なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

お汁(大忙し)

汁に生き、汁に死ぬ。それがお汁男。記憶の頁、専門家の評価ではなく個人的な好みの採点。100点=最高! 90点台=また食べたい! 80点台=美味しい。 70点台=もの足りない。 60点台=あー…。 50点台以下=無いわぁ…。

平均点 86.046点
最終レビュー日 2019年10月15日
432 244 0 1,043
レビュー 店舗 スキ いいね

「麻婆麺(普辛) パクチー」@SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋の写真今人気のこちら、今回はラーメン好きを賑わしている一番人気の麻婆麺をいただきに来ました!
相変わらずの長蛇の列。

券売機で「麻婆麺」と折角なのでと「パクチー」も注文、しかしやはりここもパクチーは200円で高いですねぇ。
配膳されると…盛り付けと言うかまんま麻婆豆腐ですね、パクチーは別皿。

スープは多少見え隠れするくらい、とりあえずレンゲで味わってみると動物系の旨味がしっかりとでていて美味しい。辛味はピリ辛くらい。
で麻婆の味は肉に味が染み込んでいて、店内の説明書きには豚肉と書いてあったものの合挽き肉の様な濃い香りとコクがあります。粗挽きなのも食感が良い感じ。

麺は中太でややモッチリなもの、麻婆の絡みはまぁまぁです。

で問題はここから。
何口か食べるまでは味は良かったのですが、振りかけられた青花椒がかなりの量で痺れがきます。
花椒は好きなのでキツいとか食べられないという訳ではないですが、正直他の味が殆ど分からなくなる量。
麻婆もラー油も麺も味は分からず、香りがほんのり感じられるくらいに口が鈍くなってしまい残念。パクチーを入れてみても殆ど味の違いが判りませんでした。
倍辛ならまだ分かるのですが、普辛でここまで痺れさせてしまっては折角のスープや麻婆の味が勿体無い気がしました。

酸辣湯麺の時は味のバランスも良くラー油も香りの良いもので美味しいと思いましたが今回はちょっと。
最初からこのバランスだったのか、過度なカラシビを求める声からこうなったのかは判らないですが…こういうのは増し注文の方からにして欲しいですね。
更に座った席の前の棚や置物は一日とは思えない量のホコリをかぶっていて、汁跳ねと思われる点々としたシミからはカビが生えていました。
色々と前回からの変わり様に驚きました。
※念の為、私の辛さと痺れの感じ方はごくごく普通のものだと思いますし、唐辛子や花椒も普通にかじり食べられます。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「真ダコとトマトの麻辣ボロネーゼ【秋季限定】 パクチー」@中華蕎麦 はるの写真限定情報を聞きつけてやって来ました!

「真ダコとトマトの麻辣ボロネーゼ パクチー」という、想像の斜め上をゆく名前の新作限定を注文。
配膳されると見た目は盛り付けがイタリアン、花椒とパクチー(100円)別皿が一緒に出て来て本当にコレら必要なのかい?
果たしてそのお味はどうなんだい?

いただきます!
まずはソースから、トマトだ…やはり洋風?
挽き肉は合挽きですかね、かなりしっかりと味付けされています。真ダコもプリプリで美味しい。
と思っているとジワジワとピリ辛がやってきます。タバスコ的な感じでやはり洋風。てタバスコ?
野菜もトマトにマッシュルームとズッキーニとこれらも洋風。

では中太縮れ麺を引っ張り出して食べてみると…、おおっ!?八角や桂皮かと思われる麻辣の香りがしてきて、トマトの酸味と良い絡み…洋風から一気にアジアンな雰囲気に。
先行していた辛味はやはりタバスコではなく麻辣油ですね、混ぜると香りが後からやって来ました。

こりゃあ花椒をかけねばなるまいとゴリゴリかけまして、ますますアジアン。パクチーもトマトの酸味甘味に絶妙に合う味。
温玉を崩してまろやかさと濃厚さが増し、もうこれ以上の何があるという美味しさ。
洋風か中華か東南アジアか…そんな枠組みはよそにただただ美味しい。

最高でした。
満足以外の何ものでもない。
味が良い事は勿論、独自の発想と食べ始めから終わりまでの味の変化まで全てにおいてパーフェクト。

付け加えますとパクチーが100円で納得いく量があることも良い、パクチーは結構150円とかのお店が多い気がしますし。更には注文すると上にモッサリ乗せてしまい盛り付けが見えないとか。(パクチーは別途トッピングの注文ですが、お嫌いでなければつける事を強くお勧めします。)
そういう細かい気配りって味にも出ますし、何より食べるこちらの気持ちにも作用しますし。

いつ来ても満足が実感できるお店、それを毎日続けられている店主さんに精一杯の敬意を表して…
御馳走様でした!!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「牛と鶏の白湯蕎麦【限定】 台湾風煮玉子」@渡なべの写真限定狙いで来ました!

