨い。
バラロールも味付けは薄め、肉自体の味と食感で、ロースチャーシューとの違いを楽しめるね~
オメンマはコリコリとした食感で、コチラも薄味。
ネギはスープに甘味を与えとるね~

ツァオズは育ち過ぎたカブトムシの幼虫位の大きさのが5個、皮が厚くモッチモチで、餡はキャベツ・ニラ・生姜等の野菜餃子。
肉系の餡なら最高なんやけどな~

アッサリとした優しい味わいで、おそらくこのラーメンが苦手な人おらんやろうね~
いるとしたらラーメンが嫌いな人ぐらいかな?

CP(+1点) で表記の採点

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン+チャーシュー(600円+150円)」@やまや食堂の写真5/24   PM 2:40   店内客入り6割程

拉麺工房 暁を出て館林がすぐそこやったのでRDBで館林のランキングを検索。
1位の米屋は中休みなので2位のコチラに決定。
渋滞中にレビューを拝見するとカレーラーメンの名店……丁度ええね~ww
店に入るとかなり賑やかと言うか皆さん完全に出来上がっており、スパークレベル高し!
中途半端に騒がしいのは好かんのやけど、スパーキングはいいんだよ~~~
ちなみにカウンターでタバコの煙が云々っていうのはナンセンス、昭和フレーバーを楽しめるぐらいやないとね~w

6分程でラーメン登場!
スープは高粘度のドロンジョ系カレースープで、ルーの量が半端ないね~
カレーはオーソドックスな家庭的なタイプで、じっくり煮込まれた3日目のカレー的な熟成度、動物系のスープもブレンドされているようだがカレーの影に隠れている感じ。
辛味は弱めで甘口程度、少し甘味のあるカエシとのバランスも良い。

麺は中細~中太の不揃いな平打ち麺で柔らか麺の茹で具合。
ピロピロの手打ち麺でモニュモニュした食感、カレーとの相性は良いが個人的にはもう少しコシがあるタイプが好みだが、この麺も雰囲気は出とるね~

具はチャーシュー6枚、カレーの具(豚肉、牛肉、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ)、ネギの構成。
チャーシューは弾力があり、しっかりと味が染みていて旨い。コレで150円はリーズナブルやね~。
カレーの具はほとんど溶けているが、ラーメンの具としては丁度いい大きさだと思う
カレーの具としては豚肉だが、コンビーフチックな牛肉も見受けられるので牛と豚から出汁を採ってるんかな~?
ネギは風味が良くシャリシャリとした食感で清涼感がある。

カレーラーメンの王道やね~
付け焼き刃の限定カレーには無いどっしりとした安定感があり旨かった。
拙者以外の客は全員かなり酒を呑んでいるようだが、駐車場の車は?…きっと店員さんのやろな~www

CP+1点、店の雰囲気+1点で表記の採点

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「長浜ラーメン(バリカタ) 600円」@ハングリードラゴンの写真PM 2:30    店内先客2人

「タイガー&ドラゴン」 〜後編〜

らーめん・つけめん 虎心を出た後は、まだ二日酔いでダルい感じだったので、スーパー銭湯のサウナでアルコールを強制排出し、少し昼寝をした。

リフレッシュした後は、ブルース・リーを感じる店名が気になっていたこちらへ訪問。
長浜ラーメンの店だったんやね〜!

店内に入ると豚骨フレーバーがプオ〜ンと匂ってきた。
少しハイテクな券売機で食券を購入し、奥様に手渡しバリカタで注文し、カウンター席に座る。
中途半端な時間のせいか店内はガラガラだった。
厨房を見ると丼に背脂を入れており、長浜ラーメンに背脂か〜! とか思っていると…

3分程でラーメン登場!
スープは意外とサラッとしており、背脂でトロミを出しているような印象。
豚骨の臭みも無いが、旨味もあまり感じ無い。
表面の油と多目の背脂により、コッテリ感よりもギトギト感が強く、今まで食べた長浜ラーメンとは異色の光を放っている。…少しマルバに近いかな?
塩分濃度はやや低めだが、タレが置いてあるので調整は可能。

麺は低加水の細ストレート麺で注文通りのバリカタ。
スープとの相性は問題なし。

具はチャーシュー1枚、海苔1枚、キクラゲ、メンマ、万能ネギの構成。
チャーシューはトロッとしたバラ肉で味付けも良く旨い。
キクラゲは五目そばなどで見られるピロピロしたモノが入っており、細切りで厚みのあるコリコリしたモノではない。
メンマは少し辛目の味付けでコリコリした食感。キクラゲがアレなんで、メンマとキクラゲの食感の被りはない。

5分の1程食べ進め、タレとニンニクを投入。…ニンニクはニンニククラッシャーを使用
味は引き締まるがニンニクを入れても豚骨がガツンと前に出る感じが無いのが残念。

地域性を考慮したカスタマイズも考えられるので、採点は甘め。

残念ながらブルース・リー的なドラゴンは感じる事が出来ず、今回はタイガーに軍配!

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(800円)」@らーめん・つけめん 虎心の写真5/25    AM11:17 到着    8人待ち

「タイガー&ドラゴン」 〜前編〜

「タイガータイガー! じれっタイガ〜!!」

昨日は小岩の友人宅に泊まり、起きたら二日酔い!
とりあえずシャワーを浴びて一時的にリフレッシュ!
まだ朝も早いし、気まぐれな遠征を決行する事に…
ナビにセットし小岩から2時間弱で到着し、店の前の列に接続した。

AM11:20  開店

予定より早い開店のため、待ち時間は殆どなかった。
店内に入り券売機で食券を購入し女性店員に渡しカウンター席に座る。水はセルフ。
開店から10分位で満席になった。

12分程でつけめん登場!
つけ汁は粘度がありトロッとしている。
鰹の風味がフォーンと口に広がり濃厚な動物系がソイツをガッチリと支えている感じ。
酸味は殆ど感じなく、バランスの良い濃厚豚骨魚介という印象。
つけ汁温度が温いのが少し残念。

麺は極太ストレート麺で断面が丸い。
麺処理はほ完璧。
見た目程の強靭な歯ごたえはないが、モッチモッチした食感で、少し甘味を感じる麺。
つけ汁がまとわりつく感じで旨い。

具はつけ汁内のチャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、ネギ、麺の上の海苔1枚、カイワレの構成。
チャーシューはロース肉で大きくて厚みがあり、程良い歯ごたえがある。味付けがちょっと濃すぎるような感じ。
メンマはゴリゴリザクザクと食感で、味付けも良く旨い。
刻みタマネギはちょっと風味が強くて辛目。なかなか存在感があるが、ネギだけで良さそうな気もする。
カイワレは程良い清涼感があり○

麺を食べ終えスープ割りをしてもらった。
柚子の粉が乗っていたが、スープ濃度が割る前とあまり変わっておらず、しょっぱくて温かったので、レンゲで3口ほど掬ってごちそうさま。

つけ汁が温いのが少し残念だったが、かなりのタイガーハートだった。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件