なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

お汁(大忙し)

汁に生き、汁に死ぬ。それがお汁男。記憶の頁、専門家の評価ではなく個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.046点
最終レビュー日 2019年10月15日
432 244 0 1,043
レビュー 店舗 スキ いいね

「ソーキそば【限定】」@渡なべの写真夏なんで…って、やるお店もやるお店ですが食べる私も私でベタな夏限定(笑)
夏らしい一杯を食べに来ました!

「ソーキそば」を注文し配膳されるとシンプルな盛り付けに、フーチバーと紅生姜とコーレーグースーがそれぞれ別皿で提供されます。

いただきます!
スープは思っていた…というか今まで食べた沖縄そばと違い優しく繊細な味。もっとワイルドなものを想定していましたが、都会に合う味付けでこれはこれでラーメン屋さんらしくて美味しいし良いと思います。
出汁が丁寧です。

麺は沖縄そば、しかし思ったより細めで茹で加減は柔らかめ。
もっとゴワゴワしてワシワシと噛む太めで硬めな麺しか知らなかったもので、うどんに似た食感でこれもまた食べ易く上品。

具はソーキと蒲鉾と小葱。
ソーキも上品ですね、臭みも無いし味も濃過ぎない。柔らかくて仕事が丁寧。
蒲鉾は切り方がお洒落。

別皿で提供のフーチバーを入れると香りが一気にワイルド寄りに変わります。薬膳や香草類が苦手な方は要注意。苦い植物なのでスープに入れてしんなりしてからでないと、苦いのが苦手な方は味にビックリするかも…。
紅生姜はやや甘味のある味付けで箸休めにグッド。
コーレーグースーは辛さもアルコールも強め、しかし少し垂らすだけでピリリと味は刺激的かつ円やかに。良い感じ。

結果とっても上品な沖縄そばでした。
思っていたものとは違うけど、これはこれでまた美味しかったです。
沖縄そばが苦手と言う方にこそ食べてみて欲しい一杯でした。
ジューシーやグルクン、ナカミそばも食べたくなってきます。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「蘭州牛肉面(三角麺)」@馬子禄 牛肉面の写真去年流行った蘭州麺をいただきに来ました!

店内は控えめな照明で薄暗く香辛料の香り、BGMの胡弓の効果もあり異国へ来たかと思える空間。
雰囲気って大事だなと再認識するお店。

メニューは一つなので迷う必要も無く「蘭州牛肉面」を注文…面?面なんだ?
ぬるめの烏龍茶(阿里山?)が尚更日本を忘れさせてくれる間に配膳、香りが良い!そしてモウモウと立ち上る湯気で写真がボヤける(笑)

いただきます!
スープは旨味はそこそこに香辛料の香りのパンチが利いていて、香辛料好きにはたまらない味わい!
ラー油は辛味がそんなでもなく胡麻やにんにく?の風味が良くて、刺激よりもスープのコクをアップする仕様なのが好み。

麺は手打ちで無かん水だと思います、乾麺のうどんのカタゆでに近い食感。
粉の風味は大人しく、スープを引き立てる味わい。見てみると断面は三角ですが食べてみて形が解る様なものではなく、食感では角張っているなぁと感じるくらい。
珍しい食感ですがハマりはしなかったですね、日本人の私にはやはり細麺が合うのか…。

具は牛肉や香味野菜に大根、概ね他の方のレビュー通りの味の内容。
日本とはまた違うシンプル調理な具が◎
個人的には大根がとてもグッド!

何にせよ香辛料の風味が最高でした、凄く爽やかでどことなくフルーティーなんですよね。棗なのかなぁ…。うーん細麺でも食べてみたい…。

このお店の空気がとても気に入りました、またゆったりと食べに来たいです。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ミックスそば」@沖縄そば やんばるの写真七月の沖縄…
単純に沖縄の番組を観たから来てみた、そんな単純な私です。

店内は食堂風の造りで、BGMは沖縄民謡(?)や沖縄ポップス(?)とりあえず沖縄全開という事で(笑)
「ミックスそば」を注文し店内を見ていると、店員さんの中にも沖縄っぽい話し方の方もいらっしゃいます。活気あり和やかな雰囲気で、落ち着いて暫しの沖縄を堪能出来そうです。
配膳されるとレビュー等で見ていたよりも綺麗な盛付けにちょっと感動、悪く言うつもりは無いですが今まで見ていた写真はもっとラフな盛付けだったもので(笑)

スープは先ず魚の出汁を感じますね、鰹ですかね?香り高い訳ではなく素朴な風味。そしてその下支えの旨味は豚の出汁でしょうか?鶏は殆ど感じなかったです。それと葱や生姜かなぁ…香味野菜も入っていると思われます。
つまり夏に食べて良かったと思える素朴なサッパリ系のスープ、味の好みにもよりますが私としては物足りなさは無く自然に「こういう料理だな」と美味しく感じられますね。
食べ進めると具のラフティやソーキから煮汁が出て来て、薄黄色の透明スープはどんどん醤油清湯の様な色合いに変わります。そして味もほんのりコクと香りが加わって変化があるので、素朴な味でも飽きは来ません。

麺はやや平打ちの中太やや縮れ麺で、麺も味や香りは素朴で薄め。
スープとのバランスが取れているので、サッパリながらも美味しく食べられました。

具は、ラフティ・ソーキ・ポークランチョンミート・蒲鉾・葱。
ラフティは二つ乗っておりやや肉の筋繊維は感じるものの、スープの熱で次第に柔らかくなり最終的にはホロホロに。少しスープで温めた方が更に美味しくなります。味付けは確か黒糖と泡盛と醤油と鰹出汁等がポピュラーですよね、あとは生姜や葱とか。恐らくそんな感じだと思いますが、脂分はかなり落とされている様で見た目より味はくどくなくペロリと食べられます。
ソーキも二つで味付けはラフティと同じかと思いますが、こちらはスペアリブの部位なのでより一層肉を食らっている感じが強くて良いです!一つは骨付き肉、もう一つは軟骨部分のソーキなので、軟骨ごとコリコリ食べられます!私はこの軟骨ソーキが大好きなので入っていて良かった!
ポークランチョンミートはあまり好きではないのですが、何故かここの沖縄そばの具としてなら食べられます(笑)味の相性が良いのでしょうか?無難に美味しいです。
蒲鉾と葱は普遍的なもの、小葱の薬味は合いますね。

味を総合して…
『食欲の進まない暑い日にもサッパリ食べられる、ボリューム満点沖縄そば!』
だと思いました!

昔に比べて随分食べ易くなった気がするのは、単に私の味に対する許容範囲が広がったからですかね?それとも東京という立地に合わせて味を変えてくれているのでしょうか?
お値段は930円とだけ見るとやや高めな印象ですが、こちらの所謂特製盛りでラフティとソーキのボリュームを考えたら妥当…いやお得かなと思えます。昨今の特製ラーメンは千円超えもよくありますし。
新宿駅から数分の立地でこの内容がいただけるなら、私はまた来たいなと思えますね。

まだ食べた事が無い、ナカミが気になるのでまた来てみようと思います。
御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件