「牛と鶏の白湯蕎麦 台湾風煮玉子」を注文し配膳されると、茶色メインの渋い盛り付け。
最近茶濁系ばかり食べてるなぁ…、まいっか。

いただきます!
スープはややトロみのある牛鶏白湯、やや重めなコクのあるスープ。この重さは悪い意味でなく牛を上手く重量感ある味に仕上げているなぁという意味で。
サッパリ系の牛は今やどこもオシャレ系なラーメン店がやってる気がするので、この綺麗めに寄せてない味が良いです(笑)
振りかけられたフライドガーリックがとても合う薬味で、スープに更にジャンクフード的な粗野なパンチを与えていますね。
うーんこれ辛味が半端無く合いそう、いずれ辛いバージョンもやって欲しい。

麺はややグンニヤァ~とした噛み心地が武骨なスープに合って、無化調なのに化調ジャンキーな雰囲気を醸し出していてグッド。

具はチャーシューが牛である事がスープとの統一感があり嬉しいですね、硬めに仕上げてあり噛めば噛む程旨味が出てくる半ジャーキータイプ。絶妙に心地よい弾力と八角の香りが東南アジアを思わせます。
台湾風煮玉子も最高でしたね。最近はどこも均衡してきた味玉の味に興味無くなっていましたので、こういう新たな味は最高に嬉しい発見。黄身までカッチリ茹でられた玉子に甘口醤油ダレがしっかりと染み込んでいる、香りは八角の利いた風味でこれが甘めな味付けと実に良く合う。流行りの味玉の様に黄身が流れ出ないから何回かに分けて食べられるのも、チマチマ楽しみたい大人にはまた良いのです。

あえてなのか偶然か、時代に逆行するスタイルが良いですね!
右ならえのどこも美味しいどこも一番な豊食の世の中も良いのかもしれないですけど、私はこういう我が道を進むスタイルのお店が好きなんだなぁと改めて実感しましたねぇ。
日本各地のラーメンから着想を得て独自に作り上げた温故知新の味、しかし決してただのコピーでは終わらない。
こういう限定が食べられるこちらはとても好きなお店です。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「鳥取牛骨」@ナベラボ 池袋〝牛骨ラーメン〟の写真9/2で終了との情報で駆け込みです!(汗)

渡なべさんでもいただいた「鳥取牛骨」を注文、配膳されるとシンプル盛り付けながらも美味しさを伝えてくる一杯。

いただきます!
スープは牛の香りがする爽やかな飲み口、塩気は下松ほどではなくアッサリ。
コクの下松・香りの鳥取、といったところでしょうか。
牛の香りはしっかりとするのにしつこくなくむしろ香ばしさで食べさせる味。ちょっと化調は強めに感じますが。
こういうのは胡椒が抜群に合うので、卓上セットから振り振り。あまり卓上セットを使うタイプではないけども、これはズバリ使わざるを得ないでしょう!

麺にもスープがよく絡み味の物足りなさは無いですね。

具はやはりチャーシューが美味しい、レトロライクで完成度高いです。

渡なべさんで食べた時よりも優しく香り高くなっていた様に感じました、牛って美味しいと実感出来る期間限定店舗でした!
遠征せずとも各地のラーメンの雰囲気を味わえるこちら、また次の味にも来なくては(笑)
ってもう次の始まってる!

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「ホタテミルキー冷そば【限定】」@NOODLE VOICEの写真夏もいつか終わるんですよねぇ…、切ないから冷やしラーメンでも食べておこう。

店内は綺麗なカフェ風でポップな造り、洋楽ロックがかかってます。
こちらならではというものをいただきたかったので、「ホタテミルキー冷そば」を注文。

配膳されると野菜多めでラー油も入る冷やし。
うーん変わり種系(笑)

いただきます!
先ずはラー油が無い部分のスープから、貝…なのかこれは。甘味のある出汁で確かににミルキー。
貝かと言われるとそんな気もするけど、確証を持って「貝だね!」というよりはまったり甘い香りと出汁。
つまりそれって貝なのだろうけど貝っぽい訳ではなく、冷やしはほんとに味の表情がガラッと変わりますね。
塩気はそうでもなくミルキーさがそれを補う優しい味、からのラー油が混ざると香りとピリ辛が足され貝出汁+乳成分+ラー油という他に類を見ない味。
構成だけ聞くと異様だけれども、実際食べると意外にも合う。
美味しくも不思議な味(笑)

麺は全粒粉が見られるもので、スープと良く合う調整。

具は野菜が多いけど切り方がなかなかワイルド、綺麗な盛り付けなので切り方も丁寧だともっと良さが引き立つかも。玉葱が軽いマリネぽくて辛くなく良かったです。
ワカメは…微妙。
冷やしにフライドオニオンて…と思いましたがこれが香ばしいラー油やピーナッツと合って良い具でした。

見た目から食べ始めのところまでの異様な雰囲気とは裏腹に、食べてみれば味はバランスがとれていて新感覚の美味しさ。
どんなんだろうと興味本意で立ち寄ってみて良かったです。
通常の濃厚ホタテそばも食べに来たい。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ソーキそば【限定】」@渡なべの写真夏なんで…って、やるお店もやるお店ですが食べる私も私でベタな夏限定(笑)
夏らしい一杯を食べに来ました!

「ソーキそば」を注文し配膳されるとシンプルな盛り付けに、フーチバーと紅生姜とコーレーグースーがそれぞれ別皿で提供されます。

いただきます!
スープは思っていた…というか今まで食べた沖縄そばと違い優しく繊細な味。もっとワイルドなものを想定していましたが、都会に合う味付けでこれはこれでラーメン屋さんらしくて美味しいし良いと思います。
出汁が丁寧です。

麺は沖縄そば、しかし思ったより細めで茹で加減は柔らかめ。
もっとゴワゴワしてワシワシと噛む太めで硬めな麺しか知らなかったもので、うどんに似た食感でこれもまた食べ易く上品。

具はソーキと蒲鉾と小葱。
ソーキも上品ですね、臭みも無いし味も濃過ぎない。柔らかくて仕事が丁寧。
蒲鉾は切り方がお洒落。

別皿で提供のフーチバーを入れると香りが一気にワイルド寄りに変わります。薬膳や香草類が苦手な方は要注意。苦い植物なのでスープに入れてしんなりしてからでないと、苦いのが苦手な方は味にビックリするかも…。
紅生姜はやや甘味のある味付けで箸休めにグッド。
コーレーグースーは辛さもアルコールも強め、しかし少し垂らすだけでピリリと味は刺激的かつ円やかに。良い感じ。

結果とっても上品な沖縄そばでした。
思っていたものとは違うけど、これはこれでまた美味しかったです。
沖縄そばが苦手と言う方にこそ食べてみて欲しい一杯でした。
ジューシーやグルクン、ナカミそばも食べたくなってきます。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「蘭州牛肉面(三角麺)」@馬子禄 牛肉面の写真去年流行った蘭州麺をいただきに来ました!

店内は控えめな照明で薄暗く香辛料の香り、BGMの胡弓の効果もあり異国へ来たかと思える空間。
雰囲気って大事だなと再認識するお店。

メニューは一つなので迷う必要も無く「蘭州牛肉面」を注文…面?面なんだ?
ぬるめの烏龍茶(阿里山?)が尚更日本を忘れさせてくれる間に配膳、香りが良い!そしてモウモウと立ち上る湯気で写真がボヤける(笑)

いただきます!
スープは旨味はそこそこに香辛料の香りのパンチが利いていて、香辛料好きにはたまらない味わい!
ラー油は辛味がそんなでもなく胡麻やにんにく?の風味が良くて、刺激よりもスープのコクをアップする仕様なのが好み。

麺は手打ちで無かん水だと思います、乾麺のうどんのカタゆでに近い食感。
粉の風味は大人しく、スープを引き立てる味わい。見てみると断面は三角ですが食べてみて形が解る様なものではなく、食感では角張っているなぁと感じるくらい。
珍しい食感ですがハマりはしなかったですね、日本人の私にはやはり細麺が合うのか…。

具は牛肉や香味野菜に大根、概ね他の方のレビュー通りの味の内容。
日本とはまた違うシンプル調理な具が◎
個人的には大根がとてもグッド!

何にせよ香辛料の風味が最高でした、凄く爽やかでどことなくフルーティーなんですよね。棗なのかなぁ…。うーん細麺でも食べてみたい…。

このお店の空気がとても気に入りました、またゆったりと食べに来たいです。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ティンムルらーめん」@こせりの写真アジア系麺類の探求でこちらへ来ました!

駅から少し離れてますが、そのかわりゆったりと食べられそう。店内はモダン喫茶店にアジアの雑貨等を並べた雰囲気、BGMは洋楽ヒットソングのアレンジカバーでいい感じ。

さてカレーか山椒か悩みネパール山椒の「ティンムルらーめん」を選択、注文するとネパール人かと思われる異国の方が調理してくれます。
出来上がりは何とも綺麗な深紅のスープ!パクチーの緑や玉子の黄色と色合いも綺麗です。

いただきます!
辛さはそんなでもなく少し酸味のあるスープに山椒の香りかレモングラスか、爽やかな香り。
表題のティンムルはほのか~に痺れがあるか無いかなんですが、食べた後には口中がスーッとする感覚は確実にあります。おしとやかな山椒なんですね。

麺はストレートで粉の食感が良く出ているもの、スープの持ち上げも良いです。

具はチキンティッカというものでしょうか、揚げたと思われる香り良い鶏肉のスライス。そもそもスープが香り良いので別段香りは強く感じませんが、この一杯には流行りの低温調理よりは断然良いです。

お店の雰囲気も味も異国を感じられるもので、探して来た甲斐がありました。
また来よう(笑)

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「海老油そば」@鮮魚らーめん 五ノ神水産の写真海老と言えば!
で、来ました(笑)

迷わず「海老油そば」を注文、配膳されると普通の状態で具がたっぷり!これお得過ぎるでしょ!?

いただきます!
海老香るタレに麺がすでに絡めてあり、混ぜずともそのまま食べられます。
タレの溜まった底付近は更に味が濃厚、ちょっと塩気が強めかな?まぁ油そばなのでそれくらいの調整で良いのでしょうね。
麺がやや太めなのできっと薄いと物足りない。

麺がモッチリ中太ストレートでワシワシと食べ応え充分、濃厚な海老味と均衡のとれた存在感ある麺。

具はチャーシューがゴロゴロ切りタイプでこれもボリューム有り、甘めの味付けとタレのしょっぱさとの組み合わせが良いです。
タレもチャーシューも濃い味なので、何のへんてつも無い茹でキャベツがこれまた良い箸休めに。
小葱とフライドオニオンは混ぜてとても良いアクセントになり、香りも食感も楽しめます。

後半には別皿で出されるサワークリームを入れてまろやかな味に。
ちょっと海老風味は落ち着きますが、強めだった塩気が緩和され飽きる事無く食べ終われました。

海老メニューを食べたい時に重宝するこちら。
汁麺は時折の限定になってしまったけど、油そばはまた違う側面で海老が堪能出来て良いです。

御馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「えびみそ」@らーめんたいざん 海老名SA店の写真ちょいとお出掛けついでに来ました!

海老名なので「えびみそ」を注文、出来上がり取りに行くと…うーんポスターと色味が全く違うのね。
ポスターは濃い色合いの茶濁スープでしたが、実物は黄土色(笑)

いただきます!
スープは海老味噌汁濃いめといった印象、ラーメンのスープとしてギリのラインですが軽食としては好印象なスープかと。
店頭で販売されているものと思われる海老ペーストを溶き混ぜると、海老風味のコクがアップしほんのりピリ辛味も入って良い感じ。

麺はグニッとややゴムっぽい印象もある細麺ストレート、スープが濃い訳ではないので麺に絡んでもそんなに味は濃くなく。
軽食としてはいい感じ!

具はどれも軽食としてはいい感じ!!

うん、軽食としてはいい感じだ!!!!

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件